「 2020年05月13日 」一覧

ロードバイクのタイヤ交換(GRAND PRIX 5000)

ロードバイクのタイヤを交換しました。10数年前に購入以来、一度も換えておらず、微細なひび割れも見られるので、換えることにしました。

路面にダイレクトに接地するパーツだけに、乗り心地に直結してきそうです。その割に、ロードバイクのパーツとしては価格帯が高くなくて嬉しいです。

どれにしようか悩みつつ、選んだのは、CONTINENTALのGRAND PRIX 5000です。タイヤとしては高価格の部類に入ると思います。1本で8,000円強で、前後輪なので2本購入です。10数年前は23Cが主流でしたが、現在は25Cが主流のようです。GRAND PRIX 5000も25Cになります。

タイヤ交換後の試走は出来ていませんが、接地面積が大きくなることによる安定性に期待しています。現状ですと、時速30km台後半を超えると、車体の横揺れが気になり少し怖いので、これがどんな感じになるかと確かめたいです。あと、滅多に行きませんが、ダウンヒルでのコーナリング時の安定性にも期待がもてます。

作業メモ

  

以下は交換作業のメモになります。タイヤというと固いゴムのイメージでしたので、小さなパッケージに折り畳み状態で収納されていることに、まず不思議を感じました。開梱して広げていくと、緩やかにタイヤの形状になっていきます。とはいえ、これまで使用していたタイヤのような硬さはないので、性質が違うタイプなのかな。

チューブの空気を抜いて、既存のタイヤ(Vittoria TOPAZIO)を外します。チューブ交換のときはそのチューブはもう使わないので雑にやっても良いですが、今回は再利用するので慎重に進めます。

それから新しいタイヤをホイールにはめます。普通に装着しようとすると、片側が入ったら反対側が抜けますので、入った部分を地面に置いて固定して、反対側に当たる上の方を、両手で思いきり引っ張って、ホイールにはめます。両端がはまれば、残りの中間部分は簡単に手で搔き込めます。

タイヤの片側がホイールに装着できたら、チューブをいれます。チューブには軽く空気を入れて、輪っか状の形態にしておきます。ホイールの穴にバルブ部分を入れにくいですが、タイヤを斜め上に思いきり引っ張って、バルブを入れる隙間を作ります。その後はチューブをタイヤの中に収めていきます。

そして最後の難関、タイヤの反対側をホイールにはめる作業です。チューブをリムとタイヤで噛まないようにはめ込んでいきます。残り30cmくらいになると、ゴムとの戦いになります。ここはとにかく力技ではめるしかありません。両手の親指で押し上げるように、或いは引っ張るようにします。少し離れた2点に力を入れたり、両手で1点集中してやったりしましたが、上手くいったときの結果がまちまちで、どのやり方がベストなのか、よく分かりませんでした。とにかく指が滅茶苦茶痛いです。着脱を繰り返して、タイヤのゴムが多少柔らかくなれば、もう少しマシになるとは思いますが。

同じ作業を残りのホイールに対しても行ないます。一部が初作業ということもあり、1~2時間は掛かったので、時間のある大型連休中に試せて良かったです。