「 LPICレベル2 」一覧

LPICレベル2~受験結果(その5)

2009年08月29日、柏で受験して、無事合格しました。201と202の同時受験です。

201(取得点:620、合格点:500)

Linux Kernel 70%
SystemStartup 100%
FileSystem and Devices 70%
Advanced Storage Device Administration 83%
Network Configuration 69%
System Maintenance 85%
Domain name Server 50%

202(取得点:540、合格点:500)

Web Services 66%
File Sharing 75%
Network Client Management 57%
E-Mail Services 71%
System Security 46%
Troubleshooting 57%

勉強方法は、翔泳社のLinux教科書を使いました。まず、テキストの内容を通読し、その過程で章末問題を解きます。そして、60問ある模擬問題を、201と202について解きます。章末問題は2回、模擬問題は3回(うち1回は、誤答箇所のみ)回しました。

他には、テキストの内容をベースに、自作問題集を作りました。問題を作る過程で発生した疑問は、ネットで調べて追記したりしました。だいたい150問弱になります。単に流し読みだけでは、なかなか定着しないと思うので、問題集として起こしてみました。

上記のような勉強を、6月末からのんびりと始め、8月に入ってから本格的に進めました。時間は23時間程度です。

試験の感想は、やはり難しかったです。Linux教科書でカバー出来ていたのは、半分強だと思います。その他の問題は、これまでの実機経験で多少補うことができました。まったく答えが想像できないものもありましたが、多くはこれまでの経験をもとに、ある程度答えを絞り込むことができ、助かりました。

また、事前に聞いていた話の通り、こんなオプションまで聞くの?という問題も散見されました。もちろん覚えておくのがベストですが、多少取りこぼしても、他でカバーできるかと思います。

あと、各分野ごとの重要度がLPICの公式ページに載っていますが、まったく当てになりません(苦笑。まさかDNS関連の出題が、あれほどとは予想外でした。軽視しては駄目ですね…

以上、受験報告です。Linux教科書(通称あずき本)を完璧にすれば、合格できると思います。ただ、問題数は絶対的に足りないので、教科書の内容から自作をするか、黒本などの問題集を購入をしないと、あまり余裕が持てないかと思います。あとは、実機経験があれば、それなりに助けになります。

なお、これで有意性期限は5年先なので、レベル3の受験は当分考えなくて良いかなあ、と思っています。

みんなの受験記にも書きましたので、良かったらご覧ください。


LPICレベル2~受験申込み(その4)

ダラダラと続けていると、後の試験勉強に影響するため、思いきって申し込みを済ませました。本当は今週末の日曜が良かったのですが、一足遅くて間に合わず、来週の土曜(8/29)となりました。当初予定より時間が増えた分、より確実にしたいと思います。

勉強の方は、あずき本の章末問題および201/202模擬試験問題を、2周しました。それから、LPIC公式の出題範囲とあずき本を照らし合わせて、不足している問題を、自作しました。自作した問題を解いて覚えることがメインですが、問題の作成作業自体が、結構勉強になります。あずき本で説明不十分だと感じたところは、問題作成時にネット上の情報を探して補うことで、自然と知識が拡充されます。

LPICはかなり範囲が広く、完璧にするのは難しいと思います。黒本を買ってカバー率を上げようかとも考えましたが、結局、あずき本を完璧にすることで、合格ラインオーバーを目指すことにしました。


LPICレベル2~その3

途中、201と202を別々に受験しようかと考えましたが、結局まとめて受けることにしました。わざわざ二回行くのも面倒ですし、別々に受けるのは、片方終わったら片方忘れることを宣言しているようで、微妙だからです^-^;。それに、万が一落ちた場合のモチベーション低下も気になりますし。

とりあえずあずき本は一通り問題を解き終えました。三周くらいして、完璧にしたいです。その後は、オリジナル問題を作成しつつ、理解を深めていきたいと考えています。

また、出題範囲ごとに重要度が決められているので、その情報も活かして、問題演習のバランスを整えたいです。

なお、実機を触っての動作確認は、時間がかかるため、断念しました。分野ごとに、これまでの実作業経験を並べると、以下のような感じです。

  • Linuxカーネル:組み込み用途にカスタマイズしたカーネルの構築を、仕事で実施
  • システムの起動:仕事でも趣味でも、サーバ管理作業のなかで実施
  • デバイスとファイルシステム:サーバ管理作業のなかで、触り程度に実施
  • 高度なストレージ管理:まったく経験なし
  • ネットワーク:サーバ管理およびアプリケーション開発で実施
  • システムメンテナンス:開発作業、サーバ管理作業で実施
  • DNS:自宅サーバでDNSサーバを構築・運用中
  • Webサーバとプロキシサーバ:Webサーバは自宅サーバに構築・運用中。プロキシサーバは経験なし
  • ファイル共有:Sambaを立てる程度。Windows側は理解なし
  • ネットワーククライアント管理:経験なし(DHCPサーバ、PAM、LDAP)
  • メールサービス:経験なし
  • システムセキュリティ:ほとんど経験なし
  • トラブルシューティング:何となく実施

LPICレベル2~その2

近所の本屋で、翔泳社のあずき本を買ってきました。結構分厚いですね~。201と202をまとめて受ける予定なので、そこそこのボリュームをやりきらなくてはいけません。学習プランとしては、以下を考えています。

  • あずき本のテキスト部分を一周
  • あずき本の問題演習を二周
  • ウェブ上の無料問題を解く
  • 実機を触りつつ、自作問題集を作る

最後の項目は、できたらいいな程度に考えています。ちなみに、クラムメディアのようなカンニング問題集は使いません(笑)。勉強になりませんしね。

現在はあずき本を第3章まで読みました。普段の作業時には、各マニュアルを見ながら行ないますので、暗記している部分は少ないです。基本的なオプションであっても、日常的に使うもの以外は、覚えていないです。とはいえ、曲がりなりにも基礎知識はあるつもりですので、そこに継ぎ足していくような感じで、勉強を進めていきたいです。

…でも、もうすぐドラクエ9が発売されるので、勉強中断の予感も。


LPICレベル2~その1

以前に受けるのを止めたと書いたLPICレベル2ですが、受けることにしました。ネックとなっていた受験料ですが、うちの会社も経済情勢を色濃く反映して、とても出してくれと言える雰囲気ではありません。なので、諦めて自腹を切ります--;)

とりあえず参考書は翔泳社の通称あずき本を買う予定です。ただ、これだけでは不足らしいので、実機ベースでの知識もつけていきたいですね。201、202試験ともに、未経験の分野や、詳しくは理解していない分野が多いので、勉強が楽しみです。まあ、コマンドのどうでもいいようなオプションを覚えるのは楽しくないですが…

で、当面の問題は、本を買う場所がないことです。仕事の都合で、住居と通勤先が変わり、以前のように大型書店が通勤経路上になくなってしまいました。わざわざ交通費を出して買いには行きたくないので、Amazonで購入する予定です。そういえば、久しくAmazon使っていませんでしたねえ…