「 プロジェクトマネージャ 」一覧

プロジェクトマネージャ(12年度)~合格発表(その5)

受験番号を控えていなかったので、合格発表から少し経っての結果確認です。ドキドキしながら照会すると、無事合格でした。

午前1 免除
午前2 84
午後1 71
午後2 A

前回の経験から不安のあった午後1ですが、突破できてよかったです。しかし、自己採点90点に対して、実際の点数が71点ですから、やはり手応えがあっても危なかったですね。プロマネは受験者数が多いためか、採点基準が厳しめの気がしてなりません。

今回の合格は、2年前の春にセキュリティで合格して以来、久しぶりなので、うれしいです。同時に、今回落ちたら失効していた午前1免除が、2年間延長されました。ほっと一安心です。

これで残る試験区分は、サビマネと監査とストラテジストになりました。いずれも論文試験になります。これまでの経験から、論文試験は勉強時間をとにかく増やしても、合格率の向上にはあまり寄与しないと感じています。暗記物ではないですしね。30~40時間を目処に、頑張り過ぎない程度で、進めていきたいと思います。

なお、みんなの受験記にも、受験記を書いておきましたので、ご興味があればご覧下さい。それほど丁寧には書いていませんが……


プロジェクトマネージャ(12年度)~自己採点(その4)

自己採点結果です。既に合格発表の時間を過ぎていますが、受験番号等を控えていないので、まだ確認していません。

【午前2】

84点で、無難に合格点でした。試験日当日くらいに採点済みでしたが、ブログに書き忘れていたみたいです。(H24プロジェクトマネージャ午前2自己採点簿

【午後1】

jitecの公式解答と、TACの配点をもとに、自己採点しました。結果は90点。しかし、前回は自己採点で合格だったけど、実際は落ちていたので、不安。少なくともここは突破して、苦手意識を持たないようにしたいです。(H24プロジェクトマネージャ午後1自己採点簿

【午後2】

例によって自己採点は難しいので、骨子を書いておきます。2ヶ月近く経っているので、細かいところはあやふやですが。

設問ア

プロジェクトの特徴

  • 旅行商品販売システムで、工数は、160人月
  • 顧客のキャンペーン戦略のため、1年後の稼働が必須

スコープの変更

  • 新しいタイプの商品に対応した、データフォーマットの変更が必要
  • 競合他社が新型商品を出したことによる、顧客の戦略変更のため

設問イ

プロジェクト目標への影響

  • データフォーマットの変更に伴うやり直しで、納期に影響

スコープ変更要否の検討

  • 参加者は、顧客の企画部長と担当者と自分
  • 稼働開始は遅延できない、新機能も必要
  • 検討の結果、一部機能を先送りすることで、スコープ変更に対応

設問ウ

成果物と作業の再定義

  • 成果物は統計管理機能を外し、新機能を追加
  • 追加となる作業は、新機能の外部設計と製造

スコープ変更の展開方法

  • 新機能の対応は、統計管理機能を担当していたメンバが担当
  • しかし、両機能間の難易度差が大きく、スキル面の不安があるので、同様機能の経験者をチームリーダとして配置

プロジェクトマネージャ(12年度)~その3

試験当日、今回も会場は流経大の新松戸キャンパスです。この会場の主な受験区分は、プロジェクトマネージャとデータベーススペシャリストでした。

【試験当日朝】

コンビニで午後2前の糖分補給用に、スニッカーズを購入。以前はゲン担ぎにキットカットを買っていましたが、ここ最近は効き目がないようなので…

【午前1】

免除。しかし、今回落ちると、次回から受けなくてはなりません。

【午前2】

新問は、わりと細かい用語を聞かれる印象でした。ただ、答えを推測できる作りの選択肢が多かったと思います。若干の不安を残しつつ、恐らく通過という感触を得ました。

【午後1】

選んだのは、問1(外部設計の状況確認)、問4(組込みシステム開発の結合テスト計画)です。問3はEVMの文字を見て捨てました。コストマネジメントには、どうもアレルギーがあります。問2は、プロジェクトの立て直しというテーマが、問1や問4に対して若干特殊に感じたので、外しました。

問1と問4ともに、1問を最後まで悩みましたが、えいやで書いた内容で大意はあっていたようです。もう少し丁寧に書けば良かった…。なるべく問題文のなかから答えを拾うことにこだわりすぎて、発想系の設問に対して慎重になりすぎた感があります。

全体の感触としては微妙。一応全ての解答欄を埋めましたが…。前回、自己採点に反して足切りだったこともあり、だいぶ不安があります。

【午後2】

問2(スコープのマネジメント)を選択しました。仕様変更は一番身近な話題ですし、書きやすいかと思いました。現に今の仕事が、客先に振り回されるプロジェクトだったりします。問1(要件定義のマネジメント)は、要件定義への馴染みが薄いこと、問3(利害の調整)は、膨らませるだけのネタが浮かばなかったこと、そうした理由から、外しました。

骨子の作成に20分掛けました。その後は、ひたすら文章に展開します。一度書いた文章は、一行以上は消さないようにしました。もし消したい場合は、後続の文章を使って否定の言い回しを入れるようにしました。とにかく時間が足りないので、書き直しという高コストなことは、極力避けます。あとは、文章を埋めるときに、変に骨を増やさないように注意しました。字数稼ぎのために新たな要素を入れたくなりますが、冗長であっても最初に用意した骨への肉付けに執着しました。

とりあえず規定字数を満たせたので、満足です。設問(ア)700字、設問(イ)900字、設問(ウ)800字で、合計2400字程度でした。午後1を突破して、何とか採点してもらいたいですね。

しかし、プロマネの論文は、内容はともかく規定字数を満たせるのに、サビマネの論文は毎回時間が足りなくなってしまいます。曲りなりにも、プロジェクトメンバとして、プロジェクトを眺めている効果でしょうか。

【試験を終えて】

合格発表日は、6月15日(金)です。午後1に自信を持ちきれないのが、歯がゆいですね。まあ、果報は寝て待てということで。それまでの間に、自己採点の記事を載せるかもしれません。


プロジェクトマネージャ(12年度)~その2

あっという間に試験前日です。これまでの勉強の内容をまとめてみました。

  • テキスト読み:694分
  • 午前2演習:120分
  • 午後1演習:699分
  • 論文演習:377分

というわけで、合計時間は1890分、31.5時間でした。論文試験の勉強時間としては、標準的な時間数です。続いて、勉強の具体的な内容について、順に書いていきます。

テキスト読みは、情報処理教科書を繰り返し読みました。この本は重要なことが濃縮されている良書です。冗長な部分がないので、読み飽きることがありません。ただ、1冊の書籍で網羅するには限界もあります。PMBOKのより詳細な内容や、プロジェクトマネジメントに関する用語について、ネットを利用して情報を整理しました。プロジェクトマネジメントは、IT業界だけの話ではないので、特に建設業界は情報が多くて、参考になりました。

続いて午前2演習です。解いたのは、H22、H23の問題と、高度共通のプロジェクトマネジメント編の問題。間違えたところだけ、後でやり直す方法で演習しました。なぜか、H21の問題を解くのを、忘れていました。

午後1演習は、ひたすら問題を解きました。1問あたり30分程度でこなせるので、気軽に演習できて良いです。解いたのは、以下の問題です。★印は、不正解が多かったので、2周目も解きました。問題は、新制度以降の過去問を中心に選びました。

  • H23-1/2/3★/4
  • H22-1★/2/3★
  • H21-1★/2★/3/4
  • H20-1★、H17-1★/3

午後2は、昨年書いた演習論文の読み直し、論文骨子作成演習、論文フル演習を行ないました。論文骨子作成演習は、30分程度で章立てベースの論文骨子を作成します。実際の試験では、30分も掛かっていてはアウトですが、この演習では時間を気にせずに、満足するまで書きます。一方、論文フル演習は、実際に2時間以内に、手書きで論文を書き上げます。

今回、論文骨子作成演習を初めて本格的に取り入れましたが、効果ありますね(結果は出てないけど)。論文において、与えられた問題から適切なストーリーを構成する力と、実際に文章に落としながら肉付けしていく力は、別物だと感じました。後者の力は、一旦身につけば、なかなか失われないものだと思います。一方、ストーリーを構成する力は、出題される問題に依存するので、随時鍛えていく必要があります。限られた勉強時間を有効に活用するためにも、今後は両者をバランスよく組み合わせた演習をしていきたいです。

以下、解いた問題。

  • 論文骨子作成演習:H7-1/2、H8-3、H22-1、H23-2/3
  • 論文フル演習:H21-1、H22-3

プロジェクトマネージャ(12年度)~その1

平成24年度のプロジェクトマネージャ試験に申込みました。2回目の受験になります。ちょうど今回で午前1免除が失効してしまうので、何とか合格したいですね。

前回は屈辱の午後1落ちでした。前々回は受験していませんが、午前2が難しかったと聞きます。その辺を鑑みると、前回は午前2が易しかった反動で、午後1の採点基準が厳しくなった気がしています。今年はどういう形になるのかわかりませんが、午前も午後も気が抜けません。

以下、学習計画について書きます。まずは学習内容です。

【午前】

  • 演習 (H21 H22 H23)。間違えた箇所を復習。0個になるまで繰り返す。
  • 試験とは直接関連しないプロマネ書籍を1冊読む。

【午後1】

  • 演習 (H23-1/2/3/4,H22-1/2/3,H21-1/2/3/4,H20-1,H17-1/3)。半分以上不正解の問題は復習。0個になるまで繰り返す。

【午後2】

  • 演習 (H21-23 のいずれか)。論文を5本書く。
  • 設定シーンごとの自分なりの必勝法を準備する。

続いて、マイルストーンです。

  • 午前の演習完了 3/11
  • シーンごとの必勝法準備完了 3/18
  • 午後1の演習完了 3/25
  • 午後2の演習完了 4/8
  • プロマネ書籍読了 4/14 (★読み物感覚なのでmustとしない)