お出かけ一覧

アイカツ!シリーズ 10th Thanks Party<1st month>

2022年10月08日、東京ドームシティホールで開催された、アイカツ!シリーズ 10th Thanks Party<1st month>に参加してきました。前回こちらの会場に来たのもアイカツ!のライブでしたので、色々懐かしさが込み上げます。

会場に入ると、アクリルアートスタンドのサンプルが展示されていました。奥へ進むと物販コーナーがあります。

物販は事前通販で、「~エールをしゃもじに持ち替えて~」と「リング/ライト/キラリ(10thロゴ)」と「Future towel」を買いました。会場限定のキーホルダーは買えないかなあ、と思っていましたが、開場時間後に到着でも買えて良かったです。潤沢に用意していただき、ありがたいですね。しゃもじは鳴り物として使えて、リングは指に装着でハンズフリーで且つ色変更も可能なので、ライブでの実用性が高いです。タオルは使うタイミングを逃したので、次回以降で使いたいと思います。グッズを使う機会がたくさんあって良いです。

座席は第3バルコニーの3列目なのでわりと後方ですが、縦に伸びているのでステージはそこまで遠く感じません。

まずは、諸星すみれさん、下地紫野さん、霧島若歌さん、遠藤瑠香さん、がトークゲストとして登壇して、徳井十九役の松本健太さんが司会を務めます。

  • すみれさん、いちご役を演じたのは中学生だけど、オーディションを受けた時は小学生。アイドル役だからキラキラしていたほうが良いと思って、めいいっぱいお洒落して行った
  • 若歌さんがすみれさんの声を初めて聴いたのは、オーディションの時のデモテープ
  • 瑠香さんは紫野さんの声を、テレビのオンエアを見て初めて聴いた
  • 10年前の今日がアイカツ!のアニメ放送が始まった日。狙ったわけでもなく偶然に今日のライブの日と重なった
  • 松本さんがすみれさんに対して星宮さん、と呼び掛けてしまい、すみれさんと若歌さんの2人に呼び掛けたみたいになっていた

トークが終わった後は、記憶力クイズのコーナーへ。アイカツ!の1シーンからマニアックなクイズが出題されます。なかなかハイレベルで、自分は初手ではわかりませんでした。1問目は、いちごさんが電車の中でサインを書いたものは?で、正解は割り箸の袋。言われれば思い出すけど、初手では思い出せませんでした。2問目はジョニーチップスは何味?で、正解はめいたいハンバーグ味。これはヒントがいっぱい出たので、途中で何となくわかりました。一応本放送でも実況していました。

それから来年初春に公開予定のアイカツ!10th STORY映画の新キービジュアルが公開されました。

後半はライブパートです。「MY STARWAY」「星空のフロア」と、映画からの流れで熱いですね。そしてフォトカツ曲が多めの構成になっています。コロナ禍の影響で中止になったユニパレで披露予定だったとのことで、振り付けなど初見で新鮮でした。フォトカツから来ると思っていなかったので、聴いたことはあるけど何の曲だろう、しばらくなっていました。

「Poppin’ Bubbles」では振り付けコーナー。わー、もう何もかもが懐かしいです。振り付けは毎回なかなか覚えられず苦手ですが、何とかこなせました。「永遠の灯」は、ハロウィン仕様のあかりさんソロバージョンという変化球。その後はアイカツスターズ!曲へ。りささんがいることから予想はできましたが、トークがアイカツ!でしたので、予想外とも言えます。「始まりのLegend」は、先月リリースの10th Anniversaryアルバムからの新曲初披露。「チュチュ・バレリーナ」は、声出し禁止のおかげできれいなまま前奏を堪能できました。最後は、盛り上がり鉄板の「ダイヤモンドハッピー」。その後のアンコールに向けては、声が出せないので手拍子。プリティーのライブはアンコールがない形式なので、アンコール形式懐かしいです。曲は「カレンダーガール」と「アイドル活動!」の王道でした。最後は恒例の「アイカーツ!」で締めですが、会場は声が出せないのでポーズで代替します。若歌さんから「配信のみんなも、近所迷惑になるくらい、叫んでください!」と呼び掛け。近所迷惑にならない程度に、と想像していたら、ひっくり返されました(笑

セトリは以下の通りです。

  • MY STARWAY
  • Sunny Day Little Sunday
  • 星空のフロア
  • ショコラショー・タイム
  • トキメキアンテナ
  • Poppin’ Bubbles
  • 永遠の灯
  • 裸足のルネサンス
  • 始まりのLegend
  • Bon Bon Voyage!
  • The only sun light
  • チュチュ・バレリーナ
  • ダイヤモンドハッピー
  • [EN]カレンダーガール
  • [EN]アイドル活動!

終演後は、リング/ライト/キラリと会場を写真に収めてみました。こんな楽しいライブがあと3回、毎月続いて、そしてミュージックフェスタに繋がると思うと、ワクワクが止まんないっ、です。


「ヤマノススメ Next Summit」オータムフェス2022

2022年10月02日、飯能市市民会館で開催された「ヤマノススメ Next Summit」オータムフェス2022の昼の部に参加してきました。飯能までは2時間弱掛かるので、ちょっとした小旅行気分ですね。席は9列目の右側の通路席です。ステージまで近くて良席ですが、着席公演なので首だけ中央に向ける形になり、少し首が疲れます。ヤマノススメは今春の東京MXの一挙再放送から本格的に見始めましたが、ついにイベントに参加するまでとなりました。

公演の内容は以下の通りです。ステージセットは、秋山をイメージしたきれいな内容になっています。

  • 名場面トーク
    • サードシーズンまでのエピソードの中から、各キャストお気に入りのエピソードを紹介。
    • 先にエピソードが流れて、これを選んだのは誰ですか?という流れ。
    • だいたい皆さん自分のキャラクターのエピソードだけど、一部変則あり。
  • 見どころトーク
    • 上映会に移る前に、もっと話していたい~と、セットである後ろのテーブルに座ろうとする井口さん。
  • 第5話先行上映
    • OPやEDはなし。
    • サードシーズンまでと同様に1話は15分で、それぞれにサブタイトルが付いてる。
    • 「つづく」は後半のお話しか出ない。
    • ここな分岐。
    • 登山に対する姿勢を再確認できる良いエピソードだった。
  • 上映後トーク
  • バラエティーコーナー
    • ケーキをデコレーションするコーナーだけど、とてもカオスなことになっていた。
    • デコるために置かれていた小倉羊羹を見て、唯ちゃんグッズとか言い出したり。
    • 井口さんと阿澄さんがケーキにうまい棒ぽいものを刺し込んでいたので、後続の4人も紹介時に「あれ、何か刺さっていませんか?」の振りに、ポッキーやら刺し込んでいく展開に。
    • 自分は阿澄さんの、三角コーンを逆さまに被せるデコが好きだったんだけど、拍手はあまり伸びなかった。
    • ケーキは夢彩菓すずきさん提供。
  • 朗読劇
    • 原作者しろ先生書き下ろし台本。飯能市をジョーク交じりに紹介していく内容。
    • ひなたさんが餃子の満州について熱く語る。
    • 何だかんだでひなたさんはヒロイン。

ヤマノススメのイベントは初めてでしたので一応ペンライトを持っていきましたが、特に曲披露はなくトークイベントでした。

物販は、ヤマノススメ公式設定資料集と缶バッジ2個、Tカードを購入しました。缶バッジは2個ともほのかさん。これは群馬の山に誘われているのだろうか。

会場の隣にある飯能中央公園で開催されていたはんのう聖地いいもの市に寄って、かき氷を食べました。この日は天気がよく汗ばむ陽気でしたので、ちょうど良いです。そして公演内でもお知らせがありましたが、作品にも登場した木製遊具が老朽化のため撤去予定とのことで、その姿を見てきました。

せっかく飯能まで来たので、他にも緩くヤマノススメ探訪をしています。商店街を歩くと、通りの街灯にたくさんのヤマノススメNext Summitの旗が風になびいています。夢彩菓すずきに立ち寄ろうかと思いましたが、さすがに店内が混雑していたのでまたの機会に。その後は店頭のあおいさんパネルに惹かれて、伊勢屋にてにゅうめんと煮しめセットをいただきました。食事を終えて駅まで戻ったら、ひだまり山荘で速乾性タオルを購入し、あおいさんパネルやひなたさんパネルを見てきました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


Pretty Live!~All for One !!!~

2022年09月24日、中野サンプラザで催された「Pretty Live!~All for One !!!~」に昼夜公演ともに参加してきました。

昼公演はまさかの最前列!中央からステージに向かって少し右手で、席は中央方向に少し傾いています。ステージとは少し距離がありますが、それでも普通に表情とかよく分かる近さです。近すぎて大勢を視界に入れることが出来ないので、誰を見ようかという嬉しい悩みが生まれます。夜公演は1階席後方でしたので、全体を俯瞰できました。

いつも通り、感想などを箇条書きに書いていきます。まずは昼公演。

  • 小池みゃむさんの衣装のしっぽ、ピアノ線で背中から吊っていた
  • 小池みゃむさん、特にトークコーナーとか、もうそのまんまみゃむさんが画面から飛び出してきたような完全一致感がすごかった
  • 最初のMCコーナーで、”All for one”ということでデュオ中心と宣言した直後に、トライアングルが来て、ソロ……あ、トリオか、となった
  • 山北シオンさんと大地にのさんの間奏でのトークで、にの「プリティーなライブってどうやってやるんすか?」シオン「しおぽよ……ライブに集中だ!」のくだりが面白かった
  • 芹澤あんなさんが不在なので、会場のペンライトカラーを赤にすることで、Meltic StArが完成する流れ、スケジュール都合を逆手に取った演出だけど、まさに”All for One”だった
  • カーテンコールの司会は茜屋らぁらさんではなく、林みらいさんでもなく、伊達ゆいさんだった。
  • そういえば結構早い段階で「Make it!」が流れたので締めは何かな、と思っていたら、「Crew-Sing Friend-Ship」が来た。”ヨーソロー!”の振りが楽しい
  • MY☆DREAMが登場して、「Believe MY DREAM!」のイントロが流れて、そこからの「memorial」が始まる演出、これは強すぎる
    • プリティーシリーズのアニメ放送の一旦終了がアナウンスされた現在、さらにその意味を強く感じる

続いて夜公演。

  • ロマンチックなお手本の演出を、若井さらさん、森嶋めるさんにお願いするゴーゴー!マスコッツの皆さん。その結果、キラッCHUはMC担当、メルパンはパンパカパーンの効果音、そしてラビリィは入刀されてしまった……
    • 何を言っているのか分からないと思うが、おれも何が起きていたのか分からなかった
  • 同じネズミ同士ということで、キラッCHUとチムムの絡みが面白かった。引坂チムムさんのまさかの険しい顔芸に、ネズミ同士に因縁が生まれたのかと思われたが、キラッCHUの可愛さにやられてしまっただけ
  • カーテンコールで庄司あまねさんの挨拶を聞いて、腰砕けになる林鼓子さん。
    • その様子を見て、伊達ゆいさんから「それはみらいなのか?林鼓子なのか?」とツッコミを受ける
  • 庄司あまねさん、仲間の言葉は自分の言葉、として、昼公演で挨拶を伝えきれなかった藤寺あうるさんにバトンを渡して、イケメンすぎる

セトリは以下の通りです。

  • Magic×Color (鈴木杏奈)
  • OP映像
  • マジ・ワッチャパレード (まつり、みゃむ)
  • Brand New Girls (ブランニュー☆ガールズ)
  • ハートフルドリーム(MY☆DREAM)
  • Brand New Dreamer (らぁら、のん)
  • Make it! (らぁら、ゆい、みらい、まつり)
  • MC
  • かりすま~とGIRL Yeah! (トライアングル)
  • 【昼】ノンシュガー×フレンド (NonSugar)
  • 【夜】DAI!BOM!大冒険だいっ!! (NonSugar)
  • ゴー!ゴー!ゴージャス! (ちり、しゅうか)
  • 【昼】Darkness soul (ダークナイトメア)
  • 【夜】We are never ever (ダークナイトメア)
  • ぽわぽわ♡NURSE? (プリパラナース)
  • 以心伝心パンチライン (シオン、にの)
  • 【昼】MEMORIES FOR FUTURE -Ray- (Wだいあ)
  • 【夜】MEMORIES FOR FUTURE (みらい、だいあ)
  • ナレーション
  • 滲む、馨る (あうる)
  • イワナイ (みるき)
  • The Secret Garden (あまね)
  • Starlight! (ひな、チムム)
  • こんな世界に告ぐ (れもん、きゃろん)
  • MC
  • コトバ・ブーケ (リングマリィ)
  • La La Meltic StAr (さら、める)
  • A・B・C・Dいいね☆ダンス (ゴーゴー!マスコッツ)
  • MC
  • チェックワンツー (まつり、みゃむ、きゃろん)
  • ワッチャ!プリーズ!マジック! (まつり、ひな、みるき、れもん、あまね)
  • 【昼】乙女アテンションプリーズ (ミラクル☆キラッツ)
  • 【夜】SUPER CUTIE SUPER GIRL (ミラクル☆キラッツ)
  • MEMORIAL (MY☆DREAM)
  • MC (お知らせコーナー)
  • Crew-Sing Friend-Ship (全員)

物販コーナーでは、パンフレット1部と缶バッジ2個を購入しました。パンフレットは各シリーズからのキャストインタビュー記事が充実しています。缶バッジは、のんさんときゃろん氏でした。

ロビーには鈴木杏奈さんのCDポスターが掲示されていました。2枚それぞれ別のメッセージが書かれています。


CDTVライブ!ライブ!フェスティバル2022

2022年09月17日に東京ガーデンシアターで開催されたCDTVライブ!ライブ!フェスティバル2022Day1に参加してきました。出演は、アイカツ!シリーズ、アイドルマスター シャイニーカラーズ、ラブライブスーパースターの3番組です。実質バンナムフェスですね。例によって自分はアイカツ!シリーズが中心なので、感想もアイカツ!シリーズが一番多めです。

なぜか開場時間と開演時間を勘違いしており、家を出る直前に気づきました。何とかギリギリ開演直前に着席できました。席はアリーナBブロック19列目で、わりと遠めです。かろうじて表情の変化は分かるものの、スクリーンに頼ることが多いです。

オープニングアクトは、ラブライブスーパースターからです。出演はLiella!1期生です。「ノンフィクション!!」が来るとは思いませんでした。アニメは全話見ていますが他の媒体には触れていないので、他に知っているのは「START!! True dreams」です。あとでセトリを見たら、カップリング曲が多かったんですね。

続いては、アイカツ!シリーズです。出演はアイカツスターズ!の歌唱担当です。セトリは以下の通り。

  • アイカツ☆ステップ!
  • スタートライン!
  • Jewel Star Friendship☆
  • episode Solo
  • LOVE GAME
  • POPCORN DREAMING♪
  • ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン!~NEXT LAP~

出演メンバが、せなさん、りえさん、みきさん、みほさん、ななせさん、かなさん、るかさんなので、アイカツスターズ!編成だと予想していましたが、「LOVE GAME」が来るとは予想外でした。そして、その他の曲を見ますと、各カテゴリからの集大成のような内容ですね。「アイカツ☆ステップ!」は作品テーマ曲の位置づけで、「スタートライン!」はOP曲、「Jewel Star Friendship☆」はフォトカツ!曲、「episode Solo」はED曲、「POPCORN DREAMING♪」は映画曲、「ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン!」はラジカツ!曲です。バンナムフェスみたいにOPやED曲メインで来るかと思っていたので、こう来たかー、という感じの、なかなか考えられたセトリに思えました。

次は、3番組の代表者2名が登場して、3番組合同トークコーナーです。さすがにきっちり台本がある感じでした。

  • シャニマスとアイカツ!は、スミレさんつながりで、歌唱担当である藤城リエさんと、声優である和久井優さんだった。おお、そういう接点だったか
  • Liella!の、他のメンバーの振りを当人の前で真似したり、目の前で決め顔を見せたりのくだりが面白かった
    • Liella!って変なグループなんですよ、とのコメントに対し、皆がいやいや、という雰囲気の中、堀越せなさんがズバッと「変だと思います」
  • 代々先輩たちから受け継いでいるものについて
    • ラブライブ!は指で「L」のポーズ
    • アイドルマスターは指で作る翼のようなポーズ
    • アイカツ!は円陣組んでのアイカーツ!の掛け声
      • 今日は約4年半ぶりだったこともあり、失敗してしまった
  • 藤城リエさん、和久井優さんにスミレさんボイスで「リエちゃん、良かったよ」と言ってもらっていて、オタクしてた
  • これはトーク内容ではなくただの感想だけど、フェスゆえに他作品のファンのことを何て呼ぶか問題があるなあ、と思った
    • 公式なステージ上で、アイマスファンのことは「プロデューサーさん」と呼びやすいけど、ラブライブファンのことを「ラブライバー」と呼んでいいかは、確かに微妙なラインな気もする。一応公式が認めているとはいえ。アイカツ!の場合は「アイカツおじさん」になってしまい、これはよほど場を選ばないとアウトになってしまう

最後は、アイドルマスター シャイニーカラーズです。出演は、放課後クライマックスガールズとノクチルです。放課後クライマックスガールズは元気な曲が多く、ノクチルはクールな感じの曲が多く、各ユニットごとに個性があります。ユニットカラーがあるので、ペンライトの色も分かりやすくて良かったです。湧き水のくだりも鉄板なのですかね。

というわけで、3番組が出演するフェスを楽しみました。TBS主催なので、各ブロックの幕間にTBSの番組のCMがわりと長めに流れるのが印象的でした。


「オケカツ!」2nd Stage 10th Ver.

2022年08月30日、サントリーホールにて開催された「オケカツ!」2nd Stage 10th Ver.の昼夜公演を鑑賞してきました。もともと「オケカツ!」2nd Stageは2020年03月23日にミューザ川崎で開催予定でしたが、コロナ禍の影響で無観客収録となっていました。その時の内容をベースに、10th Ver.としてアレンジを加えたものが、今回の公演となります。平日開催ということもあってか、満席とはなりませんでしたが、夜公演は9割程度埋まっている感じでした。

昼公演はお土産付きのS席で、ステージから5列目の向かって左手側の席となります。表情まで分かる距離なのですが、端っこ側のためステージ中央を見るときに前列の人が被ってしまい、少し見づらかったです。

夜公演はP席の3列目でした。ステージを後ろ側から見るという、面白い席です。前側と音の聞こえ方が結構違いますね。こちらはステージまでの距離の近さに加えて、階段状になっているので、前列の人に被ることもありません。ただ後ろ側なので、表情は見えません。

今回10th Ver.として、アイカツプラネット!から登場した「HAPPY∞アイカツ!」は、アップテンポな原曲に対してバラード調のアレンジが為されており、新鮮でした。春に卒業式で流れてきそうな印象を受けました。後から盛り込んだという性質上、ショートバージョンのようでしたので、いつか長尺でも聴きたいですね。

そして歌唱ありの曲目、何だかすっかり聴いたつもりになっていましたが、生で聴くのは初めてでした。オーケストラとの共演ということで、バラード調の曲が多いですが、「ドリームステージ☆」のようにミュージカル調も曲もあり、アイカツ!らしく多彩な内容を楽しめました。ライブとは違った楽しみ方ができます。

そして生で聴くことを特に楽しみにしていた、パイプオルガンによる「チュチュバレリーナ」の演奏です。どこまでも強く伸びていく音色に聴き入りました。続くゴシックメドレーも、音圧に圧倒されますね。オーケストラとの相性も良さそうですし、荘厳な様子が伝わってきます。

最後は、10周年を記念した「アイカツ!シリーズ10thオーケストラパラフレーズ~SHINING LINE*」です。アイカツ!シリーズの様々な楽曲からモチーフを取り出し、散りばめられています。聴いていて分かる部分もありますが、全部は分かりませんでした。正解は、公式レポートに掲載されています。

アンコールは、今夏公開された劇場版アイカツ!の主題歌である「MY STARWAY」でした。おお、仕事が早い……!全然予想していなかったので、この曲聴いたことあるけど何の曲だっけ……?となってしまいました。そしてフィッティングルームのメドレーと続き、最後は「アイドル活動!オンパレード!ver.」を、MCを務めた逢来りんさんを加えた6名全員による歌唱でした。アンコール豪華すぎです。ところでカーテンコールなどの諸々の流れを見ていますと、歌唱担当のリーダーポジションは、りささんのようですね。

そして、りんさんによるMCで特に印象的だったのは、やはり「Moonlight destiny」の紹介時です。小学生の時に欲しかったけれど手に入れられなかったコーデへの思いを、「ロイヤルムーンコーデが欲しくて欲しくて」と熱弁していました。自分はボトムスだけ持っていた気がします。

ちょっとしたハプニングとしては、昼公演で、りんさんがMC登場時に立ち位置を間違えて、数歩後ろに戻ったり、夜公演では、カーテンコールで、りすこさん、りえさんが退場のタイミングを間違えたりなどありましたが、諸々含めて楽しかったです。

グッズ

お土産付きのS席チケットでしたので、キャンバスボードを貰いました。入場前に引き換えできます。そして昼公演の休憩時間でパンフレットを購入しました。その他のグッズ類はアスマートで販売されています。

曲目

前半

  • カードもともだち!
  • 君のEntrance
  • ひとりじゃない!
  • 【昼】アイカツフレンズ!BGMメドレー
  • 【夜】アイカツスターズ!BGMメドレー
  • 【夜】裸足のルネサンス
  • ドリームステージ☆(歌唱:かな)
  • Happy∞アイカツ!

後半

  • アイカツ!BGMメドレー
  • 【昼】Precious(歌唱:りすこ)
  • 【夜】Moonlight destiny(歌唱:りすこ)
  • チュチュバレリーナ
  • 【昼】荒野の奇跡
  • 【夜】Dreaming bird
  • 絆~シンクロハーモニー~
  • 【昼】硝子ドール
  • 【夜】永遠の灯
  • いばらの女王
  • タルト・タタン(歌唱:りえ)
  • 【昼】STARDOM!
  • 【夜】カレンダーガール
  • 【昼】The only sun light(歌唱:りさ)
  • 【夜】Forever Dream(歌唱:りさ)
  • 輝きのエチュード(歌唱:わか)
  • アイカツ!シリーズ10thオーケストラパラフレーズ~SHINING LINE*

アンコール

  • MY STARWAY
  • 芸能人はカードが命~SHINING ROAD~カードもともだち!
  • アイドル活動!オンパレード!ver.(全員歌唱)