映画デリシャスパーティ♡プリキュア 夢みる♡お子さまランチ!を鑑賞

2022年9月23日、公開初日にチネチッタにて鑑賞してきました。なお、完成披露試写会は先行抽選に外れて行けませんでした。翌日の舞台挨拶は別の予定が入っているため、行けません。

まず冒頭でセクレトルーさんが自ら前線に赴いているシーンに、のっけからビックリしました。不正アクセス問題がなければ、映画公開時にはセクレトルーさんが前線に出ている予定だったのでしょうね。コメコメの変身回は映画に合わせてギリギリにスケジュール調整したんだなあ、と苦労が忍ばれます。

中盤、颯爽と登場したブラぺ氏がプリキュアのみんなを抱えて飛んでいく姿が面白かったです。「ブラぺ」というゆいさんに対して、「(変身前の)君と会うのは初めてのはずだが?」というブラぺ氏がカッコいいです。先日の第30話でブラぺ氏がセクレトルーさんのことを認識するくだり然り、矛盾がないように丁寧に作ってるなあ、と感じました。

そして上映前から話題となっていたエナジー妖精たちの人間体ですが、やっぱりかわいいですねえ。パムパムとメンメンの人間体での尺が思ったほどなかったのは、少し残念。でもパートナーであるここねさん、らんさんとそれぞれ喜び合う姿は眼福でした。

主題歌はパレード調の「ようこそ、 お子さま♡ドリーミア」です。個人的にはキャッチーではなかったのですが、何度も聞いていると身体に染み込んでくる感じで、ウキウキしてくるような曲です。

そしてゲストキャラであり、ボスキャラでもあるケットシー氏、子供の頃にゆいさんと会った後の心情描写はあったけれど、ゆいさんと会う以前の心情描写がほぼなかったので、その辺はいまひとつはっきりと分かりませんでした。明らかに異常な状況なので、やはり背景は気になります。

映画からのメッセージとして、”お子さまランチは子供じゃなくても食べていいんだよ”という内容がありますが、ドリーミアリングは子供しか貰えません。どうして。

そして併映のわたしだけのお子さまランチは、トロプリ、ヒープリ、スタプリまでの歴代プリキュアたちが登場するミニ作品。窓に張り付くキュアサマーが相変わらずで楽しいです。デパプリ勢の「きゅあ」「さ」「ま」「あ?」という反応も面白かったです。

上映終了後は、数箇所から「ばいばいぷいきゅあ~」の声が聞こえました。

上映したシアターが下側だったこともあり大型のキャラクターパネルの存在は確認できませんでしたが、劇場外にコメコメのぬいぐるみの撮影コーナーがあります。そしてその近くにはスタンプコーナー。せっかくなのでパンフレットを1部買って、スタンプを捺印してきました。


城ヶ島公園でM31撮影2022秋

2022年10月01日、城ヶ島公園で天体観測してきました。ここ数日は天気がかなり良くて、SCW予報を見ても雲はほとんど出なそうでしたので、久しぶりに城ヶ島公園まで足を運びました。しかしながら小さなトラブル続きで、往路は京急線の遅延で三崎口からのバスに乗り遅れて30分ロス、復路は終バスの時間検索を誤ったため乗り過ごしてしまい、駅までタクシーで帰りました。

今回の目的は、アンドロメダ銀河です。昨年も撮影に挑戦していますが、今年は微動雲台の導入やコンポジット前提の撮影など、少しやり方を変えてみます。しかし、導入には相変わらず苦労しました。木星起点で導入しようとしますが、上手くいきません。使用したレンズはED 75-300mm F4.8-6.7ですが、広角端の75mmでもStar Walkのデフォルト状態で見える星だけでは位置を特定できず、拡大表示する必要がありました。しかし一度位置を把握できれば、微動雲台のおかげで、フレームの中心に持ってくるための調整などは楽にできました。

300mmまで寄ると、30秒程度の露光時間でも流れが気になるので、10秒から20秒くらいで撮り続けました。そして帰宅後にステライメージ9を試用し、それらをコンポジットしてみました。ISOは3200で総露出時間は348秒になります。結果は、うっすらと渦巻きが判るところまで来ており、昨年よりは良い感じに撮れていると思います。左上には伴銀河であるM32もかろうじて判る程度に映っています。ただ単体の露光時間を短くしたこともあり、暗い星は映っていません。また300mmまで寄ったことで、トリミングはほぼしていません。

焦点距離を長くするとF値は大きくなり、また日周運動によるブレの影響も大きくなります。これらを考慮して、中望遠の単焦点レンズを使って、より明るくより長い露光時間を確保するというアプローチが良いかな、と思い始めました。焦点距離が短くなる分はトリミングで対応します。月や惑星撮影のために超望遠レンズ(M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS + 2倍テレコン)の購入も候補に挙がっていますが、M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8なら現有のレンズの約7倍の光量を集められることになり、こちらも魅力的です。

さて話が逸れましたが、アンドロメダ銀河以外にもいくつか撮影しました。まずは相模湾に浮かぶ月明り。月齢5.2とはいえ、結構明るいので星はあまり映りません。

そして月の上方向には、天の川が流れています。肉眼でもうっすら判りますね。月の傍と、少し離れた天頂方面で撮影してみました。前者の露光時間は170秒で、後者の露光時間は240秒です。

最後に東の空から昇ってきたプレアデス星団を撮りました。時間がなくて、露光時間は40秒ほどしかありません。


コーヒーの木に5組目の本葉

2022年10月時点で、コーヒーの木の本葉は5組です。新しい葉の間隔は結構詰まっていますね。茎がほぼありません。そして容器を大きくしましたが、まだ容器の内側に根が張ってくるところまで生長していません。丈は7cmくらいです。新しい葉の芽らしきものもあり、まだまだ元気に生長してくれそうですが、丈がもう少し伸びて欲しいですね。

ところで、葉の上の埃が気になるので、時々葉っぱに水を掛けるようにしています。ただハイドロカルチャーだと、少しの水を掛けただけでも容器の中が水浸しになってしまうので、化粧水に用いるような小さな霧吹きがあると便利ですね。折をみて買いたいです。


CDTVライブ!ライブ!フェスティバル2022

2022年09月17日に東京ガーデンシアターで開催されたCDTVライブ!ライブ!フェスティバル2022Day1に参加してきました。出演は、アイカツ!シリーズ、アイドルマスター シャイニーカラーズ、ラブライブスーパースターの3番組です。実質バンナムフェスですね。例によって自分はアイカツ!シリーズが中心なので、感想もアイカツ!シリーズが一番多めです。

なぜか開場時間と開演時間を勘違いしており、家を出る直前に気づきました。何とかギリギリ開演直前に着席できました。席はアリーナBブロック19列目で、わりと遠めです。かろうじて表情の変化は分かるものの、スクリーンに頼ることが多いです。

オープニングアクトは、ラブライブスーパースターからです。出演はLiella!1期生です。「ノンフィクション!!」が来るとは思いませんでした。アニメは全話見ていますが他の媒体には触れていないので、他に知っているのは「START!! True dreams」です。あとでセトリを見たら、カップリング曲が多かったんですね。

続いては、アイカツ!シリーズです。出演はアイカツスターズ!の歌唱担当です。セトリは以下の通り。

  • アイカツ☆ステップ!
  • スタートライン!
  • Jewel Star Friendship☆
  • episode Solo
  • LOVE GAME
  • POPCORN DREAMING♪
  • ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン!~NEXT LAP~

出演メンバが、せなさん、りえさん、みきさん、みほさん、ななせさん、かなさん、るかさんなので、アイカツスターズ!編成だと予想していましたが、「LOVE GAME」が来るとは予想外でした。そして、その他の曲を見ますと、各カテゴリからの集大成のような内容ですね。「アイカツ☆ステップ!」は作品テーマ曲の位置づけで、「スタートライン!」はOP曲、「Jewel Star Friendship☆」はフォトカツ!曲、「episode Solo」はED曲、「POPCORN DREAMING♪」は映画曲、「ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン!」はラジカツ!曲です。バンナムフェスみたいにOPやED曲メインで来るかと思っていたので、こう来たかー、という感じの、なかなか考えられたセトリに思えました。

次は、3番組の代表者2名が登場して、3番組合同トークコーナーです。さすがにきっちり台本がある感じでした。

  • シャニマスとアイカツ!は、スミレさんつながりで、歌唱担当である藤城リエさんと、声優である和久井優さんだった。おお、そういう接点だったか
  • Liella!の、他のメンバーの振りを当人の前で真似したり、目の前で決め顔を見せたりのくだりが面白かった
    • Liella!って変なグループなんですよ、とのコメントに対し、皆がいやいや、という雰囲気の中、堀越せなさんがズバッと「変だと思います」
  • 代々先輩たちから受け継いでいるものについて
    • ラブライブ!は指で「L」のポーズ
    • アイドルマスターは指で作る翼のようなポーズ
    • アイカツ!は円陣組んでのアイカーツ!の掛け声
      • 今日は約4年半ぶりだったこともあり、失敗してしまった
  • 藤城リエさん、和久井優さんにスミレさんボイスで「リエちゃん、良かったよ」と言ってもらっていて、オタクしてた
  • これはトーク内容ではなくただの感想だけど、フェスゆえに他作品のファンのことを何て呼ぶか問題があるなあ、と思った
    • 公式なステージ上で、アイマスファンのことは「プロデューサーさん」と呼びやすいけど、ラブライブファンのことを「ラブライバー」と呼んでいいかは、確かに微妙なラインな気もする。一応公式が認めているとはいえ。アイカツ!の場合は「アイカツおじさん」になってしまい、これはよほど場を選ばないとアウトになってしまう

最後は、アイドルマスター シャイニーカラーズです。出演は、放課後クライマックスガールズとノクチルです。放課後クライマックスガールズは元気な曲が多く、ノクチルはクールな感じの曲が多く、各ユニットごとに個性があります。ユニットカラーがあるので、ペンライトの色も分かりやすくて良かったです。湧き水のくだりも鉄板なのですかね。

というわけで、3番組が出演するフェスを楽しみました。TBS主催なので、各ブロックの幕間にTBSの番組のCMがわりと長めに流れるのが印象的でした。


平沢でダイビング

2022年09月10日、平沢でダイビングしてきました。元々富戸で潜る予定でしたが、北東の風が強くて荒れ予報なので、西伊豆に変更となりました。お世話になるショップは、アクオスイズさんです。宇佐美駅でピックアップしてもらい、1時間ほどで平沢マリンセンターに着きました。途中雲が目立ちましたが、平沢まで抜けると見事な青空が広がっており、ダイビング日和です。正面には富士山が鎮座しています。残念ながら富士山の手前は雲が多いですが、時折隙間から稜線が見えます。

1本目は西側のエントリポイントから入る、平沢ヘッドランドです。ゴロタから数歩進むと、水深2メートルくらいになります。エントリポイントには手すりがありますので、フィンを履くときに便利です。

エントリして少し泳いでいくと、水面の方を魚の群れが泳いでいきました。はっきりとは見えませんでしたが、結構大きな群れでしたね。他にはタカベの群れやネンブツダイの群れを見られました。今回はS-2000に白色拡散板を付けて初めての撮影となります。従来の拡散板なしの撮影では中心部だけ明るく、周辺が暗くなっていましたが、今回は群れ全体にほぼ均一に光が当たっています。効果を実感できて満足です。

他には、オキゴンべ、クロダイの幼魚、アカオビハナダイなど、マクロも楽しみました。クロダイの幼魚は生まれたてくらいの子で、体をクネクネと忙しなく動かしていて可愛かったです。また、水面付近をメジナの群れが泳いでいて撮影したかったのですが、透視度が6メートルくらいなのでシルエットくらいしか映せませんでした。

本数157
日付2022/09/10
エリア/ポイント平沢/平沢ヘッドランド
潜水時刻09:39-10:23
水深(平均/最大)8.7m/12.7m
水温(水面/水底)28.1℃/26.5℃

2本目のエントリまで休憩します。自分とは別の体験ダイビングチームと入れ替わりで潜るため、若干時間が空きます。昼食用のパンを食べて、写真のチェックなどをしつつ、まったりと過ごします。

2本目は東側のエントリポイントから入る、平沢東です。こちらはスロープからのラダーとなっており、フィンは陸上で履いて手すりにつかまりながらカニ歩きで進みます。

こちらは1本目より透視度が下がってしまったため、マクロメインとなります。漁礁の周りで色々探したりしました。見ることができたのは、赤いボディに白いスジが入ったコブダイの幼魚、ゼブラガニ、サンゴガニ、イソギンチャクモエビといった感じで、甲殻類多めでした。

本数158
日付2022/09/10
エリア/ポイント平沢/平沢東
潜水時刻12:24-13:15
水深(平均/最大)7.1m/11.6m
水温(水面/水底)30.2℃/26.7℃

7月に予定していた長良川ダイビングが流れたので、4か月ぶりのダイビングとなりました。天気も良かったですし、海の中も暖かくてストレスフリーで潜れました。記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。