芝公園と箱根駅伝2022

2022年1月3日、芝公園の前で箱根駅伝を見てきました。そもそも自宅が第一京浜沿いなので、目の前が箱根駅伝のコースなのですが、正月は実家に帰省しているため自宅からは観戦できません。

都営三田線の芝公園駅で下りたら、公園前のスペースで待機します。沿道は人が多いので、少し後ろにある段の上から観戦することにしました。ランナーの位置は公式サイトの地図で確認できます。そして全ランナーが通過するまで観戦しました。先頭グループがある程度通過したところで、沿道の人の数は減り始めますね。

初めて生で見ましたが、やはりストロークの長さがすごいなあ、と思いました。自宅がコース沿いで鶴見中継所からも近いので、1区を走ってみたい気持ちもありますが、ハーフ相当の距離なので満身創痍となりそうであり、悩ましいところです。

箱根駅伝の観戦後は、芝東照宮を参拝しました。境内の神木である大イチョウは、まだ黄色い葉を残しています。それから芝生広場へ向かい、東京タワーを見上げます。東京タワー、小さい頃に連れていって貰った気がしますが、大人になってから行ったかは、記憶が定かではありません。

それから、旧台徳院霊廟惣門をくぐって公園内の散策を続けます。天気も良いので気持ちいいですね。

続いて隣にある増上寺に向かいます。初詣客で大賑わいです。三解脱門をくぐり、大殿で参拝して、裏手に回ると、東京タワーがよく見えます。境内には色々とスポットがあるのですが、かなり混雑しているので、そのまま境内をあとにしました。

それから浜松町駅近くの麺屋武蔵にて昼食をいただきます。武蔵ら〜麺大盛と生ビール。まいう~ですが、極厚チャーシューが熱々で口の中を火傷しないように要注意。4年弱ぶりの来店でした。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


Let’s EncryptでSSL証明書を発行

これまでオレオレ認証局で発行したSSL証明書を利用してきましたが、スマホのブラウザで自分のブログを見たら、ついにセキュリティ問題で画像がデフォルトで非表示になってしまいました。これまではアドレスバーに警告表示のみでしたが、さすがに画像非表示は良くない状況なので改善します。

無料のSSL証明書のデファクトスタンダードとなっているLet’s Encryptを利用します。証明書の発行は予想以上に簡単でした。自分のサーバにcertbotというツールをインストールすれば、自サーバのコマンドライン上で処理を完結できます。

しかしサポート期限切れのCentOS6を騙し騙し使用しているので、certbotをインストールするまでが一番面倒だったりします。既にcertbotの公式ページでは、CentOS7以降しか手順が載っていません。その辺の作業は備忘録として下記のページにまとめました。

なお、この記事を書こうとしたら、新規投稿画面のカテゴリ一覧が表示されずにしばらくハマりました。今回の件との直接の関係は不透明ですが、芋づる式に色々出てきますね。顛末は下記にまとめました。


しぶんぎ座流星群観測にチャレンジ

2022年01月04日の夜に、しぶんぎ座流星群の観測にチャレンジしました。極大は同日の未明でしたが、実家にいて撮影機材がなかったため、夜にチャレンジしています。極大を外したしぶんぎ座流星群はなかなか厳しい感じがしますが、1枚でも写真で捉えられればという心持ちです。

22時15分から23時30分の間で撮影しました。肉眼で確認できた流星はありません。やはり渋いですね。レンズは単焦点の明るいレンズ(f1.8/17mm)を使い、ポラリエUを用いて、3分間ほどライブコンポジット撮影します。手応えがないのがつらいところですが、南天のオリオン座を中心にして撮影を続けました。

ISO-800/f1.8/露光時間5秒/焦点距離17mm(コンポジット合計約3分)/9分の1程度にトリミング

帰宅後は写真を確認します。結果として、最初の1枚にとても細い流星が1個映っているだけでした。しかも運悪く、天体観測用ライトの赤い光が被ってしまっています。というわけで、赤色を消すべく色調を青色に寄せて、且つ細い流星を視認できるようにした結果が、上記の写真です。本当はオリオン座の横を流れる流星といった構図と狙っていたんですが、オリオン座全体と映せるほどの流星は捉えられませんでした。ベラトリックスだけかろうじて収まっています。

なお、人工衛星はいくつか映っていました。パッと見流星と似た一筋の光として映るので、何度かぬか喜びしました。人工衛星は、破線になったり、一定の太さだったりするので、よく見れば簡単に流星と区別ができます。


41KR ファンミーティング 12/25

今回の正式なイベント名称はわかりませんが、久しぶりに41KRのイベントが開催されました。2021年12月25日、会場は代田橋駅近くにあるCanna Cafeの地下1階スペースになります。夜ではなく昼開催となったので、以前ファニコンで行なわれていたイベント、イクランチとの呼称も聞こえてきます。

今回はワンマンライブの2日後ということで、ライブの振り返りを軸に進行していきます。ライブは配信があったので、そのアーカイブ映像を使えますが、有料配信なので再生範囲はかなり限定しています。

色々と語られた裏話を箇条書きで記します。

  • フルハウス本編の映像は、配信での使用はNGだったので、配信ではイクラハウスから流れている
  • イクラハウスの着想は、イクライブお馴染みの茶番を入れなきゃ、というところから始まり、ライブテーマが80年代風、そしてゲストが飯田里穂さんで天てれの後番組、という流れで何となく決まった
  • 伊倉さんが落としたイヤリングを、誰にも気づかれずにさりげなく拾ったと主張する柳田氏
    • 確かに回収シーンははっきりとは記憶にない
  • ネックストラップ事件。こちらはライブ会場で全部語ってしまっているので、新しいことはなく、振り返り
  • 歌詞間違い事件。歌詞を間違えてあやふやに歌ってしまい、思わずジェシカさんの見つめる伊倉さん
    • 映像で振り返ってみましょう、と再生したものの、思ったほどひどい間違えではなく、言わなければ気づかなかったのでは、という話になった
    • 事実、自分も初めて聞いたこともあり、特に違和感を覚えることはなかった。改めて映像を見ると、確かに、となった
  • アンコールでの登場が遅れた、ズボンパンパン事件。こちらもライブ会場で概ね語られ済みですが、上に着ていた服をズボンに入れた状態で履こうとしたとか、より詳細な情報が明らかにされた

41KRなので、伊倉さんの曲名にちなんだオリジナルドリンクがあります。レモンの香りとビーズの泡をいただきましたが、どちらも美味しかったです。レモンの香りは、レモンの味がしっかり効いていますね。

  • ビーズの泡(チャイナブルー)
  • 砂の城(カフェラテ)
    • 伊倉さん曰く、砂が入って茶色くなっているわけでない
  • レモンの香り(レモネード)

料理もしっかり美味しいです。食事プレートと、デザートプレートがありました。

ライブの振り返りなどの間に、ミニライブも行われました。曲目はこちらです。例によって現場でメモとか取らずに記憶頼みなので、抜けや誤りはある前提で。

  • 砂の城
  • レモンの香り
  • 宇宙の法則
  • New Wave
  • fani fani boo

最後は、物販のキャンドルを賭けたじゃんけん大会。参加人数に対してちょっとだけ個数が足りないためです。ぎりぎり滑り込み、何とか入手できました。じゃんけん大会はイクランチを思い出します。

そしてチェキ券2枚とポラロイド券1枚で、チェキ券1枚は持参のカメラで撮影してもらうのが、ここ最近のスタイルです。

その他の写真です。お花は会場のサイドに飾られていました。ステージ上には、幻のサイコロも転がっていました。自分は少しだけ遅刻したので定かではないですが、恐らく今回のイベントでは使われていないはず。

ちなみにワンマンライブは12月23日開催となっており、その理由はクリスマスやクリスマスイブの夜は皆忙しいと思うから……でしたが、YouTube配信の中で、「伊倉ちゃんのファンはクリスマス忙しくないから大丈夫だよ」との声が上がり、その後発表されたファンミがクリスマスという流れが美しかったです。(とは言え、ちゃんとクリスマスの夜は外しています)


ロードバイクで手賀沼温泉へ

2022年01月04日、ロードバイクで手賀沼まで走ってきました。せっかく正月休みで実家にいるので、2回はロードバイクに乗っておきたいと思い、決行しました。

まずは県道278号線を東へ進んでいきます。そこそこ交通量があります。諏訪神社に近づくと、初詣の渋滞で車が詰まってきて、且つ路側帯や側道も狭くて走りにくいです。諏訪神社を抜けて、県道279号線へ左折し、路地を抜けて大堀川沿いに出ました。

駒木橋から大堀川に合流したら、あとは川に沿って手賀沼を目指します。大堀川沿いはわりと人通りが多いのですが、三が日を過ぎたためか、あまり人通りはありませんでした。

手賀沼に出たら、南岸を東へ進みます。天気が良いので、青空が沼の水面に映り込み、とてもきれいです。北千葉導水ビジターセンターを過ぎて、道なりに漕いでいくと、手賀大橋に着きました。

ここから右に入り、満天の湯へ寄り道します。何だかんだでまだ年始休みの人が多いのか、わりと混んでいましたが、露天風呂をメインに浸かってきました。青空を見上げながら、凛とした空気に顔を冷やされつつ、身体を温泉で温めるのは、至高のひとときです。その後は内湯でエステ浴を楽しみました。他にも色々と湯舟はありましたが、前述の通り混んでいたので、この2つで上がりました。ロードバイクで冷えた身体は、十分に温まりました。

湯上り後は満天茶屋で昼食。ベーコンときのこのピザと、ドリンクバーでコーラをいただきました。ロードバイクなのでアルコールは飲めません。

さて、手賀大橋から帰ります。往路と違い、向かい風になってしんどいです。風で目が乾いて涙が出てきます。アイウェアが欲しくなりますね。大堀川と手賀沼の合流地点あたりで白鳥を数羽見かけましたが、さすがにスマホカメラの望遠では厳しいので撮影は断念。

大堀川沿いを走り、大堀川防災調節池まで行ったら、流山おおたかの森を経由して東武アーバンパークラインを渡り、つくばエクスプレスの高架に沿って南へ走ります。途中にあるお地蔵様を見つつ、そこから程なくして帰宅しました。

今回の走行データは以下の通りです。

走行距離29.48km
平均速度12.3km/h
平均移動速度17.1km/h
最高速度39.3km/h
経過時間3:30:42
走行時間2:23:38
移動時間1:43:22
平均心拍数130bpm

走行マップは以下の通りです。復路で使っているルートの方が走りやすい感じがしますが、直線距離だと往路のルートの方が短いんですよね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。