「 プリティーシリーズ 」一覧

Pripara Friendship Tour 2019 プロミス! リズム! パラダイス!(4/13昼夜)

2019年4月13日、舞浜アンフィシアターで開催された「Pripara Friendship Tour 2019 プロミス! リズム! パラダイス」に、昼夜とも参加してきました。本ツアーへの参加は、初日公演である2月9日以来です。自分は別用で4月28日の千秋楽公演に参加できないので、この日がツアー最終日となります。

本公演のキャストは、WITHの3名とファララ役の佐藤あずささん、華園しゅうか役の朝日奈丸佳さん、月川ちり役の大森日雅さんです。本編での絡みがほとんどないキャラクター同士なので、何をやるのかさっぱり予想がつきません。ビックリ箱を開けるような楽しみを抱きつつ、本公演を迎えました。

  

ちなみにフラスタはこんな感じで、予想どおり大半がWITH宛でした。女子プリチーム宛が寂しい……

物販はルームキーホルダーが欲しかったのですが、案の定売り切れでした。と言うわけで、公式パンフレットver.2を購入しました。インタビュー記事の読み物と、写真グラビアが半々くらい。皆さん、きれいで可愛くてカッコよくて、目の保養になります~。夜の部の開演待ち時間に読みました。

昼の部

オープニング映像が流れて、カウントダウンが始まるツアー恒例の流れ。座席は8列目の50番台。そこそこステージに近くて中央寄りなので、良い方だと思います。さっそく全員で2曲を歌います。朝比奈しゅうかさんだけ、ポワンのマスコットを衣装につけていて、かわいかったです。独自に付けたのかな。

  • Make it!
  • Love friend style

続いて企画コーナーです。司会は土田コヨイさんが担当します。まずはプリパラの新しい○○を考えよう!で、○○はパパラジュクのVIPアイテム。このコーナーはイラストを描く必要があり、両チームとも大森ちりさん、山下ショウゴさんと言う画伯を抱えているので、ざわつきます(笑。女子プリチームの回答は、水芸をしつつファーをつけているイラスト。このファーは、雪男(女)の毛で作られており、空港とかで引っ掛からないやつとのことです。男プリチームの回答は、VIP香水。香水本体ではなく一緒に描かれた人のイラストにざわつきます。関節が描けない山下画伯。

次はプリパラ作文のコーナー。これまでのツアー公演にはなかった、初めての企画です。要はプリパラにちなんだワードによる、あいうえお作文です。最初のお題は「パパラジュク」。答える順番は、大森ちりさん→朝日奈しゅうかさん→佐藤ファララさん→小林アサヒさん→山下ショウゴさん→土田コヨイさんとなりました。出てきた答えは、”ぱきろう”→”パンがないなら”→”ライブがちょー”→”じっとしてらんねーぜ、フォー!”→”ゆめかわな”→”くぅー!マジヤッベー!”。はい、全然繋がっていません。大森ちりさんの”ぱきろう”には、シックスパック腹筋のイラストが添えられていて、笑いました。

次のお題は「はしびろこう」です。”はみがきしたとき、おぇーってなるよね”→”資本主義が”→”VIPな”→……これ以降は覚えきれませんでした。もう最初の大森ちりさんで文章完結しちゃってます。ただ、どんなムチャクチャな文章でも、アサヒの台詞だと言われれば納得してしまうと言う話、笑いました。確かに違和感がない……!

続いてのコーナーは、「エールを送ろう」です。お便りの内容は、新学期から日記をつけるようにしたいとのこと。今回のライブの感想をさっそく書いてね、とのエールが送られました。

朗読劇に入る前に、WITHによるトークコーナーが入ります。初日公演の時にはこの時間がなかった気がしますが、朗読劇が2本なので時間の余裕があるんですね。大阪公演時にノンシュガーが話していた「キャスター付きの椅子でぎゅーん!とかやってて、WITHの楽屋は小学生みたい」について、言っておきたいことがあるとのこと。それは、ぎゅーん!じゃなくてブーン!だと。そこかいっ!あと、”ペロピタ”絡みで、マジで怒られたとか、そんな話をしていたと思います。大阪公演参加していないので、この辺の元ネタは分からず。それと、衣装について、それぞれ個別にワンポイントが入っているって話をしていたと思います。ただこの時の説明に誤りがあり、どなたか1人、全員の衣装に入っているものを指してしまい、後で訂正していました。

そして朗読劇へ。女子プリチームのお話は、ファララが高笑いの習得を目指す内容。バルタン星人のようなヴォホホホ笑いなファララさんが可愛い。一方高笑いと言えば、しゅうかさんとちりさん。あー、このキャスティングはセレブ繋がりだったのか!2人が高笑いで張り合う様子が面白いです。途中で話が展開して、初日公演の朗読劇で語られた”図々しい”の件を回収してきました。すると今度は図々しいと言えば、とお互いを持ち上げるちりさんとしゅうかさん。図々しいの押し付け合い。オチは、ファララさんが実はひびきさんよりハイランクの会員カードを持っていて、一番のセレブだったと言う内容でした。

続いて男プリチームのお話は、ババリオ寮長による花見の場所取りから、花見で披露する宴会芸を考える内容。ボケとツッコミが勢いよく続くWITHらしい運び。寝袋から脱皮するコヨイさんが良い味出していました。川の字からの敢えて難しい字を選ぶ流れも面白かったです。

ここからライブパート再開です。

  • Miss.プリオネア
  • サンシャインベル
  • ゴーゴーゴージャス

まずは女子プリチームから、それぞれの曲です。Miss.プリオネアは初日公演でも聴いていて、安定の盛り上がり。ちゃりんちゃりーん!そして残り2曲は久しぶり。ファララさん、ちりさんのサイリウムが緑で、しゅうかさんが黄色なので、何だか同系色でまとまっていて面白いです。

  • ワクワクo’clock
  • ドリームパレード

3人全員で歌います。

  • メイクマニー・メイクドリーム

しゅうかさんの新曲!孤高だったしゅうかさんが、友達を作っていく、アイドルタイム終盤の流れを継いだような歌詞に、物語を感じられて良かったです。

  • リフレイン・ザ・シンフォニー
  • 好きにしてIIZE
  • Giraギャラティック・タイトロープ

ここからWITHパート。男プリチームの登場は、空気を一変させる強さを持っています。いいぜ!いいぜ!いいぜ!いいぜ!トロッコ登場時は結構近かったんだけど、ステージ上で見るより、何となく皆さん小柄に感じました。

  • Crew-Sing!Friend-Ship♡
  • レインボウ・メロディー

ツアー恒例の皆で歌う終盤曲です。最後の挨拶は当番制ですが、今回は新曲を披露した朝比奈しゅうかさんが担当です。「新曲を貰えたりして、どんどん夢が叶っていく。でもまだ叶え足りない」と、しゅうかさんらしい朝比奈さんの思いを感じられる挨拶でした。

土田コヨイさんが、締めの挨拶で「プロミス!リズム!パラダイしゅ!」と噛んで、昼の部終了です。

夜の部

一部セトリの変更や、企画コーナーのお題変更などがありましたが、概ね昼の部と同じ進行になります。なので、昼の部との差分だけ書きます。なお夜の部の座席は、14列目の40番台でした。少しステージが遠いけど遠すぎることもなく、これまでと違う視点から楽しめました。初日公演が昼夜4列/6列だったのは、異様に引きが強かったんだなあ……

冒頭、昼の部でのボロボロぶりを、ボロボロタイトロープを表現して落ち込む土田コヨイさん。進行しながら演者もこなすって大変ですよねえ。自分も会議で進行に回ると、普段出来ていることをする余裕がなくなります。

企画コーナーの「プリパラの新しい○○を考えよう」の夜のお題は、お味噌汁。女子プリチームは、伊勢海老の入った豪華なお味噌汁。そして絵が上手いです。描いたのはほとんど朝比奈しゅうかさん。大森ちり画伯はどこを描いたんだ、と言う話題になり、お椀の色塗りを担当したとのこと。確かにお椀の色塗りタッチが力強い感じになっています。漆の重ね塗りだと言い張る様子が面白かったです。一方の男プリチームは、お袋の味を強調したお味噌汁。お袋のイラストが、めっちゃコヨイさん似です。

「エールを送ろう」のお便りの内容は、新学期から身体を鍛えたいとのこと。土田コヨイさんが腹筋を始めたアピール(ただし2日前から)したり、大森ちりさんが昼の”(腹筋を)ぱきろう”ネタを放り込んできました。

「プリパラ作文」の最初のお題は”ぽっかいどう”。”ぽっぷすてっぷげっしゅ~!な”→”通帳残高が”→”?”→”?”→”どうだ!プライドを一番うまく歌えるのは”→”うにこん”でした。みれぃさんやヒロ様ネタをぶち込んで、各方面から怒られそうな作文でした(笑。2つ目のお題は”おねしょうご”です。”おろおろするWITHは(本番前)”→”年貢をおさめる”→”しー、ないしょだよ”→”?”→”?”→”ごめん、IZZE”。前半は意外にもそれっぽく繋がりました。最後の”IZZE”は自分のtypoではなく、土田コヨイさんのtypoです。いっぜ!いっぜ!いっぜ!いっぜ!

朗読劇は、それほど昼の部からのアレンジはありませんでした。女子プリチームは、終盤で結構アレンジが入っていて、昼間にはなかったたくさんのチャリンチャリンをしました。男プリチームは、朗読劇自体は大阪公演と同じものだったそうで、両公演来るお客さんのために、アレンジを加えたとのことです。

セトリは、昼の部の「好きにしてIIZE」が夜の部では「BLASTING CLAP!」に変わっていました。

最後の挨拶は、当番はなく、代わりに小林アサヒさんのお誕生日お祝いがありました。

ところで土田コヨイさんが女子プリチームを呼ぶときの呼称が、”日雅ちゃん”、”あずささん”、”朝比奈さん”となっていて、ちゃんorさんや苗字or名前など、それぞれ微妙に違っており、素の関係性が見えて面白かったです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


Pripara Friendship Tour 2019 プロミス! リズム! パラダイス!(2/9昼夜)

2019年2月9日、舞浜アンフィシアターで開催された「Pripara Friendship Tour 2019 プロミス! リズム! パラダイス」に、昼夜とも参加してきました。同じ公演に続けて参加でしたが、1回目の公演が終わっても、またもう1回楽しめると言う気持ちになって多幸感が強かったです。飽きないかなあ、なんて杞憂でした。

今回は最速先行が昼夜共に当選し、それぞれ4列目、6列目という神席。申込みが少なかったのかなあ、と思いきや、会場は満員でチケットはソールドアウト。運が良かったみたいです。

フラスタは思ったほど数がありません。関係者から3脚、ファンから3脚、計6脚がロビーに展示されていました。

物販では、パンフレットとCDアルバム1枚を購入しました。CDアルバムの特典で付いてくるステッカーが思いのほか大きくて鞄には入らず、持って帰るのに少し苦労しました^^;

昼の部

昼の部の席は、前から4列目で通路席。ほぼ中央ですが、ステージに向かって少し左。ステージと客席との距離が近いアンフィシアターなので、キャストとの距離がすごく近くて感動。この規模のイベントでこの距離は初めてです。

この日のキャストは、i☆Risの6名、佐藤あずささん、伊達朱里紗さん、朝日奈丸佳さんでした。まずは出演者全員で2曲を披露します。

  • Make it!
  • Love friend style

のっけからMake it!で上げてきます。繰り返しになりますが、距離の近さがすごい!

続いてはMCが入り、コーナー進行に入ります。台本は手前のモニターに表示されているんですね。円形ステージ構造なので、一部のモニターを客席から覗き込めます。司会は持ち回り制とのことで、今回は山北シオンさんが務めます。最初のコーナーは「プリパラの新しい♥️♥️を考えよう」ということで、お題に対する答えを、各チーム(ソラミ、ドレパ、ふわり/ゆい/しゅうか)で考えます。♥️♥️をチョメチョメと読んで、わちゃわちゃと盛り上がります。お題は「プリスタ映えするスイーツ」です。ふわり/ゆい/しゅうかチームのが一番すごいから、とハードルを上げられて、最後に披露することになりました。というわけで、最初はドレパで「なんじゃもんじゃパンケーキ」、青海苔が乗っています。続いてはソラミで「ぷりぷりぷりん」、SoLamiSMILEのメンバのモチーフが少しずつ入っていて、レッドフラッシュが乗っていたり、器がらぁらさん仕様だったり。お値段は2,400円で、コラボカフェとかで売っていそうなリアルな値段だと盛り上がりました。最後は満を持して、伊達ゆいさんが描いた「札束クレープ」。お値段設定は忘れてしまいましたが、100,000円以上。周りを包んでいる札束の原価はいくらなんだろう。最後は会場の拍手で優勝を決めます。ちなみに優勝しても何もありません(笑

次のコーナーは、事前にWebでアンケート募集していた内容に、キャストの皆さんからエールを送るコーナー。ペーパードライバーだったけど5年ぶりに車の運転をしてみる、という内容に、プリパラポリスメンバーがエールを送りました。どなたかが、じぇるー、と不在の渡部みかんさんの真似をしてました。

この後は、各チームの朗読劇。最初はSoLaMiSMILEチームから。久しぶりに3人で遊ぶための待合せというシーン、このプリパラツアーのイメージと重なって、それだけでジンワリきますね。最後に未来の自分宛てに手紙を書くシーンがあるのですが、らぁらさんは明日の自分に、そふぃさんは5億年後の自分に送ると言うギャグを混ぜつつ、最後はみれぃさんが10年後の自分に宛てた手紙を読んで、「プリパラは好きぷり?」の流れは、うるっと来ました。

続いてはDressingPafeチーム。こちらはドロシーさんがシオンさんに対する悪事をどんどん暴露していくと言う、ギャグ展開。最後はDressingPafeの今後の方向性を客席に問い掛けるなど、SoLaMiSMILEチームとはずいぶん違う流れとなりました。

最後は、ファララ/ゆい/しゅうかチーム。ファララのコーデを揃えるために、ゆいさんがリッチビーナスへファララさんを連れてくる展開。これまでの事情により、リッチビーナスではどんぐり硬貨はお断り。自分の意見を持たないファララさんにしゅうかさんが痺れを切らし、その場でごはんを炊いておにぎりを作るゆいさんの図々しさを見習え、とか、そういう流れ。図々しさを発揮して、様々な注文を出したコーデは、実は練習着!最後はガァララさんが帰ってきて、図々しく自分も外の世界へ行ってみるファララさん。この日はペッパーさんの誕生日なので、そのことを伊達ゆいさんがアドリブで入れてきました。台本には、サパンナまでしか書いていなかったそうです。この3人による絡みは、本編でもあまり見た記憶がなので、新鮮でした。

この後はライブパートです。

  • HAPPYぱLUCKY
  • トライアングル・スター
  • CHANGE! MY WORLD
  • ラン♪for ジャンピン!
  • Realize!

ソラミとドレパから2曲ずつ、そしてSoLaMi DressingでRealize!という流れ。懐かしい曲が続きますね。ドレパはトロッコで登場しました。

  • チクタク・Magicaる・アイドルタイム!

アイドルタイム曲なので、ゆいさんとファララさん。好きな曲なので間近で聴けて高まる!

  • ま~ぶるMake up a-ha-ha!

こちらも懐かしい曲。

  • Miss.プリオネア

朝比奈しゅうかさんがトロッコでセレブリティ―に登場。ちゃりーん!ちゃりーん!

  • トンでもSUMMER ADVENTURE

何故か分からないけど、この曲PVがすごく印象に残っているんですよねえ。

  • Crue-Sing!Friend Ship♡

ツアーのために書き下ろされた新曲です。Bon voyageとか聴くと、どうしてもアイカツスターズ!の”Bon Bon Voyage!”を思い出してしまいます。

  • レインボウ・メロディー♪

ラストは、レインボウ・メロディー♪合唱するととてもきれいに聴こえる曲ですし、出演者全員で歌う締め曲として、とても良いなあ、と思います。

最後のあいさつは、全員ではなく当番制。今回はSoLaMi Smileの2人(芹澤みれぃさん、久保田そふぃさん)と言うことで、芹澤みれぃさんが語った言葉が印象的でした。「最近は大きなライブが多くて、らぁらは全体のリーダーとして忙しかったけど、今日は久しぶりにSoLaMi SMILEのらぁらが帰ってきたぷり」これに尽きると思います。

夜の部

夜の部の席は6列目で完全に中央。2つ隣の人から、この位置の方がキャストと目線が合うから、前の席よりも良いとの話を受けましたが、確かに目線は自然と合いますね。でも、この距離だと1列分の差をかなり大きく感じ、目線以上に4列目の近さが個人的には勝りました。

構成は昼の部と同じで、コーナーのお題や朗読劇のアドリブ、セトリの一部に違いがあったくらいです。昼との差分だけ書きます。

司会の山北さん、いきなり声がガラガラ。加湿器を吸い過ぎたそうです。新しい♥️♥️のコーナーは、新しい有能なマネージャーを考えよう。ドレパチームは「うさぎぃ」、ウサギのメガ兄ぃみたいないで立ち。なかなかシュールです。ソラミチームは「クマさん」、クマさんに久しぶりに会いたいとのこと。中の人とはなかなか同じ現場になることがなく、会えないままらしいです。ふわり/ゆい/しゅうかチームは「ポワコン」、ポワンとプニコンの合体だけど、ほぼポワン。一番特徴的な、うさぎぃがまさかの優勝でした。

エールのコーナーは、声が小さいというお悩み。らぁら「自分も声が大きいのが悩みだったけれど」みれぃ「自分らしくするのが一番ぷり」、キャストとしてではなく、あくまでプリパラのキャラクターとして、エールを送ってくれるの、いいですね。

朗読劇は、大筋は同じで、色々と細かいアドリブが入りました。そふぃさんの1週間前入りが2週間前入りになったりとか。昼の概ね台本通りの正統派を見てからアドリブ編を見ると、一層楽しめる気がします。でも、久保田そふぃさんの「転廻輪生」はアドリブじゃなくて、リアル間違えぽかったです。

ライブパートではセトリ変更がありました。

  • Make it!
  • Love friend style
  • Pretty Prism Paradise!!!
  • トライアングル・スター
  • No D&D code
  • Get Over Dress-code
  • Ready Smile!!
  • チクタク・Magicaる・アイドルタイム!
  • ブランニュー・ハピネス!
  • Miss.プリオネア
  • トンでもSUMMER ADVENTURE
  • Crue-Sing!Friend Ship♡
  • レインボウ・メロディー♪

ブランニュー・ハピネス!は、茜屋らぁらさんと伊達ゆいさんと言う、昼間には見られなかったユニットと言うこともあり、おお~!と沸き立ちました。

夜の部の最後のあいさつは、伊達ゆいさん、朝比奈しゅうかさん、佐藤ふわりさん。印象的だったのは佐藤ふわりさんの「まいぱまは、私が初めてライブに出た場所。それから今まで、みんなの成長を近くで見られてきて嬉しい」です。プリパラクリスマスドリームライブ2016に佐藤ふわりさんが初めて出演したことは、何か良く記憶に残っているんですよね。

こうしてライブツアー初日を満喫しました。本当は明日もガァルマゲドンを見に行きたいのですが、別のイベントがあるので行けません。大阪遠征はしないので、次回は4月公演になります。


み~んなでキラッとプリティーライブ2018

2018年12月09日、マクパリこと幕張メッセで行われた「み~んなでキラッとプリティーライブ2018」の昼公演に参加してきました。

【展示コーナー】

   

昨年と同じく広い展示スペースがあります。開演前と終演後に立ち寄りました。プリティーオールフレンズのパネルや、プリチャンのキャラクターパネルなどを楽しみます。ミニステージではトモチケ交換会などが催されていました。当たり前ですけど、展示はプリチャン中心ですね。キッチンカーにあったカフェ仕様のパネル、めるさんだけ雑な扱い受けてて可愛そうでした(苦笑

物販は、パンフレットとアクリルチャーム2個を買いました。結構並んでいたけど、会計窓口が20個くらいあるので、列の進みは速かったです。とにかく物理的に数が多いのは強い。とても良いです。

会場内を歩いていると、アイドルイベントの一角に並ぶ米俵、そう、ゆいさんがお米大使に就任しているJAのブースです。開演前には完売していたので、終演後の再販売でおにぎりセットを買いました。そして17時からは、ゆいさんの顔ぐるみによるショーを見ました。開演前にモニターでお米ダンスのVTRを見せられるのですが、「お米ダ~ンスコメコメコメコメお米ダ~ンス♪」と2パートのダンス映像が延々とループしており、洗脳されていく……。

肝心の本編は、冒頭のお米ダンスだけ参加して撤収してしまいました。整理券保有者による撮影会の列形成が始まったからです。どうやらこの後に、米俵を担いだりするパフォーマンスがあったみたいで、その場に残っていれば良かったと悔やみました。

  

フラスタは展示ホールの外に並んでいます。開演前は撮影列が出来ていて、並ぶのが面倒だったので、遠くから全景を撮影しました。その後空いているタイミングがあったので、適当に撮影。数が多すぎて、全部撮影する気合はありませんでした。

【ライブ】

いざライブ会場へ。席はC1ブロックの200番台です。昨年度よりは前方ですが、それでも遠いですね。肉眼で表情は見えません。ただ、ゴンドラによる巡回があったので、間近で見られるタイミングもありました。

とにかく大ボリュームの内容でしたので、セトリを並べて、その時の気持ちをつらつら書いていこうと思います。

  • キラッとスタート
  • Go! Up! スターダム!
  • プリティー☆チャンネル
  • KIRA KIRA ホログラム

まずは、オープニングアクトとなる、Run Girls, Run!とわーすたによる、プリチャン曲の披露です。現行作品のOP/EDから始まって、がっつり掴んできます。

  • Memorial

ここからキャラクターと共にキャスト紹介の映像が流れます。しかし、いきなりMemorialが来るとは思いませんでした。

  • ぷりっとぱ~ふぇくと
  • 太陽のflare sherbet
  • 絶対生命final show女
  • GOスト♭コースター
  • あっちゃこっちゃゲーム
  • チクタク・Magicaる・アイドルタイム!
  • Miss.プリオネア
  • 純・アモーレ・愛

ソロコーナー。この大所帯でソロがあるとは意外でした。純・アモーレ・愛では、後ろからゴンドラでやってきた斎賀さん(ひびき)が間近を通ってくれました!相変わらずかっこええわ~

  • レディー・アクション
  • でび&えん☆Reversible-Ring
  • ブランニュー・ハピネス!
  • Play Sound☆

ここからユニット曲。プリチャンとプリパラから2曲ずつです。でびえん大好きっ子なので、Reversible-Ringは特に高まりました。

  • 好きにしてI-I-Z-E
  • Giraギャラティック・タイトロープ

男プリコーナー。いいぜ!いいぜ!いいぜ!いいぜ!女子アイドルとは違う盛り上がり方が良いですね。プリリズの男子コーナーもまたやってくれたらいいなあ。

  • 寝ても覚めてもDREAMIN’GIRL
  • COMETIC SILHOUETTE
  • 乙女アテンションプリーズ
  • SUPER CUTIE SUPER GIRL

プリチャンから、3人揃った後のMiracle KirattsとMeltic StArによる曲です。この日はプリチャンの放送を見ないで幕張に来たので、会場で初めて聴きました。見てから行けば良かった、お気に入り。

ここでプリパラのチーム結成を振り返るコーナーが入ります。SoLaMi SMILE(らぁら)、Dressing Pafe(シオン)、ガァルマゲドン(あろま)、MY☆DREAM(ゆい)のチーム結成当時のエピソードを、懐かしく聞き入りました。プリパラも歴史を重ねたなあ、と思いました。ガァルマゲドンの結成エピソードは、特に涙腺が緩みますね。

  • アメイジング・キャッスル
  • ラン for ジャンピン!
  • ハートフル♡ドリーム
  • Pretty Prism Paradise

というわけで、さきほど紹介されたプリパラチームによる曲です。ハートフル♡ドリームやっぱりいいな。パン!ゴハン!メンルイ!と数千人が叫ぶ、タンスイカブツ集会。

  • ラッキー!サプライズ☆クリスマス

ラッキー!サプライズ☆バースデイのクリスマスバージョンです。昨年も聴いたつもりになっていましたが、2016年以来のようです。今回は、ゆい、にの、みちる、しゅうか、ファララバージョンでした。

  • スター☆ア・ラ・カルト

突如響き渡るドロシーさんの声。総選挙の結果に基づき、ドロシーのドロシーによるドロシーのための新曲……かと思いきや、あろまさん、ひびきさんもやってきて、3人の新曲となりました。ドロシー&あろまがわちゃわちゃ歌って、ひびきさんがしっとり歌ってつなぐ感じの構成。強烈すぎる個性を持つ3人が見事に表現されています。しかしまとまりがない(笑

続いて、Run Girls, Run!による物販紹介。結構急いだ感じの進行でした。

そして、過去作品についての言及が入り、この流れはもしや……と思っていると、ついにセインツの登場です。いやー、ここまで長いこと溜めましたね!

  • Dream Goes On
  • Dear My Future
  • ハート❤イロ❤トリドリーム

あいらさん、みあさん、なるさん、それぞれ単独出演だから、ソロ曲の披露となります。阿澄さんを生で拝見したのは、しゅごキャラ!のイベント以来かもしれません。10年ぶりくらい。Dear My Futureの歌詞がすごく刺さりますね。番組で聴いていた当時にとっての未来の自分が、現在の自分なんだよなあ、と色々な感情が湧いてきました。

  • Make it!

この曲がラストかな、と思っていましたが、オールキャストの合流はなく、SoLaMi Dressingにセインツを加えた9人で歌いました。中央部分がせり上がるギミックは、プリパラのサイリウムタイムが演出されてて、毎度好きです。

  • オールアイドル組曲 プリシャス

こちらが最後の曲となります。間奏部分でキャストによる挨拶がありました。主にチーム単位、一部キャストは単独で挨拶をしていきます。佐藤さんが、ファララ役&ふわり役として挨拶したけど、ふわりはこの後(夜公演)登場します、とのこと。この時点で、昼と夜のセトリは全然違うことが予想されます。後は、ガァルマゲドンが「デビッジェルッガァルッ!デビッジェルッガァルッ!」と言いながら行進していたのが印象的でした。後に続いたDressing Pafeも真似してました。

最後に色々お知らせ。プリチャンの2年目放送決定!新アイドルのシルエットが出たくらいで、詳細はなし。後はプリティーオールフレンズに、RLのあんさんといとさん加入のお知らせ。一方、特報!として紹介されたTSUTAYA TVでの特別番組に対する観客席の反応が素直すぎました(笑。まあ、あの流れだとツアー発表とかを期待していますからねえ。で、最後に出てきたのが、プリパラライブツアー!全12公演と聞いて地方各都市を回るのかな、と思いきや、東京と大阪でチーム別公演をやるようです。時間に余裕が出来るので、久しぶりに朗読劇とかやってくれるみたいで、楽しみ。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


プリパラ&キラッとプリ☆チャンAUTUMN LIVE TOUR み~んなでアイドルやってみた!

2018年9月29日、中野サンプラザホールで開催された「プリパラ&キラッとプリ☆チャンAUTUMN LIVE TOUR み~んなでアイドルやってみた!」の昼公演に参加してきました。

今回の席は、先頭から8列目のほぼ中央という良席。肉眼でキャストの表情まで分かります。振り付けも細かいところまで見えますし、できることなら毎回この距離で見たいです。

  

開演して最初に登場したのは、オープニングアクトを務めるRun Girls, Run!。「キラッとスタート」「プリマ☆ドンナ?メモリアル!」を歌いました。2曲目は知らなかったのですが、調べたら今年春映画の主題歌ですね。

そして本編が始まりました。しばらくプリチャン曲が続きます。まずは始まりの曲である「レディー・ アクション!」、その後は各キャラのソロ曲メインで「ワン・ツー・スウィーツ」「スキスキセンサー」「Play Sound☆」「キラリ覚醒☆リインカーネーション」が続き、最後はユニット曲の「SUPER CUTIE SUPER GIRL」「COMETIC SILHOUETTE」で締めます。アニメだと身長は、さらさん>あんなさん、ですが、若井さんと芹沢さんでは身長が逆転してしまいます。分かりつつも、どうにも違和感を拭えません。本人たちもネタにしていました。

ここで、らぁらさん、ドロシーさん、みかんさんのプリパラ組が乱入。プリチャンキャストはプリパラキャストも兼任しているので、さらさんにレオナさんが降臨したりして、わちゃわちゃ状態。他にも、コーデのお腹周りにある袋みたいのが気になるのか、モゾモゾ触っていた渡部みかんさんを見逃しませんでした。こんな感じで、プリチャンとプリパラの世界を、中の人が同じネタを絡めつつ、繋げてくる展開面白かったです。

と言うわけで、このメンバと言えば「ぱぴぷぺ☆POLICE!」。以降プリパラ曲が続きます。あろみかによる「でび&えん☆Reversible-Ring」来ました!この歌大好きなので、嬉しいです。前回は牧野さんが来られませんでしたが、今回はついに天使と悪魔の共演が叶いました。そしてガァララを加えての「アメイジング・キャッスル」と続きます。

次は新衣装を纏ったNon Sugarが登場。ボールの飾りがたくさん付いた衣装に絡めて、サインボールとボケを入れたら、駄目だよみんな欲しがっちゃうから、と言うツッコミが入り、Non Sugarでした。最初の曲は「シュガーレス×フレンド」です。そしてTRiANGLE原曲の「かりすま~とGIRL☆ Yeah!」を、Non Sugarバージョンで披露。さらに次はなんと新曲「スパイシー♪ ホット*ケーキ!!!」でした。

この後は、ふわりさんによる「コノウタトマレイヒ」が続きます。子ヤギの紙バイザーを被った親子席の様子がスクリーンに映し出されました。続いてひびきさんによる「純・アモーレ・愛」です。やっぱりこの曲が一番ひびきさんっぽくて好きですねえ。

ここで物販紹介コーナー。らぁらさんが進行して、ドロシーさんとみかんさんは適当にやっといて言われたので、好き勝手に動いている様子が楽しかったです。澁谷さん、曲の出番は少なかったけど、それを補って余りある暴れっぷりを、ドロシーとして見せていました。

再びライブパートへ。しゅうかさんによる「Miss.プリオネア」が初披露されました。昨年のWinter Liveでは既に曲はあったものの、ステージには立たなかったしゅうかさんですが、今回はようやくアイドル華園しゅうかを立たせてあげることができた、と語っていたのが印象的でした。別の記事でも書きましたが、キャストがキャラクターに愛を込めてくれているのは、本当にうれしいです。

次はアイドルタイム組で「ハートフル♡ドリーム」です。この歌は、とてもプリパラっぽくて好きです。次はファララさんによる「すた~らいとカーニバル☆」、そしてガァララさん&ファララさんによる「リンリン♪がぁらふぁらんど」が続きます。別々の歌が同時に流れる「リンリン♪がぁらふぁらんど」は不思議な感じで面白いですね。

ここからは終盤を感じさせるラインナップとなり、「組曲フォーエバー フレンズ~第一楽章~「I FRIEND YOU!!」」「Get-Over Dress-code」と続きます。そしてSoLaMiDressingによる「Memorial」が続きます。プリパラシリーズのフィナーレ的な曲で、聴いていて感慨深さを感じますね。”いつものおはようでさえ あたりまえじゃなくて ステキな奇跡だったんだね”と言う歌詞は、はっとさせられます。最後は「Make it!」を全員で歌います。

途中で長い間奏が入り、そこで出演者の挨拶がありました。上で書いたあろみか話や、しゅうかさんの話は、確かこのタイミングでお話しされた内容だったと思います。朝比奈さんが、同じくキャラクターとして曲初披露となった、佐藤さんと黒沢さん(ファララ&ガァララ)に対して、やったね、と祝福していたのが印象的でした。後は、ひびきさんの横で色々やっているのに、ドロシーさんだけ気づかれなかったの、面白かったです。

全員の挨拶と歌唱が終わり、キャストがステージから全員捌けたあと、スクリーンにはWinter Liveの予告映像が流れます。既に公開済みの映像では”???”となっていた部分が解禁され、セインツの登場が確定しました!まあ大方の予想通りです。

物販は終演後に買えたら買うつもりでしたが、それなりに並んでいたので、買わず終い。開演前の方が空いてたのかな。

ところで、今回は例年の夏ではなくて秋開催になったことで、冬のライブまでの期間がずいぶん短くなりました。来年以降もこの日程なのでしょうか。暑くないのはありがたいのですが、ライブの間隔としては夏冬のほうがバランスは良いんですよね。

さて、3ヶ月弱後の冬のライブも楽しみにしています。チケットが無事取れるといいなあ。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


プリティーミュージアムを見学

東京アニメセンターで開催されていたプリティーミュージアムを見学してきました。プリティーリズム、プリパラ、キラッとプリチャンの企画展です。訪問したのは2018年5月12日で、会期の終了1日前になります。会場内は、動画以外の展示は写真撮影OKなので、たくさん写真を撮ってきました。

  

東京アニメセンターの地下1階に行き、展示エリアの入口で当日券を買って入場します。すると、めが姉ぇのキャラクターパネルが迎えてくれます。このめが姉ぇは、どこのめが姉ぇだろう。最初のエリアは、プリティーリズムやプリパラの壁面展示があり、たくさんのキャラクターが描かれています。

  

先へ進むと、プリティーリズムのコーナーになります。まずは歴代主人公3名のキャラクターパネルがお出迎え。オーロラドリーム開始前のミニスカート時代の展示もあります。自分はアニメから入ったので、話にだけ聞いていた先史を目の当たりにした気分です。他にもオーロラドリーム番宣ポスターや、AD、DMF、RLの第1話台本など、貴重な資料が展示されていました。映像展示では、歴代のOP/EDが流れており、懐かしすぎです。1周するまで、その場で見続けました。「§Rainbow」はi☆Risちゃんということもあり、一瞬プリパラな気分にもなって、プリティシリーズとして、地続きなんだなあ、と思い返しました。

    

続いてはプリパラの展示コーナー。放送が1年多いことと、直近の作品群と言うことで、プリティーリズムシリーズより多めのスペースが割かれています。各キャラクターの紹介パネルが貼られており、様々なカットや紹介文が書かれていて、ボリュームたっぷり。アニメシーンのワンカットが写真風に貼られている演出も良いです。雨宮くんの写真だけ、みれぃさんの真下だけど、限りなく床に近い位置に貼られていたのは、笑いました。

他にもらぁらさんのフィギュアなどがありましたが、グッズ展示はプリティーリズムコーナーより少なめだった気がします。プリティーリズムコーナーと同じく、プリパラもOP/ED映像が流れていましたが、時間の都合上こちらは掻い摘んで見ました。放送開始は4年前ですけど、つい最近まで放送されていたので、そこまでのタイムスリップ感はありません。

   

キャラクター紹介パネルコーナーを抜けると、衣装展示コーナーに出ます。ここは一定期間で入れ替えがあり、この時はガァルマゲドンとトリコロールの衣装展示でした。その後は、設定資料やOP映像の線画展示が続きます。

   

そして、次はいよいよ、貴重な構想段階の資料コーナーへ。完成したキャラクターとは雰囲気や色指定の異なる構想段階の資料を、たくさん見られます。コーデやモチーフは同じだけど何だか雰囲気がとっても違うみれぃさんとか、ボブスタイルのあろまさんとか、もうこんなところまで出しちゃいますか、と言う感じの大盤振る舞い。キャラクターイラスト以外にも、ラフな絵と文章が書かれた設定指示書なるものも。裏舞台を見たような気持ちでとても楽しいです。

点数が多かったので、他の人の邪魔にならないよう、ある程度まとめ撮りしましたが、貴重な資料ですし1枚ずつ撮った方が良かったかなあ、とちょっぴり後悔。

この横では、CGライブシーンのメイキング工程がビデオ上映されていました。昔から3DCGを作るのは憧れなんですよね。色々スキルが足りなくて、頓挫してきましたが。なのでとても興味深く視聴しました。

次のコーナーは、5月公開の最新映画や、キラッとプリチャン、プリティーオールフレンズの紹介コーナーです。これまでがプリティーシリーズの振り返りなら、ここからはプリティーシリーズの未来ですね。

最後は、フォトスポットとメッセージコーナー。プリティーシリーズの歴代主人公たちのキャラクターパネルがあります。部屋が広くないので、画角が広いレンズじゃないと、全員を1枚には収められないですね。

メッセージコーナーも、会期終了間近ということもあって、壁一面が埋め尽くされています。せっかくなので、自分もらぁらさんのイラストを添えて、応援メッセージを書いてきました。

最後は暖簾を抜けて、展示エリア終了です。展示エリア外では、ゲーム筐体が数台設置されていて、皆楽しそうに遊んでいました。物販コーナーでは、映画のグッズ先行販売やその他プリティーシリーズのグッズが販売されていたので、自分はゆいさんのアクリルスタンドを購入しました。

記事に載せきれなかった写真は、下記をご覧ください。写真の点数はそこそこあるので、記事に載せていない枚数もそれなりにあります。写真レポートみたいに、ご覧いただけるかもしれません。