「 2018年10月 」一覧

シドニーの旅2018~初日

初日、成田空港から出発します。今回もFOP稼ぎを兼ねているので、プレミアムエコノミー席です。シーズンオフとは言え、オーストラリア路線のビジネスクラスには、お財布のキャパシティが足りませんでした。

 

とは言え、プレミアムエコノミーなのでラウンジは利用できます。そのため、若干早めに家を出ました。ちょうど朝食時なので、ダイニングスペースは混み始めています。何とか滑り込みで、待たずに済みました。JAL特製ビーフカレーをなみなみと入れて、あとはサラダと豚汁、お酒は赤ワインをいただきました。食事を終えたら下のフロアへ降りて、滑走路を望みながら、お菓子やジュースをお供に、のんびりと寛ぎます。

10時30分、成田空港から離陸します。プレミアムエコノミー席の最前列にしたので、前が広いです。自分は前の座席にリクライニングを下げられるのが大嫌いなので、最前列は最高です。離着陸時にモニターを見られませんが、それは些末なことです。

  

プレミアムエコノミー席の食事は、基本的にエコノミー席と同じです。一部プレミアムエコノミー限定のドリンク等があります。最初の機内食では、お酒に白ワインをいただきました。それから映画は、ずっと見たいと思っていたズートピアが入っていたので、そちらを視聴しました。オーディオは、アイカツフレンズのありがと⇄大丈夫が入っていたので、ヘビロテしていました。2回目の機内食は、エア吉野家です。吉野家の味が懐かしいです。最近行けてないですね。

21時55分、メルボルン空港に到着しました。目的地はシドニーですが、直行便は高い予約クラスしか残っていなかったので、メルボルンでトランジットする便を選びました。オーストラリアは薬の持ち込みも原則禁止(持ち込む場合は要未開封)だったことを忘れて、使いかけの風邪薬を持ってきてしまったので、泣く泣くゴミ箱へ処分。まあ、そのまま持ち込めたとは思いますが、運悪く引っ掛かって面倒なことになるのも嫌なので、正直にいきます。

入国が済んだら、問題は宿までの移動です。徒歩で移動するつもりで予約したのですが、思いのほか距離があり、約3kmです。空港に宿への直通電話スポットがあり、そこで連絡すれば送迎してくれるとの情報でしたが、どうにもそのスポットが見つかりません。仕方ないので、Google Mapsを頼りに、歩いていくことにしました。

  

海外で夜の見知らぬ道を歩くのはなかなか怖いですが、比較的治安の良いオーストラリアなので大丈夫だろうと考えました。Google Mapsから起動したナビゲーション機能がなかなか優秀で助かります。ただし、歩行者が歩けるところか、と言うデータはきちんと入力されきっていないのか、歩道がないルートを案内されたりしましたが、イチかバチかでずんずん進んでいきます。すると、ようやく宿が見えてきました。直前が街灯も少なく、かなり真っ暗でしたので、着いたときにはかなり安心しました。

宿泊するのは、シロムスエアポートロッジ。横に長いホテルです。自分の部屋は、最上階である4階の一番端っこ。なので遠い。とりあえず明日は送迎の予約をしたので、歩かずに済みます。部屋は結構広いですね。電子レンジも備え付けられています。明日の朝も早いので、シャワーを浴びたら、とっとと寝てしまいました。


ダイビングのログブックを新調しました

だいぶ前の話になりますが、ダイビングのログブックを新しいものに替えました。これまではライセンスを取得した際に購入したPADIのポケットログブックを、使いきるたびに買い替えて使ってきました。

昨年の小笠原のダイビングで使いきった時も新しいものを買うつもりでしたが、生憎ショップに在庫がありませんでした。これをきっかけに、違うタイプのログブックを買ってみることにしました。

ダイビングをしていると、ログ付けの際に他の方のログブックを目にする機会がありますが、ルーズリーフタイプのログブックの使い勝手が良さそうです。そこで横浜のmic21に行き、ログブックコーナーを物色します。幾つか種類があって迷いましたが、記入項目の内容やレイアウト、ログブック全体の縦横比の点で、何となく気に行った「BBCログブック(6穴)ペン付き」を購入しました。

購入したのは2017年10月なので、既にグアム、石垣島、逗子・葉山の10ダイビングで使用しています。ルーズリーフであるため、綴じている部分を気にせず記入できるので、楽でいいですね。ペンをくっ付けることができる点もうれしいです。以前に使っていたポケットログブックより嵩張りますが、ここまで使った限りでは、あまり気になりませんでした。

ダイブコンピュータも購入済みなので、自分の潜行データをログブックに残す楽しみは、以前にも増しています。エリアやショップによって残圧とかも結構違っていて、後で読み返してみるのも面白いですね。


最近読んでいるコミックス

カテゴリに「アニメ・漫画」とあるけど、漫画の話はほとんど書いてないな、と思って、この記事を書いてみました。ただ、最近はあまり漫画を読めていないです。

本棚にたくさんのコミックスを全巻並べて、何度も読み返していた時期が懐かしいです。当時読んでいた漫画の台詞って、わりと細かいところまで記憶の片隅に残っており、繰り返し読んでいたんだなあ、と思い返しました。しかし多くを捨ててしまい、今は一部を残すのみです。そして読み返すこともほぼなくなりました。ドラえもんのセル画が付いていたの捨ててしまったの、もったいなかったなあ。

そんな中、今でも新刊を楽しみにしている作品は、「HUNTERxHUNTER」と「魔法陣グルグル2」です。ただこれらの作品も、1回読んだらそれで終わりになっており、なんだかもったいないなあ、と思っています。昔は何であんなに何度も読み返せたのかなあ。

「HUNTERxHUNTER」は何だかんだで強さがインフレしていないところが面白いですね。単純に力だけの戦いではないので、展開が読めなくて先が気になります。しかし文字が多くて話が複雑な部分は、すぐには理解が追いつきません。

「魔法陣グルグル2」は初代と変わらないノリが嬉しくて、楽しみにしています。キャラクターがかわいい、ギャグが面白い、そしてストーリーも楽しい、なので好きです。初代と同じく、ストーリーが盛り上がってくると、ギャグが少し弱くなる感じはありますね。最初の頃は、ほんとに電車の中で吹き出してしまいそうなシーンが1巻につき1,2個ありましたが、最近はそこまではない感じです。その分ストーリーが盛り上がってきて、面白いです。

新しい漫画も読みたいのですが、置き場所のことを考えると、なかなか手が出ませんね。既に部屋の本棚は完全に飽和して溢れています。そろそろ電子書籍に手を出すべきなのだろうか。しかし勤務先が基本的に電子機器持ち込み禁止なので、通勤時に読めないんですよねえ。悩ましい。


シドニーマラソンでBridge Run(10km)を走った

2018年09月16日、シドニーマラソン(正式名はBLACK MORES SYDNEY RUNNING FESTIVAL)のBridge Run(10km)に出場してきました。これまで皇居、グアムで5kmの部に出場してきたので、ステップアップして10kmを選びました。

参加申し込みをしたのは6月24日なので、3ヶ月もあれば10kmを走れるようになるだろう、と目論んでいたのですが、なかなか練習する機会をとれないまま9月を迎えました。これはマズいと思ってとにかく10km走ってみたのですが、まさかの4kmで失速して、残り6kmは歩いたり走ったりする形になってしまいました。

 

結局10kmを走りきることがないまま、本番を迎えました。まずは前日にタウンホールでゼッケン類を受け取ります。日本事務局で申し込んだので、専用の窓口で受け取る形になります。そして夜は早く寝て睡眠時間を確保し、朝食もしっかりと食べます。Bridge Runのスタート時刻は朝8時で、会場には1時間前の到着が推奨されています。スタート地点は、シティからハーバーブリッジを渡った先です。移動は電車で1駅、マラソン参加者は当日無料で公共交通機関を利用できます。具体的には、改札ゲートのうちどこか1,2箇所が開きっ放しになっているので、そこを通れば良いです。ゼッケンは見える位置につけておきましょう。

最寄り駅はミルソンズポイント駅です。そこから人の流れに従って歩いて行くと、ハーバーブリッジの真下の芝生に出ます。既に大勢の参加者たちが集まっています。しかし、この日はとにかく風が強くてかなり寒いです。快晴で太陽は出ていますが、まだ空気が冷えているので、寒さが堪えます。ウインドブレーカーあった方がいいですね。

この芝生エリアから階段を下りると、海沿いの道路があります。ここがウォームアップのランニングにちょうど良くて、走っている人も多くいました。とにかくじっとしていると寒いので、自分も軽く走り込み。

そうこうして、スタート時刻である8時が近づいてきました。参加者たちがぞろぞろスタート地点に向かいます。事前に申告した想定タイムによって、ゾーン分けされます。自分はB(60分)を選びましたが、ちょっと見栄を張った格好になりました。申し込んだ時点では、これくらいまでいけるつもりだったのですが。

参加者が多いので、前方以外はスタート時刻を過ぎてもなかなかスタートできません。少しずつ前へ進んでいき、8時20分ごろ、ようやくスタートラインを飛び越えることができました。

  

まずはノースシドニーの街中を走って、程なくハーバーブリッジへ向かう上り坂に差し掛かります。緩やかな上り坂を走っていくと、ハーバーブリッジが見えてきました。ハーバーブリッジのど真ん中を走れるのは、このマラソン大会の醍醐味ですね。

ハーバーブリッジを渡ると、坂を下ってループして、トンネルに入ります。トンネルは空気が溜まってしまうため、ランナーの熱気が汗の臭いとなって充満しています。ここは少し辛い区間でした。

  

その後は海の向こうにオペラハウスを望みながら、海沿いの高架を走ります。そして地上に下りたらシティの街中を走り、ミセスマッコーリズポイントのあるドメインへ入ります。緑が多くて気持ちのいいコースです。ミセスマッコーリズポイントまで行って折り返し、正面に見えるシドニータワーを望みながら、再び街中の道路へ戻ります。

ドメインを抜けた後は、ハイドパークの中間地点で折り返し、北へ向かいます。ハイドパークの反対側では、セントメアリー大聖堂が荘厳な佇まいを見せてくれました。その後はマッコーリストリートを真っ直ぐ進んで、ゴールとなるオペラハウス前を目指します。

  

若葉をつけた早春の街路樹に囲まれて、下り坂を気持ちよく走り抜けていくと、サーキュラーキーの海が見えてきました。道の先にはオペラハウスが見えるので、ラストスパートの気合が入ります。そして、無事フィニッシュラインを通過、10km完走しました。

   

完走メダルを受け取り、オペラハウス前でしばし余韻に浸ります。それからリカバリービレッジへ向かい、BLTバーガーを食べたりしました。

結果は、1時間09分02秒でした。ただし、正式なタイムはスタートラインを超えるまでの時間も含まれてしまうので、1時間26分33秒になっています。

天候も快晴で、気温も走るにはちょうど良い冷え具合で、良いコンディションだったと思います。そしてハーバーブリッジやオペラハウス、セントメアリー大聖堂などのランドマーク、シティの高層ビル群やドメインの緑など、バラエティに富んだ内容で、とても楽しいコースでした。人にお勧めしたいですね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


シドニーで外岩に初挑戦

先日シドニーに出かけてきました。調べてみると、シドニーにはボルダリングのできる外岩がたくさんあるようです。車やバスでの移動が必要な場所は少しハードルが高く感じますが、中心部から徒歩で行ける場所もあります。日本だと電車で1時間以上の郊外へ出る必要があり、それを思うと何ともうらやましい環境です。

 

とは言え、外岩自体が初挑戦で、ジムでも6級付近なので、味見程度になる見込みです。なので、遠出はせずに中心部のホテルから徒歩圏内の場所を選びました。王立植物園を抜けたミセスマッコーリズポイントエリアにある岩場です。

ちなみに岩場は、theCragというサイトを使って調べています。地図を使って、世界中の岩場を探すことができます。国内の岩場はトポが書籍として販売されていますが、海外の岩場はよく分からないので、こうしたサイトは便利で助かりますね。

この周辺にはいくつか岩がありますが、登ったのはKiddies Cornerという岩です。そして選んだ課題は、Elephant Stepsです。グレードはV0-で、かなり易しめの課題です。名前の通り、象の鼻のような足場があり、ガバガバです。高さもそれほどないですし、ジムなら8級程度でしょうか。ただし、マントルを取るところは慣れない動作ということもあってか、少々苦労しました。

持参したギアはシューズのみで、クラッシュパッドはありません。なので無茶はせずに極力安全志向で登りました。高さは2メートル弱でしたが、この高さでも恐怖感はありますね。ジムと違い、落ちたら高確率で足を痛めるという状況が、そうした心理を加速させているのかもしれません。とりあえずElephant Stepsは落とせましたが、他の課題は手も足も出ませんでした。翌日にランニング大会を控えていたので、無理をできないという事情もありました。

初めての外岩の感想は、以下の通り。

  • 手が痛い
  • 足場が小さく足を置くのが大変
  • 高さに対する恐怖がジムより大きい

今回の岩は砂岩っぽい感じで、最初に触った際もガバには削れたような砂粒が溜まっていました。たくさんの人が登ると、削れてどんどん変わっていきそうですね。岩質の違いは外岩の楽しみのひとつだと思うので、別の岩にも登ってみたいです。国内の岩場で、自宅からの距離で考えると、湯河原か御岳かなあ。