「 2020年01月03日 」一覧

ニセコスキー旅行2019~まとめ

2019年12月13日から15日にかけて、ニセコへスキー旅行してきました。今シーズンの初スキーをしたいのと、FOPを2019年中に30,000に乗せておきたいのが、動機です。最初は北海道でスキーというざっくりしたプランでしたが、久しぶりにニセコで滑ってみたいと思い、今回の旅行計画が出来上がりました。前回のニセコスキー旅行は2012年なので、7年ぶりになりますね。

レギュラーシーズンに入ったばかりで、雪不足により一部コースが滑走不可でしたが、それでも楽しめました。人の数もそこまで多くないですしね。ただ全体的に、食事関連の物価の高さが、きつかったです。

ニセコスキー旅行2019~初日

  • スキー
  • 羽田空港~新千歳空港~ニセコアンヌプリ国際スキー場~唐火七~湯心亭

ニセコスキー旅行2019~2日目、最終日

  • スキー
  • ニセコアンヌプリ国際スキー場~湯心亭~新千歳空港~羽田空港

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ニセコスキー旅行2019~2日目、最終日

2日目、7時すぎに起床して、7時30分から朝食。ボリュームたっぷりで朝から満腹です。焼き魚、煮物、サラダなど、品数も多くて、色々な味を楽しめます。食後は部屋でしばらく寛いで、9時30分に宿の送迎バスでゲレンデまで送ってもらいました。

スキーウェアに着替えたら、昨日置いておいたスキーセットを持ってゲレンデへ。帽子を宿に忘れたり、ロッカーの自由に開閉できる小扉を勘違いして、本体扉を開けてしまい、ロッカー代金を二重に払うことになったりで、出鼻をくじかれましたが、気を取り直して滑りを楽しみます。レンタル手続きなく滑り出せるのは快適。天気は予報通り曇天です。この日は青空は無理ですね。リフト券はバスチケットとのパックで買った8時間券を利用します。

滑るコースは、昨日と同じく、パラダイスコースorファミリーコースからのジュニアコースです。初級者向けのコースだと自ずとこうなります。

12時30分ごろ、ジャンボ第1クワッドリフトを下りてすぐ近くにある、ぱらだいすヒュッテに寄って、フライドポテトとホットコーヒーをいただきます。暖かい店内でほっとひと息つきました。

さて、せっかくなので、ゴンドラでもう少し高いところまで上ってみたいです。ただ、ゴンドラからは中級者コースしかないですし、羊蹄山の上の方が時折ホワイトアウトしているので、行って良いものか迷います。しかし、一度も行かないのはもったいないので、意を決していくことにしました。

ゴンドラに揺られて羊蹄山の山頂近くに着きました。ここまで上ってくると、やはり眺望が違いますね。曇天なのが少し残念ですが、景色はきちんと見渡せます。

さっそく滑走開始。ユートピアコースを下ります。ゴンドラを下りてから広い場所に行くまでの細い道が怖いです。広い所に出たら、スピードが出ないように、思いきりジグザグしながらプルークボーゲンで滑ります。ジャンボ第2ペアリフトの麓まで来たら、ユートピアコースは終了。少し休んだら、白樺コースに入ります。ユートピアコースより少し斜度が緩いかな。それでもやはり怖いので、スピードを殺して慎重に滑りました。そしてぱらだいすヒュッテが見えてきて、ようやく初級者コースに合流しました。一度も転ばなかったけど、力でねじ伏せているので、足と神経が擦り減りました。

14時30分ごろ、ニューサンコーで昼食。この日は味噌豚骨ラーメンにしました。そしてサッポロクラシック生も付けます。

 

この後も、リフト券の8時間券が時間切れになる18時30分まで、がっつりと滑りました。滑ったのは、パラダイスコースとファミリーコースの初級者コースです。もう一度中級者コースを滑る気合はなかったです。

この日はFenix 5Xでスキーアクティビティを計測してみました。さすがにどのコースを何本滑ったかまでは、手動で調べないと駄目ですが、滑走本数とかは自動で計算されるので、便利です。滑走速度なども分かるので、新鮮でした。だいたいロードバイクで走っている時と似たような速度なのですね。

滑走回数 19
距離 34.55km
高度下降 5,603m
滑走時間 2時間21分15秒
経過時間 7時間54分20秒
平均速度 14.7km/h
最高速度 40.3km/h

スキル面では、途中チャレンジしたミニジャンプですが、どうしても腰が引けてしまい、危ないですね。心理的にまだビビッているのだと思います。前傾をキープできるようになりたいです。そして相変わらず右ターンは良いけど、逆側が苦手です。

19時すぎ、レンタルの返却手続きを終えて、ゲレンデを後にします。どこか食事処に寄って夕食をとろうかと漠然と考えていましたが、お店の数があまりありません。加えて、高級志向のところが多いようで、さすがに厳しいと思い、そのまま宿に戻ることにしました。

宿の売店で買ったポテチとコーラが晩御飯がわり。朝食がたっぷりあるので、夜は少なめでも良いかなあ、と。

それから温泉に入ります。雪が舞う中入る露天風呂という大好きなシチュエーション。さらに天を仰ぐと、雲の隙間から時折満月が姿を見せてくれて、この上なく贅沢なシチュエーションになっています。土曜日ということもあってか、昨日より人が多めでした。

温泉を上がったら、恒例のマッサージチェア。0時30分ごろ、就寝。

最終日、7時ごろ起床して、荷支度を済ませます。7時30分すぎ、朝食をいただきます。昨日とはメニューが変わっていて、この日はTKGをいただけました。昨晩の夕食をほぼ抜いていることもあり、美味しさ倍増です。

8時30分、宿をチェックアウトして、送迎バスでゲレンデまで送ってもらいます。ここから新千歳空港行きのバスに乗ります。ノーザンリゾートの方に先に寄るので、一旦スキー場前は通り過ぎるのですが、若干時間が遅れていたこともあり、乗り過ごしたかと少し焦りました。天気は徐々に回復して青空が見えてきており、この日も滑りたかったなあ。

11時10分ごろ、新千歳空港に着きました。3階のロイスチョコレートワールド、ハローキティハッピーフライト、ドラえもんスカイパークのあるエリアをウロウロします。お土産はロイスのクリスマスツリー型のチョコレートを買いました。

せっかくなので最後に昼食を食べたかったのですが、さすがにまだお腹が空いていないので、チェックインを済ませて制限エリアへ移動します。それからサクララウンジで寛ぎます。東京に戻った後次の予定があるので、アルコールは控えておきます。

のんびりしすぎていたら、優先搭乗が終わっていました。あー、飛行機の機体の大きさによって搭乗開始案内のタイミングが違うんですね……次回から参考にします。

13時、新千歳空港を離陸のはずが、乗員名簿と実際の乗客が合わなかったり、乗り継ぎ客待ちだったり、てんやわんやで30分ほど遅延しました。機材到着遅れとかで遅延とかはたまに遭遇しますが、今回のケースは個人的に珍しいパターンでした。羽田空港到着手前では、雲海から頭を出した富士山を見られました。

15時すぎ、羽田空港に到着しました。昼食は、地下1階のフードコートにある、そば処あずみ野にて、牛丼セットをいただきました。ここで今回の旅行は終了です。