Home > Tags > テクニカルエンジニア(ネットワーク)

テクニカルエンジニア(ネットワーク)

テクニカルエンジニア(NW)~まとめ

ようやく合格できたテクニカルエンジニア(NW)について、まとめたいと思います。

まず勉強法ですが、昨年以前の段階で、書籍による知識の蓄積は済んでいるため、問題演習が中心になります。全体の9割ほどを、問題演習に投じました。今回の勉強時間は、下記のとおり、およそ75時間です。

問題演習 64.75時間
テキスト 9時間

使用したテキストは、下記のとおりです。

  • ITECネットワーク予想問題集2006
  • ITECネットワーク本試験問題2008
  • 向友館ネットワーク合格への道2005

ちなみに、最初に買った日経の「ネットワーク完全教本」は、個人的にお薦めできません。内容が古く、かつ細かく、試験対策本としてはどうかな、という感じです。あまりにスマートな内容も考えものですが、重厚すぎる内容もまた同じです。人にもよるでしょうが、この本を最初に読むと、この試験に対する苦手意識が植え付けられる気がします。少なくともうちはそうでした。参考書選びの重要性を教えてくれた、まさに反面教師ですね。

勉強のスタイルは、平日に30分程度の細かい時間を確保して、午後1の大問単位でちまちま進めました。午後2は、休日に時間をとって解きました。午後2の試験時間は2時間ですが、実際に解くのは1時間くらいで済むので、それほど時間の確保は難しくありません。

そして、勉強を進める上で大切なのは、勉強した内容(時間や対象)を記録しておくことだと思います。こうした定量的な情報は、後々の分析材料として、自分の糧になりますので、 損はないと思います。

テクニカルエンジニア(NW)~合格発表

秋の情報処理技術者試験の合格発表が、12月15日にありました。結果は、下記のとおり。

午前 650点
午後1 655点
午後2 610点

というわけで、無事合格していました。この試験は、ずいぶん長いこと受け続けてきたので、素直に嬉しいです。昨日は、軽く祝杯でもあげたい気分でしたが、仕事が多忙で叶わず。

自己採点では、午後1が5割程度だったので、厳しいかと思いましたが、蓋を開けてみたら、午後2のほうがギリギリでした。自己採点では、8割弱でしたが、もっと厳しくつけないと、いけないみたいですね。

過去の受験記録は、こちらにまとめてあります。2002年度から7回目、本腰入れてから4回目にして、ようやくたどり着きました。制度改編により、「テクニカルエンジニア(ネットワーク)」になった翌年から受け続けて、再び「ネットワークスペシャリスト」に戻る手前の今年に合格とは、ちょっとした因縁を感じます。

何にせよ、今年は、長年受からなかった高度区分に、春期秋期ともに合格という、神風の吹いた年でした。この勢いを、来年も維持していきたいです。

以下は余談です。今回の合格発表は、かなりドキドキでした。受験回数や、費やした勉強量に対するプレッシャーが、結構ありました。たぶん、これまでの情報処理技術者試験のなかで、一番勉強したと思います。発表当日は、職場の昼休み時間に、IPAのサイトで再読み込み連打。まず合格者番号の一覧を見て、それから成績照会しました。小心者なので、いきなり成績照会する勇気がなかったです^-^;

勉強時間の累計などは、別途まとめたいと思います。

テクニカルエンジニア(NW)午後自己採点

試験センターから午後の解答例が発表されたので、自己採点してみました。結果がわかった後では、採点しない気がしたので。ちなみに、配点はTACの解答例を参考にしました。

結果は、以下のとおりです。

科目 厳格 通常
午後1 67/150 79/150
午後2 152/200 160/200

甘めの採点は、意味がないのでしていません。見てのとおり、午後1が危ないですね。午後2はそこそこ採れていますが、問題が簡単だったため、微妙なところです。

ただ、実際に採点をしてみると、意外とケアレスミスをしていることに、気がつきます。○○性の○○の部分に「機密性」とか書いてしまったり(「性」が重複)^-^;。まあ、解答を問題用紙に転記するさいにミスした可能性もありますが…

これまでは、結果通知前に、午後の自己採点をすることはありませんでした。しかし、今回は逃げることなく、現実を見ようということで、採点してみました。

テクニカルエンジニア(NW)~受験感想

情報処理技術者試験を受けてきました。科目はテクニカルエンジニア(ネットワーク)です。

試験の朝、思ったとおり体調はいまいち。風邪薬を持参することにしました。今回の会場は、ドア2ドアで30分ちょいの近所なので、8時30分手前に家を出発です。教室は、うち的には珍しく大教室でした。ノートを見ながら軽く復習して、午前試験に備えます。

で、午前試験。これは既にIPA公式回答で自己採点を行ない、82%取れていることを確認済みなので、問題なしです。ネットワーク関連と、後半にある法令関連が主な間違い箇所です。正直、法令関連のところはもう覚える気がないです(苦笑

で、10時40分くらいに終わったのですが、席が三人掛けの真ん中なので、出られません。こういう配置は止めて欲しい…。仕方ないので、机に突っ伏して寝てました。退室可能時間の直前に、右隣の人が出たので、慌てて退室。おかげで、最後の受験番号記入確認を忘れてしまいました。まあ、大丈夫だと思いますが。

さて、試験後寝てたおかげか、若干頭の疲れは取れました。というか、まだ風邪薬が効いていないだけと思うけど。昼食は隣にあるダイエーへ。はないちもんめにて、ロースカツ丼セット。昨年と同じメニューです。

午後1試験、ちょっと昼ごはんを食べ過ぎた感が…。とはいえ、タイムアタックでそんなことを気にしている余裕もなく。ぱっと見て、一番オーソドックスだった問1は選択確定で、最初は様子見で問3を解きました。続いて問1、最後に問4という順番です。問2は、光ファイバと、見慣れないSONETという言葉を見た時点で捨てました(苦笑。光ファイバについてはそれなりに耐性つけたつもりなんですけどね~

各大問の感想。問1はオーソドックスな内容で、過去問をやっていればかなり解きやすかったと思います。ただ、言いたいことを文章にするのが少し難しかったです。問3は何となくわかったのですが、問題文を掴みきれないところがいくつかあり、微妙です。ちなみに、設問3(2)aは8秒なんて書いてしまいました。下のほうに改善結果が10秒とか書いてあって、ありえん…。問4はう~ん?といった感じでした。レイヤ2主体の問題ってあんまり警戒してなかったですorz

休憩時間。ちょいと頭が痛いです。知恵熱なのか風邪なのかわからず、微妙。チョコとか糖分補給に買っておくべきでした。

続いて午後2。どちらも避ける決定的要因がなく迷いましたが、問2を選択しました。前回のDBで問2を選択していたので、げん担ぎです。結果、感触としては予想以上に簡単だったような気がします。

とりあえず、午後2の結果はどうあれ、書ききった感はあるので、気分良く帰りました。午後1については、忘れよう。…と言いつつ、午後1突破して午後2で引っかかったこともありましたねぇ^-^;)。

さて、春に向けてエンベデッドの参考書でも買いますか。

テクニカルエンジニア(NW)~過去問を解く

試験直前ということで、過去問の残りを解いています。既に解いていた平成17年度を含め、直近3年分の午後問題を一通り解き終えました。解いていて感じたことは、各選択問題によって、それなりに難易度差がありますね。特に午後1は、あの短い時間でどう見極めるかが、重要になりそうです。

また、午後2は、一旦方向を勘違いしてしまうと、そのままずるずる引きずられてしまうのが怖いな、と思いました。何となくあっていると思っていた平成19年度の午後2問2が、明後日方向でボロボロだったり。午後2は時間がある分、少しでも自分で怪しいと感じたら、再考したいと思います。問題文が長いので、着目するところを間違えると、いくら考えてもピンボケな回答しか出なかったりしますしね。。

また、解答の精度を上げるためには、一度出した答えに対して、その結果どうなる?と考えると、より正解に近づける気がしました。例えば、「ルーティングテーブルのサイズが大きくなるため」という解答を、「ルータの負荷が増すため」という解答に、昇華できたりします。答え合わせをしていて、そういう箇所が数点あったので、気をつけたいと思います。

午前問題については、平成17年度だけ解いてみましたが、47/55問なので、とりあえず大丈夫かと思います。

あとは、これまで間違えた箇所をノートに書き出して、電車内で復習とかしていました。内容は順不同で脈絡がないですが、実際に解いたものなので、吸収されやすいです。内容的にも濃縮エキスのようなものですし。

これまでの勉強時間の累計は、70時間です。まあ、これだけやっても、問題の引きが悪ければ、どうなるかわからないのが試験の難しいところ。とりあえず体調が気がかりなので、明日は風邪薬を持参します。

Home > Tags > テクニカルエンジニア(ネットワーク)

メタ情報
素材拝借元
参加ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 資格ブログへ

Return to page top