スポーツ・アウトドア一覧

スポーツやアウトドア活動など。

由布岳登山

2022年11月06日、由布岳に登ってきました。もともとこの日は登山の予定はなかったのですが、復路便を翌朝の便にしたことでお尻に余裕があり、宿泊している湯布院からも比較的近いことから、計画に組み入れました。

バスターミナルからおよそ10分程度で由布岳正面登山口に到着します。道中にトイレはないので、ここで済ませておきます。準備を終えたらいざ出発。

しばらくは平坦な道を歩きます。周りには草原が広がっており、正面にはこんもりお椀型の飯盛ヶ城と雄々しい由布岳の姿が見えます。季節柄、花はもう楽しめないかと思っていましたが、足元にはリンドウなど幾つかの可憐な花々を見ることができました。とにかくこの辺りは眺めが良くて、つい写真を撮ってしまいます。しかし、少し経つと雲が出てきて、日が陰ってしまいました。

草原のエリアが終わると、本格的に登山が始まります。紅葉した樹林帯の中を緩やかに登っていきます。木の根が出ていたり、岩が出ていたりしますが、基本的に歩きやすい登山道です。ただ登り始めなので、体が慣れるまではペースを調整しないと、息が上がります。そんな中、同じく登っている方とお話ししました。ただ自分は写真を撮ったりしながら好きなペースで登りたいので、徐々にペースをずらしました。

30分弱で合野越に着きました。ちょっとした広場になっており、休憩している人たちがいます。ちょうどこの辺りで日が差してきました。周りには紅葉している木々もあってきれいです。

まだそれほど疲れてもいなかったので、休止はせずに先へ進みます。ここからは山頂に向けて九十九折の道が続きます。地図で見た時は急登なのかと思っていましたが、全体的に緩やかな道でした。低いところでは紅葉を楽しめます。椛など赤い色が目立っていた気がします。

中腹を越えると、展望が開けてきて、飯盛ヶ城を見下ろせます。少し先には湯布院の街並みも見えます。

概ね歩きやすい道が続きますが、終盤になると岩場が出現し始めます。それほど難しくないですが、場所によっては手も使って登ります。九十九折の区間が終わると、岩場を直登してマタエに到着しました。

マタエからは、それぞれ左右に西峰、東峰へと続く道があります。あまり詳しく下調べはしておらず、西峰の方が険しいということを知っているくらいです。片方の峰だけにした方が時間的には良いですが、せっかくなので両方の峰に登ることにしました。

まずは険しいとされる西峰へ登ります。するといきなり岩登り。最初の取りつきのところが少し迷いましたが、他は特に難しくありません。そこから少し歩くと、最初の鎖場が登場します。足場もしっかりしていますし、だいぶ前に倒れているので、特に難しくありません。続いて2つ目の鎖場が登場しますが、こちらも同様で特に難しくありません。最後登りきるところで、前半分を岩で囲われた感じになるので、そこから空を見上げると新天地に行くようで楽しいです。

2つ目の鎖場を過ぎて少し下り、先へ進むと、核心部といえる3つ目の鎖場が登場します。ここは、障子戸と呼ばれています。これまでの前方向に倒れた岩場と違い、かなり垂壁に近いです。そして垂直に登った後、左へトラバースする必要があります。トラバースのための鎖は右方向にも少し出ているため、最初勘違いして右側に進み、行き止まりに突き当たっていました。そして高度感もそれなりにあり、結構怖いです。滑落したら即墜落死とはならなくても、大怪我必至ですね。ザックの重みで背中側が引っ張られる感覚は、ヒヤッとしました。今振り返れば戸隠山のほうが遥かにヒヤヒヤでしたが、今回は特段の覚悟がなかったために、何で登ってしまったんだろ……という後悔の念を岩壁の上で感じていました。

ここを越えたら、あとは多少のアップダウンを挟みつつ、西峰山頂へ向かいます。まあ、この道も周りが切れ落ちているところは、怖さはありますね。

そしてついに西峰山頂に着きました。道中の緊張のためか、結構長く感じました。ほっとひと息ついて、山頂からの景色を堪能します。別府湾などを望むことができます。そして東峰の様子も伺うことができます。西峰は先行者2名がいただけで後続の人は誰も来ませんでしたが、東峰には結構人がいました。

ここから東峰に向かうには、今来た道を戻る以外に、お鉢回りというルートがあります。しかしここから眺める限り、両脇が切れ落ちた登山道を進む必要がありそうで、なかなか厳しそうです。お鉢回りに入るルートも草が茂っており、破線ルート感がビンビンします。

というわけで、来た道を折り返してマタエに戻ります。往路ではミラーレス一眼を首から掛けていましたが、さすがに障子戸は少し怖かったので、余計な荷物は全て収納します。基本的に下りる方が怖いと思いますが、一度登ってきているルートの場合は勝手が分かっている分、気は楽でした。一箇所、ルートを誤りそうになったので要注意。見た目傾斜が緩やかな岩場方向に進みたくなるのですが、実際には傾斜が厳しい方に鎖場があるので、そちらに進むのが正解です。見た目緩やかな方は途中から厳しくなってくるので、進んでしまうと詰みます。

マタエまで戻ったら、東峰に登ります。こちらは岩があったり、急勾配だったり、マタエ以前の登山道に比べたら大変ですが、一般的な登山道です。特に鎖場もないので気楽に登れました。10分ほどで、東峰山頂に到着です。

東峰の山頂付近は岩場となっており休憩しづらいので、少し手前にある広場で休憩します。西峰では晴れていたのですが、東峰ではすっかりガスってしまいました。できれば晴れた状態を堪能したかったのですが、晴れそうな気配がないので諦めます。ここで昼食用に持ってきたパンを食べました。

この後は往路と同じ道を通って下山します。西峰と東峰の両方に登ったら、想定よりも時間が押してしまったので、急ぎ足で下ります。大分空港方面直通のバスに乗りたいのが理由です。マタエを過ぎて九十九折の道に入ったらとても歩きやすいので、かなり早歩きで進みました。途中鹿に遭いつつ、1時間ちょいで下山完了しました。

下山後はタクシーで由布院駅前バスセンターに移動し、ぎりぎり大分空港行きのバスに乗れました。まあ、乗れなくても何とかなる旅程でしたので、両方の峰を攻めてみましたが、ちょっと時間の見積もりが甘かったな、と反省しました。

今回の山行データは以下の通りです。

距離8.58km
山行時間3:45:12
経過時間4:32:43
高度上昇737m

西峰からマタエへ戻るまでの区間は測定ボタンを押し忘れていたので、抜けています。なので実際の距離と山行時間は、もう少し長いです。高度グラフの垂直に落ちている部分が該当箇所です。そして下山は急いでいたこともあり、上りの倍くらいのペースとなりました。

最初は平坦な草原歩き、その後は歩きやすい登山道、マタエ直前で岩場が出てきて、東峰は本格的な登山道、西峰は高度感のある鎖場といった感じで、同一コース内で難易度のバリエーションが豊富な山だな、という印象を受けました。由布院の街から近いこともあり、とてもカジュアルな装備で登っている人たちも見かけますが、西峰に行って大丈夫かな、とは思いました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


久住山登山

2022年11月05日、久住山に登ってきました。前日に祖母山へ登っているので、竹田市拠点が便利かと考えていたのですが、公共交通機関でのアクセスが難しいので、別府まで移動することにしました。別府から牧ノ戸峠までは、九州横断バスで移動します。約2時間掛かりますが、予約制なので確実に座れます。久住山登山のコースはピストンです。最初は、くじゅう登山口に下りてコースにバリエーションを持たせようかと思いましたが、下山後に行きたい場所があったので、短い時間でピークハントできる牧ノ戸峠のピストンにしました。

バスで牧ノ戸峠に着いたら、牧ノ戸峠レストハウスで色々買い出しします。全国旅行支援のクーポンを使いたかったので、1,000円以上をまとめて購入しました。内容は全て飲食物です。

準備ができたら登山開始です。最初は結構な急勾配の舗装路を登っていきます。上り坂で且つ一定間隔で大きめの段差があるので、ペースを上げると体力を奪われます。この坂を登りきると、展望台スペースがあります。ベンチなどもあるので、休憩に持ってこいです。

この先の上りは傾斜が緩やかになります。右手に目を遣ると、ススキ越しに見渡せる久住高原が気持ちよいです。朝方は結構冷えたようで、足元の木道には霜が降りていました。

少し進むと徐々に岩場が目立ってきます。それらをよじ登っていくと、沓掛山の山頂に到着です。これから進む高原の景色を眺めることができます。真っ赤に紅葉している木々もありますが、落葉している木々も多いですね。

沓掛山の先は、しばらく平坦な道が続きます。全般的に見晴らしも良く、気持ちの良いトレッキングです。時折現れる低木の間を縫うような道は、道幅が細くなりますが、それ以外は道幅も広くて追い越しもしやすいです。木々の紅葉や草紅葉を楽しみながら、扇ヶ鼻分岐、星生分岐を越えて、久住山に向かいます。

しばらく歩きやすい道が続きますが、徐々に岩場が現れます。岩場を越えると、低木の樹林帯が出現します。そちらを抜けたら、眼下に大きな広場が見えます。ここが久住分れになります。岩場を下って久住分れに向かいます。こちらには避難小屋があり、併設のトイレも利用可能です。

久住分れを出発したら、岩交じりのザレ場を登っていきます。そこまで急勾配ではないので、登りにくさはありませんが、一応足を滑らせないように注意しながら登ります。中岳方面との分岐点に着いたら、右手に向かって久住山山頂を目指します。

ここから岩場登りとなりますが、区間はそれほど長くありません。登りきると、その後はまっすぐ奥の方へ進みます。地面はありますが、ルートによっては岩の上を歩いていく、ちょっとした岩稜帯のようにもなっています。

そしてついに久住山山頂に着きました。標高1,786メートル。天気が良いので最高ですね。青空の下で絶景を望みます。山頂からは、久住分れからも見えた大きく凹んだ部分がよく見えます。火口跡だったりするのでしょうか。少し先では硫黄山が噴煙を上げている様子を望むことができます。

山頂部分は広いですが、岩場なので休める場所は限られます。通行の邪魔にならないちょうど良いスペースを見つけて、そちらで休憩します。ザックを下ろしたら、登山前にレストハウスで購入した山賊にぎりやパンをいただきます。山賊にぎりは1個のおにぎりの中に4種類の具が入った豪快なおにぎりです。

山頂を満喫したら、次は中岳に向かいます。もともと行けたら行く予定でしたが、時間的に余裕がありそうなので向かうことにします。一旦久住山を下山して中岳との分岐点まで戻ったら、そのまま中岳へ向かいます。ここからザレ場の下りが少し続きます。

一番低いところまで下りたら、再び登ります。真っすぐ正面に見えるのは天狗ヶ城で、こちらを経由して中岳に向かうこともできます。ただし縦走する形になりますので獲得標高が増えます。時間になるべく余裕を持たせたいため、高低差の少ない久住御池の畔を歩くコースにしました。

天気が良いこともあり、御池の水面は青く染まっていて美しいです。天狗ヶ城の姿を映し込んでいます。道は平坦ですが道幅が狭く、両脇の低木の枝が引っ掛かって、地味に歩きにくいです。御池のすぐ傍を歩くコースもありますので、そちらの方が歩きやすいかも。

道は明瞭ですが、分岐のところで道を間違えて避難小屋まで出てしまい、少し大回りとなりました。中岳手前で岩場登りとなりますが、比較的短い時間で登りきれます。

というわけで、九州本土最高峰である中岳に登頂しました。山頂は岩が多く、それほど広くありません。景色を堪能したら下山します。

と、ここで、スマホがポケットにないことに気づきました。ザックの上蓋の中など思いつくところを捜してみますが、見つかりません。久住山の山頂でスマホを岩の上に置いていたので、そこに置き忘れた可能性が高いです。というわけで、久住山に再登頂へ向かいます。

さすがに時間の余裕がないので、急ぎ足。そのせいで、岩とかに脚をぶつけて、擦り剥きなどの軽傷を負いました。そして久住山との分岐の少し手前に来たとき、ふとザックの上蓋ではなく、中にあるのでは、と思って確認したところ、無事発見。あー、登る前に気づいてよかったー。

というわけで、ひと安心して下山します。久住分れに向かう場合は巻き道がありますので、久住山と中岳の分岐点まで戻る必要はありません。久住分れに着いたら、膝の擦り剥きによる痛みが少し気になるので、絆創膏を貼っておきました。

その後は来た道を戻っていきます。時間も余裕がありそうなので、景色を楽しみながら歩きます。とはいえ、平坦で歩きやすいので、ついつい歩くスピードは上がってしまいます。季節柄花はほとんど咲いていませんが、ミヤマキリシマの花が一輪だけ咲いていました。今の時期、気が早いのか、遅いのか。

14時45分くらいに、展望台へ着きました。展望を楽しみつつ、ベンチに腰かけて休憩します。お菓子に買ったかりんとうをボリボリと食べて、かぼすジュースで喉を潤します。ひとしきりまったり過ごしたら、急坂を下って登山口に向かいます。急で且つ途中に段差が続くので、膝へのダメージが蓄積されます。下山後は、バスに乗って牧ノ戸峠を発ちました。

今回の山行データは以下の通りです。

距離11.72km
山行時間4:03:27
経過時間4:53:48
高度上昇737m

基本的に平坦な区間が長いので、距離が伸びていますが、時間や獲得標高はあまり伸びていません。がっつり登るのは、登山口直後と各ピークに取り付く手前くらいです。ただし、印象としてはそのような感じでしたが、高度グラフを見ますと平坦だと感じていた区間もそこそこ登っていたようです。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


祖母山登山

2022年11月04日、祖母山を登山してきました。祖母山には公共交通機関がありませんが、竹田市の予約制乗り合いタクシーであるカモシカ号ユネスココースを利用できます。片道1,200円で、早発と遅発の往復合わせて4便があります。早発同士の組み合わせでも現地滞在時間は8時間程度ありますので、余裕を持った山行が可能です。

6時30分すぎに前泊した宿をチェックアウトして、豊後竹田駅に向かいます。途中にあるコンビニで朝食と昼食を調達予定でしたが、営業時間が7時30分開始でした。いきなり想定外ですが、持参したゼリー飲料で乗り切ることにます。7時すぎ、豊後竹田駅前からカモシカ号に乗って神原登山口に向かいます。結構な距離を走りますね。メータータクシーだと料金がそれなりに掛かりそうです。

7時30分ごろ、登山口入口に着きました。準備を済ませたら、さっそく登ります。しばらくは車も走れる舗装路を登っていきます。両脇は杉林に囲われており、朝の静かな山行を楽しみます。やがて舗装路から登山道に変わります。

登山道に入ってからすぐのところに、一合目の滝がありますので、少し岩場を下って寄り道します。なかなか迫力があって涼しげです。その後登山道に戻って進んでいくと、程なくして一合目駐車場に出ます。

こちらにトイレがあるので、用を済ませておきます。ドライメッシュインナーを着忘れていたので、ここで着ておきます。それから、登山者数を把握するための手動カウンタを回して先へ進みます。少しの間舗装路を歩きますが、すぐに山道に入ります。岩場交じりの細い道を緩やかに登っていきます。

しばらく歩くと川沿いの道になります。辺りは紅葉していますが、まだ日が当たらない角度なので全体的に暗いです。しばらく進むと、正面に御社の滝が見えてきました。近くへ寄るには岩場の上を多少歩く必要があるので、手前から楽しみました。

落葉の季節なので、地面や岩の上や水面など、あらゆるところに落ち葉が積もっています。そんな道を歩いていくと、五合目小屋に着きました。五合目小屋はその名の通り五合目にあるのですが、山頂までの行程としては半分よりも相当手前です。

先へ進みます。だんだんと上の方には日が当たり始めて、紅葉や黄葉を照らしてくれます。ここまでは比較的緩やかな上りでしたが、次第に急登となっていきます。前述の通り、落ち葉の量がすごいので、少し広い場所に出ると登山道を見失うことが時々ありました。細いバリエーションルートもいくつかあるので、自分が今歩いているところが登山道なのか分からなくなったりします。そういう場合は、念のため落ち葉を足で掃いて確認しました。

日がさらに高くなり、ようやく木漏れ日が地面に届くまでになりました。紅葉がばっちり楽しめます。樹林帯ですが、木々の隙間から時折展望が開けます。ロープ場など数箇所岩場登りがありますが、さほど難しい場所はありません。一箇所倒木している木の下を潜り抜けたのですが、帰りに同じ場所を通ったら、すぐ隣に迂回路がありました。視点の違いか、注意力の散漫か、こういう細かい見落としはたまにありますね。

午前の山の空気を楽しみながら登り続けて、五合目小屋から約100分ほどで国観峠に着きました。ここは結構広めの芝生エリアとなっています。周囲は下り斜面ではありますが、木々が生えているので、眺望は若干微妙です。けれど開放的なエリアですので気持ちいいですし、休憩には持ってこいの場所です。でもベンチ等はないので、下り斜面に腰かける感じですね。

そんな中、周りの林に目を遣ると、鹿が2匹ほどいる様子が見えました。こちらに気づいていて、しきりに目が合います。とりあえず写真を数枚撮らせてもらいました。

延命地蔵尊に見送られつつ、先へ進みます。勾配が比較的緩やかな道が続きます。この辺りになると落葉している木々が多いですね。8合目、9合目と登っていき、北谷登山道との合流地点を越えたら、山頂はすぐそこです。

国観峠から40分ほどで山頂に着きました。山頂はあまり広くはありませんが、人の数もそこまで多くはなかったので、混雑は感じませんでした。適度に賑わっています。山頂には、山頂看板と祠があります。祠は、健男霜凝日子神社上宮と祖母嶽神社上宮だそうです。

天気は良いのですが、方面によってはややガス気味で眺望が白んでいます。しかし雲の流れが速いので、しばらく経つとガスが晴れて、はっきりとした眺望を得ることができました。遠くに見える山々の稜線や見下ろした先の紅葉などを楽しみます。下山の時間に余裕があることもあって、たっぷりと眺望を満喫しました。

下山は往路と同じピストンです。まずは国観峠まで下ります。往路ではあまり気になりませんでしたが、下山時は道が少し分かりにくく感じました。国観峠の先は急な下りとなります。落ち葉がたくさん積もっているので、足を滑らさないように注意が必要です。しかしながら、2回ほど尻餅を突いてしまいました。

ピストンなので登山時と基本的に同じ景色ですが、日が昇りきっているため、紅葉の見え方にも違いが出てきます。麓に近づくほど登山時にはまだ日が当たっていなかった場所になりますので、その分新鮮な景色に映ります。

15時手前にカモシカ号の発車場所に着きました。ベンチ等はないので、近くにある橋の縁に皆さん腰を掛けており、それに倣いました。来たときの便に比べて乗車人数が少なかったですが、別のルートに抜けるか、遅発便に乗るか、でしょうか。15時30分にカモシカ号で駅に向けて出発。これで今回の山行はお終いです。

山行データは以下の通りです。

距離12.41km
山行時間6:24:00
経過時間7:30:09
高度上昇1,190m

ピストン登山です。五合目小屋付近までは勾配もきつくなく、歩きやすいです。五合目小屋を越えて少ししたところで、急登が始まります。高度グラフでは少しだけ傾きが変わっていますね。全体的に人は多くなく、登りでは追い抜くことも追い抜かれることもなかった気がします。急登部分は下山時の方が大変ですね。落ち葉で滑らないように気を遣います。下りでは追い抜いたり追い抜かれたりでした。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ジム76日目~右肩の四十肩

2022年11月15日、BOULCOM川崎店でボルダリングを楽しんできました。2回目の来店です。この日は展示会へ行くために年休を取っており、少し安い平日昼間料金で利用できます。

昨年暮れから続いていた左肩の四十肩の症状はだいぶ収まってきたのですが、今度は右肩の方に症状が出てきました。というわけで本調子ではありませんが、あまり間隔を空けすぎてもなあ、と思い、とりあえず軽めに登るつもりでやって来ました。

最初はスラブ課題なら肩に負担が掛からなくて良いかも、と思ったのですが、肩が回らない方向へのムーブがあると、結局ダメですね。スラブ以外にも垂壁や100度くらいの被りでしたら、あまり負担なくいけそうなのでトライしました。ただ直近で違和感や痛みはなくても、肩に負担は掛けない方が良いと思うので、その点ではスラブの方が良い気がします。

課題は、最大で7級程度に抑えて登りました。平時なら確実に安定して登れるレベルにしておかないと、咄嗟の時に肩をあらぬ方向に動かして、悶えることになりそうです。

こういった登り方でも壁を登る楽しさは味わえますが、肩の可動域が限られていることで、課題を落とす楽しみは得にくいですね。早く四十肩が完治してほしいです。17時前まで結構空いてたので、腰かけてドリンクを飲みつつ、壁を見たりしていました。

なお久しぶりのボルダリングでしたので、前腕の筋肉痛は2日後に来ました。そして右肩の痛みは増したような気がします。自業自得……

今回のボルダリングデータは、以下の通りです。前述の通り、登れそうな課題しか登っていないので、Success Climbが多めです。

Total Time1:24:49
Total Climb12
Success Climb9

秋の竹林カフェ2022

2022年11月13日、久しぶりに竹林カフェまで走ってきました。曇天ですっきりしないお天気ですが、雨が降るのは夕方手前みたいなので、昼前に出発して雨に降られる前に帰宅しました。

いつもの場所から江戸川CRに入って、北へ走ります。程なくして見えてくる三郷流山橋は、ほぼ出来上がっている感じです。来春から通行できるようです。歩行者は無料ですが、自転車は20円の通行料が掛かります。流山橋からそれほど距離が離れているわけでもないので、江戸川CRをメインに走る分には、あまり利用するモチベーションがない気がします。

常磐自動車道の橋梁を抜けて走っていくと、右手に新川耕地が見えてきます。黄金色に色づいてきれいですね。運河河口公園を通り過ぎ、玉葉橋を渡って埼玉側に入ります。

アンダーパスを通ってさらに北へ進みます。越谷カントリークラブを右手に眺めつつ、ロードバイクを漕いでいきます。筑波山はうっすら見える感じですね。

野田橋手前で通行止めとなるので、横断歩道を渡って反対側の歩道に移り、野田橋前の交差点を渡ります。その後は路地を走っていきます。金野井用水路が目印になるので、適当に走っていても何となく分かります。用水路脇に植えられたキバナコスモスなどを楽しみます。そして大正大学の埼玉キャンパス方向へ右折して、竹林カフェ方面に向かいます。

12時30分すぎ、竹林カフェに着きました。竹のサイクルラックにロードバイクを止めます。今回注文したのは、りんごのシフォンケーキとホットコーヒーです。午後からの雨予報のためか、この日は結構空いていたので、背もたれ付きの席に座ってみました。

一服を終えたら、帰路につきます。往路では時折日も差していましたが、この頃になるとほぼ曇りです。この日は強い南風なので、帰りはかなりの修行状態です。巡航速度は15km/hでした。玉葉橋で千葉側に戻りたい気持ちもありましたが、せっかくなので流山橋まで頑張ってみて、そこから千葉側に戻りました。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離32.00km
平均速度15.1km/h
平均移動速度17.8km/h
最高速度34.1km/h
経過時間2:31:52
走行時間2:07:25
移動時間1:47:58
平均心拍数142bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。