ジム40日目~壁家初訪問

2019年4月19日、ボルダリングジム壁家を初訪問してきました。先述の通り、これまで通っていたZENが閉店したため、以前から興味のあった壁家にやってきた格好です。

壁は、スラブも含めた一通りの角度が揃っています。リードクライミングが出来る一角もあります。契約すれば専用ロッカーを定期利用できるので、シューズや着替えを入れておけば、仕事帰りに寄るのが楽そうです。

初利用なので、さっそく会員証を作ります。店長さんが前にZENにいらした方ですね。タブレット端末に必要事項を記入して、手続き完了。料金体系は、24時間が3つの枠に分かれており、その枠内であれば何時間利用しても固定料金です。

最初に挑んだのはスラブ壁。ハート型のホールドが続いている6級課題。見た目いけそうな感じがするんですけど、ゴールホールドの手前のホールドを掴む時点で腕と脚が伸びてしまって、次の一手を打てません。なので、それよりも手前で足場を引き上げないといけないのですが、これが上手くできない状況です。

続いて、スラブ壁にある別の課題に挑戦します。こちらは前半部分の足場が小さく、腕の力を使いやや強引に進んだ格好ですが、後半は楽に登れました。というわけで、無事クリア。これが今回唯一クリアできた課題です。

この後はオーバーハング壁や垂壁の6級課題に挑みますが、ことごとく撃退されました。

なお、課題の印は、数字ではなくシールの形になっています。ZENでは数字でしたので、慣れるまで少し戸惑いました。

2時間くらい滞在して、今回は撤収。宿題たくさん出ました。初回限定キャンペーンで、3回セットの回数券を購入したので、近々再訪します。有効期限3ヶ月です。


菜の花終盤の江戸川CR2019

2019年4月21日、江戸川CRを走ってきました。例年3月下旬から4月上旬の菜の花満開シーズンに走っていますが、今年は都合がつかず、遅い時期になりました。それでも思ったよりは菜の花が残っていて、楽しむことができました。江戸川CRの後は、眼鏡の調整のために眼鏡店に立ち寄り。少しだけ街乗りも楽しみました。

 

さっそく江戸川CRに入ると、菜の花がほとんど見えません。ちょっと遅すぎたかな~、と心配しながら北へ走っていくと、少し菜の花が見えてきて、ひと安心。満開は過ぎているので隙間が目立ちますが、それでも黄色い絨毯感は楽しめます。一方で菜種になってしまった花も多いです。天気は薄曇りで、たまに太陽が顔を出す程度です。

  

今回は運河河口公園までは行かずに、その手前で折り返し。そのまま流山橋付近まで走ります。途中、藤の花が見事に咲いていました。他にもタンポポの綿帽子などで、春を感じます。

  

流山橋の手前で江戸川CRを下りて、眼鏡の調整のため、パリミキに向かいます。このあたりでようやく太陽が顔を見せてくれました。眼鏡の調整を終えたら、流山線沿いに市役所前経由で帰途につきます。馬頭観音を見たり、流山線とロードバイクのツーショットを撮影したりしました。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離 13.14km
平均速度 16.3km/h
最高速度 34.3km/h
走行時間 00:48:12
累計距離 1889.6km

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


Pripara Friendship Tour 2019 プロミス! リズム! パラダイス!(4/13昼夜)

2019年4月13日、舞浜アンフィシアターで開催された「Pripara Friendship Tour 2019 プロミス! リズム! パラダイス」に、昼夜とも参加してきました。本ツアーへの参加は、初日公演である2月9日以来です。自分は別用で4月28日の千秋楽公演に参加できないので、この日がツアー最終日となります。

本公演のキャストは、WITHの3名とファララ役の佐藤あずささん、華園しゅうか役の朝日奈丸佳さん、月川ちり役の大森日雅さんです。本編での絡みがほとんどないキャラクター同士なので、何をやるのかさっぱり予想がつきません。ビックリ箱を開けるような楽しみを抱きつつ、本公演を迎えました。

  

ちなみにフラスタはこんな感じで、予想どおり大半がWITH宛でした。女子プリチーム宛が寂しい……

物販はルームキーホルダーが欲しかったのですが、案の定売り切れでした。と言うわけで、公式パンフレットver.2を購入しました。インタビュー記事の読み物と、写真グラビアが半々くらい。皆さん、きれいで可愛くてカッコよくて、目の保養になります~。夜の部の開演待ち時間に読みました。

昼の部

オープニング映像が流れて、カウントダウンが始まるツアー恒例の流れ。座席は8列目の50番台。そこそこステージに近くて中央寄りなので、良い方だと思います。さっそく全員で2曲を歌います。朝比奈しゅうかさんだけ、ポワンのマスコットを衣装につけていて、かわいかったです。独自に付けたのかな。

  • Make it!
  • Love friend style

続いて企画コーナーです。司会は土田コヨイさんが担当します。まずはプリパラの新しい○○を考えよう!で、○○はパパラジュクのVIPアイテム。このコーナーはイラストを描く必要があり、両チームとも大森ちりさん、山下ショウゴさんと言う画伯を抱えているので、ざわつきます(笑。女子プリチームの回答は、水芸をしつつファーをつけているイラスト。このファーは、雪男(女)の毛で作られており、空港とかで引っ掛からないやつとのことです。男プリチームの回答は、VIP香水。香水本体ではなく一緒に描かれた人のイラストにざわつきます。関節が描けない山下画伯。

次はプリパラ作文のコーナー。これまでのツアー公演にはなかった、初めての企画です。要はプリパラにちなんだワードによる、あいうえお作文です。最初のお題は「パパラジュク」。答える順番は、大森ちりさん→朝日奈しゅうかさん→佐藤ファララさん→小林アサヒさん→山下ショウゴさん→土田コヨイさんとなりました。出てきた答えは、”ぱきろう”→”パンがないなら”→”ライブがちょー”→”じっとしてらんねーぜ、フォー!”→”ゆめかわな”→”くぅー!マジヤッベー!”。はい、全然繋がっていません。大森ちりさんの”ぱきろう”には、シックスパック腹筋のイラストが添えられていて、笑いました。

次のお題は「はしびろこう」です。”はみがきしたとき、おぇーってなるよね”→”資本主義が”→”VIPな”→……これ以降は覚えきれませんでした。もう最初の大森ちりさんで文章完結しちゃってます。ただ、どんなムチャクチャな文章でも、アサヒの台詞だと言われれば納得してしまうと言う話、笑いました。確かに違和感がない……!

続いてのコーナーは、「エールを送ろう」です。お便りの内容は、新学期から日記をつけるようにしたいとのこと。今回のライブの感想をさっそく書いてね、とのエールが送られました。

朗読劇に入る前に、WITHによるトークコーナーが入ります。初日公演の時にはこの時間がなかった気がしますが、朗読劇が2本なので時間の余裕があるんですね。大阪公演時にノンシュガーが話していた「キャスター付きの椅子でぎゅーん!とかやってて、WITHの楽屋は小学生みたい」について、言っておきたいことがあるとのこと。それは、ぎゅーん!じゃなくてブーン!だと。そこかいっ!あと、”ペロピタ”絡みで、マジで怒られたとか、そんな話をしていたと思います。大阪公演参加していないので、この辺の元ネタは分からず。それと、衣装について、それぞれ個別にワンポイントが入っているって話をしていたと思います。ただこの時の説明に誤りがあり、どなたか1人、全員の衣装に入っているものを指してしまい、後で訂正していました。

そして朗読劇へ。女子プリチームのお話は、ファララが高笑いの習得を目指す内容。バルタン星人のようなヴォホホホ笑いなファララさんが可愛い。一方高笑いと言えば、しゅうかさんとちりさん。あー、このキャスティングはセレブ繋がりだったのか!2人が高笑いで張り合う様子が面白いです。途中で話が展開して、初日公演の朗読劇で語られた”図々しい”の件を回収してきました。すると今度は図々しいと言えば、とお互いを持ち上げるちりさんとしゅうかさん。図々しいの押し付け合い。オチは、ファララさんが実はひびきさんよりハイランクの会員カードを持っていて、一番のセレブだったと言う内容でした。

続いて男プリチームのお話は、ババリオ寮長による花見の場所取りから、花見で披露する宴会芸を考える内容。ボケとツッコミが勢いよく続くWITHらしい運び。寝袋から脱皮するコヨイさんが良い味出していました。川の字からの敢えて難しい字を選ぶ流れも面白かったです。

ここからライブパート再開です。

  • Miss.プリオネア
  • サンシャインベル
  • ゴーゴーゴージャス

まずは女子プリチームから、それぞれの曲です。Miss.プリオネアは初日公演でも聴いていて、安定の盛り上がり。ちゃりんちゃりーん!そして残り2曲は久しぶり。ファララさん、ちりさんのサイリウムが緑で、しゅうかさんが黄色なので、何だか同系色でまとまっていて面白いです。

  • ワクワクo’clock
  • ドリームパレード

3人全員で歌います。

  • メイクマニー・メイクドリーム

しゅうかさんの新曲!孤高だったしゅうかさんが、友達を作っていく、アイドルタイム終盤の流れを継いだような歌詞に、物語を感じられて良かったです。

  • リフレイン・ザ・シンフォニー
  • 好きにしてIIZE
  • Giraギャラティック・タイトロープ

ここからWITHパート。男プリチームの登場は、空気を一変させる強さを持っています。いいぜ!いいぜ!いいぜ!いいぜ!トロッコ登場時は結構近かったんだけど、ステージ上で見るより、何となく皆さん小柄に感じました。

  • Crew-Sing!Friend-Ship♡
  • レインボウ・メロディー

ツアー恒例の皆で歌う終盤曲です。最後の挨拶は当番制ですが、今回は新曲を披露した朝比奈しゅうかさんが担当です。「新曲を貰えたりして、どんどん夢が叶っていく。でもまだ叶え足りない」と、しゅうかさんらしい朝比奈さんの思いを感じられる挨拶でした。

土田コヨイさんが、締めの挨拶で「プロミス!リズム!パラダイしゅ!」と噛んで、昼の部終了です。

夜の部

一部セトリの変更や、企画コーナーのお題変更などがありましたが、概ね昼の部と同じ進行になります。なので、昼の部との差分だけ書きます。なお夜の部の座席は、14列目の40番台でした。少しステージが遠いけど遠すぎることもなく、これまでと違う視点から楽しめました。初日公演が昼夜4列/6列だったのは、異様に引きが強かったんだなあ……

冒頭、昼の部でのボロボロぶりを、ボロボロタイトロープを表現して落ち込む土田コヨイさん。進行しながら演者もこなすって大変ですよねえ。自分も会議で進行に回ると、普段出来ていることをする余裕がなくなります。

企画コーナーの「プリパラの新しい○○を考えよう」の夜のお題は、お味噌汁。女子プリチームは、伊勢海老の入った豪華なお味噌汁。そして絵が上手いです。描いたのはほとんど朝比奈しゅうかさん。大森ちり画伯はどこを描いたんだ、と言う話題になり、お椀の色塗りを担当したとのこと。確かにお椀の色塗りタッチが力強い感じになっています。漆の重ね塗りだと言い張る様子が面白かったです。一方の男プリチームは、お袋の味を強調したお味噌汁。お袋のイラストが、めっちゃコヨイさん似です。

「エールを送ろう」のお便りの内容は、新学期から身体を鍛えたいとのこと。土田コヨイさんが腹筋を始めたアピール(ただし2日前から)したり、大森ちりさんが昼の”(腹筋を)ぱきろう”ネタを放り込んできました。

「プリパラ作文」の最初のお題は”ぽっかいどう”。”ぽっぷすてっぷげっしゅ~!な”→”通帳残高が”→”?”→”?”→”どうだ!プライドを一番うまく歌えるのは”→”うにこん”でした。みれぃさんやヒロ様ネタをぶち込んで、各方面から怒られそうな作文でした(笑。2つ目のお題は”おねしょうご”です。”おろおろするWITHは(本番前)”→”年貢をおさめる”→”しー、ないしょだよ”→”?”→”?”→”ごめん、IZZE”。前半は意外にもそれっぽく繋がりました。最後の”IZZE”は自分のtypoではなく、土田コヨイさんのtypoです。いっぜ!いっぜ!いっぜ!いっぜ!

朗読劇は、それほど昼の部からのアレンジはありませんでした。女子プリチームは、終盤で結構アレンジが入っていて、昼間にはなかったたくさんのチャリンチャリンをしました。男プリチームは、朗読劇自体は大阪公演と同じものだったそうで、両公演来るお客さんのために、アレンジを加えたとのことです。

セトリは、昼の部の「好きにしてIIZE」が夜の部では「BLASTING CLAP!」に変わっていました。

最後の挨拶は、当番はなく、代わりに小林アサヒさんのお誕生日お祝いがありました。

ところで土田コヨイさんが女子プリチームを呼ぶときの呼称が、”日雅ちゃん”、”あずささん”、”朝比奈さん”となっていて、ちゃんorさんや苗字or名前など、それぞれ微妙に違っており、素の関係性が見えて面白かったです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ZEN川崎店が閉店

2019年4月14日、ZEN川崎店が閉店しました。いつも通り登りにいったら、ビルの入口に看板が出ていません。おかしいな、と思いつつ中へ入って行ったら、閉店の張り紙がありました。

自分がボルダリングを始めたのはこちらのジムなので、寂しいですね。確かに以前に比べて、客入りが落ちていましたし、少し前から営業時間の変更等があったので、閉店の兆候はあったようです。代わりに百合ヶ丘店がオープンしていました。

こちらの店舗はあまり広くないのですが、川崎駅と自宅の経路上にあって、便利な立地でした。今後は、京急川崎側にある壁家へ通うことになると思います。24時間営業だし、設備も便利なので楽しみですが、自宅との距離が気になる点ですね。徒歩圏内ではあるので、慣れですかねえ。


TG-5を半年ほど使った感想

TG-5を購入して、およそ半年が経ちました。最近は、旅行にもTG-5のみ持っていくことも多いです。望遠やレンズの明るさを必要とする撮影シーンがない限り、本体の画質処理機能はE-PM1よりも優れていますしね。と言うわけで、ここまでの感想を書いてみます。

一番うれしいのは、シーン撮影のHDRモードです。逆光でも白飛びや黒潰れすることなく、撮影できます。撮影対象によっては、少し暗めになってしまったり、上手くいかないこともあるみたいですが、これまで白飛びで妥協していたシーンで、ちゃんと色を出せるのはうれしいですね。

水中撮影については、シーンメニューからではなく、ダイヤルメニューレベルで選択可能になった点が便利です。ハウジング越しの水中での操作は結構面倒なので、操作ステップの簡略化は助かります。撮影タイミングを逃す機会が減りました。あと従来の水中ワイド1/2の区別はなくなり、ひとつに統一されています。実際水中ワイド2はなかなか使いこなせるシーンがなかったので、シンプルになって良いかな、と思います。必要ならカスタムメニューに登録すれば良いですし。

それからwifiによるスマホへの写真転送機能ですが、旅先で結構活用しています。menuボタン長押しでwifiモードにして、スマホ側からwifi接続して専用アプリを立ち上げる、と言うそこそこ面倒な手順ですが、Twitterにその場で写真を投稿できるのはうれしいです。万が一に備えた、写真のスマホ側へのバックアップという副次効果もあります。

そしてアウトドアカメラらしく、タフなボディが良いですね。プールで潜っている際に、底へゴリゴリと擦ってしまったのですが、カメラ本体に視認できる傷はつきませんでした。

あと顕微鏡モードも面白そうなのですが、こちらはまだ試しきれていません。

機能も増えて持ち運びもお手軽で、何だかE-PM1を出番を食っていきそうな感じです。一眼のほうの立ち位置としては、撮影自体をメインで楽しみたいシーンに特化していくイメージです。同じ旅行ひとつ取っても、撮影をメインで楽しみたい場合と、アクティビティメインの場合がありますし、上手く使い分けていきたいですね。