ニセコスキー旅行2019~2日目、最終日

2日目、7時すぎに起床して、7時30分から朝食。ボリュームたっぷりで朝から満腹です。焼き魚、煮物、サラダなど、品数も多くて、色々な味を楽しめます。食後は部屋でしばらく寛いで、9時30分に宿の送迎バスでゲレンデまで送ってもらいました。

スキーウェアに着替えたら、昨日置いておいたスキーセットを持ってゲレンデへ。帽子を宿に忘れたり、ロッカーの自由に開閉できる小扉を勘違いして、本体扉を開けてしまい、ロッカー代金を二重に払うことになったりで、出鼻をくじかれましたが、気を取り直して滑りを楽しみます。レンタル手続きなく滑り出せるのは快適。天気は予報通り曇天です。この日は青空は無理ですね。リフト券はバスチケットとのパックで買った8時間券を利用します。

滑るコースは、昨日と同じく、パラダイスコースorファミリーコースからのジュニアコースです。初級者向けのコースだと自ずとこうなります。

12時30分ごろ、ジャンボ第1クワッドリフトを下りてすぐ近くにある、ぱらだいすヒュッテに寄って、フライドポテトとホットコーヒーをいただきます。暖かい店内でほっとひと息つきました。

さて、せっかくなので、ゴンドラでもう少し高いところまで上ってみたいです。ただ、ゴンドラからは中級者コースしかないですし、羊蹄山の上の方が時折ホワイトアウトしているので、行って良いものか迷います。しかし、一度も行かないのはもったいないので、意を決していくことにしました。

ゴンドラに揺られて羊蹄山の山頂近くに着きました。ここまで上ってくると、やはり眺望が違いますね。曇天なのが少し残念ですが、景色はきちんと見渡せます。

さっそく滑走開始。ユートピアコースを下ります。ゴンドラを下りてから広い場所に行くまでの細い道が怖いです。広い所に出たら、スピードが出ないように、思いきりジグザグしながらプルークボーゲンで滑ります。ジャンボ第2ペアリフトの麓まで来たら、ユートピアコースは終了。少し休んだら、白樺コースに入ります。ユートピアコースより少し斜度が緩いかな。それでもやはり怖いので、スピードを殺して慎重に滑りました。そしてぱらだいすヒュッテが見えてきて、ようやく初級者コースに合流しました。一度も転ばなかったけど、力でねじ伏せているので、足と神経が擦り減りました。

14時30分ごろ、ニューサンコーで昼食。この日は味噌豚骨ラーメンにしました。そしてサッポロクラシック生も付けます。

 

この後も、リフト券の8時間券が時間切れになる18時30分まで、がっつりと滑りました。滑ったのは、パラダイスコースとファミリーコースの初級者コースです。もう一度中級者コースを滑る気合はなかったです。

この日はFenix 5Xでスキーアクティビティを計測してみました。さすがにどのコースを何本滑ったかまでは、手動で調べないと駄目ですが、滑走本数とかは自動で計算されるので、便利です。滑走速度なども分かるので、新鮮でした。だいたいロードバイクで走っている時と似たような速度なのですね。

滑走回数 19
距離 34.55km
高度下降 5,603m
滑走時間 2時間21分15秒
経過時間 7時間54分20秒
平均速度 14.7km/h
最高速度 40.3km/h

スキル面では、途中チャレンジしたミニジャンプですが、どうしても腰が引けてしまい、危ないですね。心理的にまだビビッているのだと思います。前傾をキープできるようになりたいです。そして相変わらず右ターンは良いけど、逆側が苦手です。

19時すぎ、レンタルの返却手続きを終えて、ゲレンデを後にします。どこか食事処に寄って夕食をとろうかと漠然と考えていましたが、お店の数があまりありません。加えて、高級志向のところが多いようで、さすがに厳しいと思い、そのまま宿に戻ることにしました。

宿の売店で買ったポテチとコーラが晩御飯がわり。朝食がたっぷりあるので、夜は少なめでも良いかなあ、と。

それから温泉に入ります。雪が舞う中入る露天風呂という大好きなシチュエーション。さらに天を仰ぐと、雲の隙間から時折満月が姿を見せてくれて、この上なく贅沢なシチュエーションになっています。土曜日ということもあってか、昨日より人が多めでした。

温泉を上がったら、恒例のマッサージチェア。0時30分ごろ、就寝。

最終日、7時ごろ起床して、荷支度を済ませます。7時30分すぎ、朝食をいただきます。昨日とはメニューが変わっていて、この日はTKGをいただけました。昨晩の夕食をほぼ抜いていることもあり、美味しさ倍増です。

8時30分、宿をチェックアウトして、送迎バスでゲレンデまで送ってもらいます。ここから新千歳空港行きのバスに乗ります。ノーザンリゾートの方に先に寄るので、一旦スキー場前は通り過ぎるのですが、若干時間が遅れていたこともあり、乗り過ごしたかと少し焦りました。天気は徐々に回復して青空が見えてきており、この日も滑りたかったなあ。

11時10分ごろ、新千歳空港に着きました。3階のロイスチョコレートワールド、ハローキティハッピーフライト、ドラえもんスカイパークのあるエリアをウロウロします。お土産はロイスのクリスマスツリー型のチョコレートを買いました。

せっかくなので最後に昼食を食べたかったのですが、さすがにまだお腹が空いていないので、チェックインを済ませて制限エリアへ移動します。それからサクララウンジで寛ぎます。東京に戻った後次の予定があるので、アルコールは控えておきます。

のんびりしすぎていたら、優先搭乗が終わっていました。あー、飛行機の機体の大きさによって搭乗開始案内のタイミングが違うんですね……次回から参考にします。

13時、新千歳空港を離陸のはずが、乗員名簿と実際の乗客が合わなかったり、乗り継ぎ客待ちだったり、てんやわんやで30分ほど遅延しました。機材到着遅れとかで遅延とかはたまに遭遇しますが、今回のケースは個人的に珍しいパターンでした。羽田空港到着手前では、雲海から頭を出した富士山を見られました。

15時すぎ、羽田空港に到着しました。昼食は、地下1階のフードコートにある、そば処あずみ野にて、牛丼セットをいただきました。ここで今回の旅行は終了です。


ニセコスキー旅行2019~初日

5時15分に自宅を出発して、6時手前に羽田空港へ到着しました。さすがにラウンジに寄っている余裕はないので、そのまま搭乗口へ向かいます。6時30分に離陸して、大空へ飛び立ちます。しばらくすると、外には朝焼けに染まる雲海が広がっていました。

8時すぎ、新千歳空港に着いたら、北海道中央バスカウンターで予約しておいたチケットを引き取ります。リフト券パックがあるとのことなので、追加しました。バスの出発まで30分以上あるので、空港内をブラブラ。

9時すぎ、新千歳空港からニセコに向けて出発しました。途中、きのこ王国でトイレ休憩。寒すぎて小便から湯気が立つ様子を見て、以前のニセコ旅行を思い出しました。

12時ごろ、ニセコアンヌプリ国際スキー場に到着。ヌックアンヌプリに入り、ロッカーに荷物を預けて、スキーウェアに着替えます。それから3点セットのレンタル手続き。

リフト券売り場はゲレンデの麓なので、まずはスキーでそこまで下ります。リフト券の購入後は、ドリーム第1クワッドリフトに乗ります。初心者向けなので、かなりゆっくり。リフトを下りたら、ジュニアコースの途中から滑る形になります。

 

さすがに短いので、足慣らしが終わったら、ジャンボ第1クワッドリフトで上へ向かいます。ここからは、パラダイスコースとファミリーコースの2コースを選べます。並走しているコースなので、途中で横断して入れ替えも可能。最後はジュニアコースに合流します。両コースを3本ずつ滑りました。パラダイスコースはベーシックなコースで、広くて障害物もありません。ファミリーコースはところどころに木々が点在していて、それらをかわしたり間を擦り抜けたりするのが楽しいです。

昼すぎになったので、ニューサンコーにて昼食。羊蹄山カレーとサッポロクラシック生をいただきます。ゲレンデのレストランは基本的に割高ですが、それを踏まえてもニセコの物価はなかなかですね。普通に食べるのに、2,000円以上の出費を見ておく必要があります。

  

食事を終えて少し寛いだ後は、再び両コースを2本ずつ滑りました。昼間に比べて、だんだん雲が広がり、予報通り天気は下り坂。日も落ちて、身体も少し冷えてきたので、ミルクココアのホット缶で一服します。その後はナイターで、両コースを3本ずつ滑りました。何だかナイターの方が滑りやすいですね。雪質は悪くなっているはずなので、滑っている人の数が減ることが大きいのかな。

スキル面では、重心は低くして、視線は行きたい先を見る、という基礎を思い出しました。1年ぶりに滑ったりすると、すっかり忘れてしまったりしています。

ちなみに、Fenix 5Sでアクティビティ計測をするつもりでしたが、忘れててロッカーに入れてしまいました。小扉から取り出すのも面倒な位置でしたので、翌日使うことにしてこの日は諦めました。

スキーウェアを鞄にしまいます。3点セットは2日間レンタルなので、レンタルショップに置いていきます。

  

雪道で転ばないように気をつけながら、宿へ向かいます。その道中にある唐火七にて夕食をいただきました。お酒は地酒である二世古を飲みます。食事はザンギとししゃも。一人だとシェアできないので、これで満腹。

そこから10分程度歩いて、今回の宿である湯心亭に着きました。部屋でしばらく寛いだら、温泉へ向かいます。内湯はあまり広くないですが、露天風呂がとても広くて気持ちいいです。平日金曜のためか、人の数も少なく、ゆったりと過ごせました。

ひと風呂浴びた後は、休憩処にあるマッサージチェアを堪能します。無料で使えてラッキー。自分はマッサージチェア大好きなので、有料でも使うタイプなのですが、他に浸かっている人はいませんでした。

部屋に戻ったら、少しダラダラして、就寝。早起きとスキー疲れで、寝つきが良いです。


燦燈-SANTO-

2019年12月27日、友人との忘年会で訪問しました。注文したのは、燦燈コースになります。

最初に登場したのは、シェフのサラダ。ずわいがにやイクラが乗っている贅沢なサラダです。ずわいがにの味が濃厚でした。

2品目は本日の逸品。海苔の上にご飯とまぐろ?とウニが乗っています。上の具をある程度食べたら、最後は手巻きにしていただきます。ウニは良し悪しがかなり分かれる食材だと思っていますが、磯の風味と共に美味しくいただけました。

3品目は伊勢海老の鉄板焼きです。身の取り外し方は説明してくれます。なかなか外れないなあ、と思っていたら、すぽっときれいに外れました。日常生活で伊勢海老を食べることは滅多にないので、味を食感を堪能します。付け合わせのオレンジも良いですね。

飲み物はプレミアムモルツ2杯、梅酒ロック1杯をいただきました。

4品目は鮑の鉄板焼きです。こちらも普段なかなか食べることのない食材です。程よい照焼き風味と気持ちの良いあわびの食感に、舌鼓を打ちます。

5品目は、焼き野菜と黒樺牛のサーロインステーキです。真ん中の四角いのは、ムース状の醤油です。塩、胡椒も薬味にあるので、色々な味付けを楽しみました。

6品目はガーリックライスです。特製スープがついているので、ひつまぶしのように、最初はそのまま食べて、次はスープを注いで、と色々な食べ方を楽しめます。

最後は、デザート。チーズケーキ、アイス、フルーツ、ヨーグルトと、デザートのアソートを楽しめます。

写真を見ていただければ分かると思いますが、量は決して多くありません。しかし、一品一品を味わうには、これくらいの分量がちょうどいいと思っています。話をしながら、アルコールを飲みながら、でしたら、終わる頃には腹八分のちょうど良い感じになっていると思います。20代とか若い方だと、足りないでしょうね(笑


2019年を振り返る

本年もお世話になりました。2019年を振り返ります。

各部門大賞

【ゲーム大賞】スーパーマリオメーカー2

久しぶりに遊んだマリオの横スクロールものになります。ストーリーモードがあるので、従来のシリーズのように、ステージ攻略を楽しむことができます。先日全コースクリアを達成しました。インターネット通信による対戦や協力プレイも楽しいですね。無数に更新される「せかいのコース」も、クオリティにバラつきはありますが、楽しめます。もちろんメイン要素であるコースの自作も面白いですね。時間をだいぶ吸われますが。

今年の後半は上記の通り「スーパーマリオメーカー2」がメインでしたが、前半は「世界樹の迷宮X」をプレイしていました。8月ごろようやくクリアして、プレイ時間で言えば、今年一番プレイしたと思いますが、昨年の大賞に挙げているので、今回は外しました。他には、Nintendo Switch Lite本体と同時に「ゼルダの伝説~夢をみる島」を買いました。面白かったですが、旧作リメイクであることと、ボリュームが小さめであることが、大賞に挙げなかった理由です。

【アニメ大賞】キラッとプリ☆チャン

2年目になって格段に面白くなったと思います。虹ノ咲さんを軸にしたメインストーリーは、中盤で予想の斜め上をいく展開を見せて、年末ではきれいに一旦まとまりました。年明け以降の終盤展開の布石も敷かれて、先の展開に期待が高まります。えもあんなどの既存キャラの掘り下げ方も素晴らしいですし、まりすず(特にまりあさん)と言った新キャラも良かったです。

「アイカツフレンズ!」や「アイカツオンパレード!」も楽しく見ていますが、今回は「キラッとプリ☆チャン」の面白さが上回りました。「スター☆トゥインクルプリキュア」は、最初の数話を見逃したせいか、全体的に視聴する機会が少ないままでした。

【音楽大賞】フレンドパスワード

毎年、アニメ大賞の方と連動しがちですが、歌詞の内容がストーリーの核心部分をなぞっていることもあり、強いです。それに加えて、サビで半テンになる曲構成、歌唱による表現力など、素晴らしい曲だと思います。

【旅大賞】スヴァールバル諸島

今年は、スヴァールバル諸島とメキシコカンクンの2箇所へ海外旅行しました。どちらも1週間以上の旅行期間となり、甲乙つけがたいのですが、レア度の観点でスヴァールバル諸島にしました。独特の景観で、空港で降り立つ時の景色には、本当に感動しました。野生生物もそれなりに見られて良かったです。

【買い物大賞】Fenix 5X

過去数年間、旅行などサービスにはお金を使うけれど、あまり物は買わない生活が続いていました。しかし、今年は何故か物欲が爆発した1年でした。100,000円以上する高価なものは、GPS時計(Garmin Fenix 5X)、ミラーレス一眼カメラ(OM-D E-M5 mark III)、数万円するものは、登山用品(ザック、ストック)、ノイズキャンセリングイヤホン(BOSE)、ランニングシューズ、Nintendo Switch Lite、などですかね。

その中で大賞に据えたのは、Garmin Fenix 5Xになります。一番の理由は、とにかく使用頻度が多いことです。メイン用途で考えていた登山はもちろん、ランニングやサイクリング、スキーでも活用できます。特に煩わしい操作をすることなく、基本装着しているだけで良いです。いろいろ数値化されるので、アクティビティをこなすのが楽しくなりました。

【チャレンジ大賞】セノーテダイビング

旅行と被りますが、セノーテダイビングが一番チャレンジだったかな、と思います。楽しみな反面、実際に潜るまでは結構ドキドキしました。泥を巻き上げないための中性浮力の維持や、オープンウォーターではないことによる特殊なルールやテクニックなどがあります。緊張はありましたが、当日は晴れてくれて、大きなトラブルもなく美しい水景を見られて良かったです。

あとチャレンジというほどではないですが、新しく始めたものとして、水耕栽培でヘデラを育て始めました。

全体的な振り返り

【仕事】

主にリーディングやライティングですが、英語を良く使う環境になりました。プロジェクト自体は混沌としており、達成感を得られにくい状況が続いています。ポジションは年齢的なものもあり、リーダー職。そして年齢的なものからこの先のキャリアの作り方をそろそろ固めていく必要があるのですが、どうしても今の職場でマネージャ側へ進むことが人生全体を考える上で妥当とは思いきれず、従来玉虫色にしてきた打診への返答を、明確にノーとしました。もちろんそうしたからには、自分で描いているキャリアパスを実現していく努力を、一層こなさなくてはなりません。

【自己啓発】

第二外国語を中国語に絞って、隙間時間での学習を続けています。あとは久しぶりに情報処理技術者試験を受けました。区分はセキュマネなので、無事合格です。あまり難しい試験区分ではありませんが、これからも勉強する感覚を失わないようにしたいです。

【創作】

少しずつお絵描きは続けています。プログラミングは作りたいものがないので、ほとんどやってないですね。以前に作ったGoogle Maps APIを使ったサービスのメンテくらいでしょうか。

【楽器】

ウクレレとオカリナをちまちまと演奏しています。ウクレレの方が多めかな。純粋に楽しんでいる感じで、特に目標とかはありません。

【旅行・レジャー】

こちらは存分に楽しんでいます。海外旅行は遠い場所2箇所へ行きました。国内も、スキューバダイビングやスキー、登山、ライブ遠征旅行など、色々と出かけています。

【イベント・お出かけ】

今年もライブに結構出かけました。ただ、基本的に関連のある3種類のライブが中心で、新規開拓はしていません。時間は有限なので、バランスが悩ましいところです。

あとは、季節ごとの花木観賞も例年通りお出かけしてきました。今年はコスモス観賞に行けなかったのが、少し残念でした。でもその代わりに、ひまわり観賞ができました。

【運動】

今年は特にランニングの比率が増した1年でした。ロードバイクやボルダリング、日々の筋トレも従来通りこなしています。マラソン大会は、10kmを春秋で1回ずつ走りました。

月毎のイベント振り返り

【1月】

  • 乳頭温泉郷旅行 (温泉、スキー)
  • 第3回イクランチ
  • 地下謎2019
  • ミルキィホームズファイナルライブ Q.E.D.

【2月】

  • さっぽろ雪まつり旅行
  • Pripara Friendship Tour 2019 (2/9)
  • オケカツ!
  • 幕山公園梅鑑賞&ボルダリング

【3月】

  • 沖縄ダイビング&ホエールウォッチング
  • 八景島シーパラダイス (アイカツフレンズコラボ)
  • 第4回イクランチ
  • 都内桜鑑賞 (神宮外苑、乾通り、靖国神社、上野恩賜公園等)

【4月】

  • 日立さくらロードレース2019
  • Pripara Friendship Tour (4/13)
  • 平成最後のイクライブ
  • メキシコカンクン旅行 (ダイビング)

【5月】

  • アイカツフレンズ!CDリリースイベント「みんなアイカツ!」
  • 金時山登山

【6月】

  • 鎌倉紫陽花観賞
  • 伊倉愛美初めての新曲発表会
  • 東京おもちゃショー2019
  • 沖縄恩納村旅行 (ダイビング)

【7月】

  • TOEIC社内受験
  • りぼん展
  • スヴァールバル諸島・オスロ旅行

【8月】

  • 第33回ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界
  • 八ヶ岳登山旅行
  • 「この世界の片隅に」舞台挨拶
  • BEST FRIENDS Special LIVE
  • 真夏のイクランチ
  • ソレイユの丘ひまわり観賞

【9月】

  • 富戸ダイビング
  • 大阪旅行
    • プリパラ&キラッとプリチャンAUTUMN LIVE TOUR 2019大阪公演
    • 岩湧山登山
  • アイカツスターズ!感謝祭

【10月】

  • 名古屋旅行 (F1GP観戦、座談山登山)
  • 情報処理技術者試験 (SG)

【11月】

  • 谷川岳登山
  • アイカツスターズ!イリュージョンShowTime DMM VR THEATER FINAL
  • 祝賀御列の儀
  • 横浜ノースドックランニングフェスティバル2019
  • Embedded / IoT Technology 2019
  • 鎌倉紅葉観賞

【12月】

  • Butcher Republic伊倉愛美ライブ
  • 乾通り秋季一般公開&大嘗宮
  • リアル脱出ゲーム「グラブル囚われの騎空挺からの脱出」
  • ニセコスキー旅行
  • プリパラ&キラッとプリ☆チャン Winter Live 2019
  • オールアイカツ!ミュージアム
  • イクライブVo.4 あらけずりのイクラ
  • 大野山登山

イクライブVo.4~あらけずりのイクラ

2019年12月18日、恵比寿天窓Switchで開催された、イクライブVo.4~あらけずりのイクラに参加してきました。Peatixの整理番号はわりと早い方でしたが、開場時間には間に合わず。ちなみに”Vo.4″は”Volume 4″のことだと思いますが、正式表記に倣っています。

ホール外に展示されていた千葉テレビからのフラスタを撮影。”真奈美”は、触れてはいけないところです(笑。他にも何点か届いていましたが、ホール内での展示であり、ホール内は撮影禁止となっていたので、写真はありません。

ドリンクバーではスクリュードライバーをオーダー。席は50席ほどで概ね埋まっていました。自分はステージ向かって左壁側の端っこに座りました。いつもだいたいこの位置かも。

物販は開演前にタオルを買い、終演後にガチャ1回とチェキ券1枚を買いました。

さて、今回のライブの感想ですが、事前の予告通り、オリジナル曲が大半を占めるライブとなりました。従来の伊倉さんのライブは、カバー曲がメインで、オリジナル曲が数曲入る構成でしたが、今回のライブではその比率が逆転していました。

曲のセトリは控えていないので、正確ではありませんが、とりあえず下記は歌ったはず。ご本人か、公式スタッフか、ファンのどなたかがセトリを上げてくれるかな、と甘えていたら、どこにも上がっていませんでしたorz

  • ダイニングダイアリー
  • 砂の城
  • REIWA (ウクレレ)
  • 上着着てない
  • CANVAS

オリジナル曲が増えてくると、この曲は特に好き、とか出てきますね。今回のライブで色々聴いていて、数曲そうした曲があったのですが、タイトルがわかりません^^;

イベントの構成面では、これまで曲の幕間に寸劇を演じることが多かったですが、今回はそれらが主に映像作品に替わっていました。映像作品だからこそ表現できる面白い内容に仕上がっていました。年齢詐称疑惑のコント?が一番面白かったです。

客席参加型の要素は、「2週間で10kg痩せるダンス HANDCLAP」を会場の皆でやろう!と言うコーナーがありました。しかしこれ、大半の動きが客席のスペースでは不可能という。計算済みなのか天然なのか(笑

ちなみに、今回のイベントから新キャラクターすじこちゃんが登場しました。なぜか伊倉さんと同時には出演してくれません。なんでだろう???(すじこちゃんヴォイス)。これは、サーモンエッグ師匠、浪漫ちす子さんに続き、伊倉さんとの共演NGが新たに増えてしまった予感。

チェキ会では、横浜以来と言うことをお伝えして、それからすじこちゃんのぬいぐるみが気になったので質問しました。その結果、すじこちゃんのぬいぐるみは既製品ベースではなく、知り合いの方に作ってもらったオリジナルとのことでした。

次回のワンマンライブは、2020年3月31日の予定です。2020年2月4日には、バースデーイベントのディナーショーもあるとのことです。