「 2018年11月06日 」一覧

ビールのお話

お酒はわりと色々な種類を飲みます。洋酒はあまり種類を飲みませんが、ビール、焼酎、日本酒、ワイン、果実酒、あとは酎ハイやハイボールなど、居酒屋のメニューにありそうなものは、大概飲みます。

そんな中から、ビールのお話。日本の飲み会のとりあえずビール的な風習のせいか、ピルスナーはあまり好んで飲むことはなくなってしまいました。ビールは喉越しを楽しむもの、と言う理屈でそうした良さはわかるのですが、若干の苦味や何度も味わったことによる飽きなのか……。とは言え、会社の飲み会では、前半はとりあえずビールにしちゃうのが楽なので、何だかんだで結構飲んでいます。そういうこともあって、クラフトビールが飲めるお店にいくと、大体ピルスナー以外のビールを注文します。

幾つかあるビールの種類の中から、一言コメント。

ペールエール

これは雪の降るロンドンのパブで、温かいスープと一緒に飲んだペールエールが最高でした。料理の味を邪魔しない慎ましい存在。シチュエーションによる部分が大きいですけどね。ペールエール発祥国であるイギリスで飲めた点も大きいです。

IPA

ガツンと苦味が強烈なので多少苦手意識があったのですが、先日大阪のお店で餃子と一緒に飲んだら、相性バッチリでした。フルーティな香りもいいですね。

スタウト

ポーターと一括りにしちゃっていますが、じっくり濃厚なビールを味わいたい時に、注文します。大体2杯目で頼むことが多いですね。何となく合う料理を探すのが難しいと感じています。炙りものが合うらしいから、今度試してみるかな。

ピルスナー

地ビールとかは旅先で飲んだりしますね。各銘柄の味の違いが分かるようになりたいです。とりあえずビール的なことをしていると、何だか味の区別がつかなくなってきてしまう気がします。