カンクン旅行~3日目(コスメル島ダイビング)

4時ごろ起床して、ダイビングの支度。日焼け止めを入念に塗っておきます。そして6時すぎ、送迎車に乗ってコスメル島へ向かいます。昨日は解散タイミングが違ったので気づきませんでしたが、昨日のダイビングに参加したファミリーは同じホテルでした。後日何度かすれ違ってご挨拶。

向かう先はプラヤデルカルメンと言う街です。大体車で1時間くらいの距離になります。朝早いこともあり、移動時間はお休みタイムとなりました。

プラヤデルカルメンに着いたら、フェリーに乗り換えます。出航まで少し時間があるので、街を散策。コンビニに寄って朝食用の菓子パン、水と、酔い止め薬Dramamineを購入しました。酔い止め薬は日本から持参していましたが、ホテルの部屋に置きっぱなしにしてしまいました。朝たっぷり時間があったのに、忘れてしまうものですね……

8時になり、フェリーに乗船します。船内は自由席。景色を見るため、端っこに座ります。およそ40分ほどでコスメル島に着きました。

コスメル島に着いたら、タクシーでマリーナまで移動します。10名程度なので分乗していくのかと思っていたら、ワゴンタイプのタクシーがありました。

マリーナに到着後は、セッティングを済ませて船に乗り込みます。ポイントまではあまり時間が掛からずに到着。最近は沖縄本島からの慶良間諸島で片道1時間コースに慣れていたためか、ずいぶんと近くに感じます。

    

1本目のポイントは、Yucab Reef。エントリしてすぐ底まで見える透明度。グレーエンジェルフィッシュやブルータング、ツマグロチョウチョウウオ、オーシャントリガーフィッシュなど、カリブ海の魚を楽しみます。クイーンエンジェルフィッシュの名前の由来にもなった天使の輪っかも、写真に収めることができました。また昨日に引き続き、スポテッドドラムも見られました。あと昨日は見られなかったコットンウィックグラントの群れがいました。

そして、ドリフト中に悠然と目の前を泳いでいくオニカマスがいて、なかなか迫力ありました。オニカマスってあまり見た記憶ないです。少なくともこの距離で見たのは初めてのはず。他には、イエローヘッドジョーフィッシュが何匹かいたので、穴から出てくれるタイミングを粘って撮影。近づくと穴に隠れてしまうので、テレコンバージョンレンズが欲しくなりますね。

本数 89
日付 2019/05/02
エリア/ポイント コスメル島/Yucab Reef
潜水時刻 10:22-11:08
水深(平均/最大) 11.0m/14.4m
水温 28.2℃

1本目を終えたら船上休憩。リンゴやタコスをいただいてリフレッシュ。ワカモレ美味しい~。

2本目のポイントは、Paradise Reef。1本目より透明度が高くて、まるで水槽の中にいるようです。海藻が点在する平たい砂地では、遠くの地平線?まで鮮明に見えて、透明度の高さを強く実感できました。1本目よりも潮の流れが早くて、流れに身を任せる感じです。自分から動き回って生き物を探すのは少し大変。1本目と同じく、岩陰ではロブスターをよく見かけます。それから見た目が気になって思わず写真に撮ったスムーストランクフィッシュ、大西洋でしか見られない魚です。1本目に引き続き、オニカマスも見られました。ただ、トードフィッシュは見られなかったので、昨日のダイビングで見られて良かったです。

本数 90
日付 2019/05/02
エリア/ポイント コスメル島/Paradise Reef
潜水時刻 12:10-12:52
水深(平均/最大) 9.6m/13.2m
水温 27.6℃

2本目を終えて水面に上がると、目の前には巨大な豪華客船が停泊していました。青い海と空に白い船、映えますなあ。マリーナにある施設でシャワーを浴びてトイレを済ませたら、タクシーに乗ってフェリー乗り場前まで移動します。

すぐ近くにあるベニートフアレス公園で、フェリー出港時刻までの待ち時間を兼ねた昼食休憩となりました。サンドをいただいたので、公園内のベンチでmogmog。でもソースをズボンにこぼしてしまって、少しテンションダウン。ところでこの公園、日差しを遮るものがほとんどなく、大半が日向です。そのため、数少ない日陰に人が集まっています。

ちなみにCOZUMELサインは、この公園内にあります。公園の周りの建物は色鮮やかで南国を感じさせます。海沿いの通りもお洒落ですね。一方で陸側へ1本通りを入ると、庶民的な雰囲気になります。

16時近く、フェリーの出港時刻になったので、乗船。座っているとなかなか気づきませんが、結構揺れてますね。途中トイレに立った際には、それなりに苦労しました。プラヤデルカルメンに着いた後は、ツーリスティックな街並みを通って、送迎車の待ち合わせポイントへ移動します。お店から出てくる冷気が気持ちいい~。ちなみに自分以外の今回のグループは、4人ファミリー、カップル1組、ひとり旅の女性1人でした。

送迎車が到着したら、一路カンクンへ戻ります。途中、大型バスが沿道の森の中に突っ込んでいました。

18時手前にホテルへ着きました。チップは、コスメル島現地分は船長に20USD、カンクン分は降車時に20USD渡した気がします。部屋に戻ったら、シャワーを浴びて、21時ごろには就寝。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする