TG-5を1年間使ってみて

TG-5を購入してから1年以上経ちました。アクティビティ関連で撮影する時は必ず利用するので、稼働率で言ったらミラーレス一眼(E-PM1)やスマホカメラ(SO-01H)より高いと思います。基本的にかなり満足していますが、長いこと使ってみて気づいた点、分かった点がありますので、つらつらと書き綴ってみます。

画質は、やはりミラーレス一眼に劣ります。E-PM1は10年近く前のエントリー機なので、HDR撮影などTG-5の方が優れている部分も多いのですが、斜陽の中、両カメラで撮影した2枚を比べると、E-PM1のディテールの方が勝ります。超望遠を除いて、TG-5がE-PM1の役割を食ってしまうかもしれないと思っていましたが、そこまでではありませんでした。

操作性で気になるのは、ズームレバーです。何だか時々引っ掛かるような感じになるんですよね。引っ張ったらそのまま戻らなくて、指で押し返して戻すことがたまにあります。軽く検索した範囲では、同様のコメントは見つけられませんでした。個体の問題か、調べ方が良くないのか。

そしてカメラの特性上、ケースには入れずに剥き出しのまま、ポケットに突っ込むことが多いです。そのせいか、液晶画面の保護フィルムが約1年ほどで剥がれてしまいました。後ほど替えを買ってきて、貼り直す予定。1年なら消耗品として割り切れるかな。

そして気づかぬうちに、レンズ前面にも細かい傷がたくさん付いてしまっていて、ちとショックでした。撮影した写真で傷が気になるようなことは現状ないですが、もう少し気を付けようと思います。レンズキャップを付けられるようにする、という選択肢もありますが、撮影までにワンステップ増えてしまうのが難点です。従来のコンデジのように、撮影時だけレンズが露出するようになっていれば良い気もしますが、メカニクルな機構が増えることによるデメリットもありそうで、悩ましいです。


ミニパスタ鍋を買いました

自分はわりとパスタが好きだったりします。以前の住居では、たまに自炊していました。自炊と言っても乾麺を茹でるだけなので、とてもお手軽ですけど。しかし、今の住居になって、ガスコンロからIHに替わったことにより、使える鍋がなくなってしまったので、それ以来ご無沙汰でした。

そんな中、Amazonで見かけて気になっていた「貝印ミニパスタ鍋14cm ユータイムIII DZ2003」を、年末年始休みをきっかけに、ポチッてみました。

一人暮らしにちょうど良いサイズで、長いパスタ麺も問題なく茹でることが出来ます。以前の住居で使っていた鍋はあまり深くなかったので、麺がこぼれないようにしばらく気を付ける必要がありましたが、この鍋ならそんな心配は無用。

何だかんだでこれからも外食、中食で済ませることが多いとは思いますが、少しは自炊をするきっかけになれば良いかなあ、と思います。今は職場の食堂があり、外食でもさほどコスパが悪くないので、なかなか自炊を迫られません。


2019年10月~12月のランニング記録

2019年10月から12月のランニング記録です。

年月 距離(km)
2019/10 9.5
2019/11 19.3
2019/12 29.6

2019年11月は10kmランの大会があったので、それを差し引くと10月と変わらない走行距離になります。しかし12月は練習時の走行距離が大幅に伸びました。平日の朝ランや、新規開拓した多摩川沿いコースの影響が大きいです。年末年始休みによる走行距離の積み重ね効果も大きいので、2020年1月以降も同じようなペースを維持できるかが鍵ですね。

大会本番ではなく練習で10km以上走ったことは、長距離を走る上での心理的ハードルを引き下げてくれる効果があったように感じています。ただ後日に残る疲労感は大きいので、オーバートレーニングとならないように注意したいと思います。


多摩川沿い羽田空港までのランニングコース

2019年12月27日、多摩川に沿って羽田空港まで走ってみました。せっかく多摩川から遠くない場所に住んでいるので、多摩川沿いを走るランニングコースを開拓してみようと思ったのが動機です。

 

自宅を出発して第一京浜を東に2kmほど走ります。信号のある大きな交差点が数カ所あるので、この区間はウォームアップに当てます。ここを抜けると、多摩川に出ます。そしたら土手の遊歩道を走ります。川崎河港水門付近、整地はされていますが砂利道区間もあるので、少し走りにくいですね。砂利道区間は、下の道路を走った方が良いかもしれません。

この日は晴天で気持ちの良い青空が広がります。ただし風が強くて、特に吹き曝しになる土手はなかなか大変でした。目に埃は入るし、進むのが大変な部分もありました。

 

大師橋は橋の下をくぐって抜けられたので、上り下りは発生するものの、信号に掛からず良かったです。そしてこのあたりは道幅も広く、人もそれほどいなくて良いですね。対岸には羽田空港も見えてきて、時折離着陸する飛行機が見られます。

本当はもう少し先の多摩運河まで行くつもりでしたが、工事中で進めなかったため、手前で折り返します。

復路は概ね同じルートで戻りました。ただ、先述の通り工事で予定より先に進めなかったことにより、大師橋を渡って東京側にも行ってみたい欲が出てきました。というわけで、大師橋を渡って東京タッチをして折り返し。東京側を走るのは、調査不足でリスキーなので止めておきました。

最後多摩川から第一京浜に戻るルートを少しアレンジして、京急大師線の港町駅付近を通りました。せっかく走るなら、まだ走ったことない場所を走った方が楽しいですしね。その後第一京浜を走り、新川橋交差点で信号待ちになったので、ここでランニング終了としました。

今回は特に距離は決めずに、多摩川沿いを走って羽田空港を見ることを目標に走りました。その結果、14kmという、これまで大会でも走ったことのない長い距離を走ることができました。15kmを練習で走れれば、ハーフマラソン本番でも走れるらしいので、ハーフも行けちゃうかな、なんて思いました。

走ったルートのマップは上記です。スタート部分は一応ぼかしてあります。そして走行データは下記の通りです。

距離 14.19km
時間 1時間40分56秒
心拍数 169bpm

1km毎のラップタイムを見ると、13km以降で8min/kmに落ち込んでおり、10km以上は走り慣れていないことが如実に表れたな、と感じています。それまでは6min台がメインでたまに7min台です。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ジム51日目~回数券切れ

2019年12月22日、壁家にてボルダリングをしてきました。奇しくもこの日が11回回数券の使用期限日でした。9回目の使用なので、残り2回を使いきれませんでした。ただ、土日の日中という一番高い時間帯で使っており、1,800*9=16,200円相当が13,000円になっているので、元は取れています。今後も同じくらいの利用頻度だと考えると、次回以降も回数券使用で良いかな、と思います。

まずは100度壁の赤ピンク課題で腕慣らし。そして貼り替え後初挑戦となる青■課題。上方向へ少しホールドが離れている箇所があるけど、そこは足場を引き上げることで、身体を上に持っていけました。

その後は既にクリアしている青+課題に挑みます。なかなか安定してクリアできないので、2回クリアしてみました。毎回苦戦する最後のところは、体を壁に引き付けて、その状態で右手を持ち替えて移動させる方法でクリアできました。無理にダイアゴナルを意識して左手を持ち替える方法は無理ぽ。

最後に5級課題である橙■に挑戦します。大きめのホールドに足を乗せるところまでは進みましたが、体が縮まってしまい、重心も上手く取れなくて、次の一手が繰り出せずに敗退です。この大きめのホールドに足を乗せる際に、2回膝を強打してしまいました。大事はないですが、痛い……