釧路・阿寒旅行~初日

初日、羽田空港に行き、サクララウンジで寛ぎます。滑走路越しに富士山がよく見えました。飛行機は、8時05分発で9時40分着の便です。クラスJのお手頃価格が買えなかったので、普通席にしました。

釧路空港に到着後は、阿寒湖行きのバスに乗ります。予約制の阿寒エアポートライナーです。モバイル乗車券が使えるので、スマホ画面の提示で済みます。プリントアウトしなくて良いので楽です。市街地を出ると森や雪原が広がっています。阿寒に向けて北上するにつれて、だんだんと雪が強くなっていきます。1時間超で阿寒湖温泉に着きました。

まずは阿寒湖畔エコミュージアムセンターを見学します。ありがたいことに入場無料です。館内には、阿寒湖の自然や地形に関する展示があります。イトウやマリモなどの生体展示もありました。植物の匂いを嗅いだりといった体験展示もあり、楽しめると思います。

それから、しんしんと雪の降る温泉街を歩いて、アイヌコタンへ向かいます。15分ほど歩いて到着しました。入口にあるフクロウのオブジェが印象的ですね。民芸品のお店が軒を連ねる中、飲食店も数軒あります。

昼食をいただくために入ったお店は、民芸喫茶ポロンノ。いただいたのはユクセット。アイヌ料理の定食で、鹿肉になります。具だくさんのスープと豆が入ったご飯をいただきました。そして名前に惹かれて注文したマリモヒート。マリモと同じ緑色で、中にマリモを模した丸いゼリーが入っています。

その後はアイヌコタン内を散策して、アイヌ生活記念館に入ります。入場料は寄付制。衣類や生活道具などの展示があります。パネルによる歴史資料も面白かったです。日本史の授業では、アイヌの歴史はほとんど習いませんでしたしね。

  

それから阿寒湖へ向かいます。こちらでの目的は、ワカサギ釣り。レンタル用具一式とのセット券を購入して、テントの中へ。暖房はないですが、風が直接当たらないだけでもかなり楽です。餌をセットして氷の穴に釣り糸を垂らします。しかし、全然引きがきません。ワカサギは水底近くを群れで泳いでいることが多いので、糸は水底まで垂らして、少し上げたところで、動かします。何度か引きは感じたのですが、餌だけ食い逃げされることが数回。結局釣果は2匹でした。前回のワカサギ釣りは坊主でしたので、それに比べればマシですが、寂しい結果です。この2匹、いずれも引きを感じずに餌を換えようと引き上げたところに掛かっていたので、手応えはさっぱりありません^^;

日没で空が群青色に染まる中、湖畔の建物にいって、釣ったワカサギを天ぷらにしてもらいました。テントの中とは言え、長時間氷点下の屋外にいたため、とにかくヤバイくらいに身体が冷えています。足早に宿へ向かいます。

  

本日お世話になるのは、阿寒湖荘。チェックインを済ませたら、部屋で寛ぎます。その後、夕食をいただきます。お造り、天ぷら、鍋、炊き込みご飯、蕎麦など、色々なメニューに舌鼓を打ちます。お酒は、阿寒湖らしく、まりもの雫をいただきました。

食事の後は、5階の展望風呂へ向かいます。加水なしの源泉掛け流しとするため、お湯を冷ましながら流していく構造になっています。そのため、注ぎ口に近い方から、3段階の温度の湯舟があります。しかしこの時は、最も高温の湯舟は高温すぎて、入浴不可となっていました。夜でしたので、阿寒湖の様子はよく見えませんでしたが、向かいのホテルなどの夜景を楽しめました。

朝が早かったこともあり、部屋に戻ったら、23時ごろには就寝しました。


E-M5 markIIIを買いました

購入経緯

これまでE-PM1を使ってきて、大きな不満もなかったのですが、より高性能なカメラも使ってみたいと思うようになりました。良さを知らないと欲しいと思うキッカケもなかなか作れないですしね。

と言うわけで、当初はE-M1を購入するつもりでしたが、markIIIが出るか出ないか微妙なタイミングで、なかなか購入に踏み切れません。E-MXが出たことで、E-M1の後継機がいつ出るかも不確実性が増しました。そんな中で登場したE-M5 markIII。スペックはE-M1 markIIに匹敵します。というわけで、2019年12月07日、購入に踏み切りました。選んだのはシルバーボディ。まあ、この数か月後にE-M1 markIIIが発売されるのですが、欲しいと思ったときが買い時ですし。既にこの時点で、購入を検討してからだいぶ日が経っているので、押さえきれませんでした。

使用感想

大体2ヶ月ほど使ったので感想です。ちなみに製品レビューというより、このクラスのカメラを初めて触った人間の感想になります。主にE-PM1との比較ですね。

まずこれまでE-PM1を使っていたので、大きさの違いを感じますね。でもE-M5が大きいというより、逆にE-PM1が小さすぎるという感想です。E-M5の方が手に馴染む感じが良いです。もともとE-PM1は、パンケーキレンズを付けて、コンデジのように携帯するスタイルも想定していたので、当時としてはこの小ささに大きな意味がありました。けれど、現在はTG-5がその役割を果たしているので、必須ではないです。重さに関しても、特に気になりません。

シーン撮影でHDRが使えるのが嬉しいです。HDRは、TG-5で初めて使って、その便利さに感動しました。完全に期待通りに機能するわけではありませんが、大体の傾向を把握できれば、使いどころを押さえることが出来ます。

バリアングル液晶は、花などの接写撮影で使ってみました。回転のさせ方に慣れが必要ですが、これまで液晶を見られなかったシチュエーションでも液晶を見ながら撮影できるのはうれしいです。

そしてビューファインダーがあるのが、思いのほか嬉しかったです。ついついファインダーの覗いて構えてしまいます。昔銀塩を使っていた頃を思い出しました。ファインダーの中に集中できるので良いです。ちなみに液晶モニタとビューファインダーの切り替えに熱感知を使っているのか、釧路の氷点下環境で撮影した際に、切り替えがおかしくなりました。顔をファインダーから離しても、液晶表示に切り替わらなくなりました。ただ、動作保証温度であるマイナス10度を下回っていたかもしれません。この現象は一時的なもので、その後復活しています。

タッチパネル液晶になっているので、焦点位置の指定操作などが楽です。ただどうしても片手持ちになった際に手ブレするので、微調整はキー操作で補完します。

SDカードとバッテリーの収納場所が別になっているのも、良いです。大した不便があるわけではないのですが、何となくSDカードを換装する際に、バッテリーのある場所を開けるのが好きではなかったからです。

まだまだ使いこなせていないと思うので、これからも色々なシチュエーションでたくさんの写真を撮影していきたいです。

作例

 

作例というほどのものでもありませんが、門司港にて、E-M5 markIII+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm f3.5-6.3 EZで撮影した写真です。


雨上がりの菜の花の江戸川CR2020

2020年03月08日、昼前まで雨が降っていましたが、何とか上がってくれたので、軽く江戸川CRを走ってきました。3月上旬ということで、そろそろ菜の花も咲き始めていると思い、そちらを楽しみに出かけました。

コースは千葉県側を北上して、利根運河で折り返すルート。早めに切り上げたかったので、一番短いルートにしました。

 

常磐自動車道の手前までの菜の花畑が例年に比べて寂しいですが、その先の菜の花は例年通りに咲いていてひと安心。ほぼ満開に近いですが、八分咲きといったところでしょうか。曇天なのでせっかくの菜の花もいまひとつ映えきりませんが、雨が上がったばかりなので、人や自転車の往来はほとんどなく、快走できました。ただ、北風が少々しんどかったです。

 

利根運河土手の菜の花がたくさん咲いていたので、一旦下におりて撮影。そして帰り道は江戸川CRの下側の道を走行しました。こちらですと、菜の花が目線より高くなるのです。途中で猫にも遭いました。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 12.95km
平均速度 13.3km/h
平均移動速度 18.9km/h
最高速度 31.5km/h
走行時間 00:58:18
移動時間 00:41:10
平均心拍数 122bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


軽井沢プリンスホテルスキー場2020

2020年03月01日、軽井沢プリンスホテルスキー場で滑ってきました。前回の岩原スキー場でレッスンを受けたため、同じシーズンにもうひと滑りしておこうと考えたためです。日帰り可能で駅近ということで、軽井沢プリンスホテルスキー場を選びました。長野方面のスキー場は久しぶり。

東京駅を7時52分発のはくたかに乗って出発します。朝食は駅で購入したミックスサンドを新幹線車内でいただきます。

軽井沢駅に到着後は、シャトルバスにてスキー場へ移動します。軽井沢プリンスホテルスキー場は人工降雪なので、スキー場以外では積雪がなく、不思議な感じ。

びゅうのパッケージなので、バウチャーをリフト券を引き換えて、それからレンタル手続き。そしてロッカールームで着替えを済ませます。準備を終えたら、いざゲレンデへ。

天気もよく、スキーウェアを着ていると、麓では軽く汗ばみます。まずはくりの木リストで登って、軽く足ならし。ちょっとシャーベット感がありますね。それからパノラマリフトに乗って山の上の方へ移動します。上の方の雪は圧雪された状態です。

中級者向けのパノラマコースは、出だしの斜度に怖気づいたので、初級者向けのファミリーコースを滑ります。そのままプリンスゲレンデ方面に下りました。

プリンスリフトに乗って、プリンスゲレンデを何本か滑ります。前半に少し斜度がありますが、後半は緩やか。

続いて隣りにあるもみの木リフトに乗り、もみの木コースを数本滑ります。プリンスリフトより若干空いているので、ついついこちらばかりに。コース中腹にもみの木があり、近くを滑るのが楽しいです。

お昼になり、一休みしたい気分でしたので、レストランポルトにて昼食。ランチビュッフェで色々といただきます。長野県産コシヒカリのカレーライスや、唐揚げ、ローストビーフ、豚カツなどなど、おいしくいただきました。クオリティ高くて、値段もそこまで張らないので、良いですね。ビュッフェとは別に、生ビールも注文しました。

食後は少しまったりして、それからイースト高速リフトで山頂へ移動します。山頂は周辺の峰々を眺望できるスペースがありました。昨夏登頂した赤岳の山影も見えます。

さて、向かう先は初級者向けのトップクルーズ。林間コースをのんびり滑ります。そしてうさぎ山コース方面へ進路をとります。その後はうさぎ山リフトを使って、うさぎ山コースを数本滑りました。

それからウエスト高速リフトを使って、再び山頂へ向かいます。山頂にある自販機で買ったオロナミンCで一服したら、元のエリアへ戻ります。

最後は、パラレルリフトに乗ってパラレルコースを何本か滑りました。中級者向けですが、最大斜度がパノラマコースより緩いので、何とか滑れます。こちらは前半よりも後半が急な斜面になっています。ターンで内足が追いつかないいつも通りの感触ですが、稀に上手く曲がれることもあり、このあたりの感触を磨いていきたいです。

パラレルリフトの運行終了時刻が近づいてきたので、パノラマコース方面に逃げます。その後はくりの木リフトで何本か滑って、帰りの新幹線の時間に合わせて終了。

少し時間があったので、フードトラックでバナナブルーベリークレープを買いました。同じ場所で売られていたハンバーガーにも心惹かれましたが、甘いものを選択です。

帰りは徒歩で軽井沢駅に戻ります。駅の中のお店で、どら焼山を1個購入し、新幹線に乗車。少し贅沢をしてグリーン車にしました。ちょっぴり豪華なシートでラグジュアリーな気分に浸れます。

今回の滑走データは、以下の通りです。

滑走回数 28
距離 19.86km
高度下降 2,950m
滑走時間 1時間36分47秒
経過時間 6時間13分25秒
平均速度 12.3km/h
最高速度 33.4km/h

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


佐原へ輪行

2020年02月23日、佐原へ輪行してきました。もともと館山あたりを想定していましたが、距離が長いうえ電車の乗り継ぎが多いので、断念。そこでB.B.Baseの行き先にも名を連ねている佐原が目に留まりました。ロードバイクを置いている実家からの便も良さそうなので、こちらを行き先に決めました。

しかし輪行は実に久しぶりです。恐らく2016年の霞ヶ浦輪行以来でしょうか。予備用に買った輪行袋の出る幕が全然訪れません^^;

   

まずは我孫子駅まで自走します。正月に手賀沼まで走っているので、だいたい同じようなルートで進みます。大堀川サイクリングロードまでの合流ルートを改善して、おおたかの森駅前を経由しないルートを開拓。手賀沼の手前で大堀川サイクリングロードを抜けて、手賀沼の北側を走ります。大堀川サイクリングロードでは、河津桜の咲いている箇所があって、きれいでした。途中北柏駅前を通り、常磐線に沿うように走りたかったのですが、ちょうど良い道がないので、住宅街や畑の道をジグザグ通り、ようやく我孫子駅前に着きました。

我孫子駅前で、輪行のパッキングをします。風が強い日でしたので、結構大変でした。輪行袋を肩に担いで、成田線の発車するホームに下ります。弥生軒に惹かれますが、ぐっとこらえて電車に乗車します。

 

電車は空いています。のどかな沿線の景色を楽しみつつ、安食駅で下車。駅前でロードバイクを組み立てます。久しぶりの輪行でしたので、リアギアを小径側に倒さずに外してしまい、組み立て時にちと苦労しました。

安食駅から街中を北へ走り、利根川サイクリングロードに合流します。どこまでも真っ直ぐ伸びるサイクリングロード。天気も快晴で、実に気持ちの良い光景です。

しかし、風が強いので、修行要素が増します。完全な向かい風にはならないのですが、横から煽られることが多いので、結構神経を使います。たまに追い風気味になるときは、ラッキーでした。この強風を活かして、空ではトンビが滑空している姿を、多く見かけます。気温自体はこの時期にしては高めの13度で、上着なしでも良いかなあ、と思っていましたが、風を浴びると存外冷えたので、防寒してきて正解でした。

ひたすら漕ぎ続けて、長豊橋や常総大橋など、いくつかの大きな橋を通り過ぎていきます。サイクリングロードはとても快適に走れるのですが、根木名川の水門など一部の区間で車道と合流する箇所があるので、要注意です。

 

昼食は佐原に着いてから食べるつもりでしたが、お昼をだいぶ過ぎてしまい、お腹が空いてきたこともあり、ちょうど見かけた道の駅発酵の里こうざきで、休憩することにしました。名前の通り、発酵製品を売る売店やレストランがあります。昼食は、こちらのレストランオリゼにて、米糀味噌で漬け込んだトンテキ定食をいただきました。とても柔らかくてまいう~。お代わり自由ということに、食べ終わってから気づきました。まあ、あまりたくさん食べても走れなくなるので、良しとします。

さて、目的地である佐原までは、あと10kmちょいありますので、再び利根川サイクリングロードを走ります。とても楽に長距離を走れるのですが、川沿いのサイクリングロードは景色が単調なので、少し飽きてきますね。それでも普段走っていない場所を走るのは、楽しいです。

右手に菜の花畑が見えてきたら、もうすぐ佐原に到着です。目指す場所は歴史地区なので、小野川との合流地点まで進みます。合流地点の水面では、たくさんの水鳥たちが羽を休めています。そんな景色を見遣りつつ、土手から下りたら、小野川に沿って南へ進みます。

   

進むにつれて、沿川の様子が徐々に雰囲気を帯びてきます。アスファルトから石畳になったあたりで、人も増えてきたので、ロードバイクから下りて押して移動します。蔵や伊能忠敬旧宅など、歴史ある建築物が軒を連ねます。ちょうどじゃあじゃあ橋から水が落ちている時間帯でしたが、写真を撮り損ねたので次の回まで待つことにしました。周辺をぶらぶら走って17時手前に戻り、無事じゃあじゃあする写真を撮影。

それから佐原駅まで走って、ロードバイクを輪行袋にパッキングします。17時50分発の成田線で成田駅まで移動し、乗り換えて我孫子まで移動します。成田以東は直通していないから、乗り継ぎで時間かかるんですよねえ。

我孫子に着いたら、始発の常磐線各駅停車に乗車。成田線到着と同じホームの快速も、問題なく乗れそうな混み具合でしたが、大事をとって始発を選びました。柏で下車した後は、同じく始発の東武アーバンパークラインで流山おおたかの森へ移動し、つくばエクスプレスで最寄駅にて下車。

すっかり暗くなっていたのでLEDライトを点灯しようとしたら、電池切れ。幸い駅前にコンビニがあったので、そちらで調達しました。

なお、往路は我孫子まで自走しましたが、慣れない道を夜間長距離走るのは不安でしたので、復路は電車を使いました。

今回の走行データは、以下の通りです。掲載パラメータを増やしているので、説明を記載します。走行時間は、走行中の停止時間も含む時間です。移動時間は、前述の停止時間を除いたものです。移動速度は、恐らく従来のケイデンスベースのサイコンで測定される速度と同じです。経過時間は、未測定時間も含んだものになります。今回は輪行なので、電車の移動時間が該当します。過去の記録は、移動時間を走行時間として記録しているので、一貫性がないです……。ちょっと数が多いので、必要なパラメータをいつか精査したいです。

走行距離 47.22km
平均速度 12.4km/h
平均移動速度 17.7km/h
最高速度 40.6km/h
走行時間 03:48:28
移動時間 02:40:09
経過時間 06:24:22
平均心拍数 121bpm

走行マップは、以下の通りです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。