「 2019年06月19日 」一覧

JMB Sapphireを達成してJAL Global Clubに入会しました

以前にCrystal達成の記事を書きましたが、その後予定通りにFOPを貯めて、無事2018年中に50,000FOPを達成し、JMB Sapphireステータスを取得しました。通常エリートステータスは達成の翌年度末が有効期限ですが、JAL Global Club(JGC)に入会すると、Sapphire相当のサービス(一部ダウングレードあり)を、半永久的に受けることが出来ます(2019年6月現在)。JGCへの入会は、エリートステータスが有効な間に行なう必要があるので、忘れないうちに入会を済ませました。入会資格を得た時点で満足して、入会を忘れないように要注意ですね。

Sapphireステータスによるメリットの感想

Sapphireステータス達成以降、何回か飛行機を使っていますので、その恩恵について、感想を書いてみます。

  • ラウンジを利用できる
    • もともと搭乗口で待つのを苦に感じることはなかったのですが、1回ラウンジの快適さに慣れてしまうと、癖になります。国内線の場合、食事の種類は少なく、ビールが目玉的なところはありますが、ゆったりとした空間で飛行機を待つのは、贅沢な気分で心地よいです。
  • 預入手荷物を優先的に預けられる
    • 預入手荷物がある場合は、これが一番うれしいかもしれません。一般の窓口に100人以上並んでいるような場合も、JGC専用カウンターで、あっという間に荷物をチェックインできます。
    • さらに到着時にも優先的に荷物が出てくるので、待ち時間が少ないです。
  • 優先レーンを使える
    • あまり活用したことがないのですが、混雑時はありがたいと思います。那覇空港で使おうと思ったら、そこは上級ステータス限定でした。
  • 優先搭乗を利用できる
    • これも結構うれしいです。座席上の荷物入れを確実に確保できるからです。後から入ると、空きがないことがありますよねえ。やたらデカいキャリーケース持ち込む人何なんだろう。
  • 航空券を優先予約できる
    • 早速今年の前半分売り出しのタイミングで使ってみましたが、こちらはそこまでのメリットは感じられていません。全国レベルで見れば、同様の権利を持つ人がたくさんいるので、誰もが欲しがる人気の航空券は、わりとすぐに捌けてしまうようです。

なお、特典の内容は、上記以外にもあります。自分は旅行が好きで、飛行機もそれなりに搭乗するので、エリートステータスを取得できて良かったです。エリートステータスを取得すると、その期間はボーナスマイルがつくので、マイルがどんどん貯まりますね。修行時代もFOPのためにマイル利用の特典航空券は使わないので、達成の翌年度末まで、マイル富豪になれます。

JALエリートステータス取得に向けたアドバイス

ちなみに、エリートステータスの取得ですが、もし目指すならば、ある程度調べたほうが良いです。詳しい情報は専門のサイトがあるので、Web検索して覗いてください。ここでは、取得に至るまでの、個人のざっくりとした感想を書きます。

まず、利用する路線やクラスによって、効率がだいぶ違います。最初は、長距離路線に高頻度で乗ればいいのかな、と言ったふうに漠然と考えていましたが、これはものすごいコストが掛かります。コストとは、お金と時間の両方です。個人的にお勧めなのは、FOP1.5倍となる路線のうち、東南アジアかオーストラリアのビジネスクラスorプレミアムエコノミーですね。当然エコノミークラスに比べて1回の旅費は高いのですが、FOP単価で考えればおいしいはずです。この辺の路線は時々キャンペーンをしているので、チェックしてみると良いと思います。

修行サイトでは、OKA-SINと言ったまさに修行のような旅程が載っていますが、さすがにそこまでしたくないので、やっていません。それよりかは、東南アジアやオーストラリアに、上級クラスで3回程度旅行に出かけて達成した方が、色々充実すると思います。


ジム42日目~壁家初訪問時からの6級宿題課題をようやくクリア

2019年6月1日、壁家でボルダリングをしてきました。今回からプロティン(SAVAS)を投入してみます。

最初に挑んだ課題は、スラブ壁6級のIです。壁家初訪問となる前々回からの宿題となっていましたが、ようやくクリアです。本日2回トライでいけました。ゴール手前で右足を引き上げられないのが問題でしたが、重心を下げて左足に荷重したら右足を上手く引き上げることができました。足の使い方ひとつでこうも変わるとは。以前は重心高めのままで、左足への荷重が十分出来ていなかったようです。

続いては同じスラブ壁の6級T課題です。トラバース課題。以前に挑んだ際は、1~2手で落ちてしまったのですが、足をなるべく安定するように意識したら、先へ進めるようになりました。具体的には、なるべく両手よりも両足の幅が広くなるようにして、両足の幅を狭めるのは安定した場所に限定するようにしました。写真の黒四角が右足で青四角が左足です。右側の黄色い大きな足場に左足を引き上げる際は、右のスローパーホールドを右腕で抱きかかえるようにして、保持しました。最後のゴールホールドが一番苦労したのですが、ここで肝心なのは、バランスでした。最初はどうしても外側へ倒れがちでしたが、店員さんのアドバイスを受け、足の置き場を外側へ少し移動することで、身体を壁側に気持ち傾けられるようになりました。そこから身体を前傾させて、左足でカウンターバランスをとります。ここがまだ怪しくて、2~3秒ゴールホールドを保持して落下という微妙な結果でしたが、一応クリアということで。スラブは6級あたりでも、腕力で誤魔化せない課題が出てくるので、ボルダリングの基礎を学ぶには良いのかな、と思っています。

進捗としては、最初の2回はスタートホールドから進めず、開始時の右足を右側に移動したら黄色い大きな足場まで進めました。そこからゴールホールドまで結構苦戦。回数を数えるのは止めてしまいました^^;

次はバルジ壁のあるエリアへ初挑戦。挑むのは6級課題。強傾斜部分は使いません。最初に挑んだ6級■は、フラッシュクリアできました。途中、垂壁から垂壁へ90度面が変わるところでは、身体が振られそうになりますが、そこを越えればさほど難しい箇所はありません。上記写真だと赤丸の方です。上部は切れています。

続いて同じエリアの6級Iに挑みましたが、こちらは敗退しました。145度壁から垂壁へ移るところの一手が遠いです。強い人のお手本では、足を先に引き上げたり、ヒールフックなど足を上手く活用されていました。上記写真だとスタート部分しか写っていませんが、青丸です。このあと右に進んで、左上部の垂壁に進みます。

最後は一番手前の垂壁の6級■課題。途中までホールドを1個見逃していて、これに気づいた時はアハ!体験でした。よーし、これでいけるぞ、と思って意気揚々と登りましたが、結局敗退。ゴールホールドを掴む際の左足の置き場が、まだ分かっていないです。

こんな感じで、6級課題に登れたり、登れなかったり。5級課題への挑戦は、6級課題の大半を安定して登れるようになってから、と思っていたのですが、そろそろ次の段階へ進みたい気持ちもあります。自分に合った5級課題を1個定めて、6級課題と併せて挑んでみようかな。

ちなみに今回で初回限定の3回回数券が切れてしまいました。パスポートは使いきれる自信がないので、11回回数券を検討中。ウェブページ上では案内がないけど、店舗入口の案内表示にはあった気がします。