イタリア旅行~4日目

4日目、ホテルで朝食をいただきます。メニューの数がなかなか豊富でうれしいです。

この日はサンマリノ共和国へお出かけします。旅のコースが一筆書きから外れてしまうのですが、行ってみたかったので、敢えて旅程に組み込みました。ボローニャに泊まったのも、サンマリノに行くことが主な理由です。

8時すぎにホテルから出発し、ボローニャ駅へ。おじさんに煙草をねだられたりしつつ、電車に乗ってリミニへ向かいます。

リミニに着いたら、サンマリノ行きのバスの時間まで1時間超あるので、町を散策します。特急電車とバスの接続があまり上手く行かないんですよね。

 

リミニの町は、閑静な郊外の町といった趣で、フィレンツェやボローニャと言う大都市と比べると、落ち着いた雰囲気を楽しめます。街のサイズも可愛らしいです。リミニの町自体の歴史は古く、史跡も点在しており、アウグストゥスの凱旋門などを楽しみました。

バスの時刻が近づいてきたので、駅前に向かいます。途中の売店で飲み物を買ってからバス停に着くと、予想以上の人の数。あれ、乗り切れない?と思っていたら、次のバスがやってきて、そちらに乗ることになりました。結果、後続のバスのほうが空いていて良かったです。

車窓からのどかな景色を眺めていると、遠くにティターノ山が見えてきました。山頂にはサンマリノの城塞が見えます。次第に山道となり、ぐんぐん上へ登っていきます。税関チェックがされる場合もあるとの情報でしたが、今回はそのまま通過でした。

終点に着いてバスを降りると、眼下に広がる景色に心を奪われます。緑色の丘に点在する木々や家々、思わず何枚も写真を撮ってしまいました。

坂道や細い道が多くて入り組んでおり、地図はあまり役に立たないので、適当に上の方へ進みます。重厚な石壁や美しい芝や木々の緑、そして遠くに広がる地上の景色、歩いているだけで、目を楽しませてくれます。

聖クゥイリーノ教会を見遣りつつ、お店が並ぶ賑やかな通りへ出ました。ここまでずっと登り道です。ロッカグアイタ前に向かう坂道が結構急峻で、軽く息が上がります。

 

しかし、その先の広場からは、ご褒美とも言える眺望を堪能することが出来ます。東の方向には、遠くにアドリア海が見えます。山の上なので、若干冷えてて、風も強いですが、ぼーっと景色を眺め続けてしまいます。

それからロッカグアイタに入場しようとチケットを買います。ここで、何か忠告されたのですが、上手く聞き取れませんでした。で、このことが原因で、サンマリノで四苦八苦するはめになります。

複数箇所に入場できるコンボチケットと、1箇所に入場できるチケットがあったのですが、時間がそれほどないので、後者を選びました。それでロッカグアイタに入るつもりでしたが、入れません。ん、ではこのチケットはどこへ入れるチケットなのか。

とりあえず観光を続けます。続いて向かった先は、リベルタ広場。サンマリノ共和国は、ルパン三世の2015テレビシリーズの舞台になっていますが、ここリベルタ広場が一番印象的でしたので、是非来たいと思っていました。目の前に広がる作品と同じ景色に感動です。

  

その後は、バシリカ・ディ・サンマリノ大聖堂を見学したり、城壁の上を歩いたり、チェスタの塔まで歩いたりしました。他にも、ロープウェイや白いポスト、サンマリノ国旗など見つけて、写真に収めたりしました。

結局先ほど買ったチケットですが、政庁に入れるチケットらしいことが分かりました。政庁の入場口でも少し揉めたのですが、電話確認等をしてくれて、事情が伝わり入場出来ました。ロッカグアイタのチケット売り場で、政庁のチケットを買う、と言うことをしてしまったわけですね。

と言うわけで、政庁の中を見学。政庁は塔のようになっているので、階段でどんどん上に登っていく形になります。途中シアターコーナーがあったりしますが、見どころはやはり最上階にある議会場でしょう。広くはないですが、格式を感じる部屋でした。

そろそろバスの出発時刻が近づいてきたので、バス停に向かって道を下ります。だんだん現実感が増してきて、サンマリノ中心部は特別な空間なのだなあ、と感じました。帰りのバスは、往きほどの混み具合ではなかったです。

リミニに戻った後は、電車が来るまで待機。少し時間があるので自販機でコーラを買ったら、シュワーッと泡が溢れました。何たるトラップ!

ボローニャに戻ったら、ホテルまでの道中にあるcoopに立ち寄り、夕ご飯を買いました。サンドイッチ2個と水を買いましたが、味は普通。日本のコンビニの方が美味しいかも。イタリアに来てから食事は基本的に美味しかったので、ちょっとハードルが上がっているかもしれません。21時すぎに就寝しました。


イタリア旅行~3日目

3日目、この日はフィレンツェを離れるので、ホテルをチェックアウトします。荷物を持っての移動になるので、動き回らない予定です。空は曇り模様で、あまり芳しくありません。

  

まず最初に向かった先が、サンマルコ美術館。泊まっているホテルのすぐそばにあります。窓口でチケットを買い、見学開始。壁の至るところに、見事なフレスコ画が描かれています。2階に上がると、フラ・アンジェリコ作の受胎告知が目に入って来ました。それから各房を覗きながら歩いて、それぞれの壁に描かれているフレスコ画を見学します。入れる部屋もあれば、ロープで仕切られて、外から見ることしか出来ない部屋もありました。

他に、資料の展示室もあります。昔の楽譜が並べられており、文字も併記されていることから、賛美歌を記したものでしょうか。とにかく大きくて、装丁も立派です。

再び1階へ戻ったら、出口方面へ向かいます。ここでは、絵画や建材の展示がありました。

 

続いて向かった先は、中央市場です。中央市場は屋根付きの建物で、1階が生鮮食品などを売るお店が並び、2階がフードコートになっています。雨が強くなってきたので、屋根付きは助かりました。

朝ごはんを食べていないので、2階のフードコートで昼食も兼ねた食事をします。選んだのはブルスケッタ。モッツァレラチーズとトマト、キノコ、ベーコンが乗った3種類、オリーブオイルも効いていて、とても美味しかったです。

中央市場を後にしたら、駅前を目指します。生活感のある閑静な裏手の通りを抜けて、駅前に到着したら、地下歩道を通ってサンタマリアノッヴェラ教会の前へ。さっそくチケットを買って入場します。よく分からないけど、入口は複数箇所ある感じです。

回廊の中を歩くと、フレスコ画や様々なレリーフを見ることができます。中庭は、芝生や木々が落ち着いた景色を作り出しています。太陽の光が射していたら、もっときれいだったろうと思います。雨は降ったり止んだりですね。

そしてメインとなるのは、聖堂内部です。ステンドグラスが見事ですね。結構広い空間で、椅子に座ってぼーっとしているだけで、あっという間に時間が流れていきます。適度な環境音も心地よいです。

その後は奥にある別の回廊を周ったり、資料館で法衣やさまざまな宗教具を見学しました。

 

これでフィレンツェの観光はお終いです。中央駅に向かい、ボローニャ行きの切符を買います。券売機の操作は簡単との話でしたが、実際にやってみるまでは結構ドキドキです。結果としては、非常にわかりやすく、特に迷うことはありませんでした。現金を扱うのは面倒かな、と思ったので、クレジットカードで全て決済しました。

電車に乗って、いざボローニャへ。座席はクロスシートが多いですね。車窓からの眺めは、日本で郊外を通っている時とあまり変わらない雰囲気です。畑などが広がり、のどかな光景が広がります。ひとつ日本と違うなあ、と感じたのは、高速列車なのに登ったり下ったり勾配がそこそこあったことです。新鮮に思えました。

ボローニャ駅に着いたら、地下通路を通って出口へ向かいます。ここの雰囲気がとても近代的で、フィレンツェとの違いを感じました。

アーケードが続くボローニャの街を歩いて、ホテルを探します。小雨が降ってきたので、アーケードがうれしいです。しかしホテル近辺までは続いていないので、傘を差しながら散策。

ボローニャで宿泊したのは、アストリアホテル。最上階の屋根裏的なお部屋です。最上階と言っても4階なので、眺めは良くないです。しばらく部屋で寛ぎながら、雨が弱まるのを待ちます。

しかし、天気が回復する様子がないので、意を決してお出かけしました。アーケードのあるところまで進めば、雨に濡れませんしね。目抜き通りとなるインディペンデンツァ通りに出ると、人通りが一気に増えます。南の方へ進んでいくと、マッジョーレ広場に出ました。

マッジョーレ広場、一部工事中の場所がありましたが、ボローニャらしい赤茶色の建物が並んでいます。太陽が出ていないので色がくすんでしまい、滞在中に晴れてくれるといいなあ、と思いました。

広場から路地に入り、軽く散策。ボローニャの斜塔を1つ見つけました。この辺りも赤茶色の街並みが広がっていて、良い雰囲気です。

夕食はEATALYの3階にあるオステリアにて、いただきました。EATALYって基本は本屋さんなのでしょうか。2階は、書籍売り場の片隅に、喫茶コーナーがあって、書店カフェのような感じになっていました。3階のオステリアは、独立した区画になっています。

 

注文したのは、パスタと白ワイン。バゲットも付いてきます。パスタは海老が入っていて、少し酸味の効いた味です。麺はややアルデンテ。上に掛かっている黄色い粉は何だったかな。サクサクしてた記憶があります。日本では目にしたことのないパスタで、味も良くて満足です。ドルチェにはティラミスをいただきました。

お店を出ると、すっかり暗くなっていました。雨は小康状態になっています。途中で夜のマッジョーレ広場を楽しみ、21時ごろホテルへ戻りました。

22時30分に寝た後は、3時手前に一旦起床。日本に電話して、夏のコンサートのチケットを確保します。そして5時ごろ、再び就寝しました。


イタリア旅行~2日目

2日目、フィレンツェで泊まっているパノラマホテルは、朝食なしにしたので、部屋でまったりしつつ、9時手前にお出かけしました。

まず向かった先は、ドゥオーモです。茶色いフィレンツェの街並みを進んでいくと、広場が見えてきました。ドゥオーモの入場口には、既に長蛇の列が出来ています。近すぎて写真は逆に撮りづらいですね。

ひとしきり外観を楽しんだ後は、ウフィツィ美術館へ向かいます。入場待ちが長くなる可能性があると聞いていたので、事前に日本から時間指定の入場券を予約しておきました。ウェブサイト経由で簡単に予約できます。プリントアウトした予約票を予約者専用窓口である3番窓口にて、入場券と引き換えます。

  

10時入場なので、しばらく時間があります。アルノ川を眺めたり、ヴェッキオ橋を渡ったりしつつ、時間を潰しました。ヴェッキオ橋の上には宝飾店が並んでおり、煌びやかなショーケースが目を楽しませてくれます。

そして入場時刻になったので、いざ入場。人の列や集まりが色々なところにあり、どこが予約者用の入場口なのか、結構迷いました。確か向かって一番左だったかな。

館内はとにかく広く、たくさんの展示作品があります。美術知識も大してないので、何となく眺めていきます。一番有名な作品は、世界史の教科書にも載っているボッティチェッリ作の「ヴィーナスの誕生」です。本物を直接目にする機会が来ようとは。「プリマヴェーラ」も何となく見覚えがあります。

だいぶ回って足も疲れてきたところで、カフェにて一服。アメリカンコーヒーをいただきます。それから1つ下のフロアへ行き、レオナルド・ダ・ヴィンチのコーナーを見学して、美術館を後にしました。

次はヴェッキオ橋を渡り、ボーボリ庭園を目指します。朝は曇りがちでしたが、この時間になると、見事に青空が広がりました。ジェラート日和ということで、ジェラテリアにて、ラズベリーとチョコレートのダブルカップを購入。ピッティ宮前の広場は斜面になっており、寛いでいる人たちが多くいます。ただ、お土産の売り子が回っているので、少し離れたところでジェラートをいただきます。味が濃厚で美味しかったです。

博物館入場などを含むコンボチケットを購入し、いざ庭園へ。園内はきれいに手入れされており、緑と青空のコントラストが美しいです。雰囲気もゆったりとしていて、落ち着きますね。

奥へと進み、着いた先は陶磁器博物館。小高い丘の上のローズガーデンの中にあります。ここから、フィレンツェ市内とは反対の方向を望むと、おとぎ話の世界のような牧歌的な風景が広がっています。博物館のほうは、小さめの1フロアなので、気軽に見学できます。様々な形や絵付を施された陶磁器が並んでいて、楽しめました。

その後も園内を散策して、緑を楽しみます。太陽が燦々と照り始めてきたので、少し暑いですね。

続いては銀器博物館を見学します。こちらはメディチ家の豪華絢爛な食器や宝飾品などが展示されています。メディチ家の家系図を表す木の画もありました。

衣装博物館は休館中なので、次はバルディニ庭園に向かいました。眺望が良く、フィレンツェの街並みを楽しめます。閉園時間が迫っており、追い出しを受けてしまったので、植物のアーチを潜りながら、出口のある一番下まで歩きます。閉園直前になると、一番下の出入り口しか通れなくなるようです。

次はミケランジェロ広場に向かいます。今しがた下ってきたのに、また登ります。バルディニ庭園の閉園時間の件がなくても、地図を見る限り、道は繋がっていないように見えて、迂回が必要そうです。階段をそこそこ登ることになり、無茶な距離ではないけど、そこそこ疲れます。

多少息が上がったところで、ミケランジェロ広場に着きました。広場の中央には、ダビデ像のレプリカがあります。柵の傍では、大勢の人たちがフィレンツェの街並みを見下ろしています。お腹が空いたので、売店でカットピザとコーラを買いました。

それからさらに小高いところにあるサンミニアート教会へ行きました。大理石のファサードが見事です。教会の中に入ったら、椅子に腰かけてしばらくのんびりします。慣れない海外の街において、教会の中で過ごす時間は、心を落ち着かせることが出来て、好きです。普通に1時間くらい過ごせそうです。

日の長いサマータイムのヨーロッパですが、徐々に日が傾き始めました。大理石のファサードが夕日に照らされて、オレンジ色に染まります。

再びミケランジェロ広場に戻ると、ずいぶんと人の数が増えていました。良い場所は取られてしまっているので、適当な場所で妥協します。徐々に日が落ちて、オレンジ色に染まって来ますが、雲が多少出ているせいか、見事な夕焼けにはなりません。夕焼けの時間が過ぎると、ぽつりぽつり街の明かりが灯り始めます。気が付いたら、たくさんの明かりが灯り、町は夜の装いに変わっていきました。

 

完全に暗くなる前に、ミケランジェロ広場を下りて中心部に戻ります。下へ着いた頃には、空は群青色になりすっかり夜の雰囲気です。アルノ川に映る街灯の明かりを眺めつつ、ホテルへ向かいます。ライトアップされた洗礼堂は、昼とは違う存在感がありました。

21時30分ごろホテルに戻り、23時30分ごろ就寝しました。


イタリア旅行~初日

8時手前に家を出て、京急線で羽田空港に行きます。利用するのはJAL便で、パリ乗り継ぎです。イタリアはローマ以外日本からの直行便はないので、それ以外の都市に向かうには、必ず乗り換えが必要になります。

 

午前の出発便と言うこともあり、目は冴えているので、映画を2本見ました。見たのは、「モアナ」と「オデッセイ」。少し気になっていたけど映画館に足を運ばなかった作品は、機内映画で見ることが多い最近です。

現地時間15時すぎに、パリのシャルルドゴール空港に着きました。入国審査を済ませて、ターミナル2Eから2Fへ移動します。ここでもセキュリティチェックがあります。案内の係の人が、日本語堪能でした。

ターミナル2Fに入ると、人口密度が高まります。ヨーロッパの国内ターミナルは、ロビーの待合スペースが搭乗口が多いわりに狭い気がします。

パリからフィレンツェのペレトラ空港に向けて飛び立ちます。約1時間30分のフライト。昼間なので、窓からの眺めを楽しめます。到着する頃には夕暮れですが、サマータイムのヨーロッパでは、まだまだ明るい時間です。

到着したら、ターミナルビルを出て、シャトルバス乗り場へ向かいます。ターミナルビルに沿って進んで、道路を渡った先にバス停があります。分かりにくくはないですが、分かりやすくもないです。

空模様が怪しく、ぽつぽつと小雨が降っていましたが、しばらくすると本降りになってきました。シャトルバスは予定の時刻になっても、なかなかやって来ません。時間通りに来るとは思っていませんでしたが、予想以上の45分遅延でした。もしかしたら、運休便があったのかもしれません。

市内に着いたら、終点の中央駅前で下車。初めての町で夜の中央駅前って、ちょっとそわそわしちゃうので、とっととホテルに向かいます。折り畳み傘を開いて、賑わう夜のフィレンツェを歩きます。特に危険な雰囲気は感じません。しかし道が分からなくなりました。

大体の方向はあっていると思うのですが、夜と言うこともあって、いまいち距離感覚が掴めません。なるべくスマホの海外通信は節約したかったのですが、背に腹は代えられないので、GoogleMapsを開いて現在地を確認しました。それでも通りを1本勘違いして迷い、何とかホテルに着きました。

21時30分、ようやくひと心地つけます。時差を考えると、かなり長い時間起きっ放しです。シャワーを浴びてさっぱりしたら、23時ごろには就寝してしまいました。


ドラクエ11~裏ボスまでクリア

念のため、露骨なネタバレは避けていますが、ドラクエ11をプレイ中で未クリアの人は見ない方が良いと思います。

久しぶりのドラクエのナンバリング新作、ワクワクしながら発売日に買いました。オンライン対応である10は興味を持ちつつも手が出ないままでしたので、9以来ですね。と思ったけど、8の3DSリメイク版を遊んでいたので、そこまで久しぶりではなかったです。

PS4と3DSでそれぞれ発売ということで話題になりましたが、自分が買ったのは3DSのほうです。PS4は本体持っていません。8月9日にドラクエコンサートがあったので、何とかそれまでにクリアしたいと思い、飛ばし気味に頑張って、ギリギリ当日にクリアできました。現在は裏ボスを倒して真エンディングを見終えた状態です。3DS限定のさらなる裏ボスは、第3層から凶悪すぎて、停滞気味。ドラクエ8の竜神王も最終形態まで行かないまま、プレイを止めてしまったので、今回も厳しいかも。

現在のLvは80手前です。今回はわりとレベルがサクサク上がる感じがします。メタル狩りとかやらずとも、普通にイベントを進めているだけで、このレベルまで来ました。プレイ時間は87時間くらい。放置プレイ等はしていません。

裏ボスまでは情報系サイトは見ないで進めてきましたが、もう解禁しています。メタルヨッチ全然見つからないな~、と思っていたら、2Dモードのかくれスポットじゃないと出現しないっぽいですね。それとも単純に確率が低すぎるのかな。まだ2Dモードでプレイしたことないですね。イベントの演出とかは、やはり3Dモードで見ていたほうが凝っているので。でも、時渡りで2Dモード遊んでみると、懐かしい感覚に包まれたので、今度2Dモード試してみようかな、と思います。

あと、ネタバレはなるべく控えますが、今作はストーリーが特に面白くて引き込まれました。サブタイトルでもある「過ぎ去りし時を求めて」も、本編クリア後に、「そういうことかー!」ってなりますよねえ^-^)。あと、神話の時代や過去作品に対してもですし、ドラクエ11自体が、という点でも、このサブタイトルはものすごく多くの部分に掛かっていて、秀逸だなあ、と感じました。