携帯電話の電池パック

 

以前携帯を修理に出したさい、電池パックの検査をしてもらったのですが、その結果は「持ちの悪い電池」でした。別に、それ自体は以前から感じていたことなので、構わないのですが、どうもこの検査をしてから、さらに持ちの悪さがひどくなった気がするのです。

朝、フル充電の状態で出かけて、日中軽くネットを利用するだけで、電池が残り2つにまで減ってしまいます。 通話をした日には、残り1つになることも…。さすがにこれでは不便なので、帰りがけの秋葉ヨドで、電池パックを購入しました。

すると、一気に電池の持ちが良くなり、充電せずに2日間ほど使うことができました。まさに2倍長持ち。新品の電池パックと以前の電池パックを見比べると、明らかに以前の電池パックが膨れているので、かなり劣化していたのでしょうね。

電池パックを長持ちさせるためには、小まめな充電を避ける必要がありますが、出先で電池が切れる恐れを思うと、どうしても毎日充電をしてしまいます^-^;


2007年11月10日~11日の日記

土曜、9時前に起床。朝食ののち、「しゅごキャラ!」を視聴。それから11時ごろ、病院へ先日の検査の結果を聞きに行った。やはり不整脈は見られるとのこと。薬が必要かどうかは、循環器の専門医に診てもらうように言われたので、予約をする。平日のみなので困るとこだが、休む口実と思えば悪くない。

帰宅後は「マリオギャラクシー」をプレイ。それから風邪も手伝って、疲れたので、1時間ほどお昼寝。夕方、自転車のパーツの装着方法などを調べる。それから「ガンダム00」と「電脳コイル」を見る。コイルは、イサコの追い詰められぶりが半端ない。あの大泣きで幾分吐き出せども、何が変わるでもなく。 この先の見えなさときたら。てか、「電脳コイル」は見た後の余韻がすごすぎる。

そんな余韻のなか、「マリオギャラクシー」を軽くプレイ。それから、テレビを見ながら、部屋の整理をした。そういえば、健保の記念品申込みを、すっかり忘れてたな。軽く損した気分。深夜は、必要なメール送信を済ませて、HDDレコの整理などをして、就寝。

日曜、8時30分に起床。「プリキュア5」から「ワンピース」までを視聴。「プリキュア5」ではデスパライア様が直々に前線へ赴いたり、「鬼太郎」では西洋妖怪との一大決戦だったり、今週の日曜はどうなってるんだ。それから、ネットなどしながら、まったりと午前を過ごす。

昼、水槽の水替えを済ませる。それから、サイクルコンピュータの使い方を調べる。ようやく1回の走行ごとのリセット方法を理解した。昼食ののち、さっそく自転車で街乗りに繰り出すも、自転車の不調を感じ、かつ雨が降り出したので、早々に帰宅。家に引篭もって、「マリオギャラクシー」をプレイ。その後、自転車の装備について、いろいろ調査。夜は、テレビを見つつ、部屋の整理をして、0時手前に就寝。


サイクルショップまでひとっ走り


自転車の初期損傷部分の取替えのために、サイクルショップへ行ってきました。ちなみに、前回壊れたと思っていたディレーラーは、単に操作を間違えていただけでした。お恥ずかしい^-^;。というか、店に行く前に気づいて良かったです。店では、部品交換のついでにチューブとボルトを購入しました。ナイロンタイは譲っていただきました。

家に着く頃にはもう17時。冬は日が短くて、自転車に乗る時間が限られてしまい、残念です。特に、うちのロードバイクにはライトが付いていないので、夜間走行はNGです。しかし、夜はそろそろグローブを付けないと、手が寒い時期にもなりましたね。

走行データは、以下のとおりです。

走行距離 15.61km
平均速度 17.6km/h
最高速度 38.0km/h
走行時間 00:53:13

マリオギャラクシー~スター50個

マリオギャラクシーのプレイ中です。先に近況だけ書いておきますと、だいぶゆっくりとしたプレイになってしまい、まだスターは50個です。ロフトのギャラクシーはうちレベルの腕には、なかなかの歯ごたえ^-^;

さて、以下がプレイ感想の続きです(前の感想)。今回のマリオで新しいのは、何と言っても、重力の表現でしょう。特に近接した小さな惑星同士では、重力によるアクションの不思議な感覚を味わうことができます。これまでのマリオがジャンプという重力由来の行為をメインにしてきたことを思うと、宿命めいたものを感じます。

難易度ですが、ときどき詰まる箇所があります。けれど、何回か挑戦すればクリアできるものが大半だと思います。達成感を味わうための、適度なストレスといったところでしょうか。ただ、ほとんど酔わないのですが、3Dアクションということで、やはり少し疲れますね。

また、旧作のBGMや敵キャラが多く、オールドファンは思わずニヤリとさせられる場面が結構あります。もうこれは、かなり狙っていますね。こうした懐かしさも、マリオギャラクシーのプレイが楽しくなる一因でしょう。

ところどころで、擬似2Dになるのも良かったです。3D空間のなかに違和感なく2Dを取り込む手法は上手いなあと思いました。これはゲーム性というより、オールドファンへのサービスの意味合いのほうが強いんでしょうね。

ここまでプレイしてきて感じたことは、随所にマリオらしさが詰まっているということです。これまで2Dのマリオをプレイしてきて漠然と感じてきたマリオらしさが、それをはっきりと意識できるくらい意図的に盛り込まれている気がします。対して、マリオ64は、どちらかといえば新しい提案が強かったように思います。

そんなわけで、べた褒めです。今回のマリオギャラクシーは、新しいアクションゲームのの金字塔となる作品といっても、過言ではないと思います。

ただ、スターを120個まで頑張って集められるかは微妙ですねー。とりあえずクリアはできそうですが。


水槽の近況in2007年11月

現在の水槽ですが、グリンネオン2匹とダルメシアンモーリー1匹の状態が続いています。このダルメシアンモーリーは、少し前にパンダコリやもう1匹のダルメシアンモーリー(頭部負傷、フィルタが落下?)が落ちたさいに、結構弱っている様子で、駄目かなあと思ったのですが、何とか持ちこたえてくれたようです。

最初、魚たちがたくさん落ちたのは、フィルタの水流が強すぎるせいだと考えたのですが、現在はpHショックを疑っています。水替え時の水量に注意しつつ、一方でフィルタに入れたビニールを取り除きました。現在フィルタは常時稼動ですが、魚たちに特に問題はありません。今度、pH試薬を買ってきて、きちんと確認してみようと思います。

あと余談ですが、水槽は現在ほとんど使うことのないコンポの横にあります。このコンポを処分して、新しい水槽を追加したいな、という野望が、ほのかに灯りつつあります。実際、コンポが来る前は、ここに水槽がもう1本ありました。ただ、このコンポは、バイトをしたお金で初めて買ったものなので、そこらへんの心情が難しいのです^-^;。機能的にはなくてもほとんど困らないのですが…