アイカツスターズ!感謝祭「We are STARS」夜公演

2019年9月29日、アイカツスターズ!感謝祭に参加してきました。初めてこのイベントを聞いた時は、ビックリしました。アイカツフレンズ!のライブが先に控えており、その1か月後にアイカツスターズ!のイベントと言うことで、嬉しい驚きでした。会場は日本青年館ホール。通常のアイカツライブイベントと比べると小さめの箱なので、倍率が不安でしたが、最速先行で夜公演のみ当選し、その後の2次先行では落選。両公演行きたかったですが、夜公演のみ参加です。

【入場、物販】

会場の都合で、フラスタはありません。物販コーナーはホールフロアの廊下を使用しています。グッズを買おうか迷いましたが、パンフレットLiteを1部購入しました。

【開演】

今回の席は、ステージ向かって左側の、D列です。前から4列目なので、とってもステージに近い!イベントに足を運ぶ回数が増えると、良席に当たることもチラホラ出てきて、ワクワクが止まんないっ!

最初は、諸星学園長とすばるくんによる開演前アナウンス。そしてキャスト入場です。まずは自己紹介。幾つか面白かったところをピックアップします。

  • 朝井ローラさん「朝井彩加役の……」
  • 村上あこさん「カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ……」超ロングカタカタ
  • ランズベリーかなたさん、会場男性客から熱い声援が掛かり、日笠エルザさん「そういう(男性に人気のある)設定だったっけ?」と言われて、全力で否定。
  • M4が1名足りないけど、すばるはここにいる、と肩組みのポーズ

その後、話の流れで、どこから来たか、と言う問いかけに、会場からどんどん答えが挙がって収拾がつかなくなりかけたら、日笠さんがピシャッと場を収めたので、さすがだ……と思いました。

佐藤監督による開会宣言を得て、いざ感謝祭スタート!

【サイコロトーク】

最初のコーナーはサイコロトークです。サイコロを振って出た目に応じたトークをする、いわゆる”ごきげんよう”です。メンバは、四ツ星学園チームとヴィーナスアークチームとM4チームに分かれます。進行役は、津田ひめさんと日笠エルザさん。日笠さんがやけに自由だ……

四ツ星学園チームは、5thフェスでトチリ事件。話の詳細は忘れちゃったけど、日笠さんの出番前に出るはずのメンバが、宮本真昼さん以外、出番を忘れてて、楽屋にいたとか、前田さんはまた別のところにいたとか、そんなお話。裏話聞けるの楽しいです。

ヴィーナスアークチームは、スタジオ収録の空いている時間に、”だるまさんが転んだ”で遊んでいたお話。皆さん誰がいたのかはっきりメンバを覚えていない様子で、それでも皆口々に「日笠さんはいた」と言っていて、日笠さん「私が主犯みたいに言うのやめてよ!」と応じていました。

その後はまさかの”だるまさんが転んだ”をこの場でやってみることになりました。なんて自由なイベントなんだ……!津田ひめさんが鬼を務めます。最初は普通に進んでいきます。徐々に数名が脱落。途中からポーズ指定が入ります。にゃんにゃんポーズにセクシーポーズ、だんだんポーズネタもなくなってきました。最後は富田ゆめさんが優勝でした。あんまりアグレッシブなポーズは取らなかったですけど、靴がすごい厚底なんですよねえ。

さて、”だるまさんが転んだ”を遊んでいたら、M4のサイコロトークパートの時間がなくなってしまいました。日笠さんそのまま割愛しそうな勢いでしたが、少しだけ時間を貰ってトーク。今回来られなかった八代すばるさんが、チェック柄の服を着ており、M4のステージ衣装と揃っていて、まさに「僕らの奇跡」というお話。

その後佐藤監督が登場して、「5thフェスでのM4のリハが下手すぎてビックリした。本番はもちろん上手かったけれど」と暴露して去っていきました。これに対して「てるおーーーーっ!」と呼びかけたM4一同が面白かったです。M4曰く、実際ソロの時は良かったけれど、4人で一緒に歌うと不協和音だったそうです。

【宝探しだゾ】

続いてのコーナーは、「宝探しだゾゲーム」。会場に質問を投げて、該当する人が少なかったチームが優勝というルール。津田さんが例として出した「今日会場へ船で来た人」の該当者が1名で、さすがひめ先輩……という空気になりました。

M4チームはM4のCDを10枚以上買ってくれた人、ヴィーナスアークチームは羊を飼っている人、四ツ星学園チームは四葉のクローバーを今持っている人。一番少なかったのは、四ツ星学園チーム。

【ライブ】

ライブパートに入る前に、ナレーションが入ります。ツバサ先輩の「滑った子にはおしおきターイム!」や、グッズの”好きって気持ちタオル”に絡めた夜空先輩の「右手に夜空、左手に真昼、朝陽は鞄の中でお留守番ね」など、楽しかったです。夜空先輩の朝陽くんへの当たり、厳しい。

ライブパートのセトリは、下記です。前述の通り、前から4列目なので、歌と踊りのパフォーマンスを眼前で堪能することが出来ました。間奏でのダンスパートをこの距離で見られるのは、圧巻。

  • episode Solo

最強のLIVEの幕開けにふさわしい1曲!

  • 裸足のルネサンス

りえさんとななせさんによる裸足のルネサンス。努力惜しまない!カッコいい!いやあ、しかし裸足のルネサンスを聴けるとは、予想していませんでした。りえさんは当然レイさん役ですが、ななせさんはリリィさん役。

  • ハッピー☆パンチ

せなさん、みきさんの、ゆめあこハッピーパンチ!

  • Summer Tears Diary

キター!かなさんによるSummer Tears Diary。ちょうど季節にも合っていますね。歌詞も色々と刺さるものがあります。お別れ前のことを綴っている歌なのですが、アイカツスターズ!という作品が一旦放送終了して、1年半後にこうしたイベントが催されていることが、何となく重なって、じーんと来ました。

  • スタージェット!

せなさんによるスタージェット!アイカツスターズ!の曲はほんと歌詞が素敵な歌が多いです。好きなところいっぱいあるけど、”みんなそれぞれ不揃いだから 魅力的なんだね”のところが一番好きかなあ。あと、星を描く振り付けのところ、楽しいし、かっこいいし、好き。

  • We are STARS!!!!!

フォトカツ曲も!今回のイベントの副題にもなっています。歌唱担当全員で披露。

  • スタートライン!

せなさん、りえさん、富田さん、朝井さんによる、歌唱担当&声優のコラボレーション!!!5thフェスでは為しえなかったゆめロラの歌唱担当&声優コラボレーションが今ここに実現しました。まさに”夢はみるものじゃない 叶えるものだよ”ですね。

  • MUSIC of DREAM!!!

歌唱担当全員で披露。こちらの曲も強い曲です。大好きな曲なので聴けてうれしいです。

  • Bon Bon Voyage!

出演者全員で歌います。合いの手の部分は客席も一緒に歌います。「Bon Bon Voyage!」を聴くと、何だか大団円のイメージがあって、締めの曲に合っているなあ、と思いました。

【キャスト挨拶】

最後はキャストの皆さんのご挨拶。これが想像以上にたっぷりと時間をとって、皆さんの想いを伝えて下さいました。アイカツスターズ!愛に溢れている……!全般的にキャスト同士の仲の良さが伝わってくるお話が多かったです。あと言うだけならタダと言うことで、皆さん色々と願望を言っていました。偉い人、頼む……!

全員分は私の記憶力が持たなかったので、抜粋。

  • 村上あこさん「アイカツスターズ!が初めての作品だった。初めてこの世界での友達ができた。アイカツスターズ!の収録は、仕事に行くって感じじゃなくて、友達に会いに行くみたいな感じだった」
  • 津田ひめさん「S4が私以外の3人が秘密で、周りに訊いても教えてくれなかった。そしたら前作の3人だった。新しく入るので仲良くなれるように、3人をしゃぶしゃぶに誘った」
  • 藤原レイさんが「裸足のルネサンス」を歌うかも、と言って、”努力惜しまない!”の振り付けとかめっちゃ練習していたそうです
  • 藤原レイさんから前田アリアさんへの繋ぎが「はい!」だけだったので、前田さんが「雑だな、おい」
  • 涙をこらえていた日笠さんが、前田さんの「ネオヴィーナスアークの皆で”Bon Bon Voyage!”を歌いたい」という言葉をきっかけに、涙腺決壊しました
  • 江口きららさんは、アイカツのファンとして、舞台裏の様子をレポートしていくとのこと。歌唱担当が精神統一しているところや、(ハードな練習でついた)衣装ブーツの傷の数など。
  • せなさん、ステージ直前でブーツのかかとが壊れたそうです。けれど、るかさんのブーツが用意されているというスタッフの神対応が。その結果、今のせなさんは、右足るかさん、左足ななせさんのブーツを履いている格好に。これ、ななせさんのブーツのくだりは当然知ってるよね、くらいの勢いで説明がなかったのが、熱いです

こうしてイベント終了です。期待を超えてくるイベントでした。トークあり、ライブあり、そして最後の挨拶による、キャストの皆さんの作品愛、とても幸せな気持ちになれるイベントでした。


アイカツオンパレード!のデジタルサイネージを見てきました

アイカツオンパレード!の放送開始に合わせて、池袋駅と新宿駅に期間限定でデジタルサイネージによる広告がありました。アイカツスターズ!感謝祭のときに池袋へ見に行くつもりでしたが忘れてしまったので、後日新宿へ見に行きました。他に用事はなかったので、デジタルサイネージを見るためだけに、出かけています。

場所は小田急側のエリアです。10本以上の柱の4面に表示されており、一定の時間で表示が変わります。最初は1人1画面だと思っていたので、全部回るの大変だなあ、と思っていましたが、1つの画面の前に構えていれば、数人分を見られます。

自分が出かけたのは、2019年10月04日金曜の昼でしたので、人通りもそこまで多くなく、比較的撮影しやすかったです。デジタルサイネージの面の数は十分に多いので、人が立っていて塞がれている面があっても、別の場所が空いている可能性が高いです。曜日や時間帯が違う場合は、分かりません。

たくさんのデジタルサイネージをまとめて撮れると壮観なのですが、柱同士の距離はそれなりに離れているので、難しいでしょう。望遠レンズで遠近を縮めて撮影すれば出来そうですが、新宿の人通りの多さでは厳しいです。というわけで、1枚1枚撮りました。

       

登場するのは30人のアイドルです。アイカツオンパレード!アイドル宣伝メッセージに登場している30人になります。30人の人選は難しかったと思いますが、アイカツフレンズ!は2人だけだったり、あかりジェネレーションからはあかりさんだけだったり、う~ん、と思うところもあります。せめてルミナスのメンバーは全員入れて欲しかったですねえ。

先に述べた通り、1つの画面で数名のアイドルが順番に表示されます。その際のグループ分けが以下(敬称略)になります。グループだけではなく、その中での順番も注目です。3人から4人という制約があるみたいで、工夫の跡が伺えます。その内容は、なるほどね、と思うところもあれば、そうきたか、と思うところもあって、興味深いです。特にスターズですかね。スターズは個人同士のつながりが、張り巡らされているので、色々な組み分けが可能なのだと思います。

  • いちご、あおい、蘭
  • ユリカ、かえで、おとめ、さくら
  • セイラ、きい、そら、マリア
  • 美月、みくる、いちご
  • あかり、あいね、みお
  • ゆめ、ローラ、小春
  • 真昼、夜空、ゆず、リリィ
  • ひめ、ツバサ、あこ
  • エルザ、きらら、レイ、アリア

お気づきでしょうか。いちごさんだけ2か所に登場しています。さすがレジェンド。ソレイユの組にいるのはもちろんなのですが、美月さんと同じステージにも立たせてあげる、制作者の粋を感じました。前述の通り、3人以上という制約が影響しているのでしょうけど。

と言った感じで、デジタルサイネージの画面を眺めてくるだけのつもりが、思わぬ楽しみがあって、ワクワクが止まんないっ!でした。

全ての画像は、下記のアルバムをご覧ください。蛍光灯が映り込んでしまっているのは残念ですが、リアルな現場感だと思ってください。複数の箇所に表示されるので、出来る限り映り込みが少ない面を探すことも可能でしたが、そこまでの気合はありませんでした。


キラッとプリ☆チャン~2年目上半期感想

1年目の終わりに、少しぶー垂れた感想を書きましたが、2年目の前半が終わったところで完全手のひら返し、面白いー!

2年目に入り、新キャラクターである金森まりあさん、黒川すずさん、虹ノ咲だいあさんが登場しました。虹ノ咲さんは2年目のストーリーの核となる存在ですね。なお、ミラクルキラッツやメルティックスターのお話も当然ありましたが、今回は新キャラクターに着目した感想を書きます。

まず金森まりあさん、かわいい向上委員会を引っ提げての登場回は、プリチャンにプリパラが帰ってきたかのようなカオス回にショックを受けました。プリパラのカオスの権化あじみ先生には及ばないものの、なかなかスゴイキャラクターが入ってきたな、と。

しかし、ストーリーが進むにつれて、まりあさんはぶっ飛んでいるだけではなく、ブレない芯の強さを持っていることが分かってきます。その辺りの描かれ方が、わりと間接的な描写が多いのも良いなあ~と思いました。リングマリィ結成回は素晴らしかったです。

次は黒川すずさん、まりあさんが強烈なせいで、かっこいい担当の常識人であるすずさんは、正直印象はそこまで強くありません。ただ、やっぱりリングマリィなんです。まりあさんの隣にはすずさんがいなくては駄目なのです。かわいいを求めて自由に動き回るまりあさんに鋭くツッコミを入れるすずさんがいて、初めて完成するのです。

このふたり、かわいい担当のまりあさんの方が背が高いのが良いなあ、と思います。まりあさん、自由気ままでどちらかと言うと妹気質に見えるのですが、要所要所ではお姉さんなんですよねえ。このギャップも良いのかも。あと、アイドルタイムが始まったとき、夢川ゆいさんが好きになったので、そもそもこの手の容姿のキャラクターに惹かれるのかもしれません。

ちなみにすずさんは、主要メンバと比べて学年が1個下と言う、今のところ唯一のポジション持ちです。この辺を活かした他のキャラクターとの絡みも楽しみ。人間関係が広がるほどその世界観に厚みが増すように思えるので、期待したいです。

最後に虹ノ咲だいあさん。当初はバーチャルプリチャンアイドルのだいあさんと同一人物説がありましたが、それはミスリードでした。第76話、77話の中で、色々と明かされましたね。まず第76話で、今に至るまで友達と思える人がおらず、友達の作り方が分からない、ドレスをプレゼントしたら友達になってもらえるかな、など、胸がきゅうっとなる切ないエピソードがたくさんでした。虐められてたわけでもなく、友達を作れるチャンスも何度かあった描写が為されており、虹ノ咲さんの内面の話だというメッセージを感じます。

そして第77話、そんな虹ノ咲さんが、バーチャルプリチャンアイドルのだいあさんの姿を借りてプリチャンアイドルデビューを飾りました。ここの、プリチャンアイドルデビューに至るまでのだいあさんとだいあさんの問答がとても丁寧で、感動しました。「そっか……」は、”やっぱり”か”残念”か、どちらの意だったのでしょうね。そして前述の通り、一歩ではなく半歩だけ踏み出す形で、プリチャンアイドルデビューを成功させました。下半期に解決すべき問題を残しつつ、最高のお話で上半期を締める、プリチャン、恐ろしい子……!


大阪旅行2019秋~まとめ

2019年9月21日から23日にかけて、大阪を旅行してきました。一番の目的は、プリパラ&キラッとプリチャンのライブになります。そこへランニングと登山を組み合わせる恒例のパターンとなりました。そして、何だかんだでなかなか行けていなかった道頓堀での食い倒れも楽しめました。大阪は大都会でありつつ、少し足を伸ばすと自然豊かな地域が広がっていていいですね。

大阪旅行2019秋~初日

  • 移動日、食い倒れ
  • 品川~新大阪~道頓堀(ホルモン)~ナムコ日本橋~千日前(お好み焼き)~ホテル

大阪旅行2019秋~2日目

  • ライブ鑑賞
  • 大阪城公園ランニング~べん天うどん~オリックス劇場(ライブ)~道頓堀(法善寺、串かつ、カラオケ)~ホテル

大阪旅行2019秋~最終日

  • 岩湧山登山
  • 紀見峠駅~岩湧山~紀見峠駅~AMO CAFE(無糖喫茶)~新大阪~品川

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


大阪旅行2019秋~最終日

最終日、夜更かししたので、早起きは出来ず。朝食をいただいたら、10時手前にチェックアウトを済ませます。

 

堺筋本町で堺筋線に乗り換えて、天下茶屋駅に到着。ここから南海高野線に乗って紀見峠駅へ向かいます。11時ごろ、紀見峠駅に着いたら、岩湧山登山へ出発します。岩湧山登山の様子は、こちらの記事をご覧ください。

 

登山を終えたら、南海高野線で終点のなんば駅まで行きます。そこから御堂筋線に乗り換えて、心斎橋駅で下車。向かう先は、AMO CAFEの無糖喫茶です。昨日のライブで、大阪でも開催していることを知ったので、せっかくだから行ってみることにしました。

   

夕方すぎの遅い時間でしたので、店内は空いていましたが、完売している商品も多かったです。注文したのは、ウサチャアイスとサバンナジャーキーペッパーレモネード。ジャーキーをレモネードの中に入れるという、なかなか攻めたメニューです。店内の撮影は、キャストのサインを除いてOKなので、ノンシュガーづくしの店内を撮りまくりました。そして特典を得るために、不足分をグッズ購入。

 

その後は御堂筋線に乗って新大阪駅に移動します。夕食を食べている時間はないので、駅弁を買いました。そして19時40分くらいの新幹線に乗り、秋のお里弁当を食べつつ、関東へ帰りました。