「 伊倉愛美 」一覧

イクラ文化祭に参加

2018年11月03日、代官山NOMADで開催された、伊倉愛美アコースティックワンマンライブ”イクラ文化祭”に参加してきました。

 

アコースティックライブハウスなので、会場内は落ち着いた良い雰囲気。着席形式になります。入口では物販コーナーもありましたが、新規アイテムはなく、過去の再販です。お花がいくつか寄せられていました。

12時30分すぎ、開演。会場を見渡し、タオルやペンライトなど、前回の物販で買ったグッズを持ってくるのを忘れていたことに、気づきました。うわー、なぜか完全に頭から抜けていました。

内容は、イクラ高校の文化祭にやってきた中学3年生の伊倉愛美さんが、入りたい部活を決めるために、色々見て回るというストーリーです。ちなみにイクラ高校の偏差値は31、超難関校です。会場に来ている浪人中の中学○十生をいじりつつ、ストーリーが始まります。

まずは2曲。セトリは、fanicon内でファンの方が整理して、伊倉さんがそれを追認していたので、そこから拾っています。本当はブログあたりにまとめて書くのが、親切だとは思います。

  • 閃光少女 (東京事変)
  • Over Drive (JUDY AND MARY)

 

やってきたのは天文部。バンドのセットに電飾がセッティングされ、伊倉さん自身も首から電飾を下げています。最近星座や占いにハマっているそうで、色々語り始めます。イクラジオでお馴染みですね。iPadに入れた便利なアプリを使い、星や太陽の方向を見ることができるそうです。

  • 君の知らない物語 (supercell)
  • スターゲイザー (スピッツ)

次にやって来たのはアイドル部。浪漫ちす子さんが登場です。本当はこの日にワンマンライブをやるはずだったちす子さん。なるほどこんな形で登場とは。好きなアイドルは誰ですか?と訊かれる最前列。最前列はVIP席で通常のチケットの倍価格で、テーブル付きの席になります。さらに楽屋訪問付き。加えて、ライブ中にいじってもらえるようです。返ってきた答えは「浪漫ちす子さん」「中森明菜さん」でした。ちす子さんのその後のコメントを聞くと、「伊倉愛美さん」が正解だったのかもしれません。ちなみにちす子さんのアイドル決めポーズは、「みんなのハートに?ロマン!ロマン!」だそうです。ロマン!ロマン!のところは胸元で両手を使いハートマークを作ります。会場全体でやりました。

  • 時間の国のアリス (松田聖子)
  • 悲しみよこんにちは (斉藤由貴)

続いて来た先は、軽音部。現れたのはサーモンエッグ師匠。普段はギターはバンドの方に弾いてもらっていますが、今回はギターメンバーがいない構成なので、サーモンエッグ師匠自ら弾きます。ギターを立って演奏するのが難しいことを、最近知ったサーモンエッグ師匠。今回は伴奏に忙しいので、お題は2個まで。代官山とロマンをお題に歌うも、歌詞にロマンが入っていないと会場からクレームが(笑。サーモンエッグ師匠的には、歌詞に入っていなくてもニュアンスに入っていれば良いのでは、との見解。結局お題を変えて、やり直し。ロマンとギターで歌いますが、ギターがメインで、ロマンは最後に無理やりねじ込んだ感が満載でしたw。いつものサーモンエッグ師匠に比べて、歌詞のキレがないのは、やっぱり伴奏しながらは大変なのでしょう。こうしてサーモンエッグ師匠は、今回はカタジールではなく、カタールへ旅立っていきました。エチオピアと日本とカタールをぐるぐる回っているのでは……

軽音部はサーモンエッグ師匠のように、自分で作詞作曲が出来なくてはいけない、と言う話から、伊倉さんのオリジナルの新曲を披露。

  • レイニーダンス (伊倉愛美)

一旦これで終幕。アンコール待ちです。アンコールの時のコール的なものがあったら面白いなあ、と思いつつ、特に思い浮かばない。

そして再度登場。まずはバンドのメンバー紹介です。とにかくバンドのメンバーにも学生服を着せたかったと伊倉さん。

この後、少し真面目モードになり、音楽活動への想いを語ります。今年になって歌を本格的に始めてみて、やっぱり自分は歌うことが好きだと気づいたとのこと。アイドルの頃みたいに、ファンの皆さんと触れ合えるこの距離感が良いそうです。そして終わりには、faniconの宣伝も。

最後の曲は、第2回イクランチで一部を披露したサンセットロマンスの完成版です。タイトルは少し変わって、ロマンスの風です。

  • ロマンスの風 (伊倉愛美)

こうしてステージは終演となりました。この後はチェキ会です。ポーズは、みんなのハートに、ロマン!ロマン!のポーズにしてもらいました。

さて、全体を通しての感想と今後について思うことです。前回のイクラ2390のような、伊倉さんが毎シーン違う役に扮して寸劇を繰り広げていくスタイルでした。これは伊倉スタイルとして、今後とも確立していくのかな。歌唱は済んだ歌声で、ライブとして十分に聴かせられるものだと思います。それでも伊倉愛美さんのことを全く知らない人に、是非見にきて!と言うのは何かが足りない気がすると言うのが正直なところです。自分が通うのは、タレント伊倉愛美さんが好きだから、です。なので、テレビなどのメディアで露出を増やしつつ、その魅力を伝えながら、そこから入ってきてくれる人を増やすのが堅いのかな、なんて思っています。

以下余談。後で知ったのですが、会場に飯田里穂さんも来ていたんですね。たぶん視界には入っていたとは思いますが、人の顔をあまり見ないので、全然気づいていませんでした。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


第2回イクランチに参加

2018年9月23日、原宿のファニスペースで開催された第2回イクランチに参加してきました。5月に開催された第1回は、別の用事が先に入っていたので、今回が初参加です。イベントの詳細がわからないので、ワクワクとドキドキの両方を胸に会場へ向かいました。

会場は原宿駅から歩いて10分の場所にあるビルの5階です。ファニスペースの看板がないので、ちょっと分かりにくいとは思います。

席は自由席。8席*5列構成だった気がします。とりあえず何となく最後列に着席。事前のお知らせ通りアンケートを受け取ったので記入します。クリップボードとペンのセットがあると書きやすくて良かったかも。アンケート記入の話はあったので、自分たちで持っていくべきだったかなあ。間際に着いたこともあって、書く時間が足りずにちょっと忙しかったです。最善は、fanicon内でもコメントがあったように、事前にネット上なりで集めておいたほうが、書く側も見る側も楽だったとは思います。

13時35分ごろ、開演。まずはランチの取り分けタイム。イクランチとは、伊倉愛美さんとのランチミーティングの意味で、伊倉にちなんでイクラのお寿司をメインに、オードブルが用意されています。1列ずつ順に取り分けタイム。取り分けは基本セルフです。

全員の取り分けが完了したら、イクラを食べる伊倉さんの撮影タイム。しかし、撮り損ねてしまいました。その後はランチを食べつつ、皆の記入したアンケートの内容をその場で確認しながらトーク。アンケートの大項目に従い、fanicon、クラウドファウンディング、伊倉愛美をプロデュースするなら、についてお話しました。faniconは、放送時間帯の良否や番組でやって欲しい内容について、プロデュースについては大喜利状態を想像していたら、思いの外皆さん真剣に記入してくれた、と言った内容でした。クラウドファウンディングの話題では、欲しいグッズについての意見募集があったりしました。その中で話に挙がった伊倉愛美さんをデフォルメしたぬいぐるみグッズは、確かに自分も欲しいです。

続いて、衝撃の発表。「伊倉愛美、アーティストやめます。。。」がスクリーンに登場。え、7月に始動して僅か2ヶ月で終了。会場がざわ……ざわ……とどよめきます。代わりに、浪漫ちす子と言うアーティストをプロデュースする側へ回ると言う話でした。この辺である程度お察しですが、浪漫ちす子さんは伊倉愛美さんと瓜二つの双子の妹だったのです。見分け方はベレー帽を被っているか否かだけ。

  

ここからは浪漫ちす子さんによるミニライブ。faniconでライブ配信されます。せっかくなのでスマホで配信の様子を見てみました。スマホ越しのライブ配信の光景が目の前にあるという、テンションの上がる楽しい状況です。なお、ライブ配信の中身はアーカイブとして残るので、faniconに入ればその様子を見ることができます。

  • 元気を出して(竹内まりや)
  • ORION(中島美嘉)
  • Girl(秦基博)
  • 恋におちて(小林明子)
  • サンセットロマンス(浪漫ちす子)

最後の曲は、伊倉愛美さんの作詞作曲です。姉カバーとして「CANVAS」を歌ってほしいところでしたね。

そして告知タイム。11月3日の昼に、浪漫ちす子さんのライブ(【注】後の話の展開で内容に変化あり、イクラ文化祭)が代官山NOMADOで開催されます。チケット情報は後ほど発表があります。そしてクラウドファウンディングの第2弾を来年に予定しています。金額目標達成したら、無料ライブを開催したいとのお話。意図としては、より多くの人に聴いてもらえる機会を作りたいから。お金が掛からないなら、と言うことで、ふらっとライブに来てくれる人が増えたらいいな、とのことです。んー、この辺の舵取りは色々難しい面があると思いますが、ちゃんと事務所がマネジメントをしてくれているので、適切な方向へ話が進んでいくと思います。

最後はチェキ会。物販も何か追加で買おうか迷いましたが、イクライブの時に大概のものを購入済みなので、今回はチェキ券だけ。とは言え、トークもポーズも何も考えていなかった^^;

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。最後列からは、写真を撮るには意外と遠くて、光学ズームでは間に合いませんでした。


イクラ2390に参加してきました

2018年7月22日、恵比寿CreAtoで開催された伊倉愛美さんのワンマンライブ「イクライブvo.1 イクラ2390」に参加してきました。ちなみにタイトルの”2390″は、伊倉愛美さんの芸能生活23年間を90分に凝縮してお届けすると言う、ライブのコンセプトを表したものです。

このライブは開催に先立ちクラウドファンディングが行われて、自分も15,000円のコース(+2,000円上乗せ)で支援しました。

 

クラウドファンディング特典の特別リハーサルライブ招待がありましたので、16時すぎに会場へ着きました。受付でクラウドファンディングのプロフィール画面を表示して、チケット代わりになります。ここで特典であるグッズとの引換券を貰えます。グッズ売り場はすぐ隣です。特典はTシャツとステッカーとイクラタオルで、さらにペンライトとCD(CANVAS)とチェキ券を追加購入しました。ちなみに、星形の応援メッセージ付箋は、全然気づいていませんでした。ステージ終盤のアレを見て、?!となっていました^^;

特別リハーサルライブでは、パイプ椅子が設置されており、そこに座る形になります。内容は「白いカイト」のアレンジについての最終調整。リハーサル感のある内容で、見られて良かったです。創作の現場は刺激を貰えて良いですね。「白いカイト」はこの数日後のマレーシア行きの機内でも聴くことになり、おおっと驚きました。

特別リハーサルライブの後は、そのまま本番の開演まで待機です。一旦退場等はありません。この間にドリンク交換を済ませました。17時30分開演予定でしたが、お客さんの入場に時間が掛かってしまい、30分遅れの18時開演です。

伊倉愛美さんの人生をパート毎に、伊倉愛美さんがそれぞれ誰かに扮して、紹介していくスタイルで展開していきます。そして写真撮影およびSNS拡散可とのことです。うわー、知らなかったー、ちょっと良いカメラ持ってくれば良かったー!でも撮影に集中しちゃうのももったいないので、気軽なスマホカメラでも良いかな。

最初は、いくらママに扮して、伊倉愛美さん誕生についてのシーン。フリップには愛美の命名。愛美さん役のイクラタオルに包まれたうさぎ(?)のぬいぐるみを抱いていました。歌うときは床に置こうとしたけど、会場からの声に応えて、だっこしたまま歌っていました。「いないいないばぁ!」への直接的な言及はなかった気がします。

  • 白いカイト
  • マイフレンド
  • 世界でいちばん熱い夏

 

次は「ひとりでできるもん!」時代。扮したのはADの山田はるかさん。あー、何となく記憶がある。左利きだったけどNHK的には右利きにしないといけないので大変だった、と言うお話がありました。昔にどこかで聞いたような気もします。フリップは、”いまだまい”ちゃんのイラスト。

  • ハッピーサマーウェディング
  • Yeah!めっちゃホリディ

 

続いては「天才てれびくんMAX」時代。扮したのは事もあろうにゴルゴ松本さん(笑)。ここで会場参加型のゲーム企画。あの「紙フトタッチダウン」をこの会場でやっちゃいます!うおー、懐かしい!Shockwaveを使って自作ゲーム作っていました(10年前なので自宅の環境ではまともに動かなかった……実家のFirefox52.9.0 (32 ビット)ならまともに動いた)。当然ルールはアレンジの必要があり、会場から投げられた紙飛行機を愛美さんがキャッチできたらポイントが入るルールです。紙飛行機は全部で10機。本家に倣って団扇も支給されましたが、結局活用されませんでした。なお、本家では妨害用に使いますが、ここではフォロー用です。結果は4機キャッチ。イクラの粒に見立てたオレンジ飴4掴み分が、会場へ振る舞われました。自分はキャッチできませんでしたが、他の方から譲っていただき1個ゲット。

  • Friends & Dreams

女子一輪車部メンバーによるMTK曲です。何だろう、この時代のMTKはなぜか記憶が薄いです。。

次は、ももクロ、クリーミーパフェ時代。扮したのは、高校の保健室の先生。芸能人が通う掘なんとか学園とかもあるけど、愛美さんは普通の高校に通って、お仕事と両立していたとのこと。クリーミーパフェ時代はネット経由で活動を知っていたのですが、ももクロ時代は完全に知らなかったです。フリップに書いたのは、この後の歌にも関係するスイートピーと言う名のチューリップ。

  • 赤いスイートピー
  • 吐息でネット

続いては、女優・タレント・番組MC時代。扮したのはサーモンエッグ師匠。観客から3つの言葉をお題に貰って、それらを含む即興曲を披露します。合計2曲を作り上げました。何となく笑いの方向になっていますけど、曲としてあまり違和感がないですし、これをあの僅かな時間で練り上げるだなんて、結構すごいことなのでは、と思っています。サーモンエッグ師匠はこの後暑くないカタジール(カタール)へ旅立つそうです。今回もサーモンエッグ師匠は伊倉愛美さんと遭遇できませんでした。

 

そして現在。これから作る時代なので、○○時代とは銘打ちませんでしたが、目指すところは歌手・アーティスト時代なのでしょう。以下のどちらかがタオル曲だった気がします。

  • ミューズ(吉澤嘉代子)
  • 蝶々結び(Aimer)

あれ、CANVASは?!と思っていたら、アンコールでの披露でした。

  • CANVAS

新曲がアンコール枠と言うのは、なかなか面白い構成でした。

一旦終幕して、この後はクラウドファンディング特典である直筆サイン入り個別コメントお礼状お渡しとチェキ撮影会に移ります。クラウドファンディング参加者から優先でしたが、3分の2くらいがクラウドファンディング参加っぽい構成比でした。

参加者も多いのでそこそこ時間は掛かりますが、翌日お休みの身としては気長に楽しみます。相変わらずトークは慣れませんが、ずっと気になっていたブログのURLのpu-28について訊いてきました。その由来は、昔ぷうと言う猫を飼っていて、その猫がにゃあにゃあ鳴くので、ぷうにゃあ→pu-28とのことでした。謎が解けてスッキリ!

伊倉愛美さんの23年間を振り返る、と言うコンセプトでしたので、これまでの足跡を存分に披露し、各ルーツのファンを満足させる内容になっていたと思います。当初は、もう少し”これからの”アーティスト伊倉愛美を出していくものかと思っていました。ただ、何はともあれより多くの人に知ってもらう、見てもらう必要があるので、これまでの足跡をしっかり活用する構成は良かったのかな、と思います。実際、ひとできや天てれネタは、懐かしくて嬉しかったです。

一方で次の機会には、この先のアーティスト伊倉愛美をより垣間見える内容を期待したいな、とも思いました。あー、でも今回を含めた過去3回の形式も、とても楽しいんですよね。これは悩ましい問題だなあ。

写真は以下にまとめてあります。音の出ないように、と注意があったので、スマホの無音カメラで撮影しています。標準のカメラより画質が悪いので、とりあえず雰囲気だけでも伝わればと。


伊倉愛美2ndワンマンライブ「イクラにーさん。」に参加

2017年2月4日、伊倉愛美さんの2ndワンマンライブ「イクラにーさん。」に参加してきました。2月4日開催なのになぜ「にーさん」なのか、それは23歳のバースデーライブだからです。しょうがないけど、紛らわしい(笑

  

会場は前回と同じ青山月見ル君想フです。今回も気合を入れてチケットを取った結果、整理番号2番となりました。開場後、物販コーナーではチェキ券と、前回買えなかったクリアファイルを買いました。ガチャもやってみたかったのですが、開演前はとりあえずスルー。終演後に見たら残り2、3個で売り切れそうだったので、チェキの並びのことも鑑みて、諦めました。さて、物販を終えてチラシ類なども含めて手元がわちゃわちゃした結果、ドリンクチケットをなくしてしまったようです。なくしそうだなあ、と思っていた矢先の出来事でした。

後ろ髪を引かれつつ、配置につきます。今回のポジションは、前回とは逆の向かって右側の最前列です。物販を先に済ませたので、中央は埋まっていました。

そして開演です。前回のライブでは、「こんにちはー!」と挨拶して総ツッコミが入りましたが、今回は「こんばんはー!」でした。でも「イクラフライ」と言うべきところを「イクラにーさん」と言っていたところがあった気がします。イクラにーさんではこんにちはー!と言ってしまいましたが、今回はこんばんはー!と言えました、みたいな。でもTwitterとかで誰も突っ込んでいなかったので、自分の空耳の可能性大です。

前回は黄色のワンピースコーデでしたが、今回は真っ赤なワンピースでした。衣装を購入した時の小話もありました。色は違えど、衣装の雰囲気は前回と似ているので、伊倉さんの好みが垣間見えて良かったです。

そして曲についても同様に、前回のライブと併せて、選曲などで好きな曲のセンスが何となく見えてきますね。恋のマシンガンでは、客席を撃ち抜く演技があり、撃ち抜かれたいところでした。一応かすったかもしれません(笑

途中からサーモンエッグ師匠が登場しました。しかし何故か伊倉さんは入れ替わりに退場。共演は難しいそうです。何故なんだ……(すっとぼけ。3つのお題から即興ソングを作るコーナーでしたが、難しそうと思っていたらやっぱり難しくて、あまり上手い感じにはなりませんでした。サーモンエッグ師匠と伊倉さんとの共演、技術の進歩でいつか実現してほしいところ。

最後の曲は、前回のライブでも披露した伊倉愛美さん初のオリジナル曲である「Lemon date」です。そしてアンコールは、2曲目のオリジナル曲となる「宇宙の法則」でした。「宇宙の法則」の感想を書こうと思ったけど、当時のメモが出てきませんでしたorz

終演後はチェキ撮影会です。今回も整理番号は2番でした。相変わらず伝えたいことを上手く伝えきれない、現場の場数が必要ですかねえ。最初にやってくれたポーズ、ダブルピースだと思っていたら、2,3だったと後で気付きました。なので、エクストリームビューティのXポーズをお願いしちゃったけど、2,3にしておくべきだったかなあ。

こうしてわりと短い期間に、2本のライブに参加しましたが、とても優しく居心地の良い空間でした。このライブの後はしばらくライブを行う予定はない、とのコメント通り、2018年1月現在次の予定は聞こえてきませんが、次回も参加したいです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


伊倉愛美1stワンマンライブ「イクラフライ」に参加

一昨年と昨年の話になりますが、伊倉愛美さんのワンマンライブ2本に参加してきました。伊倉さんについては、ひとでき時代やてれび戦士時代を主に知っており、クリーミーパフェ時代やももクロ時代はほとんど終えていません。その後何かのきっかけでTwitterをフォローして、エクストリームビューティなどを時々見ていました。その流れで、ライブへ参加です。

2016年11月18日、イクラフライに参加しました。正式なタイトルは、「イクラのフライデーナイトライブ!略してイクラフライ。」になります。会場は、青山月見ル君想フです。平日の金曜なので、午後半休を取りました。いつものチケット争奪戦の勢いで購入したら、整理番号4番。開場まで階段に並んで待機です。外には、森田健作知事、NHKエデュケーショナルこども幼児部、五戸美樹さんのお花がありました。中にもいくつかありましたが、見きれていません。

開場後、まずは物販コーナーでイクラ袋の全部入りを購入しました。この全部入りに含まれない別売りのクリアファイルがあったことは、後で知りました^ー^;。確保した場所は、ステージ最前列の向かって左側。ぎりぎり楽器に被らずステージが見えます。ライブハウスは久しぶりでしたが、普通にステージに手の届く距離なので、すごく近いですね。

そしていよいよ開演。今現在歌手活動をされているわけではないので、どういう内容になるのかまったく予想がつきません。ステージ上に登場した伊倉愛美さん、第一印象は思ったよりも小さい、でした。

主な構成としては、最初に皆が知っているだろう有名な曲を数曲歌い、それから伊倉さんのお気に入りの曲を歌うという流れです。曲の後は、元ももクロメンバであるすみれさんと美優さんが登壇して、トークコーナー。これを目当てにやって来たモノノフの方々もそれなりにいたと思います。自分はこの頃を知らないので、新鮮な気持ちで話を聞いていました。

それから、ギターを持ってきて、卒業写真の弾き語り。ギターでコード演奏できるのって、それなりに練習が必要でしょうし、すごいなと思いました。自分は4弦のウクレレでも苦戦中です。そして、ここで唐突な終幕宣言。会場全体が、えっ???という雰囲気になりました(笑。この後はアンコールのネタバレをした上で、アンコールに入ります。

アンコールで歌った曲は、「エクストリームbeautyガール」。エクストリームビューティのOPでサビだけ歌われている曲です。1番から4番まであり、ひとりの女性の成長の流れを歌っているのですが、全部歌うと長くなってしまうので、2番と3番を飛ばして歌いました。その結果、めっちゃ急成長したみたい、と話の種になっていました。そしてもう1曲が「Lemon date」です。伊倉さん作詞の曲で、淡く甘酸っぱい雰囲気の曲でした。

ここから個別の感想。ライブのMC部分も伊倉さんがこなしていましたが、初挑戦ということで、とても一生懸命さが伝わってくる内容でした。エビ中の「ねえ中学生」が「もう中学生」になったり、前歯を思いきりマイクに強打してしまったり、スムーズに回っていない部分もそれなりにありましたが、その辺はバンドの皆さんのアシストがナイスでした。

今回のコーデは、全身黄色いワンピース。個人的にはやるキッチンっぽいなあ、と思いながら見ていたのですが、実際それをイメージしたとのコメントがあって、うれしいです。それ以外にも、クリーミーパフェでの担当色であったり、新曲レモンデートから連想される色だったりというのも、理由だそうです。エノケンことエノーラケンノビッチ三世のピンバッジも付けてくれていました。残念ながらカマドーラは不在でした。なお、ペンライトの色は、このコーデに合わせて、黄色ということになりました。

そして、来年の2月4日に、2ndライブ決定の告知がありました。1週間ずれてしまうと別の予定が被ってしまい、危ないところでした。立春トゥザミュージック!

それから影ナレを務めていた五戸美樹さんから、今回のライブについてのお話がありました。周りの人たちにお膳立てしてもらったのではなく、手探りながら必死に今回のライブを準備してきた伊倉さんの姿を、客席に伝える内容でした。伊倉さんは自分自身では決して言わないだろう、と言う理由からです。ミキティのお言葉、素晴らしすぎました。自分、もう少し長い時間生きていますけど、こんな良いコメント出来ません。本当に愛に溢れていました。それを受けての伊倉さん、号泣でした。

最後は、クリーミーパフェの”ドロンします”で、終了です。

終演後はチェキ撮影です。整理番号は2番でした。グレーの紙の上のほうに「チェキ券②」と手書きで書かれていました。チェキ券は回収されてしまうので、写真を撮っておけば良かったです。相変わらずこうした現場でのトークは上手く出来ないですが、ひとでき、天てれの頃から見てました、と言うことを伝えられたので、満足です。もちろんポーズは「パーでき」のポーズで♪

本当は2ndライブもまとめて書こうと思いましたが、記事が長くなったので、別々に分けることにしました。ちなみに前回伊倉さんをステージで拝見したのは、2006年5月の大崎でのファミリーコンサート以来なので、実に10年ぶりでした。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。