お気に入りのシャープペンシル

アナログでイラストや漫画を描いていた頃などは、文房具を色々揃えていましたが、デジタルがメインになった現在では、あまり揃えなくなってしまいました。しかし、かつての血が残っているのか、文房具コーナーに行くと未だにワクワクしますね。そんな中、今でも良く使う文房具が、シャープペンシルになります。

デジタルお絵描きでも、下描きはアナログで線画を描くので、その際に利用します。利用しているのは、STAEDTLERと言う製図用のシャープペンシルになります。お値段は1,000円弱。太さは0.5mmが良かったのですが、生憎売り切れでしたので、0.3mmにしました。細身なのにしっかりとした重さがあるので、描き心地がいいですね。質感も良いです。あと、グリップにゴムを使っていないので、長期間使っても腐食しないことが嬉しいです。

こちらのシャープペンシル、元々は文字も書くシャープペンシルとして愛用していたのですが、脱出ゲームに行った際に会場に置き忘れて、なくしてしまいました。代わりに後述する別のシャープペンシルを買ったのですが、どうしてもまた使いたくなり、再度購入しました。

そしてこちらが、文字を書く際に使用しているシャープペンシルです。川崎アゼリアの有隣堂(現在はありません)の文房具コーナーで購入したのですが、製品名等は特に印字されていないので不明です。確か値段は1,000円ちょい。文字書きも基本はPCですが、それでも紙媒体に書く機会はそれなりにあります。こちらのシャープペンシルは、木製の丸みを帯びた太いボディで、とにかく持ち心地が良いです。写真のほうは、背景も同じような木目のテーブルにしてしまい、ちょっと失敗しました(苦笑

文字をたくさん書いたり、精密な図を描いたりしない限り、機能面では普通のシャープペンシルとの違いはそれほどないのかもしれませんが、確実にテンションは上がるので、そういった点で、お気に入りの1本と言うのは大きいと思います。


イクラ文化祭に参加

2018年11月03日、代官山NOMADで開催された、伊倉愛美アコースティックワンマンライブ”イクラ文化祭”に参加してきました。

 

アコースティックライブハウスなので、会場内は落ち着いた良い雰囲気。着席形式になります。入口では物販コーナーもありましたが、新規アイテムはなく、過去の再販です。お花がいくつか寄せられていました。

12時30分すぎ、開演。会場を見渡し、タオルやペンライトなど、前回の物販で買ったグッズを持ってくるのを忘れていたことに、気づきました。うわー、なぜか完全に頭から抜けていました。

内容は、イクラ高校の文化祭にやってきた中学3年生の伊倉愛美さんが、入りたい部活を決めるために、色々見て回るというストーリーです。ちなみにイクラ高校の偏差値は31、超難関校です。会場に来ている浪人中の中学○十生をいじりつつ、ストーリーが始まります。

まずは2曲。セトリは、fanicon内でファンの方が整理して、伊倉さんがそれを追認していたので、そこから拾っています。本当はブログあたりにまとめて書くのが、親切だとは思います。

  • 閃光少女 (東京事変)
  • Over Drive (JUDY AND MARY)

 

やってきたのは天文部。バンドのセットに電飾がセッティングされ、伊倉さん自身も首から電飾を下げています。最近星座や占いにハマっているそうで、色々語り始めます。イクラジオでお馴染みですね。iPadに入れた便利なアプリを使い、星や太陽の方向を見ることができるそうです。

  • 君の知らない物語 (supercell)
  • スターゲイザー (スピッツ)

次にやって来たのはアイドル部。浪漫ちす子さんが登場です。本当はこの日にワンマンライブをやるはずだったちす子さん。なるほどこんな形で登場とは。好きなアイドルは誰ですか?と訊かれる最前列。最前列はVIP席で通常のチケットの倍価格で、テーブル付きの席になります。さらに楽屋訪問付き。加えて、ライブ中にいじってもらえるようです。返ってきた答えは「浪漫ちす子さん」「中森明菜さん」でした。ちす子さんのその後のコメントを聞くと、「伊倉愛美さん」が正解だったのかもしれません。ちなみにちす子さんのアイドル決めポーズは、「みんなのハートに?ロマン!ロマン!」だそうです。ロマン!ロマン!のところは胸元で両手を使いハートマークを作ります。会場全体でやりました。

  • 時間の国のアリス (松田聖子)
  • 悲しみよこんにちは (斉藤由貴)

続いて来た先は、軽音部。現れたのはサーモンエッグ師匠。普段はギターはバンドの方に弾いてもらっていますが、今回はギターメンバーがいない構成なので、サーモンエッグ師匠自ら弾きます。ギターを立って演奏するのが難しいことを、最近知ったサーモンエッグ師匠。今回は伴奏に忙しいので、お題は2個まで。代官山とロマンをお題に歌うも、歌詞にロマンが入っていないと会場からクレームが(笑。サーモンエッグ師匠的には、歌詞に入っていなくてもニュアンスに入っていれば良いのでは、との見解。結局お題を変えて、やり直し。ロマンとギターで歌いますが、ギターがメインで、ロマンは最後に無理やりねじ込んだ感が満載でしたw。いつものサーモンエッグ師匠に比べて、歌詞のキレがないのは、やっぱり伴奏しながらは大変なのでしょう。こうしてサーモンエッグ師匠は、今回はカタジールではなく、カタールへ旅立っていきました。エチオピアと日本とカタールをぐるぐる回っているのでは……

軽音部はサーモンエッグ師匠のように、自分で作詞作曲が出来なくてはいけない、と言う話から、伊倉さんのオリジナルの新曲を披露。

  • レイニーダンス (伊倉愛美)

一旦これで終幕。アンコール待ちです。アンコールの時のコール的なものがあったら面白いなあ、と思いつつ、特に思い浮かばない。

そして再度登場。まずはバンドのメンバー紹介です。とにかくバンドのメンバーにも学生服を着せたかったと伊倉さん。

この後、少し真面目モードになり、音楽活動への想いを語ります。今年になって歌を本格的に始めてみて、やっぱり自分は歌うことが好きだと気づいたとのこと。アイドルの頃みたいに、ファンの皆さんと触れ合えるこの距離感が良いそうです。そして終わりには、faniconの宣伝も。

最後の曲は、第2回イクランチで一部を披露したサンセットロマンスの完成版です。タイトルは少し変わって、ロマンスの風です。

  • ロマンスの風 (伊倉愛美)

こうしてステージは終演となりました。この後はチェキ会です。ポーズは、みんなのハートに、ロマン!ロマン!のポーズにしてもらいました。

さて、全体を通しての感想と今後について思うことです。前回のイクラ2390のような、伊倉さんが毎シーン違う役に扮して寸劇を繰り広げていくスタイルでした。これは伊倉スタイルとして、今後とも確立していくのかな。歌唱は済んだ歌声で、ライブとして十分に聴かせられるものだと思います。それでも伊倉愛美さんのことを全く知らない人に、是非見にきて!と言うのは何かが足りない気がすると言うのが正直なところです。自分が通うのは、タレント伊倉愛美さんが好きだから、です。なので、テレビなどのメディアで露出を増やしつつ、その魅力を伝えながら、そこから入ってきてくれる人を増やすのが堅いのかな、なんて思っています。

以下余談。後で知ったのですが、会場に飯田里穂さんも来ていたんですね。たぶん視界には入っていたとは思いますが、人の顔をあまり見ないので、全然気づいていませんでした。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


大阪旅行2018秋~まとめ

2018年10月26日から28日にかけて、大阪近辺を旅行してきました。一番の目的はミルキィホームズのライブ遠征です。あとは、ランニングや登山、外岩ボルダリングなどを組み合わせました。

今年はアニメ関連のライブや展覧会などで、大阪に遠征することが多かったですね。大都市なので不便もないですし、併せて楽しめる要素も色々あるので、これからもカジュアルに遠征したいな、と思います。

県境で言うと金剛山では少し奈良県に入り、北山公園も兵庫県になるので、一府二県の旅行ではあるのですが、感覚的には大阪旅行ですね。どうでもいい話なのですが、旅行記を都道府県別に整理している都合、悩ましいところです。

大阪旅行2018秋~初日

  • ミルキィホームズライブ
  • 品川~新大阪~難波宮跡~ホテル~Zepp OSAKA Bayside~ハレノヒ

大阪旅行2018秋~2日目

  • 金剛山登山
  • 河内長野駅~金剛山~ナムコ日本橋~大起水産~なんばパークスシネマ~ホテル

大阪旅行2018秋~最終日

  • 北山公園ボルダリング
  • 大阪城公園ランニング~ホテル~丸善&ジュンク堂ビル~甲陽園駅~北山公園~串かつ活~新大阪~品川

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


大阪旅行2018秋~最終日

 

最終日、7時30分ごろ起床しました。さっそく着替えて、大阪城公園に向かいます。目的はランニング。天気も良くて気持ちいいです。詳細は「大阪城公園ランニング再び」に書きました。走り終えたらコンビニで朝ごはんを調達して、ホテルに戻ります。そしてニチアサタイムを満喫。

10時30分すぎ、ホテルをチェックアウトします。大阪メトロで梅田駅まで移動したら、丸善&ジュンク堂のビルへ向かいました。こちらはビルが丸ごと書店になっています。ものすごい蔵書量で、無事に日本ボルダリングエリアガイド下巻を購入できました。

梅田駅から阪急電鉄で甲陽園に向かいます。神戸本線で夙川まで行き、そこから甲陽線に乗り換え。甲陽線は、途中駅が1駅しかない可愛らしい路線です。

 

甲陽園駅に着いたら、駅前のコンビニで昼食としてお茶とおにぎりを購入。それから北山公園に向かいます。下調べをあまりしてこなかったのですが、北山公園は小高い丘の上にありますので、階段や坂道をひたすら登っていきます。振り返ると街を見下ろす眺望が素敵です。しかし、早く目的地である岩場にたどり着きたいです。

しばらくして北山公園にはたどり着いたのですが、岩場への行き方がわかりません。公園という名前から拓けた場所を想像していましたが、思いきり山の中です。予定外の事態に軽くイライラ。山道を歩いたり、墓場に迷い込んだりしつつ、ガイドブックに記された入口付近にまでやってきました。だいぶ無駄に回り道してしまったようです。

ここからさらに山を登ります。途中眺めの良い場所があったので、そこで昼食を食べてしまいました。本当は岩に登ったあとに食べるつもりでしたが、予定よりだいぶ遅くなってしまったので。

 

山を登りきると、北山池があります。ベンチがあったので、ひと休み。近くでは河津桜が花を咲かせていました。

岩場でのボルダリングについては、こちらの記事をご覧ください。

ボルダリングを終えた後は、暗くなる前にとっとと下山します。駅まではそこそこ歩きます。

17時ごろ、甲陽園から梅田に移動しました。多少早いですが、夕食を済ませてしまいます。阪急三番街の地下をうろうろしますが、日曜の夜なのでどこも混んでいますね。

   

入ったお店は串かつ活。予算を気にせずに食べたいだけ食べてみたら、お会計が10,000円弱になりました。一人で食べると話をすることもないので、つい口寂しくなるせいか、結構食べてしまいますね。食べたのは、アスパラガス、海老、豚ロース、あさりの葱巻、鯛の生姜巻、玉ねぎ、松茸、チーズサーモン、餅磯部揚げ、こんにゃく、蟹爪、椎茸海老進上詰め、平目の葱巻、ヤングコーン、栗のベーコン巻、マッシュルーム、蛤、牛蒡の豚バラ巻、牛赤身、サーモンタルタル、合鴨ロース、オクラのキス巻、しめじ豚バラ巻、茗荷の豚バラ巻、蛤の大葉巻、子持ち昆布、チーズトマト、豚ヒレです。お酒は、特選黒松白鹿、上撰黒松白鹿超辛を、それぞれ1合いただきました。〆はごはんとお味噌汁、デザートはアイスクリームです。

19時15分ごろ、新大阪駅に到着しました。27番線の新大阪始発ののぞみに乗って、品川へ向かいます。京都までは3DSでゲームをプレイしていたのですが、その後はぼ~っとしていて、浜松あたりまであまり記憶がありません。

22時すぎ、品川駅に着いて、今回の旅行はお終いです。


大阪旅行2018秋~2日目

2日目、8時30分ごろ、起床。お酒のせいか、眠りが浅かったです。この日は登山なので、荷物を準備します。と言ってもリュックは1個しかないので、不要なものをホテルに置いていく形になります。

 

10時すぎにホテルを出発して、大阪メトロと南海電鉄に乗り、河内長野駅で下車。駅前からバスに乗って、30分ほどで金剛登山口に着きました。大阪中心部は天気が快方に向かっていく感じでしたが、こちらはまだどんより曇っていますね。

金剛山登山の様子は、「金剛山に登ってきました」の記事をご覧ください。

下山した後は、金剛山ロープウェイ前からバスに乗ります。停留所は2つあり、それぞれ行き先が全然違うので、間違わないように注意です。まあ、どちらに乗ってもそれほど時間は変わらず帰れるはずなのですけど、往路と同じルートのほうが安心感があります。

河内長野駅に戻ったら、南海電鉄高野線に乗って、終点のなんば駅で下車。駅構内の一角で551の売店を見つけました。関西方面に行くたび気になっていた551の肉まんをついに購入です。どこか適当な場所で食べるつもりでしたが、機会を逸してホテルまで持ち帰りました。

  

なんば駅を出たら、ナムコ日本橋へ向かいます。ここはアイカツ!の聖地なのです。今はアイカツフレンズ!の巨大看板が出迎えてくれます。まだ小さい子も遊びにくる時間なので、空いてた席で2クレだけプレイ。スターズ!のポップがフレンズ!のポップの陰にまだ残っていたのは、嬉しかったです。2Fのクレーンゲームは特に欲しいプライズがなかったので、眺めるだけ。アイカツ!のプライズって全然出ないですね~。

   

ナムコ日本橋を後にしたら、ガード下にあった大起水産さしみと寿司の店にて夕食にします。ダツのお刺身、鯖の煮魚、鮭ハラスの焼き魚いくら添え、カレイの唐揚げ、といった具合に、様々な形で魚料理を楽しみました。お酒は生ビールとハイボールを1杯ずつと軽めに済ませました。結構食べましたが、お会計は思ったより安めでお得ですね。

 

その後はなんばパークスシネマに移動して、この日から公開の映画プリキュアオールスターズメモリーズを鑑賞しました。ストレートにメッセージを伝えてくるので、結構涙腺が緩みます。しかし、旅先でふらりと映画館に入ったのは初めてかも。特に予定していたわけではなく、そう言えば本日公開だったなあ、と思って、近くの映画館を探して決めました。

映画鑑賞を終えたら、翌日のために日本ボルダリングエリアガイド下巻を探します。旭屋書店とか大きめの書店に寄ってみますが、マイナーな本なので、なかなか置いていません。結局この日買うのは諦めて、ホテルへ戻りました。

21時40分ごろ、ホテルに到着。さすがに足が疲れました。551の肉まんを頬張りつつ、疲れを癒やします。そして23時40分ごろ、就寝です。