スヴァールバル諸島とオスロの旅~2日目

 

2日目、6時すぎに朝食をいただきます。メニュー豊富で美味しいです。朝からバーガーを食べました。その後、ホテルをチェックアウトして、オスロ空港に向かいます。ここから先は、SAS便になります。自動チェックイン機でチェックインを済ませ、バゲージタグを荷物に着けたら、カウンターに並んで預けます。自動チェックイン機を使うのが通常の流れのようです。セキュリティチェックでは、すっかり忘れていた一眼カメラをリュックに入れっ放しで再検査。

搭乗口20から、ロングイェールビエン行きの飛行機に乗り込みます。あくまで国内線なので、無料サービスはドリンクのみ。途中トロムソを経由するので、一旦降機します。フィヨルドの光景が美しくて感動。今回はさらに北へ行きますが、ここが目的地となることも多いですしね。外はひんやりしていて、半袖だと少し肌寒く感じます。そしてスヴァールバル諸島はシェンゲン協定エリア外となるので、出国手続きを行ないます。その後、再び搭乗します。座席は再割り当てされます。

 

トロムソからさらに北へ飛ぶこと約1時間、眼下には雪山や茶色い地表が顔を見せる光景が広がってきました。窓側席ではなかったので、あまり良く見えなかったのですが、何となく南極フライトを思い出させるような光景でした。復路は航路の違いなのか、海上を飛んでいて同様の光景は見られなかったので、見られる時に目に焼き付けておきましょう。

ロングイェールビエンに近づくと、雪がだいぶ減ってきます。海流の関係で、この近辺は周辺に対して比較的温暖なのです。木が1本も生えない巨大な山を真横に見ながら着陸態勢に入っていく様子に、すごいところに来てしまったな……という感動に包まれていました。

沖止めなので、降機したら屋外を歩いてターミナルビルへ向かいます。一旦トロムソで外の空気を体感しているためか、思ったより寒くありません。ただ、この日は天気が良くてわりと温かい日でした。残りの滞在日はこの日よりも寒かったです。

 

ターミナルビルは小さいです。シロクマが佇むターンテーブルを見ながら、預入手荷物を回収しました。ターミナルの外へ出ると、旅行記で何度も見た世界各都市の方向と距離を示した看板がありました。極めて高緯度にあるためか、東京とバンコクの方向関係が理解できませんでした。単純に考えると逆のイメージなのですが。

さて、FlyBusに乗って市内へ向かいます。通常は出発時に運転手が車内を回って料金を徴収する仕組みですが、人が多すぎて車内移動が難しいので、降車時に支払う仕組みになっていました。

 

15分ほどでホテルに着きました。お世話になるのは、Svalbard Hotel The Vaultです。さっそくフロントでチェックイン手続き。スヴァールバルでは、建物に入る際には靴を脱ぐ習慣があります。入口近くに下足箱があるので、靴はそこに置きます。部屋はあまり広くはないですが、清潔で温かくて快適です。

  

この日は何も予定がないので、街の散策に繰り出します。天気は快晴で気持ちがいいです。この後の滞在日は曇天続きでしたので、初日だけでも晴れてくれて良かったです。冷涼な風が吹き付ける感覚にデジャヴを覚えたのですが、いつの記憶だったかはっきり思い出せません。

 

木がまったく生えていない地表やコンテナ風の建物など独特の風景に、最北の地に来たことを実感します。ただ、木は生えていませんが、小さな草花は生えています。草むらを見渡すと、大概ワタスゲが群生しています。ここのワタスゲは綿が大きくて立派ですね。ワタスゲ以外にも、黄色や白、赤などの小さな花も見かけることができます。厳しい自然環境のためか、花は全体的に小さいです。

港に停泊する船を眺めてみたり、北緯78度の太陽を見上げてみたり、目抜き通りに行って無名鉱夫の像を見学したりしました。目に映る光景全てが珍しくて、次々シャッターを切ってしまいます。

 

散策終わりに、世界最北のスーパーで、ポテトチップスとナッツ、コーラ、Hansa2本を購入。シロクマ印のビニールバッグに入れて、ホテルに帰りました。侘しいですが、物価が高いこともあり、本日の夕食はこれで済ませます。Hansaは2本くっついているように見えたのでまとめて買ってしまいましたが、1本だけ抜き取っても良かったみたいです。度数の低いビールなので、アルコール的には大したことなく、お腹に溜まりました。

食後はシャワー等浴びて、就寝しました。外は明るいままなので、遮光カーテンを下ろします。遮光カーテンの効果は絶大で、一気に部屋が夜みたいになりました。

早く寝たこともあり、深夜2時くらいに目が覚めたので、窓の外を覗いてみます。白夜ならではの真夜中の太陽が、空に輝いています。さすがに太陽は低い位置にあり、夕方のような雰囲気です。景色そのものは特別な風景でもないので、白夜を体験するには現地で1日を過ごすしかないですね。

こうして今回の旅の目的の1つである白夜を体験できたので、心置きなく再び就寝しました。


スヴァールバル諸島とオスロの旅~初日

初日、成田エクスプレスに乗って成田空港へ向かいます。いつも通りJAL購入ですが、運航はフィンエアーの便なので、フィンエアーのカウンターでチェックインします。すると、エコノミー席が満席とのことで、ビジネスクラスにアップグレードされました!初経験。やったね。

利用できるラウンジは、カンタス航空のラウンジになります。サテライト側ですが、出発便の搭乗口もサテライト側なので、ちょうど良いです。カンタス航空のラウンジは初利用。利用時はあまり混雑はしておらず、快適でした。家を出たのが早くて、きちんと朝食をとっていなかったので、こちらでいただきます。せっかくなので、ビールも飲んじゃいました。

   

出発時刻が近づいたのでラウンジを出てしまいましたが、あいにく出発便は遅延。40分くらい遅れて、成田空港を離陸しました。さすがビジネスクラスで、ウェルカムドリンクにシャンパン、冷菜もついて、気持ちが上がります。その後2回の機内食を楽しみます。機内映画は、「マトリックス」と「キングコング~髑髏島の巨神」を鑑賞しました。

10時間ほどのフライトを終えて、ヘルシンキ空港に着きました。ビジネスクラスのトラベルセットに歯磨き粉などの液体物があるので、セキュリティチェックの入口にあるビニール袋に詰め替えます。セキュリティチェックを終えたら、パスポートコントロールへ。パスポートコントロールは自動化されています。前回着た時はまだ自動化されていなかったような。

シェンゲン協定エリアに入ったら、フィンエアーのラウンジに入ります。機内食を食べているので、食事はいいかな、と思い、コーヒーとお菓子をいただきました。我が家にも色違いがある、マリメッコのマグカップ。

 

そしてオスロに向けて出発します。沖止めなのでバスで移動。3列3列の機体で、国内線の感覚ですね。こちらもビジネスクラスにアップグレードされたようで、食事が提供されました。サーモン、ハンバーグ、そしてデザートと、2時間弱のフライトなのになかなか豪華。窓の外を覗くと、森や湖が広がり、北欧らしい景色を望むことができました。

オスロ空港に着きました。天井にある木の梁が、すごく優しい印象を与えてくれる空港です。空港を出たら、徒歩でホテルに向かいます。宿泊先は、Park Inn Airport by Radisson Bluです。トランジットのための宿泊になります。外はまだ明るく、近くを散策したい気持ちになりますが、日本時間だと深夜時間帯であり、さすがに眠いので、18時45分ごろに寝てしまいました。一旦23時すぎに目が覚めたけど、その後は朝まで寝てました。こうして初日は終了です。


年に数回遊ぶカードゲームやボードゲーム

友人たちと集まって、ボードゲームやカードゲームをプレイすることが、年に数回あります。今回(2019年9月16日)は、左上、右上から順に、ナルハヤのつるぎ、ソクラテスラ、まじかるベーカリー、まじかるパティスリーを遊びました。

「ナルハヤのつるぎ」は、単純そうに見えてやってみると意外とハマります。でも、短時間で解くには、最初に組み立てに選んだパーツの選択運が大きい気がします。「ソクラテスラ」は通常のゲーム性に加えて、文章遊びが楽しいゲームです。

「まじかる☆ベーカリー」は、私が店長の前作で、ルールはそこそこ違います。ある程度長いフェーズを経て、得点チャンスを得られるプレイヤーが1人だけなので、最初はいまいち駆け引きポイントがわかりませんでした。何回かプレイしたところ、焼き上げフェーズでの交渉がポイントのような気がします。焼きミスによる失格も交渉の大きな要素になりますね。基本独力による得点ではクリアできないバランスになっていると思います。

最後は「まじかる☆パティスリー」です。推理要素が楽しいゲームです。自分の担当は、通常は3分の1で、特定の魔法カード使用時は2分の1まで絞り込めます。でもそれ以上は絞り込めないので、他のプレイヤーの出すカードから推理せざると得ません。しかし、2分の1まで絞り込めていると、ジョーカーとなるマエストロ担当は、意外と当てられます。3分の1のままだと結構厳しい印象です。

こんな感じで、毎回ゲームの種類ごとに特性が違って面白いです。プレイヤーの組み合わせによってもプレイ傾向が変わってくると思いますので、色々と楽しめますね。

様々な種類のゲームがありますが、プレイ時間等で大別すると、下記のようになるかな、と思います。

  • 回転の速いカードゲーム(10分~30分)
  • 中程度の時間がかかるボードゲーム、カードゲーム(1時間前後)
  • 長時間かかるボードゲーム(2時間以上)

回転の速いカードゲームは基本的に運ゲーです。戦略を深く考えることが出来ないので、回転も速いです。

中程度の時間がかかるボードゲーム類は、戦略性が要求されますが、ゲームオーバーとなる条件が程よいので、プレイ時間が極端に伸びることはありません。なので、運に左右される部分もそれなりにありますが、戦略の幅もありますので、一番バランスが良いかなあ、と思います。

最後の長時間かかるボードゲーム、自分の中ではカタンの開拓者が代表的ですが、楽しいけれど、とにかく疲れます。2プレイした日には、終わった頃にはヘロヘロになっています。プレイしている最中はそこまで頭を使っているつもりはないんですけどねえ。

ゲームというと、コンピューターゲームで遊ぶことの方が多い昨今ですが、こうした電源不要ゲームには、コンピューターゲームにはない良さがあります。対人性、ルールの柔軟な運用、など理屈を色々考えてみましたが、どれもしっくり嵌まりません。結局のところ、感覚的なもので、間にコンピューターを介さずに直接人と遊べるのが、その理由かもしれません。


Xperia Z5 SO-01H

2015年12月23日、Xperia Z5 SO-01H(GOLD)を買いました。だいぶ前なのですが、感想を書いていなかったので、書いておきます。ちなみに1つ前の機種は、2012年2月に購入したF-05Dです。こちらが初めてのスマホであり、SO-01Hは2台目のスマホになります。お値段は結構高く、100,000円弱しました。ノートPCを1台買うくらいの感覚ですね。

主な感想は下記の通り。

  • 画面が大きい
  • 処理速度が速い

F-05Dの画面は4.3インチで、SO-01Hは5.2インチなので、はっきり意識できる程度に大きさが違います。また、画面は大きくなったのに、厚さは7.3mmであり、F-05Dの9.8mmより2mm以上薄いです。これはクールでしたね。比較してしまうと、F-05Dがオモチャに見えます。一方、片手で操作が難しくなったことは、最初気になりましたが、次第に受容できました。処理速度は、ゲームアプリで特に恩恵を感じました。

ここ暫く特に不満なく使ってきましたが、最近は処理が少しモッサリすることがあり、気になります。もうすぐ4年目になりますし、買い替えどきかもしれません。とは言え、食指が動く新しい機種もないですし、使える限りはSO-01Hを使っていくと思います。

 


真夏のイクランチ

2019年8月24日、原宿ファニスペースで開催された伊倉愛美さんのファンクラブイベント「真夏のイクランチ」に参加してきました。前回は旅行で参加できなかったので、前々回ぶりになります。恒例のお寿司は、購入制になっていました。お寿司は無事完売。

さっそく伊倉さんが登場。iKRのカラフル女っちのTシャツを着ています。イクランチなので、まずは「いただきます」のご挨拶。挨拶の後、撮影用いただきますタイムが設けられました。

  • マイミュージック(オリジナル)
  • 大喜利紹介(1)

お題は「夏なのに冷や汗」。怖いのが本当に苦手で、学生の頃に男女で行く肝試しも、本当に行かなかったそうです。後は実際に体験した心霊現象として、神社の近くで季節外れなトレンチコートを着たおじさんがいたけど、しばらくしてふと見たら、消えていた、と言うお話。お察しの通り、心霊現象のつもりが変な感じの話になってしまいました。伊倉さん曰く、誰かにばっと見せて、去っていったのかなあ。

  • ラブソング(オリジナル)
  • 大喜利紹介(2)

お題は「この人絶対夏生まれでしょ、と思う人」。伊倉さんが例として挙げたのは、松崎しげるさん。

  • 即興ソングコーナー

客席からのお題に合わせて、即興で歌を作るコーナー。伴奏も即興です。1曲目は”高田馬場、かき氷、タピオカ”、2曲目は”アフリカ、お寿司、ソーラー発電”でした。”アフリカ”は最初”コンゴ民主共和国”だったのですが、「ほんごう?」と伊倉さんの知識範囲外でしたので「却下で」の結果、”アフリカ”となりました。

そして”ソーラー発電”については、完成した歌詞について”ソーラー発電ってそういうことじゃ……”とツッコミが入るも、「そういうの受け付けていませんから」とピシャリ。

即興曲と言えばあの方、サーモンエッグ師匠が懐かしいのですが、「久しぶりにオファー出してみる」とのことでした。

  • PRIDE(今井美樹)

ここからリクエスト曲を2曲。1曲目は伊倉さんも好きな今井美樹さんの曲からです。有名な曲なので、こちらは自分も知っています。

  • なんでもないや(RADWIMPS)

この歌は映画「君の名は」の挿入歌ですが、伊倉さんはこの映画を3回見たそうです。1回目は映画館、2回目はニューヨークへ旅行した際の往きの飛行機、3回目はは同旅行の帰りの飛行機です。帰りの飛行機では、前の座席の人が見ているのを、座席の隙間から見ていたとのこと!3回目なので、音が聴こえなくても台詞を覚えているのだそうです。当然、じゃあ自分の席のモニタは何が映っているんだ、と言う話になりますが、前の席のモニタに集中していたから覚えておらず、たぶん飛行機の経路マップとのこと。

そして色々とお知らせ。既報の”未完の贈り物”や音楽イベントに加え、9月21日にファンクラブイベント”イクラBAR”の開催が発表されました。会場はfCafeとなり、これまでとは違うタイプのイベントになるようです。自分はその日大阪に滞在中なので、残念ながら行けませんorz。

2020年の年末に300人キャパの会場でライブを開催することが目標とのこと。一方で、こうして皆と会える機会も作っていきたいとのことでした。

  • 砂の城(オリジナル)

ウクレレ演奏しながらの歌唱でした。

  • CANVAS(オリジナル)

初めての曲はやはり別格ですねえ。

  • 雨のキッスに花束を(今井美樹)

アンコール曲は、再び今井美樹さんの曲でした。

終演後はいつも通りチェキ会。しかし、同会場で次のイベントの開始時間が近いため、設営を進めるために、チェキ会は正面ではなく、会場の端の方で行われました。前々回ぶりなので、オリジナル曲が増えていて驚いたことを、お伝えしました。

イクラのチェキブックが着実に埋まっていくけど、1回のイベントで1枚しか撮らないので、ようやく半分くらいです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。