「 ドラクエシリーズ 」一覧

第33回ドラゴンクエストファミリークラシックコンサートを鑑賞

2019年8月7日、東京芸術劇場にて、毎年恒例のドラゴンクエストファミリークラシックコンサートを鑑賞してきました。平日開催の場合、例年有休を取得していますが、今年は旅行で前週にがっつり休んでしまったため、早退して会場に向かいました。

 

そして17時すぎに会場に到着しました。今回はS席は取れずにA席です。3階席のE列で中央付近。臨場感は少し弱くなりますが、全体を俯瞰して、バランス良く聴けそうな席です。

そして開場したばかりなので、フラスタ周りは撮りやすかったです。計5脚のフラスタが届いていました。

開演まで、ラウンジで寛ぎます。今回の演目は『交響組曲「ドラゴンクエスト3」そして伝説へ……』です。一番聴きたいのは「冒険の旅」ですねえ。「戦闘のテーマ」も楽しみです。やはりフィールド曲と通常戦闘曲は一番耳にする機会が多いので、心に強く刷り込まれています。

第1部、数曲続けて演奏し、その合間にすぎやま先生のお話が入る、いつも通りのスタイルです。「序曲」で気持ちが盛り上がり、「王宮のロンド」でシャキッとします。王宮の楽曲は、何だか背筋が伸びる感じがします。「世界をまわる」はジパングやピラミッドが入るのが3ならではで、良いですねえ。そして終盤の「冒険の旅」でテンションMAXです。

20分の休憩を挟んで、第2部へ。

第2部は、ノンストップで演奏です。「鎮魂歌~ほこら」は、ほこらのBGMが懐かしくて。リコーダーで吹いたりした記憶があります。シリーズが進むにつれて、旅のほこらのような施設が減っていったのは、少し寂しく思っていました。「おおぞらをとぶ」は、8の交響組曲にも含まれるので、聴く機会は増えていますが、3の楽曲の並びの中で聴けるのは、やっぱりうれしいです。そして「戦闘のテーマ」です。自然と手に汗を握ってしまいます。最後は「そして伝説へ」で大団円。

そしてアンコールは、11から「序曲」「過ぎ去りし時を求めて」でした。なるほど、そうきたか!と言う感じでした。11を最後までプレイした方ならご存じかと思いますが、ある意味必然のアンコール演目ですね。「過ぎ去りし時を求めて」は、「街の賑わい」や「この道わが旅」など2の曲がやけに懐かしくて、涙腺が緩みます。FC版はプレイしておらず、SFC版の1・2で初めてプレイしたので、それほど他の作品と変わらないタイミングでのプレイのはずなのですが。

すぎやま先生のお話を箇条書きにしていきます。

  • 「さっきょく始めていきたいと」
    • 「さっそく」の言い間違いですが、すぎやま先生なら言い間違いでも成り立つ感が。
  • 小学生の頃になりたかったものは、音楽家か落語家だった。そこから音楽家を選んで、こうして東京都交響楽団の皆さんとお付き合いさせていただいている。
  • 一方で落語の勉強もした。その流れで、じゅげむの説明をして、噺を披露された。噺を終えたところで、次の曲へいこうとしたら、曲数の紹介を忘れてしまって、慌てて戻って言い直す。
  • ドラゴンクエスト3の発売日は1988年2月、あの頃は若かった、57歳。
    • 人生のスケールの違いをズドンと感じました
  • 音楽が稀に天からふわっと降ってくる。いつもそうだったらありがたいけど、稀。これから演奏する「おおぞらにとぶ」がそうだった。「序曲」も同じ。

以下、余談ですが、今回は1曲ごとに拍手するお客さんが目立ちました。例年ここまで目立たないのですが、今回は特に初めていらした方が多かったのかなあ、と思いました。


リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト「大魔王ゾーマからの脱出」

2018年8月18日、幕張メッセで開催されたリアル脱出ゲーム「大魔王ゾーマからの脱出」に参加してきました。リアル脱出ゲーム×ドラクエの第1弾である「竜王迷宮からの脱出」にも参加しているので、そちらとの比較も交えていこうと思います。例によって謎解きのネタバレは禁止なので、そこはノータッチです。

今回は11時からのチケットです。ぱふぱふ部屋のために、グッズ売り場でロトの剣と盾のメタリックアイテムを購入。5,000円以上したので、ぱふぱふ部屋の券2枚入手しました。しかし、同行者2名も2,000円以上買ったので、余ってしまいました。

入場までは結構並びました。会場内のチュートリアル部分に行くまで、30分以上掛かっています。今回選べる職業は最初見た時、「?」となるかもしれませんが、その理由はエンディングまで行けばわかります。途中で勘づくかもしれません。そして4人1組が基本ですが、1人怪我で来られなくなったので、3人で挑戦となりました。チケットは4人分必要です。

タイトルの「大魔王ゾーマ」の文字だけ見ると、ドラクエ3がメインモチーフのように見えますが、実際には各シリーズを総動員した構成になっています。何作かモチーフを見つけられなかったものがありますが、たぶん見落としているだけでしょう。

 

さて、わりと早い段階で向かった先は、ぱふぱふ部屋。ほぼ待ち時間なく入ることができて、ぱふっぱふっ♪してきました。しばらく経った後に通り掛かった際には大行列になっていたので、早めに行って正解でした。

前作と比べて、イベントへの参加要素が多くなっています。パーティメンバ全員に、それぞれ見せ場が設けられる作りです。自分はステージ上で踊りました。

そして前作に比べて工夫されていると感じた点が、会場内の動線です。基本的に動線が重ならないようになっているので、わちゃわちゃしません。1箇所、会場の構成上動線が重なってしまう箇所があり、そこを通ったら前作のわちゃわちゃ感を思い出しました。

フォトスポットも随所にあって、楽しいです。メッセージウィンドウによるネタも、そこかしこにあります。この辺を全部回収していそうなドラクエファンもいましたねえ。

最終戦の前にフードコーナーで腹ごしらえ。夕食の時間も近くなりそうなので、迷いましたが、軽く唐揚げを掴みました。特にドラクエコラボフードと言うわけではありません。

そしてラスト、前回はコンティニュー1回でクリアでしたが、残念ながら今回もコンティニュー1回でクリアでした。丁寧さが足りなかったパターン。初手のミスによるやり直しさえなければ間に合っていたので、悔しいところですね。

エンディングを見終えたら貰える持ち帰り謎は、まだ解いていません。いつかやらねば。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


第32回ドラゴンクエストファミリークラシックコンサートを鑑賞

2018年8月8日、東京芸術劇場で開催された、ドラゴンクエストファミリークラシックコンサートに参加してきました。台風の接近が懸念されましたが、会場に向かう時間帯では、まだ大丈夫でした。池袋駅から芸術劇場まで直通の地下通路があったので、雨に濡れることなく到着です。

コンサートホールのフロアに着いたら、お花の前に撮影列?が形成されています。こんなの以前からありましたっけ?みんな適当に撮っていたような。それとも別の何かの列?

入場してエスカレーターを登ったら、まず物販コーナーで交響組曲ドラゴンクエストXIのCDを購入しました。クリアファイルが付いてきます。その後はBar Loungeでアイスコーヒーとナッツをいただき、開演までの時間を待ちます。アルコールもありましたが、尿意が怖いので控えておきます。

18時、コンサート開演です。今年も昨年と同じ交響組曲ドラゴンクエストIXが上演されます。プレイしたのはおよそ1年前ですが、まだ新鮮な気持ちで聴くことができますね。11のフィールド曲はゲーム上では進行の都合でもう聴けなくなってしまったので、懐かしく聴いていました。

ところで、開演時にすぎやま先生が入場して指揮台に着く手前、よろめいたのは芝居なのか、本当なのか、ちょっと気がかりですね。すぎやんレベル87ですし、どうしても来年以降のことを意識せずにはいられません。

アンコールは「過ぎ去りし時を求めて」でした。大作なので、この1本だけです。てんこ盛りの大サービス曲ですが、IXのときはアンコール曲を予想する楽しみがないですね(笑)

今回のお話は、空飛ぶものについて。「ドラゴンクエストは堀井さんのイマジネーションで構築された世界で、ぼくの音楽はそれに必死にしがみついている。3でラーミアを飛ばせたときは驚いた。そしたら今度はなんとクジラが空を飛んでしまった」と言った内容を、お話しされていました。

終演後は職場の同僚と会い、夕食を一緒に食べました。基本的にコンサートやライブはソロ参加が多いので、終演後に感想を語り合うのは久しぶりで楽しかったです。

記事に載せきれなかった写真は、以下をご覧ください。


ドラクエ11~メダルスタンプ帳コンプリート

今さらですが、実はメダルスタンプ帳をコンプリートしていなかったので、コンプリートを目指すことにしました。

各地の町などを巡ってルパスのお宝メモを使い、取り逃しを回収する、と言う作業をしばらく続けました。何個か小さなメダルの取りこぼしを回収できましたが、思いの外回収漏れが少なく、なかなか増えません。

ちょっと調べたところ、宝箱以外にもモンスタードロップなど、別の入手手段があるようです。一番手っ取り早いのが、ウマレースブラック杯の参加賞として貰う方法。ウマレース自体もレベルに連動するのか、難なく優勝できました。これを数回繰り返し、無事メダルスタンプ帳をコンプリート。

次に目指すとしたら、アイテムコンプリートですが、さすがにこれは手を出したら大変かな……


ドラクエ11~討伐モンスターリストコンプリート

コツコツとプレイして、ついに討伐モンスターリスト726種類を全て埋めることができました。各攻略サイトを参考にしましたが、PS4版と3DS版では微妙に出現エリアの異なるモンスターがおり、それを区別していない攻略サイト情報でハマったりしました。あと、ストーリーの途中とクリア後で出現地域が変わったりするので、そこも最初はハマりました。他には、雨の日や夜しか出ないモンスターですね。出現条件をフォローしてくれていないサイトが意外と多いです。

なお、自分は後半は2Dモードでプレイしていましたので、シンボルモンスターが見えない代わりに、ランダムエンカウントするモンスターのリストを見ることが出来ます。これが未討伐モンスターを捜す際に便利でした。

2Dモードですが、攻略サイトはあまり2Dモード視点では書かれていないようで、ソルティアナ海岸地方に出現するはずのコーラルモンスを見つけるのに苦労しました。3Dモードでも陸地から海沿いギリギリにいかないと出てこないらしいので、2Dモードでも陸地の海沿いに行ったのですが、出てきません。結局船に乗ってソルティアナ海岸近海に出ないと出現しませんでした。

ちなみに、レアモンスターである転生モンスターはそれなりに苦労しますね。きせきのゆびわを装備してからは、だいぶ楽になりました。10数回で出現してくる感じなので、程よい苦行です。

主に参考にしたサイトはこちら。

この後は、ステータスマックスやアイテムのコンプリートを目指すこともできますが、一旦お休みにしようと思います。ここまでのプレイ時間は、117時間45分。期間はおよそ8ヶ月。十分に遊んだかなあ。