初夏の北鎌倉散策2018

2018年6月8日、平日休みでしたので、鎌倉へ紫陽花を見に出かけてきました。今年は明月院の紫陽花をメインに、北鎌倉を巡ろうと思います。

    

混雑が予想されるので、開門と同時くらいに行くつもりでしたが、起きられなかったので、9時30分すぎに北鎌倉駅へ到着です。既にそれなりの人がいて、人が映り込まないように撮影するのはなかなか難しいですね。たまに人が途切れる一瞬があるので、そこを狙って撮ってみました。人の数は多いですが、明月院ブルーに染まる境内は美しいです。花想い地蔵や瓶の井などのスポットに生けられた紫陽花も楽しめました。

   

そして方丈裏庭園も観賞してみました。方丈の円窓の向こう側です。円窓は正面から撮影すると反対側から撮っている人が映り込むので、斜めから撮ったほうが良い雰囲気でした。方丈裏庭園は比較的空いていたので、境内の人混みに疲れた身としては、ほっとひと息つけます。庭園内には赤地蔵と青地蔵が鎮座し、それぞれの色の紫陽花が生けられています。奥の方には菖蒲畑が広がり、紫や白色の花菖蒲がきれいです。こちらも季節を感じさせてくれますね。さらに奥には姫紫陽花が咲いていました。小振りな姿がかわいらしいです。

  

続いて向かったのは長寿寺です。こちらは季節と曜日限定で公開されているので、いつでも拝観できるわけではありません。この日は運よく拝観出来る日でしたので、拝観してきました。まずは方丈に上がり、本堂へ行って御本尊に参拝します。それから書院に行って、縁側に腰を掛けて、庭園の様子を楽しみます。涼しい風が吹いて心地よいです。建物の中も、花瓶に紫陽花が生けられていて、雰囲気がありました。建物の匂いが、両親の実家の匂いを思い出させて、ちょっぴり感傷の浸りました。

  

その後は観音堂に参って、足利尊氏の墓にお参りします。それから庭園観賞へ向かいます。色々な種類の紫陽花が咲いていますが、赤いガクアジサイは珍しいなあ、と思いました。

長寿寺の拝観を終えて外へ出ると、亀ヶ谷坂切通しに出ます。こちらも紫陽花がずっと並んで咲いており、きれいですね。

 

そろそろお腹が空いてきたので、昼食を探します。去来庵は定休日でしたので、道中気になっていた、ぬふ・いちに入ることにしました。ちょうどお昼時でしたので、40分くらい待ったような気がします。本当は鎌倉野菜メインのセットを注文したかったのですが、皆考えることは同じようで売り切れでした。そこで選んだのが、鴨ハンバーグとスープカリーセットと、グラスビールです。鴨ハンバーグは、絶妙な甘味と旨味があって美味しかったです。優しい味ですね。スープカリーも美味しいですが、鴨ハンバーグが記憶に残っています。ビールもすっきり飲みやすかったです。グラスビールと聞いて、量がもっと少ないのかな、と思っていたら、満足の量が出てきました。なお、注文が飛ばされるトラブルがありましたが、少しサービスしていただきました。

   

お腹を満たしたところで、次に向かった先は浄智寺です。庫裏の前の草が生い茂った、自然な雰囲気の庭が好きです。トトロでサツキとメイが遊んでいた庭を思い出します。紫陽花はそれほどたくさん咲いているわけではないですが、棟門近くでコスモスと並んで咲いている光景がお気に入りでした。他には、ホタルブクロやヤマブキ、イワタバコなどの季節の花々を楽しみました。

 

最後に向かったのは東慶寺です。山門に続く階段の脇に咲く紫陽花がきれいですね。他にも鐘楼や本堂のそばなどで咲く紫陽花が、建物との雰囲気も併せて楽しめます。そしてこの時季はちょうど本堂裏のイワガラミが公開中です。と言うわけで、本堂をぐるりと一周して、裏の崖一面に咲くイワガラミの白い花々を観賞しました。他にも花菖蒲や崖一面に群生するイワタバコを楽しみました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


梅雨入り前の江戸川CR2018

2018年6月3日、今治自転車旅行から帰ってからのメンテナンス走行を兼ねて、江戸川CRを走ってきました。翌週から梅雨入りの予報なので、梅雨入り前最後の一走りです。

空は快晴で、風もほとんどなくて、穏やかな天気となりました。ここ最近の江戸川CR走行は、何だかんだで風が強い日が多かったので、久しぶりに楽に走れます。というわけで、いつもの運河河口公園折り返しではなく、玉葉橋と流山橋を渡る1周コースにしました。

 

草の丈は夏に向けて伸び始めて、青みも増しています。新川耕地の水田も、青々としてきました。土手の脇には、キバナコスモスの花もチラホラ見え始めて、夏が近づいていることを感じさせます。

  

そして久しぶりに玉葉橋を渡って埼玉側へ。以前からCRの道幅拡大が行われていましたが、今はかなりの区間で道幅が拡大していました。これは歩行者や遅い自転車がいても安全に走りやすくなるので嬉しいですね。

なお、千葉側を走っている際にやけにローディーが多いな、と思っていたのですが、埼玉側でマラソン大会があったためでした。なるべく千葉側を走って欲しいという依頼が看板に書かれていました。最初は梅雨入り前で天気が良いので、それが理由かな、と思っていたのですが、納得しました。ただ、マラソン大会は終盤でありランナーも多くはないこと、走行が禁止はされていないことから、そのままランナーに気をつけて走りました。久しぶりの埼玉側なので走りたかったと言う個人的な気持ちも大きいです。

流山橋を渡って千葉側に戻ったら、北へ進んで1周完了です。

ちなみに、この日は何故かサイコンの累計走行距離がおかしくなっていたので、手動で修正しました。ロードバイクとサイコン保管場所の位置はそれなりに離れているのですが、メンテナンスの際にタイヤを回したのが反映されてしまったとしか考えられません。これを書いてて思い出しましたが、サイコン計測器具をフレームに固定している結束バンドが1本切れてしまったので、繋ぎ直さねば。

この日の走行データは以下の通りです。

走行距離 19.24km
平均速度 21.7km/h
最高速度 36.4km/h
走行時間 00:53:17
累計距離 1686.5km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


植物のためのそだつライトを設置してみた

GENTOSの「植物のためのそだつライト」(DK-S91SB)を購入しました。投入していたウィローモスがどんどん枯れていき、光量不足が原因と考えたからです。

開梱すると、ライト部分と台座部分とACアダプタがありますので、まずは台座部分とライト部分を接合します。高さは結構幅広く調整出来ますので、ボトルなど照明対象の高さが変わっても、問題なさそうです。他に照明カバーのアタッチメントが付属していますが、とりあえずはオリジナルのまま使ってみます。ACアダプタを繋げて準備完了。

本当は台座の上にボトルなどを載せるのが正しい使い方のようですが、設置場所の都合で難しいので、台座は手前に持ってきて、ライトの向きだけ変えています。明るさは三段階で調整可能です。個人的には明るい方の二段階はあまり違いが分かりませんが、一番暗いのは確かに少し暗いのが分かります。それでも十分に明るいので、通常は一番暗い状態で利用することにしました。

ウィローモスの方はもう手遅れ感が否めないですが、ライトを灯してしばらく様子を見たいと思います。あと、ライトを灯すと、普段座っているテーブルの前からもボトルの中の様子がよく見えるようになりました。これは癒されますし、何か異変があった際に気づきやすくなって良いです。部屋の照明だけだと、案外光は届かないものです。


丹沢大山に登ってきました

2018年05月26日、日帰り登山が出来る山ということで、大山に登ってきました。横浜から相鉄線と小田急線を乗り継いで、伊勢原駅で下車。ここからバスに乗って大山ケーブルを目指しますが、満員バス。1本見送り、次のバスに乗りました。さすが新緑のベストシーズンの週末。なるべく早く行こうと思いつつ出遅れて、混み合いそうな時間帯になってしまいました。

30分ほどバスに揺られて、大山テーブル前バス停に到着。ここからこま参道を歩いて、ケーブルカー乗り場を目指します。上り階段が続いて、地味にきついです。

ケーブルカー乗り場で片道切符を買い、12時の便に乗車。大山寺あたりの斜度がすごいです。6分ほど乗車して、終点の阿夫利神社駅で降りました。

 

阿夫利神社下社の境内を軽く見学。日本三大獅子山のひとつである大山獅子山があります。周りには干支の動物たちの像があります。自分は申年なので、ついつい申を探してしまいます。安全登山を祈願したら、いざ登山口へ。

   

さっそく出迎えてくれる長い石段。結構急勾配です。ここだけでいきなり疲れてしまいました。石段を登りきったら、普通の山道が始まります。ちょっとしたガレ場はありますが、整備されていて歩きやすい登山道です。夫婦杉、天狗の鼻突き岩などを見つつ、富士見台へ。

残念ながらほんのりと靄っていて、富士山の姿を望むことは出来ませんでした。目をこらすと、あれが富士山の稜線かな……と言うのが見えた気もしますが、気のせいかもしれない、そんなレベル。そう言えば、このあたりでテレビカメラが1台いました。小規模な感じだったけど、何かのロケかな。

 

小休止した後は、再び登ります。少し平坦な道が続く区間があって、ほっとひと息。そして見えてくるのは、頂上まであと10分の看板。勾配は大してないですが、小さい石が転がっているので、地味に歩きづらいところ。鳥居をくぐり、しばらく歩くと、山頂が見えてきました。

標高1,251メートル、ついに大山山頂に到達です。軽く景色を見たら、まずは腹ごしらえ。大山茶屋でカレーライスをいただきます。山で食べるカレーは一段と美味ですね。

  

食事を終えたら、山頂エリアを散策します。大山山頂の標識を探したり、阿夫利神社奥の院を見たりしました。ちょうどお昼時なので、山頂では多くの人が食事をとっています。食事処はありますが、持参する人が多いんですね。

山頂エリアから一段下の広場へ移動して、ここで景色を楽しみます。曇り空と薄い靄で、絶景とは言えないですが、一応地上は見渡せるので、気持ちのいい景色です。なお、風の抜ける場所は涼しいですが、そうではない場所は意外と蒸し暑いです。

ぼーっとしながら休憩していたのですが、近くにいた大学生グループが、行程を巡って喧嘩気味になっていました。山は人の本性を暴きますね。

 

さて、下山します。帰りは見晴台経由で帰ります。最初は低い木々が広がるエリアで、見晴らしも良く気持ちの良い道が続きます。しばらくすると高い木々に囲まれますが、時折眺望が開けます。途中鎖場もありますが、この日は地面も乾いていたので、特に難しさはありません。

 

下り道の中、上り道が始まると、見晴台に到着です。結構大きな広場で、ベンチがたくさん置かれています。そして見晴台の名前の通り、眺望が開けています。標高はあまり高くないので、山を見渡す感じのほうが強いかもしれません。

 

見晴台で小休止した後は、熊出没注意の看板が立つ杉林の中へ進みます。ここから先は比較的歩きやすい道になっています。途中二重社に参拝して、二重滝を観賞。社の裏手に小さな梯子があり、そこから滝壺のそばまで降りられます。[

そして気づいたら阿夫利神社下社に着いていました。往路と違う道なので、全然気づきませんでした。さて、何か小腹に入れたい気分なので、さくらやにて、大山豆腐を使った豆腐ソフトクリームをいただきます。豆腐感を感じ取るのは難しかったですが、美味しかったです。

ふと後ろを見ると、鹿がいました。勝手に居座っているのか、保護されているのか、良く分からないシチュエーションですね。じっと見ていると、じっと見返してきました。

トイレを済ませた後は、さらに下山します。復路ではケーブルカーを使わずに下りようと思います。道は男坂と女坂がありますが、大山寺へ寄りたいので、女坂へ進みます。整備されていますが、結構急階段なので、ケーブルカーを使わずに登ってくるのは体力消耗しそうです。道中、女坂の七不思議なるものを眺めつつ、下っていきます。

  

そして大山寺に着きました。日が傾いできて、境内も落ち着いた雰囲気になっています。参道の石段に架かる青椛が美しいですね。青銅製の宝篋印塔も立派です。自分はやりませんでしたが、かわら投げもありました。

大山寺を後にしたら、再び女坂を下ります。そのうちケーブルカーの駅が横に見えてきて、下山完了。

お腹も空いたので、こま参道にあるかんき楼にて、とろろご飯をいただきました。本当は大山豆腐を食べるつもりでしたが、売り切れでしたので、大山自然薯を堪能することにしました。お酒は迷いましたが、だいぶ疲れていたので自粛して、烏龍茶をいただきました。

その後はお土産屋さんで、十度漬けのお煎餅を1枚買いました。さすが十度漬け、見頃に真っ黒です。

こま参道を抜けたら、大山ケーブル前バス停へ。往きと同じく大行列でしたが、タイミング良く次発が来たので、座れて良かったです。18時ごろ伊勢原駅に着いて、後は電車に揺られて帰りました。

往復4時間くらいの登山でしたが、結構疲れました。普段から登っていないと、体力が落ちちゃいますね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


オープンハンド課題に苦戦中

2018年5月25日、ボルダリングをしてきました。1/2面のホールド替えが行われたため、モアイホールドは落とす前にお別れでした。う~ん、ちょっと悔しいところだけど、結局突破口も見えてなかったしな~。

と言うわけで、新しい課題にチャレンジしても良かったのですが、この日は何となく3/4面の課題へ挑みました。まずは以前に挑戦してクリア出来なかった灰6課題。一発目ということもあったのか、一発でクリアしてしまいました。余裕ではないけど大苦戦した感じでもなく、前にクリア出来なかったのは何でだろうと思いました。

続けてトライした灰7も一発クリア出来ました。これ、もしかしたら初トライかな。何となく落としたつもりでいましたが、ホールド替え前の似た課題だったのかもしれません。

そして苦戦したのが灰8課題です。以前に一度クリアしているのですが、相当無理やりにクリアした記憶があります。もう一度トライしたら無理かも……と思っていたので、これはやり直しですね。核心は写真の赤丸にあるオープンハンドの連続なので、オープンハンド克服の良い練習になりそうです。最初の方にやれば、腕の力で強引に登れちゃったりするんですかね。