「 2018年08月 」一覧

ピカチュウ大量発生チュウ!2018

2018年も開催されたピカチュウ大量発生チュウ!に参加してきました。昨年に引き続いての参加です。自分はポケモンにそれほど入れ込んでいるわけではないのですが、会場となるみなとみらいが自宅からそこそこ近いので、せっかくだからの精神で参加しています。

2018年8月15日、色々な都合で昨年と同じく18時ごろに桜木町駅に到着です。昨年はイベントがほとんど終わっていて、あまり見どころがなかったのですが、今年からは夜のイベントも充実しているのです。

  

マークイズみなとみらい前に移動し、夜のピカチュウ大行進を見学します。19時くらいに着いた時点で、結構な人だかり。そこから30分待って、イベントスタートです。アフロを被ったピカチュウを先頭に、サイバーないで立ちをしたピカチュウたちが後に続きます。一列に並んで行進した後、色々なダンスを披露しました。最初は白一色でしたが、途中から赤や黄色、青などカラフルに光り始めました。まさに、ピカピカピカチュウ!

その後は日本丸の傍にある、ポケモンシンクロニシティに参加するピカチュウたちが待機するスポットへ行きました。後ろにはピカチュウやモンスターボール柄のイルミネーションとなった観覧車が見えます。

ポケモンシンクロニシティが良く見えるエリアは、事前配布の整理券が必要らしいです。そのエリアに入れないと、ステージ付近は逆に全然ステージが見えません。桜木町駅から伸びている高架の歩道まで移動すれば、だいぶ遠いですけどステージが少し見えます。

こうして盆休み最後の夜を満喫しました。コレットマーレにあるかつ泉にて夕食をいただき、みなとみらいを後にしました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


成田界隈を散策

2018年8月5日、先週のマレーシア旅行の帰りに、成田空港で忘れ物をしたので、取りに行ってきました。ただし、600円くらいのお土産なので、正直交通費のほうが高いです。と言うわけで、成田界隈の散策をセットにしました。

NEXに乗って成田空港へ向かいます。交通費の節約のため、鈍行で行こうかと思いましたが、さすがに遠いのでNEXを使いました。

そして第2ターミナルの税関旅具事務室に入ります。知らないと本当に入って良いのか戸惑う扉になっています。溢れる関係者以外立ち入り禁止感。手続きはすぐに終わり、無事お土産を回収しました。身分証の確認もなかったです。スマホの忘れ物が多いみたいで、その場合はかっちりやるのでしょうね。

その後は展望デッキに出て、エプロンに入ってくる航空機を撮影します。持って行った75-300mmの望遠レンズが活躍しました。

続いて京成線に乗って、成田へ移動します。成田空港から京成線に乗ったのたぶん初めてです。

 

京成成田駅に着いたら、表参道を歩いて、成田山新勝寺を目指します。雰囲気のあるお店が建ち並んでいて、街歩きが楽しいですね。陽射しがガンガン照っていなければありがたいのですが。

   

成田山新勝寺に到着しました。以前に訪れたのは2004年11月なので、14年弱ぶりですね。総門をくぐり、階段を登って仁王門へ。さらに階段を登り、大本堂前へ出ました。さっそく大本堂でお参りを済ませます。それから三重塔や一切経堂を見学。三重塔や五重塔は見かけると何故かついつい嬉しくなってしまいます。

 

その後は成田山公園を散策します。前述の通り陽射しが強いので、木立による日陰が涼しくて助かります。3つの放生池の畔を歩いて、書道美術館前までやって来ました。近くに水琴窟があるので、竹筒に耳を当ててみると、見事な音色が聴こえてきました。本当に楽器を奏でているかのような、美しい音色です。昔の人はすごいなあ。

 

再び公園内を歩いて、平和大塔を目指します。途中大きなスズメバチが1匹飛んできて、ちょいビビり。程なくして平和大塔の前に出ました。近くに行くには階段を登る必要がありますが、元気がなかったので、下から見上げるに留めました。

  

それから光明堂、開山堂、額堂を拝観します。額堂には、市川團十朗丈の石像が飾られていました。

新勝寺の拝観を終えたら、駅に向かって歩きます。その道中やたら見かける”うなぎ”の看板や幟。どうやらうなぎが有名みたいです。微妙な時間帯なので迷いましたが、ちょっと早めの夕食をいただくことにしました。

入ったお店は三はし。注文したのはうな丼です。外はパリッと、中はふわっと、おいしくいただきました。ちなみにうな丼だと半尾になります。1匹食べたい場合はうな重になります。

   

京成成田駅に着いたら、京成線で佐倉駅へ移動します。目指す先は佐倉城址。日本百名城のひとつです。ほとんど下調べをしていないので、行き当たりばったりの散策になります。日も落ちてきたので、若干急ぎ足。本丸や二の丸跡地を見て回りました。説明の看板以外に当時を忍ばせるものはなく、歴史の予備知識を持ってくれば良かったなあ、と思いました。もう少し早い時間に来ていれば、国立歴史民俗博物館で学べたんですね。そんな中、馬出し空濠はわりと分かりやすい遺構で、少しテンションが上がりました。

  

その後も少しぶらぶらと園内を散策。猫がたくさん住み着いているようで、数匹撮らせてもらいました。日が落ちてだいぶ暗くなっていたので、ちょっと難しかったですね。

佐倉駅に戻ったら、京成本線で青砥まで行き、京成押上線に乗り換えました。この際に席に座れて良かったです。電車の移動時間が長いので、さすがにずっと立ちっぱなしだときつかったですし。そのまま京急川崎駅まで直通して、お出かけ終了です。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


親指の腹でダウンストロークを弾く

マンション住まいと言うこともあって、静かに演奏したいので、爪ではなく指腹で弦を弾くようにしています。その場合、アップストロークは人差し指となり、ダウンストロークは親指となります。人差し指の腹で、アップストロークもダウンストロークも弾ける気がするのですが、そのように指南されていないようなので、何か不都合があるのでしょう。角度を意識しないと引っ掛かるから、最終的には弾きにくくなるのかな。

これまで人差し指の腹でアップストロークのみ弾いていたので、どうしても親指によるダウンストロークが上手く弾けません。引っ掛かってしまったり、4つの弦をちゃんと鳴らせなかったり。何度か試行錯誤したところ、手首の位置が大切なようです。人差し指も親指も、どちらも弾きやすい箇所があるみたいで、そこだと割合上手く弾けることが多いです。それでも弾きにくさは残るので、原因を見つけて改善していきたいです。


真夏の江戸川CR2018

2018年8月14日、お盆休みで実家に戻った際に、江戸川CRを走ってきました。その日の夜も実家に泊まるので、時間を掛けて普段より遠い場所まで走りました。

出発前に自転車のメンテナンス。空気を入れたり、チェーンを掃除したり。相変わらずチェーンはいくら拭いても汚れが出てきてキリがないので、適当なところで切り上げました。

15時ごろ、家を出て江戸川CRに出ます。まずは南風に乗って、北へ気持ちよく走ります。草の丈が伸びて、夏を感じますね。天気が良くて太陽も照っているので、日焼け止めを塗ってあります。ノーガードだと結構焼けちゃうんですよねえ。

玉葉橋を越えると、やがてキッコーマンの野田工場が見えてきます。普段は醤油の香りが立ち込めているのですが、お盆休みで工場が停止中のようで、醤油の香りはしませんでした。

  

そして野田橋を越えます。ここから先は滅多に行かないので、ちょっとワクワクしますね。一応何回か走ったことはあるので、うっすらと記憶が蘇ります。車道との距離がだいぶ縮まるところは、そう言えばこうだったなあ、と懐かしく思いました。ソーラーパネル畑や東武野田線橋梁を通りすぎて、折り返し目標地点である宝珠花橋に到着です。

橋を渡って埼玉県へ。ここは春日部市になります。今度は南に向かって走ります。向かい風になるので、ここからが頑張りどころです。ただし風はあまり強くないので助かります。距離が長いので、向かい風が強烈だとかなり堪えそうです。

 

この近辺には野田滑空場があるので、空にグライダーの姿を見かけました。いいな~、ハードルは高いけれど、やっぱり空遊びは憧れますね。それから龍Q館を発見。こちらは以前に首都圏外郭放水路を見学した際に、訪れました。

何となく見覚えのある懐かしい道を走っていきます。土手沿いは空が広くて気分爽快です。途中道の上に蠢く何かを見つけたら、そこそこ大きめの蛇でビックリしました。

それから、ちょっと喉が渇いてきたな、と思っていたら、自動販売機のある休憩所がありました。トイレも設置されており、これはサイクリング利用者にありがたいですね。

 

ところで、走行中身体がムズムズするなあ、と思ったら、服の中にカナブンが入り込んでいました。往路で何かが身体にぶつかった記憶はありましたが、どうやらその時に入り込んだようです。ここまで1時間以上気づかなかったなんて。

 

玉葉橋手前の三叉路に今回も騙されつつ、玉葉橋を渡って千葉県側へ戻ります。玉葉橋の袂からは、良くトランペットの音色が聴こえてきます。休日の土手は、皆が思い思いに趣味を満喫していて、良いですね。

さて、いつものコースに戻ってきた安心感。運河河口公園のベンチで軽く休憩してから、ラスト区間へ。まだ夕焼けには早い時間でしたが、黄昏を感じる時間帯です。江戸川CRを夕方に走ることは、実家を出て以来少ないので、懐かしい感覚ですね。

今回の走行データは、以下の通りです。思ったより走りました。ただし、アップダウンのない平坦な道ですので、先月の筑波や5月の今治と比べると、距離のわりには随分と楽です。普段よりも長い距離ではあるので、それなりに疲れましたが、心地よい程度ですね。

走行距離 47.77km
平均速度 20.3km/h
最高速度 36.4km/h
走行時間 02:20:48
累計距離 1782.8km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ジム31日目~ムーブの大切さ

2018年8月11日、1週間ぶりにボルダリングをしてきました。普段はもっと間隔を空けてしまうので、二週続けては珍しいです。

この日は3/4面を使っている人がいたので、1/2面に挑みました。白5はクリアし、傾斜のきつい白7もクリアできました。白9は身体の運び方がイメージできなくて、一旦中止。

その後は灰1に挑戦。力押しで途中まで進んでいたけど、アドバイスを貰って、ムーブを修正してきました。自分は壁に平行に立って移動しがちなのですが、これだと足を大きく出せないのです。それより体を壁を垂直にした方が、踏み出せる一歩の幅が大きくなります。実際に試すまでは、不安定なイメージがあったのですが、いざやってみると安定感があります。ちょっと手に掛かる負荷が増えた気がしますが、トータルで見たら安定に繋がっています。ムーブの大切さを実感しました。

具体的には、最初は(1)のスタートから足を変えずに(2)を取りに行っていたのですが、(1)を持ったまま足を(A)へ移動して、それから(2)をつかむように変えました。足を先に動かすというのは頭では分かっていたのですが、手を(1)に置いたまま足を(A)に移すことが不安定なイメージがあって、試していませんでした。

あとこの課題の後半部分もアドバイスを貰いました。ただ、腕の疲弊と時間切れであまり試せていません。図で言うと、最初は(A)に足を置いた際に(4)(5)を掴んでいたのですが、そうではなくて(A)で安定している際には(3)(4)で掴み、(B)へ移す際に(5)を使うようです。

ムーブの大切さは分かっているつもりでも、なかなか上手く出来ておらず、自分の問題点にも気づきにくいので、アドバイスを貰えるのはいいですね。