「 アイカツ!シリーズ 」一覧

アイカツ!シリーズに関連した記事

アイカツ!アニON in 蒲田に参加

2018年5月5日、蒲田ニューエイトで開催されたアイカツ!アニONに参加してきました。この日は昼にラゾーナ川崎プラザでアイカツフレンズ!のステージがあったため、アイカツづくしな一日となりました。川崎と蒲田で隣駅同士なので、川崎蒲田ムーブをした人も多かったでしょう。

 

17時30分開場でしたので、ほぼその時刻に会場へ到着。チケットに番号が印字されていましたが、特に整理番号と言うわけではなく、一斉に入場開始となりました。ワンドリンク制なので、アイカツ的にはゆずサワーとライチサワーの2択。自分は後者をオーダーしました。

  

18時から22時までの4時間で、最初の10分間はインストラクション。その後、DJ4名、VJ2名で、各DJ毎に1時間弱のターンを4回行う形式になります。20時くらいに10分程度の小休憩がありますが、それ以外は休みなし。これだけやって、ほぼ曲被りがなかったのはすごいです。1ターン目と2ターン目で1曲だけ被っていた気がしますが、アレンジが結構違っていたので、それはそれで面白かったと記憶しています。

   

アイカツ!曲は大概好きなので、どの曲でも嬉しいのですが、アイカツフレンズ!曲が掛かった時は、おおっ、と盛り上がりましたね。結構序盤で出してくるかと思っていたので、だいぶ焦らされました。そして終盤では、ひなきさん曲が続いて、SHT(スーパーひなきタイム)状態です。最後の「はろー!Winter Love♪」で気分はMAX。こう言うセトリ演出できるのがDJイベントならではですね。「輝きのエチュード」あたりは、確か武道館セトリと重なっていたような気がして、これも熱い演出でした。締めは「アイドル活動!」で、LIVE STATION2のタオル掲げ。

会場の雰囲気としては、前方の真ん中が時折無法地帯で、注意を受ける始末。特定曲での後方からのダッシュ奴も鬱陶しいですね。スペースはそこそこ余裕はあり、ぎゅうぎゅう詰めではないです。アニONはイベントの性質上、はっちゃけ勢が少なくはないので、そのへんを天秤に掛けて、参加有無を決めると良いのかなあ、と思います。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


アイカツフレンズ!ファーストツアー友だち誘ってどーんとコイッ☆に参加

2018年5月5日、ラゾーナ川崎プラザにて開催された「アイカツフレンズ!ファーストツアー友だち誘ってどーんとコイッ☆」を観覧してきました。名古屋でも同様のイベントが開催済みですが、BEST FRIENDS!が6人全員揃うステージは初めてです。

 

まずは午前回。開演30分前に到着しましたが、3階はほぼ埋まっていて、4階も正面側はほぼ埋まって、ステージに近い横側が空いている状況でした。予想より人出が多いですね。オーロラビジョンに映るアイカツフレンズ!の映像を見ながら、11時30分の開演を待ちます。

今回のエリア構成は、ステージ正面中央が子供専用エリアです。ここには保護者も入れません。その両隣に保護者エリアがあります。それらの後ろに優先観覧券保有者の観覧エリアがあります。後は2階のその他のエリアや、3階や4階、5階の回廊から観覧することになります。優先観覧エリアは、エリア内の最前列を確保できない限り、正直あまりうれしいことはなさそうですね。距離も近くはないですし。自分は安定の4階のステージ横から観覧しました。正面が人気のようですが、3階以上の回廊から見る場合、正面は距離があるから、個人的にはあまり良い場所とは思いません。

11時30分の開演時間が迫り、まずはイベントに関する情報と諸注意が説明されます。女児アニメイベントなのに、飲酒観覧禁止のアナウンスがあって、はて……?

最初の曲は、松永あかねさんと木戸衣吹さんによる「アイカツフレンズ!」です。後のトークでも語っていましたが、まさにアニメ第1話の再現でした。

続いて、美山加恋さん、二ノ宮ゆいさん、田所あずささん、大橋彩香さんも登場して、自己紹介。田所さんと大橋さんは、まず最初に二人揃って「ラブミーティアです」と自己紹介するあたり、さすがダイヤモンドフレンズ。

それからプレゼント抽選会が始まりました。抽選券は子供エリアにいる子たちに事前に配布されていて、ステージでは各キャストが当選番号を読み上げていく形式です。300番台もあった気がするので、なかなかの盛況ぶりですね。子供たちがプレゼントに対して歓声を上げたり、喜びを素直に表していて、可愛かったです。

プレゼント抽選会が終わった後は、少しだけフリートークみたいになりました。松永さんに好きな歌を聞いたら、みおさんの歌だったみたいで、木戸さんが「ありがとー!」と松永さんに抱きついたり、会場を見て「ラブミーティアの髪型を真似してくれている子がいるー」と盛り上がったりしていました。

続いては、ラブミーティアのお二人は一旦ここで下がって、ということで、松永さん、木戸さん、美山さん、二ノ宮さんによる「ありがと⇄大丈夫」です。現在のオープニング曲で、聴くたびにハマっていっています。

そして次の曲は、田所さんと大橋さんによる「Believe it!」です。やっぱり歌に力がありますよね。生で聴いても圧巻でした。トークでも語っていましたが、見事にレジェンド感が出ていたと思います。ラブミーティアの時は、子供たちからの黄色い歓声が、特に印象的でした。

再びトークで、松永さんと二ノ宮さんに対して「こんなに多くの人の前で歌うの初めてで緊張したんじゃない?」と質問が飛んで、松永さん「ゆいちゃん全然緊張してない~!」と話したら、名古屋のイベントでお客さんが優しかったから大丈夫とのこと。

最後は、「アイカツフレンズ!」の振り付け講座。ステージ横からだと動きが分からなかったです^-^;。これは6人全員で歌うかと思いきや、松永さん、木戸さん、美山さん、二ノ宮さんの4人でした。歌の間奏あたりで子供たちのエリアに下りていくのですが、ここで木戸さんが子供からファンレターを貰って、あたふたしてました。マイク片手にファンレター片手にしつつ、スタッフに渡そうとするも、持っててっ、みたいになって、階段で転びそうになったりとてんやわんやでした。遠目にはアイカツカードを渡されたのかな、と思っていましたが、歌の終了後にファンレターであることが判明しました。

それからキャストの皆さんそれぞれ挨拶をいただいて、午前のステージは一旦終了です。この後は、松永さんと木戸さんによるアイドルカードお渡し会です。ちなみに上の階から観覧していたので、テントから捌けていく美山さんと二ノ宮さんが見えたりしました。

14時30分、午後回が始まります。ステージの進行は午前回と同じなので、午前回では書きそびれた内容など、ピンポイントで書いていきます。

まずはこの週の放送が舞花さん回だったため、美山さんが舞花さんの決め台詞を多用していました。「舐めるのはアメだけにして!」「血をたぎらせる準備はできてる?」など。この週は旅行に行ってた都合、放送を見ないままイベントにやって来てしまったので、事前に見ておけば良かったです。

プレゼント抽選会では、当選したらその場でステージに上がると勘違いした子がスタスタとステージ上に向けて駆けていき、スタッフに制止されてまたスタスタと戻っていくハプニングがありました。そして抽選の時には、子供たちから「おねがーい!」コールが上がって、これまた可愛かったです。

後は、アイカツ!初代から出演している田所さんと大橋さんに対して、アイカツ!との違いについて質問が出て、これまでアイカツ!で積み重ねてきたものがあるから、それを活かしていければ的な回答をしていました。

「アイカツフレンズ!」の触れ合いタイムでは、二ノ宮さんがわりとステージから遠い場所まで触れ合いに行き、攻めの姿勢が印象的でした。しかし、何故か最後のステージ集合に間に合わなかったのは、二ノ宮さんではなく、木戸さんだったという。曲の終わりで3人が揃っているなか、そこへ向かって両手を挙げて走っていく木戸さんの姿が面白かったです。ただ、すたあにちゃん、あいすたちゃんの頃から言っていますが、基本的には最後はバッチリと揃って欲しいです。

後、ステージの他で面白かったのは、お渡し会のためにテントを出て、松永さんと木戸さんが一旦スタンバイしたのに、何故か松永さんが急にテントの中に引き込まれて、それを見た木戸さんが両手を叩いて大笑いしていました。何か忘れ物でもしたのでしょうかね。

ちなみに今回のイベント司会は、綾見有紀さんでした。アイカツスターズ!の頃から司会を担当されているので、作品に触れる際のコメントにも愛が感じられて、信頼できますし安心できます。「マナーを守る、それもまたアイカツだね!」ですな~。

まだ曲数が少ない時期ならではの、抽選会などを交えたイベントでした。曲の数が増えてくるとライブ中心になるはずなので、たぶん今の時期しか見られない貴重なイベントになると思います。


アイカツフレンズ!先行稼働イベントに参加

アイカツフレンズ!の本稼働日2018年04月05日に先駆けて、先行稼働イベントが川崎(2018年03月24日、25日)と大日(2018年03月31日、04月01日)でありました。川崎の方は軽く覗きに行ったのですが、その週末は別のやりたいことがあったので、あまり長居はできずに結局プレイはしていません。とりあえずフォトスポットを撮影して満足。その後、最初は自粛しようかと思っていたサイン入りアイドルカードが欲しくなり、大阪行きを決めました。

  

土曜の終了間際に入ったので、筐体は空いており、並ばずにプレイ出来ました。アイカツフレンズ!曲を遊んでみたり、ココさんによるレクチャーモードを遊んでみました。本稼働前なのでアイカツパスは使えませんが、カードは排出されるので、後日の本稼働後に使えます。

アイカツスターズ!と同じ筐体ということもあり、ソフト面でも劇的な変化はなく、アイカツスターズ!からの移行ストレスはほとんどないと思います。アイカツ!からアイカツスターズ!への移行時は変化が大きすぎて、現に自分は相当期間離れてしまいました。そういう点では、アイカツフレンズ!への移行では、既存ユーザーを維持できると思います。

そして日曜、サイン入りアイドルカードの抽選券を入手するために、朝から並びます。イオンモール大日を半周以上していそうな大行列。川崎より少ないかと予想していましたが、結果的にほぼ同じくらいの人数でした。ドキドキしながら結果を見たところ、無事当選。

自分は午後回だったので、午前回は周りで見学。MUSIC of DREAM!!!ツアーのスタッフTシャツ着た人がいる……と思って見ていたら、恐らくうっすんでした。午後回では、松永あかねさんと二ノ宮ゆいさんのお二人にそれぞれ「放送楽しみにしています」とお伝えしました。笑顔が眩しい。

進行は、司会のお姉さんがいて、各回の開始と終了時に、あかねさんとゆいさんに一言挨拶をいただく流れになります。曖昧な記憶のメモですが、何となく下記のような内容だったと思います。

  • 午前回開始
    • あかね「今日は来てくださって、ありがとうございます」
    • ゆい「今日は全力で楽しんでいきたいと思いますので、よろしくお願いします」
  • 午前回終了
    • あかね「今日はありがとうございました。まだDCDも稼働中なので、楽しんでいってください」
    • ゆい「こんなにたくさんの人に来てもらって、アイカツフレンズ!は愛されているんだな、と感じました」
  • 午後回開始
    • あかね「○○(聞き逃した)なので、大阪に来られてとても嬉しかったです」
    • ゆい「2階までこんなにたくさんの人たちに来てもらって嬉しいです」
  • 午後回終了
    • あかね「アニメの放送も始まりますので、よろしくお願いします」
    • ゆい「私のつたないコミュニケーション能力で上手く伝えられたかわかりませんが、これからもよろしくお願いいたします」

アイドルカードお渡し会は、各回150人でしたが、大体20分程度で終了です。いただいたサイン入りアイドルカードは、後日クリアハードケースに入れて、大切にしています。

  

あと、先行稼働イベントとは関係ありませんが、せっかく大阪に行ったので、アイカツ!の聖地とも言える日本橋のnamcoに行ってきました。アイカツスターズ!の巨大看板を拝み、店内は圧巻のアイカツスターズ!DCD6台が整列する光景。他にも垂れ幕やポップなど、随所にアイカツ!でした。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


テヅカツ!を鑑賞してきた

 

2018年03月31日、手塚治虫記念館で開催されているテヅカツ!を鑑賞してきました。アイカツ!シリーズ5周年記念企画の一環です。会期はもう少し長いのですが、ちょうど関西方面に行く動機が幾つか揃ったので、この機に行きました。

入口からアイカツスターズ!のキャラクターパネルたちが迎えてくれます。たまたま日が重なったのですが、この日はアイカツスターズ!のオーディオコメンタリー上演日なので、アイカツ!目当ての人が多いです。残念ながら、自分は抽選申込み締め切り後に知りましたので、そちらは見られません。

    

1階の常設展示を見た後、2階の企画展示へ。こちらがテヅカツ!のメインエリアになります。歴代のポスターやアニメの原画、歌唱担当の衣装、キャラクターのサイン一覧、作中のブランドやユニット紹介、グッズ類の展示があります。歴代ポスターとか、どれも懐かしいですね。他にも、全話のリストと各話で使用された楽曲リストと言ったデータ系展示や、フィッティングルームのパネル模型、スターライト学園の学生寮のいちごさんのお部屋再現展示などもあります。お部屋の再現はこれまで見たことがないので、特に新鮮でした。このように、様々な種類の展示が満遍なくあって、良いと思います。

展示エリアにはDCDも設置されていましたが、アイカツスターズ!の方は2台ともインク切れで停止中でした。みんな本気出しすぎ。アイカツ!の1台は稼働中でした。

 

一通り見終えた後は、スタンプラリーに挑戦します。地下1階から2階までの3フロアを回って、いちごさん、あかりさん、ゆめさんのスタンプを集めて、無事コンプリート。なお地下1階にもキャラクターパネルがあるので、お見逃しなく。

最後は2階のお土産コーナーで、コラボグッズであるクリアファイルと缶バッジとメイゲンステッカー、アストロボーイのゴーブルを買いました。

こうしてテヅカツ!を満喫したわけですが、展示自体はそれほど大ボリュームというわけではないので、長くても30分あれば十分に見られると思います。手塚治虫先生に関する常設展示と併せて楽しむのが良いですね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


アイカツ!in富士急ハイランド

アイカツ!シリーズ5周年記念と一環として、富士急ハイランドとアイカツ!のコラボレーションが、2017年12月17日から2018年03月31日まで開催されました。どこかのタイミングで行きたいと思っていたところ、2018年03月10日にラジカツスターズ!の公開録音が富士急ハイランドで行われることになり、この機会に行ってきました。

公開録音は11時30分開始なので、それに間に合うように家を出ました。南武線で立川まで行き、そこから中央線と中央本線で大月まで行き、富士急行線に乗り換えて富士急ハイランド駅で下車。3時間くらい掛かります。遠い……

入口から、アイカツ!シリーズ5周年の横断幕があって、テンションが高まります。まずは公開録音イベント会場のあるマッドマウス前のステージへ向かいました。

あにてれによる収録とラジカツスターズ!による収録の二本立てで、最初はあにてれ収録のトークショーが繰り広げられます。長机が3台配置され、AIKATSU☆STARS!の皆さんとSTAR☆ANISの皆さんがそこに座ります。トークの内容は、富士急ハイランドで遊んだことと、先日のアイカツ武道館の感想です。内容はそれぞれ番組で放送されたので、詳細は書きません。普段はアイカツ!のステージドレスでの姿を見てきたのに対し、今回は私服?なので、不思議な感覚でした。同時に、先日のアイカツ武道館ライブで、歌唱担当卒業なんだな、と改めて感じました。30分の休憩の後、今度はラジカツスターズ!の公開録音が始まります。トークのテーマは先程と同じですが、話の内容は少し変えてきていて、飽きさせません。私たちAIKATSU☆STARS!です!のコーナーはやっぱり面白いですね。今回は存外るかさんの答えがまともでした。そんなこんなでうかうかすると時間はあっという間に過ぎ去り、最後は全員であいさつして、いよいよ本当に終わりなんだな……と思いました。

番組で放送されているので書かなくて良いかと思いつつ、手元にメモがあったので、幾つかピックアップ。

  • 世界の中心は~富士急ハイランド!
    • 客席の女の子が「ここね!」って言ってて、正解
  • スケートで、最初は一緒に滑ってくれてたのに、途中で手を離してしまうななせさん
    • ななせさんは二枚刃ではなく一枚刃
  • アイカツ武道館のライブでは、リアルアイカツシステムでの早着替えがすごかった
  • (これまでの活動を振り返り)うかうかすると過ぎ去る時間!
  • せなさんのS4制服は、るかさんから衣装を受け継いだけど、靴は入らなくて、ななせさんから受け継いだ
    • どさくさに紛れて足が大きいことが公表されたななせさん
  • 一瞬大きな音に驚いた感じのみきさん
  • 進行はななせさん。カンペの指示もななせさんに飛ぶ
  • あいさつの時、順番を勘違いされてしまったみほさん

このイベントの数週間後に放送されたラジカツスターズ!の最終回で、5年後の富士急ハイランド同窓会の話が出たので、もしかしたらもしかするかも。

      

さて、この後は富士急ハイランドを楽しみます。まずはアイカツ!スタンプラリー。バラエティーズで台紙を買い、園内各所を回って、スタンプを集めます。ローラさんが灯台下暗しで少し苦労しました。各キャラクターがそれぞれオススメしているアトラクションがあるのですが、やっぱり美月さんの鉄骨番長が一番のヒットでした。

  

その後はポンポンクレープでいちごクレープを買います。先に食券を買ってから並ぶスタイル。ポンポンクレープの台紙は別に渡されるので、自分で巻きつけて完成です。紙は汚さずにお持ち帰りも出来ます。

それからクールジャッパーンのところで、水しぶきに虹が架かることに気づいたので、スタンプラリー台紙と一緒に撮影してみました。Message of Rainbowですね!

さて、所用のために、再入場手続きをしてから一旦園外に出ます。目的はアイカツ!ラッピングトレインの撮影です。運行予定が公式Twitterで公開されていたので、事前に待機し、無事収めることが出来ました。ちょっとシャッタースピードが足りずにブレちゃいましたけど。

再び入園したら、Meat×Meetにて遅い昼食。それから、アイカツラッピングが施された大観覧車シャイニングフラワーに乗ります。行列が短くなるのを待っていましたが、なかなか短くならないので、並んでしまいました。

 

自分が乗ったゴンドラは、ドリアカ仕様のゴンドラ。外装も内装もラッピングされています。なお、全てのゴンドラがアイカツ!ラッピングされているわけではなく、全体の半数未満の全14台です。アイカツ!ラッピング専用の待機列があるので、確実にラッピングゴンドラには乗れますが、どれに乗るかは運次第。順番や絵柄については、アルバムのほうをご覧ください。

だいぶ日も傾いてきました。絶叫系に何か1台くらい乗るつもりでしたが、時間が足りませんでした。そそくさとバラエティーズに向かって、スタンプラリー達成の記念品受け取りと、お土産を購入します。お土産は、コラボグッズであるクリアファイルとクリップセットを買いました。

富士急ハイランドを出たら最後のお楽しみであるアイカツ!ラッピングトレインへの乗車です。夕暮れ時なので薄暗く、ラッピングトレインの撮影が難しくて、これはちょっとしくじりました。ただ公開録音や園内のイベント、ラッピングトレインの運行時刻を考えると、明るい時間は時間的に厳しかったのです。

   

車内は全てアイカツ!シリーズの広告で埋まっており、夢の空間。一般利用客もいるので、好き勝手に撮影することは控えましたが、圧巻でした。外装のラッピングは大月駅停車時にいくつか撮影。先頭の方は照明が明るいので、きれいに撮れます。河口湖駅は照明が暗いので、厳しかったです。

こうしてアイカツ!三昧の一日が終わりました……と思ったのですが、中央線が大幅遅延して、なかなか帰れません。何だかんだで日が変わる手前になってしまったので、勢いでヒトカラに行き、アイカツ!曲を歌って、今度こそ本当に締め。移動に疲れましたが満足の一日、行って良かったです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。