「 中国語 」一覧

中国語キクタン初級編を買いました

中国語学習は、中国語検定3級を視野に入れて、進めていきたいと考えています。ただ、中国語検定準4級を取得以降、基本的にiKnowによる学習しかしていません。一応少しずつ覚えていっている感覚はあるのですが、ペースが今一つです。まあ、職場の昼休みに10分程度ですからねえ。リスニングと口パクによるシャドーイング、単語と文章なので、比較的バランス良く学べているとは思いますが、いかんせん時間が少ないです。

というわけで、電車内での学習がしやすいように、参考書を購入しました。最初は中国語検定3級にフォーカスしたものを買うつもりでしたが、出かけた書店には良いものがありませんでした。そこで、ちょうど見かけたキクタンを購入することにしました。4級を飛ばして3級に行くので、基礎となる単語はきちんと押さえておく必要があると感じました。キクタン初級編がちょうど中国語検定4級レベルらしいので、まずはこちらをマスターしたいです。

中国語学習に対する現在の目標は、とりあえず中国語検定3級のレベルまで引き上げて、それを維持したいと考えています。目的は、旅行とかで少しでも分かれば楽しいだろう、と言う単純な理由です。外国語で言えば英語の便利度が圧倒的ではありますが、日本の近くにある巨大な文化圏と言う点で中国語も魅力的です。数百年前までの日本では、現在の英語に相当するものは中国語だったのでしょうから。

以降は、学習記録メモ。最近何となく、j/q/xとzh/ch/shの違いは自然に聴き取れる感覚がついてきました。結局は反復学習ですね。shiは、静かに、のしーっ、みたいな感じで、xiはものすごくはっきりとiの音を出す感じ。逆に未だに感覚を掴めないのが、二声と三声の違い。単品では分かっていても、文章になってくると、何となく区別が付きにくくなります。これは聴く時より、自分が発音する時ですね。


中国語の勉強~2018年

中国語の勉強は、職場の昼休みの時間に、iKnowを毎日10分程度こなしています。文法とかは全然おざなりで、単語や発音をメインにしています。隙間時間での学習なので、どうしてもそうした形になってしまいますね。

以下、ここまで学習してきて思ったことを、つらつらと書いていきます。

ピンイン表記は、中国語の発音を無理やりアルファベットを当てているだけなので、ローマ字読みの発音とは違う部分も多いですし、同じ表記でも組み合わせによって発音が変わったりします。xianとxiangとか。後は、shuiなどもピンインと発音が異なりますね。

-nと-ngは、分かったような気がしたけど、いざ聴き取ってみると時々間違えたりするので、難しいです。後ろに音が続く場合は、日本語の促音のような感じで、拍の違いである程度聴き分けられるのですが、-n、-ngで終わっている場合は特に難しく感じます。

zhi/ji/ziは、日本語の発音に当てはめると「ジ」が近いけれど、それぞれに特徴があります。日本語の音で認識してしまうと、中国語として曖昧な音に聴こえてしまうので、耳を慣らしたいですね。zhiは少し浮いた感じで、jiはすごくクリアな「i」の感じで、ziは「u」に寄った感じに聴こえます。これは、z/c/s(j/q/x)共に同じです。ziは「u」に近いので、zhi/ji/ziの中だと区別しやすいですが、逆にzhu/ju/zuになると区別しにくいかと思います。

有気音と無気音は、厳密に息の有無で理解しようとしていたら、手こずりました。無気音であっても、子音によっては息がそれなりに出ます。

四声は、最初の音の高さを間違えてしまうことが時々ありますね。特に第四声の開始時点の高さが足りずに十分に落ちなかったりします。他には第二声の上がり方と第三声の最後の跳ねるところが、曖昧になったりします。

結局のところ、漢字とそれに対する発音を暗記して身体に染み込ませていくしかないんだな、と思いました。日本語で馴染みの薄い発音は、舌や口周りの動きを馴染ませていくことも必要そうです。


第二外国語は中国語に決めた

英語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語と、気になった言語を手広く学習していましたが、さすがに中途半端感が否めないので、絞り込みます。まあ、実際に学んでみて、分かったこともありますので、それらも判断材料になります。

まず通じる地域の多さから注目したフランス語とスペイン語ですが、地理的な問題から、実際にフランス語圏やスペイン語圏に出かける機会は少ないでしょう。それでもフランス語は少し興味があったのですが、発音や聴き取りがどうにも出来る気がしません。リエゾンなどによってスペルと発音の違いが大きい点も、学習する上で辛かったです。

韓国語は日本語と文法が極めて似ているのですが、どうにもそのメリットを享受できません。母国語を使う時と外国語を使う時では脳の使用領域が違うのか、英語に文法が近い中国語の方がしっくり来てしまうのです。不思議ですね。あとフランス語ほどではありませんが、パッチムによる単語の連結が慣れません。

中国語は、発音はかなり難しいですが、漢字を分かるというアドバンテージはかなり大きいです。加えて、中華圏の地理的な近さとその広さですね。国単位で見れば数は多くありませんが、中国は広いですし、台湾などでもまだまだ行ってみたいところが多くあります。

と言うわけで、今後は英語と中国語の学習をメインに進めていこうと思います。もちろん他の言語にも興味はあるので何かしら触ってはいきたいのですが。


中国語検定準4級~その7

だいぶ前の話ですが、中国語検定準4級の合否結果が届きました。94点で無事合格です。事前の自己採点と同じ結果だったので、特に書くことはないのですが、何だかんだで久しぶりの試験合格なので、嬉しいです。今後はこのレベルを維持しつつ、機会が来たら上の級にチャレンジしたいですね。とりあえず、残りのフランス語とスペイン語の勉強が終わってからですが。

ちまちま学習を継続していくには、単語アプリみたいなものが便利ですね。その点英語の学習に活用しているiKnowは有用です。中国語はスマホの単語アプリを使用していますが、幾つか不満もあるので、良いのがないかなあ、と思っています。iKnowの中国語版は試してないけど、少し気になっています。


中国語検定準4級~その6(受検と自己採点)

2016年3月27日、ワークピア横浜にて受検してきました。最寄り駅は日本大通り駅で、10時集合なので、多少余裕を持って8時50分すぎに家を出ました。なお、あまり体調が良くなく、花粉症の薬を飲んでおきました。

最初にガイダンスが行われ、10時15分から試験開始です。配られた解答用紙には、予め氏名等が印字されているので、解答以外は記入不要です。試験はまずリスニングパートが行われ、その後筆記に移ります。事前に勉強した練習問題とレベルは変わらず、全体的に平易な印象でした。筆記はだいぶ時間が余りましたが、簡体字の書き取りが1問分からなかったため、一応最後まで粘りました。

試験終了後は、中華街で昼食をとり、それから帰途へ。体調は悪化の一途で、試験中は何とかなって良かったです。ちなみに受検後の感触としては、数問不安な問題はありましたが、概ね自信を持てたので、合格できたと思っています。

試験問題と解答は、試験翌日に中国語検定協会のホームページで公開されます。試験問題・解答を参考に、自己採点をしました。結果は94点でしたので、マークミス等なければ合格です。