早春の鎌倉散策2020

2020年02月09日、鎌倉を散策してきました。一番の目的である梅の満開にはまだ早い時期でしたが、行こうと思ったタイミングで行かないと行きそびれてしまうので、散策してきました。カメラは、年末に新調したE-M5 markIIIです。

 

最初に向かった先は円覚寺。総門を通り山門へ向かうと、僅かに咲いている白梅が見えてきました。全体的にそこそこ開花していますが、三分咲きといったところですね。気持ちの良い青空で白梅が映える絶好の日和ですが、肝心の白梅が準備中です。そんな中、仏殿横の白梅の木が、唯一満開に近い咲きっぷりを見せてくれました。

  

その後は開基廟や黄梅院の方へ向かい、境内を散策します。この季節は、梅だけではなく水仙もきれいですね。大方丈前では、地面にひっそりと咲いた福寿草や、半分ほど咲いていた紅梅を楽しみました。緑の葉を携えたビャクシンも立派です。

 

それから仏殿裏手の淡いピンク色をした梅や、選仏場前の白梅などを楽しみました。

  

続いて向かった先は東慶寺。梅で有名なお寺ですが、こちらも三分咲き程度。その分を枝ぶりで楽しませてもらいます。本堂でお参りした後は、境内を散策します。水仙を愛でたり、寒雲亭の苔の庭園も見事でした。真っ赤な小さな花が可愛らしい木瓜は、柵で近くに寄れないため、持ってきた望遠レンズで撮影しました。

東慶寺を後にすると、亀ヶ谷坂切通しを抜けて、向かった先は英勝寺。

  

日が傾いてきて、境内の半分近くが山陰に隠れてしまう時間帯になってしまいました。鐘楼、山門、仏殿といった建物と、境内の花々を楽しみます。仏殿には干支が彫られているので、つい自分の干支を探してしまいますね。仏殿を背に水仙がたくさん咲いているところがあり、きれいです。ミツマタも少しだけ咲いていました。

それから竹林の方へ向かい、径を散策しました。それほど広くはないのですが、背の高い竹林が上方向への空間を作ってくれるおかげで、外界と区切られている感覚になります。

最後は小町通りに行きます。賑わってはいますが、新型肺炎の影響で人の少なさを感じます。観光する側としては、これくらいの方がちょうど良いのですけど。

立ち寄った先は、甘味竹よし。散策疲れを癒すために、白玉あんずクリームあんみつを注文しました。クリームにアイス、黒蜜の程よい甘さに、フルーツの爽やかさ、食べていて幸せになりますね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


水中外部ストロボINON S-2000

スキューバダイビングで水中写真を撮るのですが、その際に利用する外部ストロボS-2000を数年前(2015年7月)に購入しました。その時使っていた水中カメラがμTough-6010だったのですが、対応する光接続ケーブルがなかったため、ワイヤレス接続ユニットを利用しました。しかし、ハウジングに貼り付けたミラーユニットが、どうにも外れやすいです。シールはきちんと貼り付きますが、持ち運び時に衝撃が加わる機会も多いので、いつの間にか剥がれてしまいます。その結果、ほとんど活用することがないまま、塩漬けになってしまいました。

ところが、一昨年の暮れにカメラをTG-5に買い換えたことにより、光接続ケーブルを利用できるようになりました。という訳で、Amazonで注文してさっそく取り付け。久米島ダイビングで使ってきました。

正直なところ、まだ外部ストロボの使いこなしもままならない状態なので、機能を活用できているのかわかりません。内蔵フラッシュでもそれなりのことは出来ますしね。

TG-5のフラッシュ設定をRCにして撮影すると、やけに画面が暗く映ることが多かったので、そもそも外部ストロボをまともに活かせていないのかも。この辺は場数を踏んで、スキルを磨いていくしかないですね。水中は陸上に比べてなかなか思い通りに撮影が出来ませんが、だからこそやり甲斐があるとも言えます。


ランニング用ウエストポーチとパンツを購入

ランニングをする際の小物入れとして、ウエストポーチを購入しました。アシックスのアンダー4ポーチ(3013A158)のブルー(002)です。最初は肩掛けのメッセンジャーバッグみたいなものを想定していましたが、基本はウエストポーチなんですね。斜めがけスタイルは、ウエストポーチを斜めがけして使うようです。

さっそく使っていますが、フィット感は問題なく、走りの邪魔になりません。今は季節柄ポケットティッシュを入れています。パンツのポケットだと汗で湿るので、ウエストポーチがありがたいです。後は自宅の鍵ですね。こちらもパンツのポケットに入れるとジャラジャラ音がきになるのですが、ウエストポーチに上手く入れると、あまり気になりません。

せっかくウエストポーチを買ったので、パンツのポケットだとかさばってしまうものを入れてみたいです。なので、今度少し遠出するときに、TG-5を入れて走ろうかな、と思います。

そして併せてランニングパンツも購入しました。こちらもアシックスのランニングウーブンパンツ(2011A098)です。これまでユニクロで買った厚手のジャージで走っていましたが、ランニング用のものを購入しました。やっぱり軽くていいですね。そして速乾性なので、走った後もだいぶ快適です。


ゼルダの伝説 夢を見る島~やり残しリストを回収

しばらくスーパーマリオメーカー2を遊んでいて触れていませんでしたが、やり残した要素をこなしました。以前の記事で挙げたやり残しリストは以下の通り。

  • ハートのかけら集め
  • 服のダンジョン
  • 未回収アイテム
  • 貝殻集め
  • パネルダンジョン

ハートは満タンの20個まであと1個(すなわち、かけら4個)なのですが、どれを取り逃しているのか分からないため、攻略情報があっても回収がしんどいと判断して、諦めました。秘密の貝殻も同様です。44個集めて、コホリントの剣は入手しているから、もう良いかなあ、と。

服のダンジョンは、攻略情報を見て、ダンジョンにたどり着きました。適度に歯応えのあるダンジョンで、楽しめました。服は、赤い服を選びました。

未回収のセレクトアイテムは、妖精の小瓶2個とブーメランを取り残していたので、回収しました。釣り堀の妖精の小瓶は回収したつもりが未回収でした。もう1個はパネルダンジョンをクリアで回収。ブーメランは、攻略情報を見て回収しました。普通にプレイしていたら入手できない隠しアイテム扱い。手元に戻ってくるまでの時間が掛かるので、使い勝手はあまり良くない感じです。でも戻りの軌跡をある程度コントロールできるので、使いこなせれば便利なのかもしれません。

そしてアイテム集めの一環で、パネルダンジョンを進めました。後半になるとお題の制約が厳しくなってきて、作る方も遊ぶ方もやり甲斐があります。12個クリアすればアイテム回収は完了するので、残りの追加お題は遊んでいません。

あとはリストには載せていませんでしたが、クレーンゲーム景品のフィギュア集めもコンプリートしました。最初に入手できるキャンキャンの台座が分からなくて、ずっと放置状態だったのです。背の高いパックンフラワーあたりから、若干タイミングがシビアになってきます。ラストのワンワンのフィギュアを取る頃には、所持金が0ルピーになって、クレーンゲーム破産しました。草を刈ってルピーを集めて、無事ワンワンフィギュアはゲットできました。

釣り堀は、ヌシを釣り上げました。ゲッソーは釣ったか逃げられたか、忘れてしまいました。特に実績にも残らないですしね。魚が逃げようとしている時は、まったく引かないと逃げられるので、ローテンポで引いて逃げるのを止めた時に一気に引き上げると良いみたいです。

ひとしきり満足したので、これでプレイ納めかなあ、と思います。


伊倉愛美バースデイディナーショー

2020年02月04日、恵比寿のGRAPES KITASANDOで開催された、伊倉愛美さんのバースデイディナーショーに参加してきました。余裕をもって開演1時間前には到着するはずが、電車の運転見合わせにより、開演10分後の到着となりました。

一応ドレスコードがあったので、ユニクロで新調したジャケットを羽織っていきました。そしてディナーショーなので、食事が出ます。フードメニューは、イクラとサーモンとアボガドのカフェ丼と、ヴィーガン伊倉が大好きなカルーアソイミルクを注文しました。

以下、セトリと共にレポートと感想です。って、何か違和感を覚えると思ったら、髪型がロングからセミロングになってるー

  • 愛だの恋だの (伊倉愛美)
  • レイニーダンス (伊倉愛美)
  • ロマンスの風 (伊倉愛美)

この手前に1, 2曲あったかと思いますが、前述の通り遅刻したので、曲目は不明です。そして曲の合間にはMCが入ります。気になった話題をピックアップ。

  • 「”伊倉サーモン愛美”にしようかな」
  • レイニーダンスの時には、最後に「ありがとー!」と言ったら、客席が「どういたしましてー!」とレスポンスして、とのリクエスト
  • ロマンスの風を歌っている最中に、イヤリングが外れて、歌いながら付け直し

この後は一旦休憩タイムに入ります。暫しのご歓談。休憩中には、伊倉さんが自らテーブルを回り、グレープをサーブしてくれました。

  • 最後の恋煩い (Official髭男dism)
  • ロビンソン (スピッツ)

カバー曲を2曲歌います。カバー曲を歌うのは伊倉さんのライブの特長なので、今後も続けて欲しいですね。選曲とかで、色々と”らしさ”が垣間見られるのが好きです。

 

そしてバースデイサプライズ。「ハッピーバースデー」の曲と共に、バースデーケーキが登場。ライブ写真のプリントケーキです。それから、有志によるプレゼント。ぬいぐるみとカレンダーがプレゼントされました。

温かい空気の中、一旦終演します。

  • バルーン (伊倉愛美)
  • ダイニングダイアリー (伊倉愛美)
  • 上着着てない (伊倉愛美)

そしてアンコールです。「上着着てない」では、タイトル通り、皆上着を脱いでスタンディングしました。

この後は物販に行き、グラス&コースターセットを購入。最後の1個でした。滑り込みセーフ。それからチェキ券2枚を購入して、ツーショットをチェキ1枚とデジカメ1枚で撮影いただきました。

職場からの直行ということもあり、持っていったカメラはTG-5です。ライブ中の写真撮影にはちょっと力量不足で、なかなかきれいには撮れませんでした^^;

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。