Home > > 夏の旭川と美瑛の旅

夏の旭川と美瑛の旅

  • 2010-09-20 (月) 12:47

2010年08月16日~18日にかけて、北海道の旭川と美瑛を旅してきました。

写真日記はこちら!

初日、6時すぎに起きて、7時30分ごろ出発。南流山駅まで自走して、そこから輪行。東松戸駅で北総線に乗り換えます。羽田空港直通の電車があるので、少し待って、それに乗りました。そこそこ待ち時間があったので、その合間にタイヤの空気を少し抜いておきました。羽田空港に到着したら、てくてく歩いてAirDoのカウンターへ向かいます。ちょっと遠いですね。チェックインを済ませて、輪行袋を預けたら、身軽になりました。売店で軽食を買い、いざ搭乗。

13時ごろ旭川空港に到着。輪行袋はベルトコンベアではなく、別途運ばれてきました。大型や特殊な荷物が一箇所に集められている格好です。手渡しとは微妙に違う感じでしょうか。さっそくターミナルの外に出て、自転車を組立てます。そしていざ出発。

さっそく見えてくる広大な畑。いきなり夏の北海道を実感できて感動です。そして、滑走路近辺では、ちょうど着陸する飛行機が、頭上すれすれを通っていきました。大迫力です。その後は、真っ直ぐ進んで、富良野国道に合流しました。そこから南へひたすら走ります。途中から上り坂が延々と続き、結構しんどいです。背負っている荷物がそこそこ重いせいもありますが…

1時間ほど走って、美瑛駅に到着しました。駅前の案内板で地図を見て、いざ出発です。初日はパッチワークの路方面へ行きました。花園二丁目から入ったのですが、最初の坂が結構きついです。景色も、木々が鬱蒼としていて今ひとつ。でもそこを抜けると、広大な丘と畑が広がっていました。もう期待通りの光景ですね。

天気も良くて最高です。しばらくは下り坂が続くようですので、颯爽と駆け抜けます。少し予想外だったのは、意外と暑いこと。途中寄ったコンビニの方曰く、前日までは涼しかったそうです。それでも東京よりは、若干涼しい気はします。

しばらく進むと、マイルドセブンの丘が見えてきました。ちょっと自転車を停めてひと休み。そして再び自転車をこぎます。美瑛国道の手前まで行くと、右に曲がって折り返します。ところどころ牧場が見えますが、基本的に観光牧場ではないっぽいですね。

途中、脇道に入って親子の木を目指します。そこそこの上り坂で、地味に疲れます…。でもそこから見渡す景色は格別でした。親子の木はもう少し先なので、進みます。下り坂をのんびり進んでいくと、看板を発見しました。さらに先にセブンスターの木もあるのですが、帰りにこの坂を登ることを思うと、断念しました。

続いて向かった先は、ケンとメリーの木。いかにも!といった感じで立っています。この木は近くまで寄れるのが良いですね。

続いては、北西の丘展望公園へ。売店でラベンダーソフトクリームを買いました。旅先のご当地ソフトクリームは基本。少し自転車を停めて、展望台からの眺めを楽しみました。

こうしてパッチワークの路を満喫したあとは、美瑛駅前に戻ってきました。ちょっと旭川まで自走する元気がないので、富良野線で輪行します。ホームが階段向こうなので、時間ぎりぎりになり、焦りました。人は多くないので、ドア脇に輪行袋を立てかけて、座って行きました。

旭川駅に到着後は、ホテルまで自走すべく、組立てます。自転車を組み立てていたら、おっちゃんに話しかけられました。輪行していると、組立てや解体時に話しかけられることが多くて、面白いです。

ホテルに到着したあとは、しばらくまったりと過ごします。それから夕食をとりに、大黒屋へ行きました。満席だったため、少し待ったのち、入店。まずはお薦めの生ラム肉でジンギスカン。そのあと、ハーブ生ラムとライスをいただきます~。お酒は大黒サワーと黒ビール。自転車で疲れた分、肉でパワーを補給です。

夕食を終えたら、再びホテルへ戻ります。少し寛いだあと、大浴場へ。露天風呂が温泉で、内風呂は軟水風呂です。多少塩素臭はしましたが、疲れが癒されました。やはり大浴場つきのビジネスホテルは良いですね。部屋に戻ったあとは、23時30分すぎに就寝。

二日目、7時前に起きて、8時ごろ朝食。そして9時ぐらいに出発です。この日の目的地は旭山動物園。駅前から少し離れた5番乗り場で、直通バスに乗ります。さすが人が多くて、30分超立ちっ放しでした。

いざ、入園。まずは一通り動物たちを見ようと思い、順々に回ります。ペンギンやホッキョクグマなど、外から見る分には、特に並ばずとも大丈夫です。オオカミの森では、ちょうど巣穴に帰るところが見られてラッキーでした。あとはレッサーパンダの距離感に驚いたり、眠っているキタキツネに癒されたりしました。あとは、テナガザルやオラウータン、アミメキリンを見たり、どうぶつ図書館へ寄ったり。

一通り見終えたと思い、原っぱにて休憩。自販機があったので、北海道限定と銘打たれたガラナスカッシュを買いました。北海道限定の文字につられたけど、喉乾いているときに飲んだら、余計に喉が乾きそうです^-^;

その後は、見過ごしてきたライオンを見たり、あざらし館やペンギン館に並んでみました。そうこうしていたら、良い時間になってきたので、お土産屋さんで買い物を済ませて、ととりの森を通りつつ、撤収です。お土産屋さんでは、定番の白熊ぬいぐるみを買っておきました。

バスで旭川市内に戻ったあとは、山頭火本店にて塩らーめん。さらに餃子とビールも付けました。おいしくて満足です。チャーシューがとろけるように柔らかかったですね。続いては、旭川市教育委員会博物館へ向かいます。場所が、忠別川の向かいにあるので、少し大回りになります。ただ、時間はそこそこあるので、歩いて行きました。

いざ入館。アイヌに関する文化や歴史の展示が色々あり、興味深かったです。やはり大和民族のものとは、一味違う雰囲気を持っており、新鮮でした。また、さらに古い時代の出土品や、自然史などの展示もあり、結構なボリュームがあります。だいぶ楽しめました。

それから、再び歩いて、一旦ホテルへ帰ります。VODが無料で見られるようなので、つい北斗の拳の最終回近辺を見てしまいました。そして夕食時になったので、ホテルを出発です。

この日は二幸本店へ行きました。まずは北海握りと笹おり。北海道産の新鮮なネタを頬張ります。それから、単品で4つほど。お酒も大雪の蔵を追加して、肴にイカの刺身を頼みました。美味しかったですが、予想以上に頼みすぎて、1万円近くかかってしまいました^-^;

ホテルに戻ったあとは、すぐに寝落ちしてしまったようです。

三日目、7時に起床。昨晩の暴飲暴食のせいで、お腹の調子が絶不調です。しかし、朝食は7時30分にしてしまい…。ほとんど食欲がわかずにもったいないことをしました--;)。そういう体調なので、朝はなるたけゆったり過ごします。北斗の拳のVODも全部見てしまいました。そして10時すぎにようやく出発。

まず旭川駅まで行き、そこから富良野線で美瑛まで輪行です。美瑛に到着後は、もうお昼時でしたので、さっそく「だいまる」へ向かいました。注文したのは、美瑛名物として売り出し中のカレーうどんです。せっかくなので、ボリュームのあるカツ付きにしました。びえい牛乳も付いてきて、満足です。

エネルギーチャージも完了したところで、いざパノラマロードへ。さすがにGoogleMapsアプリだけでは、ランドマークに不安があったので、駅前の観光協会で地図を貰いました。

まず向かった先は四季彩の丘。色鮮やかな一面の花畑が眩しいです。ラベンダーは時期が遅かったようで、見ごろは終わった感じですね。また近くには、おしゃれな喫茶店「風」も見つけました。あとで来ようと思います。

続いては美馬牛小学校を目指します。するとその途中で、一面のヒマワリ畑を見つけました。ヒマワリ畑は、今回の美瑛サイクリングで見たかった景色の一つなので、嬉しいです。それから美馬牛小学校を見たあとは、少し進んでかんのファームまで行きました。

こちらも丘一面に色鮮やかな花々が咲いていて、素敵です。期待していたラベンダー畑は、こちらも見ごろは終わってしまったようです。

それから、先ほどの喫茶店「風」に戻り、アイスコーヒーとチーズケーキをいただきました。気の温もり溢れる店内と、丘の広がる外の景色共々、素敵でした。

最後は拓真館方面に向かいます。目的はその界隈にあるヒマワリ畑です。拓真館自体は、残念ながら寄っている時間がないため…。ところが、道を1本間違えたみたいで、結局目にすることは出来ませんでした。一度は引き返そうとしましたが、飛行機の出発時刻に間に合わない恐れがあったため、泣く泣く諦めました。

こうして美瑛のサイクリングは終了し、富良野国道に出て、旭川空港を目指します。最初の上り坂がつらいですが、その後は下り坂が続くので爽快です。最後、旭川空港へ入る道で再び上り坂になるのですが、ここがきつかったですね。ペダルが重いというより、長時間乗っていることで、腰や背中が悲鳴を上げました。時間に余裕はあったため、少し休憩しました。そして多少持ち直したので、再出発。

旭川空港に着いたあとは、念入りに輪行袋へ収納を行ない、チェックインと手荷物預かりを済ませます。エックス線装置を通らないので、中身確認による検査となりました。身軽になったあとは、お土産購入を済ませます。ちょっと余裕をかましていたら、搭乗案内のアナウンスが流れてピンチ。

羽田空港には21時手前に到着しました。ちょっとノロノロしていたら、輪行袋の手渡しを待たせてしまって、申し訳なかったです。そして普段は行きは京急、帰りはモノレールですが、今回は自転車があるので、帰りも京急です。北総線直通がなかなか来なくて、30分以上待ちました^-^;

さすがに平日の夜なので、そこそこの混み具合。車掌室後ろをゲットしたので、まあ何とかなりました。東松戸駅に着いたあとは、ここから自宅まで自走です。深夜に初めてのルートなので、結構気疲れしますね。それと、夕食をまだ食べておらず、ハンガーノックが怖かったので、コンビニでキョロちゃんチョコバーを買いました。

結局2時間ほどかかって、ようやく帰宅しました。自分の知っているエリアに入ったときの安心感は半端ないです。お土産はお菓子と白熊とご当地キティですね。ご当地キティは妹からの頼まれものですが、自身にもちょっとコレクター心が湧きつつあります(笑

関連記事

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://omoshiro-joho.com/prof/wp/wp-trackback.php?p=2277
Listed below are links to weblogs that reference
夏の旭川と美瑛の旅 from DreammoleBlog

Home > > 夏の旭川と美瑛の旅

メタ情報
素材拝借元
参加ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 資格ブログへ

Return to page top