カンクン旅行~初日

初日、4時30分すぎに起きて、6時すぎに家を出ます。品川まで出て、6時47分発の成田エクスプレスに乗って成田空港に向かいました。今回は旅程が長く、通常の荷物をリュックとボストンバッグに分けましたので、ボストンバッグの方を預託手荷物にします。JGCカウンターを使って早々と手続き完了です。出国審査は、日本人はデフォルト自動化ゲートに誘導される形になっていました。帰国時の入国審査は数年前から自動化ゲートでしたが、ついに出国審査もこの形になってきましたね。

制限エリアに入ったら、さっそくサクララウンジへ。しかし本館は改装工事中。サテライトにあるサクララウンジへ向かいます。今回の搭乗口はサテライトでないのが残念。サテライトのサクララウンジは初めてですが、当然ながらスペースは本館より狭いです。それでもビーフカレーや生春巻きなどを食べて、寛ぎました。アルコールは我慢。

 

10時55分、日本を発ちます。2回目の機内食は、蔦とコラボのラーメンメニュー。一般的な機内食との味の違いもあり、美味しく楽しくいただきました。機内映画は「ハンターキラー」と「ドラゴンボールブロリー」を鑑賞しました。時間はたっぷりあるけど、映画鑑賞は何だかんだで気力を使うので、2本が限界。

現地時間の9時手前、アメリカのダラスフォートワース空港に着きました。日本との時差はマイナス14時間です。トランジットでも入国審査が必要ですが、APCが配備されているので、手続きは昔よりだいぶ簡潔になっています。紙の入国書類や税関書類を書かなくて良いのが楽。今回は到着便が重なったためか、APCの後の窓口でそこそこ並んだのですが、ここが空いていれば入国審査は5分と掛からずに終わります。

入国審査とセキュリティチェックを終えたら制限エリアへ。Airline Club Loungeに行くつもりでしたが、時間が微妙なので復路で寄ることにしました。そして11時、アメリカン航空でカンクンに向かいます。国際線ですが、移動時間3時間弱なので、感覚的には国内線ですね。機内ではドリンクとお菓子が出ました。だんだんカンクンが近づいてきて、海が見える、と思ったら、地上のジャングルでした。山が一切なく見渡す限り平坦で、驚き。

13時45分、カンクン国際空港に到着しました。バゲージクレームを出るとたくさんの人たちがいますが、それほどグイグイ圧倒されるほどでもないです。ただ人の数が多くて、予約した送迎シャトルの係の人が見つかりません。そしたら案内の人がLocal Expertの人に取り次いでくれて、その人がMEX TRAVEL SOLUTIONに連絡して送迎会社の案内係がやってきて、その人からドライバーを紹介されて、送迎シャトルに乗りました。思った以上にリレー形式で、誰にチップ渡せばいいのか分からなくなってしまいました。とりあえず案内係に1USDでドライバーに5USDを渡したような気がします。送迎車はホテルゾーンを南から入るルートでした。想像していた以上に、空港からの距離はありますね。

14時30分すぎ、ホテルに到着しました。今回宿泊するのは、インターコンチネンタルプレジデンテ カンクンリゾートです。こちらにたっぷり6連泊。せっかくカンクンに泊まるのだから、リゾートホテルに泊まりたいと思い、こちらを選びました。一泊25,000円程度しますが、内容を考えたら、カンクンとしてはリーズナブルです。旅程のうち半分強はアクティビティで外へ出かけているので、オールインクルーシブには拘りませんでした。チェックイン時刻は15時からでしたが、14時40分ごろでもチェックインできました。

部屋は5階のラグーンビュー。部屋は広くて良い眺め。ビジネスホテルのシングルルームに泊まることが多いので、その差に舞い上がります。

  

さっそくホテルのプライベートビーチに行って、カリブ海で初泳ぎ。入った瞬間はひやっとするけど、入ってしまえば気持ちいい水温です。計ってないけど27度くらいでしょうか。白い砂浜に青い空とエメラルドグリーンの海、楽園のような景色ですね。リゾート感を満喫します。泳いだ後は、ビーチベッドに寝転がって夕日を観賞。気持ちの良い海風が吹きつけます。

そしてホテルの部屋に戻りました。パーティゾーンに行くつもりでしたが、何だか急に疲れてきたので、取りやめ。部屋の窓からは、ラグーン対岸のホテルのライトアップがきれいに見えます。なお、ライトアップしているのは一部のホテルだけです。

22時すぎには就寝。基本的に移動しかしていない1日ですが、朝が早かったこともあり、疲れが溜まっているようでした。


小笠原島レモンクラフトチューハイ

会社帰りにスーパーに寄ったら焼き鳥が安売りしていたので購入。当然お酒も欲しくなり、酒類コーナーへ行ったところ、こちらが目に留まりました。

小笠原の島レモンは、以前小笠原へ行った際に購入した島レモンのグミが、程よい酸味と甘味で美味しかった記憶があります。そんな記憶と、クラフトチューハイと言う響きに惹かれて、購入しました。クラフトビールは良く聞きますが、クラフトチューハイは初めてかも。まあ、焼酎の方はクラフトではないでしょうけど。

アルコール度数8%で果汁2%、容量は330mlです。お値段は300円弱でした。こうした小瓶に入っていると、それだけで美味しそうな気がしてくるのは、何故でしょうか(笑。330mlですが、アルコール度数8%なので、ちびちび味わいながら飲むのにちょうどいいかも。

口に入れた時の第一印象は、レモンの果実感の強さです。果汁2%とは思えない。飲み進めるにつれてだんだん慣れていきますが、程よいレモンの主張が良いですね。レモンの爽やかな口当たりでありつつ、しっかりとした味わいで美味しいです。

こちらのクラフトチューハイシリーズは、幾つか種類がありますが、それぞれ地域限定販売です。自分は神奈川県に住んでいますが、今回立ち寄ったお店で売っていたのは2種類でした。神奈川県で売っているものはもう少し種類があるので、お店によっても変わってきそうですね。


ジム41日目~6級課題4本落とすも

2019年5月18日、壁家へ2回目の訪問です。やっぱり家からの距離は少し遠く感じますね。その分滞在時間を長めに取れればと思います。

まずは前回クリアできなかったスラブ壁の6級課題(I)に挑もうと思ったのですが、壁が混んでいたので、手前の垂壁から挑みました。

垂壁の6級課題(I)は、6級にしては簡単な感じで、スイスイと登れました。垂壁で足場に使えるホールドもしっかりしたものが多いので、登りやすいですね。部分的なルーフを通って垂壁に戻るところは、少しバランスに気を遣いました。

続いて同じ垂壁の6級課題(T)に挑みます。トラバース系で、ゴールホールドまでスイスイ進めるのですが、どうしても両手で2秒間ホールドできません。スローパー気味なホールドなので、重心を上手く合わせないといけないのかな、手前が簡単な分ここが核心なのかな、と思い、数回トライするも上手くいきません。そんな中、壁を見ていてアハ体験。下の方にでっかいフットホールドがある……。ここに足の乗せるのが、正解でした。足が壁から離れて、壁側に倒れるようになるので、手で身体を支えずに済みます。それで大人用と子供用のゴールホールドが別々に設定されているのですね。ようやく理解できました。

次は100度の壁にある6級課題(I)に挑戦です。前回は最初のトラバースを終えて上へ向かうところで撃沈されていたのですが、今回は何故か乗り換えて、そのまま上へ進むことが出来ました。弱いとは言え被りの壁なので、腕の負荷は掛かりますが、ホールドは持ちやすいので、無事ゴールまで到達できました。でも腕力に頼りがちかな。

次は、同じく100度壁の6級課題(+)に挑みます。腕の力が弱ってきているので、若干危なっかしい感じではありましたが、何とかゴールまで進めました。下へ降りてくる時には腕が在庫切れで、やや高いところから地面へ落下。マットがあるとは言え、若干脚に堪えます。ちなみにこちらはフラッシュだったかもしれません。

最後は、前回の宿題となったスラブ壁の6級課題(I)です。こちらが相変わらずクリア出来ません。ゴール手前で足を一段上げなくてはいけないシーンで、足を上げると壁から剥がれてしまうのです。ムーブが良くなくてバランスが取れないのか、何か見落としがあるのか、次回こそは落としたい……スラブ壁で腕の力はほとんど使わないので、時間を掛けて何度も挑めば落とせないかなあ。

今回の滞在時間はおよそ2時間弱。ZENは1時間で料金の区切りがあったので1時間を目安にしていましたが、壁家は区切りがもう少し大きいので、滞在時間が悩みどころ。1時間だと短い気がするので、1時間半から2時間くらいかなあ、と思っています。

ちなみに課題のメモのために、壁の写真を撮るのですが、どうも全域を収めきれません。とは言え、スマホ(Xperia Z5)のカメラレンズが24mm(35mm判換算)なので、これより広角な手持ちレンズはないですしねえ。


世界樹の迷宮X~枯レ森クリア(その11)

レベル71まで上げたので、第十一迷宮である枯レ森のボス”イワオロペネレプ”に挑みました。結果は、そこそこ余裕のある勝利です。ちょっと用心しすぎましたかねえ。監視役のF.O.E.は全体撃破したので、増援は無しです。初めて第4階層に着いたときに、ザコ敵に全滅させられそうになるケースが何度かあったので、ボスに挑む前にレベルをガッツリと上げてしまいました。

イワオロペネレプは氷属性が弱点なので、ガンナーのチャージアイスを主砲として、ガンガン撃ち込みます。チャージ技なのでパラディンのセルディバイドでガンナーを保護しています。そしてヒーローが凍結斬で援護します。凍結斬はあまりレベルを上げていなかったこともあり削りは弱いのですが、数を重ねることで地味に寄与したかと思います。ヒーローは残像がありますしね。

一方、イワオロペネレプの攻撃で怖いものは、状態異常付与を持つ攻撃です。サンダーウイング(麻痺)、デスブリンガー(石化)、変にハマると一気に崩されますからね。プリンセスの予防の号令を絶やさないように掛け続けました。打撃のダメージもそこそこ受けるので、メディックはHPと状態異常からの回復をメインにこなしました。手が空いたら、デバフをちょこちょこ掛けてみたり。

現在は第十二迷宮である極北ノ霊堂を攻略中です。第3層まで進みました。これまでに登場したNPCが集結してきて、いよいよ終わりが近いことを感じさせます。しかし既にプレイ時間は95時間超え……。


ランニングのペースアップ(10km/60分)を目標にする

これまで10kmのランニング大会を2回完走しました。次の目標として距離を伸ばすか否かが悩みどころです。一般的には10kmの次はハーフですが、さすがに現状のペースで練習を重ねても厳しそうです。4月の10kmでも後半は脚力の在庫切れになりかけていましたし。ネットタイムも70分前後なので、まずはこれを成人男性の平均である60分まで引き上げることが、次の目標かな、と考えています。

以前に5kmの大会に出た際には、30分弱と言う平均的なタイムで完走できました。この時は参加者が少なく、競争意識が強く働いたこともあって、全力を出しきれたためです。後半はかなりきつかったですね。一方で10kmの大会は、いずれも大規模な大会だったこともあって、自分より遅いペースの人が多いので、それに甘えてしまい、ペースアップしきれませんでした。序盤は渋滞もありますし。

と言うわけで、今後の練習では、ペースアップを図っていきたいです。さっそく練習で、普段よりストライドを広くして走ってみたところ、左膝に痛みが出ましたorz。翌日にも残っていて、2日後にようやく引いた感じです。以前から登山の下り道などで左膝が痛むことが多いので、歩き方や走り方の良くない癖があるのかもしれません。或いは膝周りの筋力不足か。ランニングフォームの確認や修正、衝撃吸収力の高いシューズなどを検討したいですね。あとはスクワットによる筋力向上。ストライドを広げずにピッチを上げる方向でも良いのですが、そこまでストライドを広げたわけではありません。故障だけはしたくないので、注意したいです。