2007年09月24日~28日の日記

月曜、先週に引き続き休出。途中でコンビニ弁当を買いこんで、職場へ。帰宅後は、wikipediaでプリキュア5の項を見たりした。wikipediaは、読み出すとついつい止まらないので、危ない^-^;。

火曜、帰りの電車のなかで、気晴らしにドラクエダンジョンのプレイを再開。帰宅後は、月見団子を食べて、購入済みのくじ類のチェック。くじの日記念宝くじは、全てハズレ。でも久々にロト6が1000円当たった。それから届いたヤフオクの落札品を開梱し、評価などの作業を済ませた。

水曜、この日も1時すぎに帰宅。適当にネットを巡回して、2時半ごろ就寝。

木曜、この日は打上げだったけど、終了後に戻ってお仕事。帰宅後は、ネットを巡回して、2時手前に就寝。

金曜、この日は早出。6時20分起床で、睡眠時間は4時間ちょい。日頃の疲れもあってか、5時半もかけた目覚しは、止めた記憶すらない…。朝の電車は、久々に東海道線を使ってみた。TXが東京まで延伸すれば、東海道線がデフォルトになって、幾分通勤時間が短縮されるからいいのになあ。

帰宅後は、何となく付けたテレビで流れていた「モヤモヤさまぁ~ず」が、地味に面白くてよかった。とくに、ガチャガチャのところなんて最高。こういう空気で笑えるのは、深夜ならでは。その後は適当にPCで作業をして、3時半くらいに寝落ちした。

仕事の方はこの週が締め切りなので、とにかく忙しい。これまでも忙しかったけれど、さらに激しく。忙しさに際限はないね。同時に、ここまで来ると、技術力よりも仕事の捌き方、管理能力が重要になってくるなあ、と痛感した。

とりあえずドキュメントを書きつつ、動作確認とデバッグをしつつ、放置していた雑務を処理しつつ…。気になるところを残しつつも、一区切り。

あと、この忙しい最中、無意識にサービスを走らせて、周囲に迷惑をかけてしまったり。犯人探しで絞られていくときのドキドキ感といったら、すごい。コナンに追い詰められる犯人の心境。


電脳コイル~中盤まで見た感想

今見ているアニメ作品で一番続きが気になる作品、それが電脳コイルです。電脳メガネを初めとした近未来的な要素と、どこかノスタルジーを感じさせる光景が織り交じった不思議な世界観です。

最初から謎だらけなのですが、序盤ではあまりそこにフォーカスせず、電脳メガネを使った生活を楽しく描いていました。小学校でドンパチやっているシーンは、自分もやってみたいなあ、楽しいなあ、といった感じでした。また、ヒゲの話は、人類有史以来の歩みを見事に体現した傑作だと思います。ドラえもんあたりで出てきそうな話ですね。

中盤あたりから、謎が解けると思いきや、謎が何重にも張り巡らされており、むしろ謎の解決が謎を呼んでいる状態に。ここまで伏線を張って処理しきれるのだろうか、と不安を感じていたところで、ようやく一気に謎が解け始めてきたところです。

ただ、人の死が大きく絡んでいることもあり、前半に比べて雰囲気が重くなってしまっているのが、ちょっとなあ。夕焼けのなかで鳴り響く横断歩道のチャイムは、えも言わぬ怖さを感じます。

さて、こういう作品はリアルタイムで見ているからこそ、謎解きに挑戦したいものです。というわけで、以下勝手に謎解き推測です。まず、4423という数字、これが本当にイサコの兄の病室の番号だとしたら、ヤサコが4423に会ったのはあっちの世界ということになります。病室に入っている状態ならば、イサコの兄があっちの世界に行ってしまった後である考えるのが、自然だと思うからです。また、ヤサコの記憶にある4423との出会いは、夕焼けのなかでしたので、そこがあっちの世界である可能性は高くなります。ただ、そうなるとあの鍵穴から逃げるようなシーンがあったことが、説明つかなくなります。鍵穴へ向かったのなら、それが現実世界へ戻ってきたこととなり、つじつまが合うのですが…

煮詰まったところで、あっちの世界とこっちの世界の境目とは何なのか、考えてみたいと思います。あっちの世界に行くと電脳の体と現実の体が分離することから、あっちの世界は現実には存在しない電脳だけの空間ということになります。では、電脳空間とは何なのか。これは、イサコやハラケンが、メガネの使用に伴う心臓への負担や頭痛を訴えていることから、高度に仮想的な情報が、人体に直接的に作用して生み出される幻覚のようなものだと思います。この情報と人体の結びつきにより、本来は仮想であるはずのものが、現実の体に影響を及ぼしているのだと。いわゆる電脳の体とは、人間の意識そのものではないかと。

実際には、もっとたくさんの要素が存在し、複雑です。上記の限定的な推測も、その他の要因により、矛盾が生じるかと思います。そもそもカンナの死も、本当に交通事故なのか、ハラケンの言うように、あっちの世界に行ってしまったせいなのかも、うまくぼかされていて、よくわかりません。

そんな感じで、番組を見ていない人にはさっぱりわからないことを、長々と書いてみました。でも、こうやってあれこれ推測することができる楽しい作品です。これはリアルタイムならではの楽しみなので、未見の人は今からでも見ることを、強くお勧めします。

謎解きの結果が、エヴァのような形になることだけは、避けて欲しいと切に願っています^-^;


QMA~サイクロプス組に再び降格

 

地元のゲーセンで久々に長時間プレイをしてきました。戦績は、4位、10位、12位、12位、14位、2位、15位、ここでフェニックス組からサイクロプス組になり、13位、7位、4位、10位。

一度は2位でドラゴン組に行きかけたものの、その次に1回戦落ちでサイクロプス組に降格。うーん、昇格と降格はまさに紙一重です。しかも、2位になったのは、4文字クイズのタイプミスだというのが悔やまれます…。ボルシチをボルシキだなんて><)

ただ、降格しながらも、大魔導士になることができました!ただ、集めるべき魔法石の数を見て、ゲンナリです。目標である賢者までは頑張ろうと思いますが、果たして頑張れるでしょうか^-^;。

ところで、エフェクト問題って、自分が普段している勘違い読みがわかって、面白いです。このときは、「白木屋」の読みでした。うちはずっと「しらきや」と読んでいましたが、「しろきや」が正解のようです。


2007年09月22日~23日の日記

土曜、10時に起床。またまた「しずくちゃん」を見過ごす。最終回付近で、連続して見逃すとは…。しかし、がっかりする間もなく、10時15分から歯医者。起きられて良かった。この日は歯石の除去などをして、スッキリ。

昼すぎに、東京ゲームショウへ向けて出発。まったりと過ごしたあと、16時前に撤収。タイミングよく武蔵野線直通の電車がいた。そして電車内で写真整理。それから帰り際にQMAをプレイしようとしたけど、台が空かずに断念。全国大会の影響だろうか。

帰宅後は、テレビを見たり、ネットをしたり。アニメ声優の顔見世という番組があったけど、今さら顔見世って、という著名な方が結構いたような(ぉ。あとは、ヨドバシから届いたカタログを流し見。見てると、物欲を刺激されるなあ。 1時すぎに就寝。

日曜、7時30分手前に起床。「ゲキレンジャー」から「ワンピース」まで通して見た。「電王」をちゃんと見たのは久々。そしてこの日も昼前に東京ゲームショウに向けて出発。二日目は最後までまったりと過ごした。

その後友人と合流し、混雑回避のため京葉線から武蔵野線、総武線へと乗り継ぎ、秋葉原へ。 Heyへ寄ったあと、UDX内にある新宿立吉にて食事。串揚げのお店で、お任せでどんどん品が出てきて、お腹いっぱいになったら、ストップするというシステム。串揚げは、食べ放題にはいったことがあるけど、こういうシステムのところは初めて。ついつい、串の本数を数えてしまう。でも、熱々で美味しかった。

その後は、トライタワーでQMAをプレイ。全国大会に参加できたので悔いなし。23時手前に帰宅して、1時すぎに就寝。


久しぶりに全換水

さっそく残念な出来事から報告。先日話に出した新しいフィルタにより、結局青コリが全て落ちてしまいました。コリは若干強めの水流でも大丈夫ということと、目視したところ結構平気そうだったので、油断しました。反省です。さすがにここまで自分の不注意で落とすと、凹みますね。フィルタはそれ以来封印しています。もったいないですが、適切な流量のフィルタを新しく買うしかないと考えています。

また、ここ最近かなり忙しく、まともに水槽のメンテができていませんでした。先ほどの青コリの亡骸も埋めに行くことができず、結局水槽のなかで分解されました。餌もほとんどやれていない状態です。水面には雑菌が繁殖しているようで、白い筋状のものが一面に…(最初油かと思いましたが、雑菌かなあと)。かなり気持ち悪い画です。

そんななか、先週末にようやく水槽を掃除することができました。さきほどの水面の雑菌のこともあり、久しぶりの全換水。3回水を入れ替えるまで、水が真茶色に。相当汚れていました。伸びていた水草もバッサリ切りました。

掃除を終えて水槽も気分もスッキリ!でも住人がグリンネオン2匹だけということと、加えて彼らがとても臆病なので、水槽の様子はかなり寂しい状態です。水槽の様子が安定していたら、新しいフィルタを探しにいくついでに、数匹新しいメンバを入れようかと考えています。