ジム39日目~貼り替え後の6級課題

2019年3月10日、2カ月ぶりにジムでボルダリングしてきました。さすがに1,2面はホールド替えが行われており、宿題となっていた灰7課題は、クリアできないままになりました。

この日は、3,4,5面を中心に挑みます。3,4面は貼り替え以降、初めて登ったつもりでしたが、過去のブログを見ると、登っていたみたいです。でも日が空いていたこともあり、気持ちは初見でした。

まずは4面。灰11(上写真の青色)に挑戦して一発クリア。途中やけにリーチを必要とするなあ、と思ったのですが、★印のホールドを見落としていて、1つ飛ばしでクリアしてしまいました。続いて灰10(上写真の赤色)も一発クリア。傾斜も緩いし、シンプルなので、特に難しく感じたところはなかったです。

続いて3面。灰6(上写真の赤色)に挑戦して、こちらも一発クリアです。右から左にトラバースして、最後は上へ登っていくルートになります。トラバースの過程で壁を直角に2回曲がるのですが、2回目は先の壁が死角になるので、身を乗り出してホールドの位置を確認する必要があります。ただ、この時に貼り付いている壁が完全に垂壁なので、ゆっくり観察していても特に腕力は奪われません。

次は灰5(上写真の青色)に挑戦。こちらは疑惑のクリア。一応ゴールホールドに両手をついていたけど、片手はタッチする程度になってしまいました。本当は足場をもう一段上のホールドにして、しっかりゴールホールドを握らないと駄目だと思いますが、改めてやり直す気もしないので、グレー判定のクリア扱いにしておきます。傾斜の緩い壁ですが、垂壁ではないので、その場でリトライする勇気が出ませんでした。結構高い位置なので、下にマットがあるとは言え、足場をいじるのは、ちょっと怖いのです。

最後は灰9に挑戦。こちらは強傾斜壁のサイドからスタートするのですが、以前はスタートホールドから先へ一手も進めませんでした。今回も最初は同じような感じだったのですが、少し登り方を変えてみたところ、次のホールドへ手が届くようになりました。以前は身体を引き上げるのと同時に左方向にある次のホールドを取りに行っていたのですが、今回は一旦身体を垂直に引き上げてその状態をキープし、次のホールドへ手を伸ばすようにしたら、安定して進めるようになりました。ただし、その先にはまだ進めません。先は長いなあ。ちなみに今回一手先へ進めるようになったのは、やり方を変えたことによる効果か、筋トレにリバースプランクを取り入れて広背筋を鍛えるようにした効果かは、よく分かっていません。両方だったら嬉しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする