英語TOEIC800点編~その8

以前にスコア740を取ったので、800を表題にしましたが、その後600台後半を彷徨っています。なので、目標を少し遠く感じていますが、いまさら直すのも何なので、このままで進もうと思います。

さて、最近の学習法は以前に書いた通り、TOEIC公式問題集2の問題演習です。リスニングの内容を、通勤時間に聴いて、何度聴いても聴き取れない部分は、家でスクリプトチェックします。退勤時はボーッとして聴き逃してしまうことも多く、出勤時をメインにしています。流し聞きで頭に入るレベルには遠く、集中して聴かないと頭に入ってきません。

それなりに周回したので、内容をある程度覚えてしまっている部分もありますが、内容から英文を類推できる部分もあり、それがリスニングの助けになっています。一見それは駄目なのでは、と思えますが、音と意味の関連付けを脳に植え付ける点で有用だと考えています。音で理解するのと、文字で理解するのは、完全に同じではないですからね。自分は音声より文字から入ってきたので、文字で見れば理解できても音声で聴くと理解できないことが多く、この辺は鍛えたいところです。

リーディングは、如何に早読みするかに尽きるのですが、知っているようで正確には知らないイディオムや単語があると、つっかかります。TOEICレベルの場合、まるで分からない単語が出てくることは少ないのですが、中途半端に理解しているものが出てくると、変に解釈して文章の意味が通らなくなり、理解を妨げることがあります。単語やイディオム、文構造などの基礎体力は、地道に挙げていかないとですね。

そしてTOEIC用の解答テクニックとして、正解だと確信できる選択肢があったら、それをとっとと選んでしまうことだと思います。自分は慎重に、その他の選択肢がハズレである理由の裏付けも取りたいタイプなのですが、違うものを違うと証明するのは、地味に大変なので止めた方が良いと気付きました。引っ掛け問題への対策としては有用なのですが、その辺は公式問題集を解いて、どのようなタイプの引っ掛けがあるか、あらかじめ把握しておけば、ある程度対応できると思います。引っ掛けと言ってもそんなに嫌らしいものではなく、浅はかな理解だと誤答へ誘導されるようなタイプのものです。

というわけで、最近はTOEICに特化した勉強一辺倒です。以前のように、海外ニュースをソースにした学習も良いかと思いますが、それなりにスラング表現なども入ってくるので、TOEIC向けの勉強とは別に考えた方が効率的だとは感じました。時間が限られる以上、非母国語を勉強するに当たっては、まずは分野を絞っておくのが吉ですね。


ジム44日目~軸足は5級課題へ

2019年7月6日、壁家でボルダリングしてきました。今日は5級課題をメインに挑む予定です。しかし、壁の空きの都合で、まずは120度の6級課題を1本(I)こなします。最初の方にあるデカいホールドが掴みづらかったですが、以降はガバ続きなので、腕が元気な序盤ということもあり、そのままクリアできました。壁家での120度壁の6級課題は初クリア。

大体の6級課題はクリアしたので、主戦場を5級課題へシフトします。さっそく前回ロックオンした課題に挑みます。100度壁の橙■。5級課題なので、いよいよ足限定ですね。これまで足自由でやってきたので、ホールドを探すのに苦労しました。要はその指定ホールド以外は手も足も使えないと言うシンプルな話なのですが、最初のうちは目が慣れません。

画面では見きれていますが、STARTホールドの下にフットホールドが2個あります。そこから左手で(B)を掴み、身体を押し上げて右手で(C)を掴みます。なるべく足を使うように意識します。足に荷重して重心を下げて、足の力で身体を持ち上げるイメージです。下に溜めて、上にあげていくみたいな。

そしてこの後右足を(A)に乗せるのですが、足を離すと身体が左へ開いてしまい、壁から剥がれてしまうことが何回かありました。上手くいった時との違いを考えてみたところ、右手のホールドの引き方でした。何となく左方向に引きやすい形をしているのですが、そこを壁に垂直な手前に引くようにしたら、身体が開かなくなりました。

初手は(D)/(E)まで手が届いたのですが、それ以降は駄目なので、腕の力で強引に登った感じですね。(A)に足を乗せた際に、十分に荷重できていないので、足の使い方が課題になりそうです。

足に荷重して滑り落ちることもしばしば。滑り落ちるということは、足に荷重できているので、ある意味良いのですが、次のステップとして落ちないようにしないといけません。足裏感覚を身に着けて、正しくフットホールドに足を置けるようになりたいです。

メインに挑んだのは前述の課題ですが、同じ100度壁の橙Tにも挑戦しました。こちらは中盤までスローパー気味ホールドによるトラバースが続きます。スタートを切るのもきついですが、二手目に手が届いてそれ以降は進めません。いやー、相変わらずスローパー系は苦手ですね。重心を真下に掛けるといった理屈は理解しているのですが、身体が追い付きません。あー、でもいつか克服したい……。

ちなみに90度壁のホールド換えが少し前に行なわれて、まだ未タッチなので、どこかの合間で新しい6級課題をこなしておきたいかも。


プロテインを摂取してみた

最近はボルダリングの前後にプロテインを摂るようにしています。以前は、そこまでしなくてもいいかなあ、と言う思いが強くて、手を出してきませんでした。しかし、そこまで金欠と言うわけでもなく、多くの人が取り入れているものは取り入れた方が良いだろうと思い、プロテインデビューしました。

プロテイン自体の説明は詳しい諸サイトがあるので特に触れません。用途的に即効性のあるホエイプロテインを対象にします。幾つかブランドがありますが、選んだのはジムでも時々見かけるSAVASです。コンビニでも紙パック入りで売られているので、手軽に入手できます。ただし、コンビニの系列に関わらず、店舗によっては置いていなかったり、フレーバーが限定されたりするので、幾つか回って確かめました。フレーバーは、バナナとココアを試しましたが、自分はココアの方が好みですね。紙パック入りがなかった場合は、ゼリー飲料も買ってみました。

効果のほどですが、明らかな実感はないですね。ボルダリング中にパンプしにくくなったり、ボルダリング後の筋肉痛が和らいだり、何となく感じることはありますが、プラシーボ効果にも思えます。もう少し長期的な視点で振り返った際に、はっきりとした効果を実感できるかもしれません。

たまにランニングの前にも摂取していましたが、一番筋肉を酷使するのはボルダリングなので、とりあえずボルダリングに合わせて摂っていこうと思います。


fenix 5X Plus Sapphire Ti Blackを購入

アウトドア用ウォッチとして、GARMINの「fenix 5X Plus Sapphire Ti Black」を購入しました。元々は5Sを予定していましたが、店頭で実物を見た際に画面の小ささが気になり、5Xへ切り替えました。5Sから5Xに変えたことで予算をオーバーしてしまいましたが、Sapphire加工も妥協せず、結果160,000円ほどのお値段となりました。

一番の目的は登山での利用です。それ以外にも、ランニングや自転車でも利用します。せっかくの高い買い物なので、登山での使用だけではもったいないです。スキーでも利用できるみたいなので、冬場に試してみようと思います。

登山で利用

さっそく金時山の登山で利用してきました。最初はGPSが安定しないのか、軌跡が登山道と外れたジグザグになっており、不安になりましたが、しばらく歩いていると安定してきました。自分の現在位置を、すぐに地図上で確認できるのがうれしいですね。あとどれくらい歩けば分岐に出るなど、紙地図を広げなくても知ることができます。

高度については、登山前に自分で校正しないと駄目ですね。初使用だったこともあり、そのまま登ったら、山頂で標高がずれていることに気づきました。ちょっぴり残念な気分になるので、次回はきちんと校正したいと思います。

ちなみに、GPSによる自動校正はどうも上手くいかない感じ。周りに建物があるせいですかねえ。国土地理院のサイトから高度情報を入手して手動校正するのが、確実だと思います。

ランニングで利用

こちらが使用頻度としては一番多いです。従来はスマホアプリのRunkeeperを使用していましたが、fenix 5Xに換えました。心拍数データを取れるようになった点が、運動強度を測る上で便利です。

自転車で使用

走行中は腕時計を見るわけにはいかないので、従来のサイコンも併せて利用します。後で走行データを見ますと、サイコンと概ね一致しました。輪行などで普段走らないコースを走行した際に、地図データを取れるようになることが嬉しいです。

GARMIN Connectでログ閲覧

アクティビティのログは、Bluetooth経由でスマホに送り、スマホにインストールしたGARMIN Connectアプリを使って、GARMIN Connectに転送しています。これらは、デバイスが勝手に行なってくれるので、アクティビティを終えてしばらくしたら、GARMIN Connectで見られるようになっています。

GARMIN Connectは、スマホからでも、PCからでも見られます。ログの詳細を振り返るのは楽しいです。

装着感

fenix 5Xは大画面で見やすいのですが、当然かさばります。登山時にリュックを背負う時など、だいぶ気をつけないと、紐に引っ掛かりますね。重さは感じませんが、着けている感は強いです。かと言って、滅茶苦茶大きいわけでもないんですよね。絶妙な大きさです。

バンドはメタルバンドの方を使っています。メタルとは言え、重量感はないので、スポーツ時の装着でも違和感はありません。

動作が気になった点

GARMIN Connectにアクティビティログが転送されません。ソフトウェア更新と重なったのが良くなかったのかな。結局fenix 5Xを再起動したら、上手くいった気がします。

あとデータが時々おかしくなっている気がします。完全にデータが取れていない、と言うことはなく、一部の地図データだけない、とか、時間との整合が取れていない、とか。原因がはっきりしませんが、お高い買い物だけに、これは不満です。


世界樹の迷宮X~極北之霊堂クリア(その12)

いよいよ終盤、第十二迷宮である極北之霊堂を攻略します。昔は段差ありの迷宮構成を長く感じていましたが、さすがにここまで来ると慣れていて、粛々と進めていきます。第3階層でLv72。マップを見間違えていて、F.O.E.の異形の天邪鬼を倒さないと進めないと勘違いして、1体倒しました。でも、戦闘突入自体は回避できないように思えます。第4階層ではLv73。その後第5階層まで進みましたが、第4階層の敵が少し辛く感じたので、レベル上げのタイミングかもしれません。第3階層を3分の1進んだところで、Lv74。迷宮に入る前に大枚をはたいて購入したサプリングソードが、迷宮内のアドベンチャーエピソードで入手できて、ぐぬぬな感じ。

一旦マップに戻ると、フィールドF.O.E.の死を呼ぶ骨竜が初登場したので、Lv74-75で十分だと判断して挑戦。呪いによる即死がエグいので、不屈の号令祭り。さすがに少し忙しかったので、耐性装備があった方が楽ですね。

再び第5階層へ。眠れる獅子が2体出る編成で、ヒーローの残影が勝手に残りの1体を攻撃してしまい、2体同時覚醒で悲惨な目に遭いました。王者の爪を2発食らって、全滅です。残影を回収すればいいのかな、でも先手を打てる保障はないしなあ、と考えていたのですが、残影は同じ相手を攻撃するので、そこを活かして上手く攻撃対象を調整すればいいのかもしれません。いずれにせよ、ミスったら被害甚大ですが。その後ボス部屋まで到達しましたが、これまでの霊堂経験から明らかにレベル不足かと思われますので、レベル上げ作業へ。

小迷宮の真新しい蟻塚を攻略します。蟻が湧いてくる卵くらいで、大きなギミックはなし。とりあえずボス部屋まで到達したけど、こちらのボスも強そうなので、一旦保留します。

レベル上げは、新たなる強敵を★まで上げると、稀少個体出現率が明らかに上がって、経験値が稼ぎやすくなりました。

Lv78まで上げたところで、第十二迷宮ボスのブロートに挑みます。しかし、半分も削れずに敗退。ヒーローが火力不足でTPを余らせています。残影もまとめて処理できるのが、ガンナーの跳弾だけなので、弱いですね。ヒーローのブレイブワイドも使えるようにしたいと思います。何にせよ半分も削れないのは力不足なので、レベル上げ。そして鍛冶のために、上質な若木集め。

全員Lv80になったところで、ブロート再戦。今度はシャドウバースト発動の30%削りまでいきましたが、そこから一気に押し切られた格好です。こちらの戦法は、ヒーローのブレイブワイドとガンナーの跳弾で、残影と本体をまとめて攻撃、メディックは鈍弱の瘴気でこちらのブレイブワイド全体化の補助および相手のブレイブワイド全体化の無効化、プリンセスは号令で攻撃と防御のバフに尽力。残影がない時は、ヒーローのバーストブレイド、ガンナーのチャージショットを打ち込みます。相手の残影が3体以上登場するフェーズに入ると、バステやHP回復の割り込みが増えて、対応が追い付かなくなり、一気にきつくなりますね。

Lv81でブロード3戦目。今度は残影はスキル固定化と言う特性を活かして、害の少ない残影は敢えて残しておく、という戦法をとります。しかし、ブレイブワイドを使う残影を残しておいたのが失敗だったかもしれません。先制行動して単発化すれば脅威ではなくなると考えていましたが、鈍弱の瘴気かけても先制される場合がありますし、ハマりパターンに入って連発を食らうと一気に崩れやすくなります。やっぱりアクトブレイカー1択ですかね。TPは尽きていませんが、終盤の相手の火力に耐え切れなくなり、敗退しました。

Lv82でブロード4戦目。四度目の正直へ。戦法は前回と同じです。残影はヒーローとガンナーがいれば、1ターンで1体倒せる感じです。逆にどちらかが欠けると危ない残影の即時処理が出来なくなるので、一気に崩れそうな感じです。今回は幸いそのパターンには陥りませんでした。基本本体を主に狙って、ヒーローのバーストブレイド、ガンナーのチャージショットを打ち込みます。残影を処理したい場合は、ガンナーが跳弾を使用します。プリンセスは、攻撃と防御のバフ、終盤は念のため不屈の号令を掛けました。ミラクルエッジ改が来なかったので、活きるシーンはありませんでしたが。メディックは鈍弱の瘴気と削弱の瘴気でデバフしつつ、回復担当。プリンセスのアナザーステップによるメディックの先制行動で、戦闘不能を防止しました。最終的に残影は、前衛にアクトブレイカー2体、後衛にガードラッシュ改、凍結斬改となりました。ガードラッシュ改は後衛ならさほど痛くないです。凍結斬改は封じがあるので、後衛でも嫌でしたが、シャドウバースト発動後でしたので、フォースブースト総動員状態であり、そのまま押し切る形を選びました。無事勝利しましたが、さすがにTPは尽き掛け。ガンナーにはアムリタ3個使いました。今までで一番苦戦したボスですね。

戦闘勝利後は、ストーリーが展開します。序盤は淡々とした展開が多かったですが、さすがに終盤なので盛り上がりを見せます。フィールドマップを転々と移動してイベントを進行し、そしていよいよ最後の迷宮となる第十三迷宮、世界樹の迷宮へ突入しました。