「 伊倉愛美 」一覧

イクライブVo.4~あらけずりのイクラ

2019年12月18日、恵比寿天窓Switchで開催された、イクライブVo.4~あらけずりのイクラに参加してきました。Peatixの整理番号はわりと早い方でしたが、開場時間には間に合わず。ちなみに”Vo.4″は”Volume 4″のことだと思いますが、正式表記に倣っています。

ホール外に展示されていた千葉テレビからのフラスタを撮影。”真奈美”は、触れてはいけないところです(笑。他にも何点か届いていましたが、ホール内での展示であり、ホール内は撮影禁止となっていたので、写真はありません。

ドリンクバーではスクリュードライバーをオーダー。席は50席ほどで概ね埋まっていました。自分はステージ向かって左壁側の端っこに座りました。いつもだいたいこの位置かも。

物販は開演前にタオルを買い、終演後にガチャ1回とチェキ券1枚を買いました。

さて、今回のライブの感想ですが、事前の予告通り、オリジナル曲が大半を占めるライブとなりました。従来の伊倉さんのライブは、カバー曲がメインで、オリジナル曲が数曲入る構成でしたが、今回のライブではその比率が逆転していました。

曲のセトリは控えていないので、正確ではありませんが、とりあえず下記は歌ったはず。ご本人か、公式スタッフか、ファンのどなたかがセトリを上げてくれるかな、と甘えていたら、どこにも上がっていませんでしたorz

  • ダイニングダイアリー
  • 砂の城
  • REIWA (ウクレレ)
  • 上着着てない
  • CANVAS

オリジナル曲が増えてくると、この曲は特に好き、とか出てきますね。今回のライブで色々聴いていて、数曲そうした曲があったのですが、タイトルがわかりません^^;

イベントの構成面では、これまで曲の幕間に寸劇を演じることが多かったですが、今回はそれらが主に映像作品に替わっていました。映像作品だからこそ表現できる面白い内容に仕上がっていました。年齢詐称疑惑のコント?が一番面白かったです。

客席参加型の要素は、「2週間で10kg痩せるダンス HANDCLAP」を会場の皆でやろう!と言うコーナーがありました。しかしこれ、大半の動きが客席のスペースでは不可能という。計算済みなのか天然なのか(笑

ちなみに、今回のイベントから新キャラクターすじこちゃんが登場しました。なぜか伊倉さんと同時には出演してくれません。なんでだろう???(すじこちゃんヴォイス)。これは、サーモンエッグ師匠、浪漫ちす子さんに続き、伊倉さんとの共演NGが新たに増えてしまった予感。

チェキ会では、横浜以来と言うことをお伝えして、それからすじこちゃんのぬいぐるみが気になったので質問しました。その結果、すじこちゃんのぬいぐるみは既製品ベースではなく、知り合いの方に作ってもらったオリジナルとのことでした。

次回のワンマンライブは、2020年3月31日の予定です。2020年2月4日には、バースデーイベントのディナーショーもあるとのことです。


Butcher Republicで伊倉愛美さんライブ

2019年12月02日、タイトルの通り、横浜の赤レンガ倉庫にあるレストラン、Butcher Republicにて、伊倉愛美さんのライブがあったので、参加してきました。平日のブッキングライブは都内で開催されており、職場の地理的な都合上参加が難しいのですが、横浜なら行ける距離なので月曜から参加した次第です。

19時と20時の2回公演で、もともと19時に間に合うように行くつもりでしたが、打合せが長引き、20時回にギリギリ間に合わないタイミングで到着です。入口でライブ目的か訊かれたので、Yesと答えたら、チームイクラの名刺?と貰いました。席に着いたら、料理を注文して、既に始まっていたライブを鑑賞。

  • 最初?の曲何でしたっけ……
  • 2: ラブソング
  • 3: ダイニングダイアリー
  • EN: ユアバースデイ

遅れて会場入りしたこともあり、最初のほうはあやふやです。他のところも、現場でのメモではなく、帰宅後のメモなので、万が一間違っていたらすみません。来歴やワンマンライブ告知などのMCを間に挟みつつ、およそ20分のライブ。雰囲気の良いお洒落なお店で、美味しい料理を食べながら、素敵な歌や演奏を聴ける贅沢な時間です。終演後は各テーブルを回って、軽くお話する時間があります。

その後はチェキ会へ。レストランのテラスへ移動し、みなとみらいの夜景と共に撮影しました。チェキではとても撮れないので、tommyさんの一眼で撮影していただきました。すっごくきれいに映っています。

食事を終えてレストランを後にしたら、赤レンガ倉庫前でイクラチャンネルの配信を見てました。すぐ近くで配信していると思うと、不思議な感じですね。次のライブは、2週間後の恵比寿でのワンマンライブになります。楽しみに待っています。


真夏のイクランチ

2019年8月24日、原宿ファニスペースで開催された伊倉愛美さんのファンクラブイベント「真夏のイクランチ」に参加してきました。前回は旅行で参加できなかったので、前々回ぶりになります。恒例のお寿司は、購入制になっていました。お寿司は無事完売。

さっそく伊倉さんが登場。iKRのカラフル女っちのTシャツを着ています。イクランチなので、まずは「いただきます」のご挨拶。挨拶の後、撮影用いただきますタイムが設けられました。

  • マイミュージック(オリジナル)
  • 大喜利紹介(1)

お題は「夏なのに冷や汗」。怖いのが本当に苦手で、学生の頃に男女で行く肝試しも、本当に行かなかったそうです。後は実際に体験した心霊現象として、神社の近くで季節外れなトレンチコートを着たおじさんがいたけど、しばらくしてふと見たら、消えていた、と言うお話。お察しの通り、心霊現象のつもりが変な感じの話になってしまいました。伊倉さん曰く、誰かにばっと見せて、去っていったのかなあ。

  • ラブソング(オリジナル)
  • 大喜利紹介(2)

お題は「この人絶対夏生まれでしょ、と思う人」。伊倉さんが例として挙げたのは、松崎しげるさん。

  • 即興ソングコーナー

客席からのお題に合わせて、即興で歌を作るコーナー。伴奏も即興です。1曲目は”高田馬場、かき氷、タピオカ”、2曲目は”アフリカ、お寿司、ソーラー発電”でした。”アフリカ”は最初”コンゴ民主共和国”だったのですが、「ほんごう?」と伊倉さんの知識範囲外でしたので「却下で」の結果、”アフリカ”となりました。

そして”ソーラー発電”については、完成した歌詞について”ソーラー発電ってそういうことじゃ……”とツッコミが入るも、「そういうの受け付けていませんから」とピシャリ。

即興曲と言えばあの方、サーモンエッグ師匠が懐かしいのですが、「久しぶりにオファー出してみる」とのことでした。

  • PRIDE(今井美樹)

ここからリクエスト曲を2曲。1曲目は伊倉さんも好きな今井美樹さんの曲からです。有名な曲なので、こちらは自分も知っています。

  • なんでもないや(RADWIMPS)

この歌は映画「君の名は」の挿入歌ですが、伊倉さんはこの映画を3回見たそうです。1回目は映画館、2回目はニューヨークへ旅行した際の往きの飛行機、3回目はは同旅行の帰りの飛行機です。帰りの飛行機では、前の座席の人が見ているのを、座席の隙間から見ていたとのこと!3回目なので、音が聴こえなくても台詞を覚えているのだそうです。当然、じゃあ自分の席のモニタは何が映っているんだ、と言う話になりますが、前の席のモニタに集中していたから覚えておらず、たぶん飛行機の経路マップとのこと。

そして色々とお知らせ。既報の”未完の贈り物”や音楽イベントに加え、9月21日にファンクラブイベント”イクラBAR”の開催が発表されました。会場はfCafeとなり、これまでとは違うタイプのイベントになるようです。自分はその日大阪に滞在中なので、残念ながら行けませんorz。

2020年の年末に300人キャパの会場でライブを開催することが目標とのこと。一方で、こうして皆と会える機会も作っていきたいとのことでした。

  • 砂の城(オリジナル)

ウクレレ演奏しながらの歌唱でした。

  • CANVAS(オリジナル)

初めての曲はやはり別格ですねえ。

  • 雨のキッスに花束を(今井美樹)

アンコール曲は、再び今井美樹さんの曲でした。

終演後はいつも通りチェキ会。しかし、同会場で次のイベントの開始時間が近いため、設営を進めるために、チェキ会は正面ではなく、会場の端の方で行われました。前々回ぶりなので、オリジナル曲が増えていて驚いたことを、お伝えしました。

イクラのチェキブックが着実に埋まっていくけど、1回のイベントで1枚しか撮らないので、ようやく半分くらいです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


伊倉愛美『初めての新曲発表会』

2019年6月8日、原宿ファニスペースで開催された、伊倉愛美さんの『初めての新曲発表会』に参加してきました。17時30分開演予定でしたが、15分押しの17時45分開演となりました。

席数は全部で15席くらい。半分ずつで前後列配置です。4席に1テーブルくらいの配置で、テーブルの上にはお菓子が用意されています。ドリンクは販売制。アルコールもあります。夜開催でしたので、アルコール(ハイボール)にしました。

なお、ライブの様子は、PeriscopeとFaniconで生配信されます。Periscopeの方は誰でも見られるので、URLを貼っておきます。Periscopeが前半3分の2程度、Faniconが後半3分の1程度の割合です。Faniconの方が望遠です。ということで、レポートでは詳細まで書きません。

新曲発表会なので、基本ライブなのですが、普段ファンミーティングを行なっているファニスペースということもあり、どちらかと言うとファンミに近い雰囲気です。ご本人もイベント中にそのようなことを言われていました。

  • ライブ:REIWA

まずはウクレレ弾き語りの「REIWA」を披露。それから、事前にTwitter上で募集していたメッセージの紹介。事実上の大喜利大会です。

  • メッセージ紹介:こんな天気予報は嫌だ

色々なメッセージ(ネタ?)が紹介されます。唯一こちらだけ応募したのですが、不採用。

  • ライブ:レイニーダンス

初めて本格的に自分で作詞作曲した曲と言うことで、レイニーダンスの披露です。まさにこの時季にピッタリですね。なお、ステージのテーブル上にあった玉子状のものは、マラカス?でした。曲の中で、シャカシャカ振ります。

  • メッセージ紹介:「雨で良かった~」どんな時?

再び色々とメッセージが紹介されます。

  • ライブ:夜空のムコウ

伊倉さんが好きだと言う川村結花さんが作曲された曲と言うことで、披露。確かに夜空のムコウは、作詞のスガシカオさんはフューチャーされることが多いですが、作曲の方はあまりフォーカスが当たらない気がします。

  • メッセージ紹介:今年の夏、絶対やりたい事

Twitterで募集した内容と順番が異なっているので、会場が少しざわつきます。すかさず伊倉さんから、新曲発表へ繋げるために、わざと入れ替えたとのフォローが入りました。伊倉さんが素で間違えた可能性を捨てきれない伊倉ファンの皆さん。唯一ネタ色が薄いメッセージですが、ネタは投入されました。

  • ライブ:Here There

川村結花さんの曲です。知らない人もいるかと思いますが、良い曲なので聴いてください、と披露。

  • メッセージ紹介:衝撃の新曲!なんて曲?

新曲発表の場を盛り上げるべく、多くのネタが投入されます。この後は新曲発表へ。全部で2曲あります。タイプの違う2曲とのことです。

  • ライブ:虹色のシャボン
  • ライブ:あなたの傘に入りたい

「虹色のシャボン」はしっとりバラード系で、「あなたの傘に入りたい」はアップテンポ系。最初曲名だけ聞いた時は、何となく逆に思っていました。新曲は歌い方に気合が篭っているのが伝わってきます。「あなたの傘に入りたい」の方が、これまで伊倉さんが作ってきた曲と近い雰囲気があり、安心感はありました。でも新しいタイプの曲も、どんどん聴きたいですね。

終演後、会場から上がるアンコールコール。アンコールは特に予定していなかったと思うのですが、アンコール対応してくれました。出だしで少しミスがあった「あなたの傘に入りたい」をもう1回歌いました。

アンコールの後は、チェキ会へ。タイプの違う新曲2曲を聴けて良かったと、感想をお伝えしました。本イベント限定のステッカーを持って、撮影してもらいました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


平成最後のイクライブ!~ヒット曲で時代とイクラを振り返る~

2019年4月28日、代官山ノマドで開催された「平成最後のイクライブ!」に参加してきました。

レギュレーションは特に説明がなかった気がしますが、従来通りなら撮影は可能のはずです。でも今回はプロの撮影したライブ写真を販売(20枚セット各部別売り)していましたので、今後のライブでは撮影禁止になっていくかもしれません。暗所なので撮影条件は厳しく、プロの撮影した写真は、当然ながら自分で撮影した写真よりも格段にきれいでした。

物販は、2ndシングル「上着着てない」、平成最後のTシャツ(M)、ライブ写真セット(第2部)を購入しました。平成最後のTシャツはLサイズが完売御礼で、Mサイズになりました。一応着られるはずだけど、そこそこピチピチになりそう(笑。物販コーナーの向かい側には、お花が飾られていました。

第1部

第1部は17時開場、17時30分開演です。少しのんびりしていたら、開場時間に間に合わず、整理番号6の利を活かせないで、最後の着席。着席2列目は、視界が微妙ですね。前の人の隙間から見えますけど、視野は狭くなります。当然着席している分、足が楽なのはうれしいです。

17時30分くらいになると、伊倉さんがステージ奥からのそのそっと登場して、ステージ上で使うと思われるティッシュケースを小道具箱に入れに来ました。特に登場時の挨拶もなかったので、一旦退場するのかと思ったら、まさかのそのまま開演。平成最後もイクライブらしい、ゆるゆるっとした形での開演です。

  • 1. REIWA (伊倉愛美)

まずはウクレレ弾き語り。時代を感じるフレーズが色々出てきます。

さて、ここで魔法のステッキについて説明。カードキャプターさくらのステッキ、懐かしいです~。平成の名曲を歌うと、平成の著名人に変身できる魔法が使えるそうです。使用回数は4回まで。魔法を使うためには呪文を唱えなくてはいけません。そのフレーズは「ヘイ!セイ!ヘイ!セイ!ジャンピングゥー!」です。Hey!Say!JUMPは無関係。恥ずかしくない人は、一緒にご唱和くださいとのこと。

  • 2. Diamonds (プリンセスプリンセス)
  • 3. ラブリー (小沢健二)
  • 4. アジアの純真 (PUFFY)

「Diamonds」はMDに入れてコンポで聴いていたなあ、と懐かしく思いました。アップテンポで盛り上がりますね~。伊倉さんの言っていた通り、平成と言うより昭和のイメージが強いプリンセスプリンセスですが、こちらの曲はギリギリ平成に滑り込みです。「ラブリー」は知っているけど、個人的にはあまり馴染みがないかなあ。「アジアの純真」は流行っていたのを良く覚えています。歌番組でも頻繁に流れましたね。

さて、平成の曲を歌ったので、魔法が使えます。魔法を使って降臨したのは、Mr.マリック。「きてます、きてます」のフレーズと共に、マジック3本を披露していました。失敗……?と思わせておいて、成功という演出。本当に失敗したんじゃないかと思わせる伊倉さんの演技力(?)に脱帽です。余談ですが、心の中で「きてます、きてます」だけど、上着は着てないんだよなあ、と勝手に面白がっていました。

  • 5. 残酷な天使のテーゼ (高橋洋子)
  • 6. White Love (SPEED)

エヴァンゲリオンは、中学生でアニメリアタイと言うど真ん中の世代です。鉄板ですね~。伊倉さんが言っていた通り「碇シンジ育成計画」でした。「White Love」も流行りましたね。当時は「Body & Soul」の方がイメージ強かったのですが、今だと「White Love」の方が強いです。

そして再び魔法が使えるようになりました。今回降臨したのは、ズバリ言うわよ、の細木数子さん。タブレット端末を使っての占星術。6月26日でしたっけ、何か良い日らしいです。その日にライブやってー、と言う声が会場から上がっていました。

この後はウクレレを手に取り、即興ソングを歌います。会場から2つの言葉を貰って、それらを歌詞に含めて歌います。挙がった言葉は「花粉症」と「竜巻旋風脚」です。「竜巻旋風脚」が何なのか分かっていない様子でしたが、見事歌いきりました。曲名はズバリ「竜巻旋風脚」。

  • 7. チェリー (スピッツ)
  • 8. カブトムシ (aiko)

ここからはウクレレライブ。ゆったりと聴かせる曲です。伊倉さんの趣味を感じる選曲。

  • EN. 上着着てない (伊倉愛美)

「上着着てない」の曲自体は先月のファンミーティングでお披露目済みですが、編曲版はこの日が初披露。想像を突き破るアップテンポなカッコいい仕上がりとなっており、震えました。

終演のあいさつ。ライブは儚い、と言う名言が出ました。準備は長い時間を掛けて行なってきたのに、ライブ本番はあっという間に終わってしまうからです。作り手の素直な感想に、確かにそうだよなあ、と思いました。

終演後はチェキ会に参加。夜は全部違う曲になるのかお聞きしたら、全部違う曲をやるとのことでした。楽しみ~。なお、セトリボードを持って写真を撮ってくれるのですが、チェキ写真だとさすがに字が潰れてしまい、読むのが難しい^-^;

第1部のセットリストは、平成の前半がメインでした。

第2部

第2部は、20時開場、20時30分開演です。今度は開場前に着いたので、整理番号の恩恵を受けます。第2部では着席ではなく、立ち見を選びました。と言うわけで、立ち見の最前確保です。

  • 1. 世界にひとつだけの花 (SMAP)
  • 2. 気まぐれロマンティック (いきものがかり)
  • 3. CHE.R.RY (YUI)

「世界にひとつだけの花」来ました!平成を代表する曲の1つですね。

そして魔法が使えるようになりました。この度降臨したのは、小泉純一郎元首相です。小道具は使わずに、”感動した!”だけでやり通しました。平成の振り返りで、伊倉さんのてれび戦士時代の話が出てきましたが、”てれび戦士時代楽しかった?”との問いに、楽しかったと答えていたのが印象的でした。天てれを見ていた当時、その時のてれび戦士の気持ちをこうして聞ける日が来るなんて思ってもいなかったですしねえ。

  • 4. くちびる (クリーミーパフェ)
  • 5. 恋するフォーチュンクッキー (AKB48)

続いては、アイドル曲が2曲続きます。アイドル時代は伊倉さんの平成を振り返る上で、重要な1ページだと思うので、こうして平成最後のライブで「くちびる」が歌われたのは、良いなあ、と思いました。「恋するフォーチュンクッキー」は、振り付けやってね、とのことでしたので、伊倉さんの真似をして、できるところだけやってみました。

そしてこれが最後の魔法、降臨したのは美輪明宏さん。タブレット端末を使っての占星術タイムです。途中から喋りが美輪明宏さんだか誰なんだか、分からない感じになっていました(笑。美輪明宏さん、特徴的な喋り方だけど、いざ物真似で喋り続けるとなると、難しそう。

この後は、ウクレレを使って、即興ソングです。お題は「10連休」と「昇竜拳」になりました。10連休で昇竜拳を練習する歌の誕生です。”昇竜拳を君に~♪”で終わっていたら、昇竜拳を食らわせにいったみたいで面白いな、と思いました。

ところで、即興ソングと言えばサーモンエッグ師匠ですが、今回はお目見えしませんでした。浪漫ちす子さん含め、いつか期待したいオールスターズ。

  • 6. 鱗 (秦基博)
  • 7. マリーゴールド (あいみょん)

ウクレレライブで2曲歌いました。こちらも伊倉さんの趣味を感じますね。

  • 8. REIWA (伊倉愛美)

第2部では「REIWA」が最後になっていました。

  • EN. 上着着てない (伊倉愛美)

アンコールは同じく「上着着てない」です。本日のライブで、色々な曲を歌う伊倉さんを見てきましたが、やはりこの曲を歌っている時が、一番気持ち良さそうだなあ、と思いました。

 

終演のあいさつ。大まかな内容を、箇条書きで記します。

  • 本当にやりたいことって何だろう、と考えたときに、出てきたのが音楽。
  • 最初はギターから始めて、今はウクレレをやっている。楽器ができる人には憧れる。これまでにピアノを習ったり、学校関係で琴を習ったりしてきたけど、長続きしなかった。
  • クリーミーパフェは音楽を好きになる原点。ももクロ時代のことの方が世の中への露出は多いけど、クリーミーパフェの思い出の方が多い。

終演後はチェキ会に参加。「色々な曲が聴けて楽しかったです」とお伝えしたら、「もっとオリジナル曲も増やしたいです」とのこと。これは令和時代に期待ですね。

第2部のセットリストは、平成の後半がメインでした。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。