「 2019年09月17日 」一覧

スヴァールバル諸島とオスロの旅~初日

初日、成田エクスプレスに乗って成田空港へ向かいます。いつも通りJAL購入ですが、運航はフィンエアーの便なので、フィンエアーのカウンターでチェックインします。すると、エコノミー席が満席とのことで、ビジネスクラスにアップグレードされました!初経験。やったね。

利用できるラウンジは、カンタス航空のラウンジになります。サテライト側ですが、出発便の搭乗口もサテライト側なので、ちょうど良いです。カンタス航空のラウンジは初利用。利用時はあまり混雑はしておらず、快適でした。家を出たのが早くて、きちんと朝食をとっていなかったので、こちらでいただきます。せっかくなので、ビールも飲んじゃいました。

   

出発時刻が近づいたのでラウンジを出てしまいましたが、あいにく出発便は遅延。40分くらい遅れて、成田空港を離陸しました。さすがビジネスクラスで、ウェルカムドリンクにシャンパン、冷菜もついて、気持ちが上がります。その後2回の機内食を楽しみます。機内映画は、「マトリックス」と「キングコング~髑髏島の巨神」を鑑賞しました。

10時間ほどのフライトを終えて、ヘルシンキ空港に着きました。ビジネスクラスのトラベルセットに歯磨き粉などの液体物があるので、セキュリティチェックの入口にあるビニール袋に詰め替えます。セキュリティチェックを終えたら、パスポートコントロールへ。パスポートコントロールは自動化されています。前回着た時はまだ自動化されていなかったような。

シェンゲン協定エリアに入ったら、フィンエアーのラウンジに入ります。機内食を食べているので、食事はいいかな、と思い、コーヒーとお菓子をいただきました。我が家にも色違いがある、マリメッコのマグカップ。

 

そしてオスロに向けて出発します。沖止めなのでバスで移動。3列3列の機体で、国内線の感覚ですね。こちらもビジネスクラスにアップグレードされたようで、食事が提供されました。サーモン、ハンバーグ、そしてデザートと、2時間弱のフライトなのになかなか豪華。窓の外を覗くと、森や湖が広がり、北欧らしい景色を望むことができました。

オスロ空港に着きました。天井にある木の梁が、すごく優しい印象を与えてくれる空港です。空港を出たら、徒歩でホテルに向かいます。宿泊先は、Park Inn Airport by Radisson Bluです。トランジットのための宿泊になります。外はまだ明るく、近くを散策したい気持ちになりますが、日本時間だと深夜時間帯であり、さすがに眠いので、18時45分ごろに寝てしまいました。一旦23時すぎに目が覚めたけど、その後は朝まで寝てました。こうして初日は終了です。