アイカツ!シリーズ 10th Thanks Party<1st month>

2022年10月08日、東京ドームシティホールで開催された、アイカツ!シリーズ 10th Thanks Party<1st month>に参加してきました。前回こちらの会場に来たのもアイカツ!のライブでしたので、色々懐かしさが込み上げます。

会場に入ると、アクリルアートスタンドのサンプルが展示されていました。奥へ進むと物販コーナーがあります。

物販は事前通販で、「~エールをしゃもじに持ち替えて~」と「リング/ライト/キラリ(10thロゴ)」と「Future towel」を買いました。会場限定のキーホルダーは買えないかなあ、と思っていましたが、開場時間後に到着でも買えて良かったです。潤沢に用意していただき、ありがたいですね。しゃもじは鳴り物として使えて、リングは指に装着でハンズフリーで且つ色変更も可能なので、ライブでの実用性が高いです。タオルは使うタイミングを逃したので、次回以降で使いたいと思います。グッズを使う機会がたくさんあって良いです。

座席は第3バルコニーの3列目なのでわりと後方ですが、縦に伸びているのでステージはそこまで遠く感じません。

まずは、諸星すみれさん、下地紫野さん、霧島若歌さん、遠藤瑠香さん、がトークゲストとして登壇して、徳井十九役の松本健太さんが司会を務めます。

  • すみれさん、いちご役を演じたのは中学生だけど、オーディションを受けた時は小学生。アイドル役だからキラキラしていたほうが良いと思って、めいいっぱいお洒落して行った
  • 若歌さんがすみれさんの声を初めて聴いたのは、オーディションの時のデモテープ
  • 瑠香さんは紫野さんの声を、テレビのオンエアを見て初めて聴いた
  • 10年前の今日がアイカツ!のアニメ放送が始まった日。狙ったわけでもなく偶然に今日のライブの日と重なった
  • 松本さんがすみれさんに対して星宮さん、と呼び掛けてしまい、すみれさんと若歌さんの2人に呼び掛けたみたいになっていた

トークが終わった後は、記憶力クイズのコーナーへ。アイカツ!の1シーンからマニアックなクイズが出題されます。なかなかハイレベルで、自分は初手ではわかりませんでした。1問目は、いちごさんが電車の中でサインを書いたものは?で、正解は割り箸の袋。言われれば思い出すけど、初手では思い出せませんでした。2問目はジョニーチップスは何味?で、正解はめいたいハンバーグ味。これはヒントがいっぱい出たので、途中で何となくわかりました。一応本放送でも実況していました。

それから来年初春に公開予定のアイカツ!10th STORY映画の新キービジュアルが公開されました。

後半はライブパートです。「MY STARWAY」「星空のフロア」と、映画からの流れで熱いですね。そしてフォトカツ曲が多めの構成になっています。コロナ禍の影響で中止になったユニパレで披露予定だったとのことで、振り付けなど初見で新鮮でした。フォトカツから来ると思っていなかったので、聴いたことはあるけど何の曲だろう、しばらくなっていました。

「Poppin’ Bubbles」では振り付けコーナー。わー、もう何もかもが懐かしいです。振り付けは毎回なかなか覚えられず苦手ですが、何とかこなせました。「永遠の灯」は、ハロウィン仕様のあかりさんソロバージョンという変化球。その後はアイカツスターズ!曲へ。りささんがいることから予想はできましたが、トークがアイカツ!でしたので、予想外とも言えます。「始まりのLegend」は、先月リリースの10th Anniversaryアルバムからの新曲初披露。「チュチュ・バレリーナ」は、声出し禁止のおかげできれいなまま前奏を堪能できました。最後は、盛り上がり鉄板の「ダイヤモンドハッピー」。その後のアンコールに向けては、声が出せないので手拍子。プリティーのライブはアンコールがない形式なので、アンコール形式懐かしいです。曲は「カレンダーガール」と「アイドル活動!」の王道でした。最後は恒例の「アイカーツ!」で締めですが、会場は声が出せないのでポーズで代替します。若歌さんから「配信のみんなも、近所迷惑になるくらい、叫んでください!」と呼び掛け。近所迷惑にならない程度に、と想像していたら、ひっくり返されました(笑

セトリは以下の通りです。

  • MY STARWAY
  • Sunny Day Little Sunday
  • 星空のフロア
  • ショコラショー・タイム
  • トキメキアンテナ
  • Poppin’ Bubbles
  • 永遠の灯
  • 裸足のルネサンス
  • 始まりのLegend
  • Bon Bon Voyage!
  • The only sun light
  • チュチュ・バレリーナ
  • ダイヤモンドハッピー
  • [EN]カレンダーガール
  • [EN]アイドル活動!

終演後は、リング/ライト/キラリと会場を写真に収めてみました。こんな楽しいライブがあと3回、毎月続いて、そしてミュージックフェスタに繋がると思うと、ワクワクが止まんないっ、です。


超望遠ズームレンズと中望遠単焦点レンズ

現在欲しいカメラレンズが2つあります。目的はいずれも天体撮影です。

  • M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS + MC-20
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

月を大きく撮ったり惑星を狙うための超望遠ズームレンズと、暗い天体も短時間で明るく撮れる中望遠単焦点レンズです。それぞれ狙える天体が異なることから、懐が温かければ両方買えば良いのですが、そこまで余裕はありません。

価格は、超望遠ズームレンズ構成の方が中望遠単焦点レンズの2倍ほどになります。加えて、超望遠の場合はテレコンを付けると広角端でも200mmとなり、目標天体導入の難易度が高そうなのでまずは中望遠単焦点レンズを買おうかな、という気持ちに傾いています。超望遠の焦点距離であっても惑星を狙うには微妙という点も大きいです。色々追求していくと、結局最後は天体望遠鏡に行き着く気がします。


スプラトゥーン3~その2

ブキは長いことスプラローラーを使ってきました。どのブキも一長一短ありますが、愛用し続けることでそのブキに合った立ち振る舞いが見えてきます。とりあえず自分のスプラローラーは、以下のような感じです。

  • ムラなくホーム塗り
  • カーリングボムは最初は使っていたけど、あまり効率が良くないので、使用頻度が落ちた。長射程で潜伏有無を探りたい時に使う。
    • カーリングボムで道を作って先に進むのもいいけど、速度が遅いので、ジャンプ攻撃で道を作った方が速い
  • グレートバリアは敵地に侵入した後のジャンプポイントとして使うことが多い。あとは本来の目的のバリア機能を活かせる攻防戦とか。
  • 高台からは、通常攻撃のインクばら撒き
  • ローラーで轢いてしまえば一撃キルで、エイムも必要ないので、その点では楽
    • ローラー同士だとダンスが発生する
  • ただ近距離戦以外はやり合いが難しい。ジャンプ攻撃は強いけどそこまで射程はないし、エイムが難しい。あとはモーションが長いので、一撃で決めないと反撃キルされる
  • 近距離メインなので、隠密ローラーとして潜伏して、不意打ちできると良い
    • でも潜伏場所に長射程ブキで攻撃されたら詰むのでリスクあり

何となくスプラローラーでの戦い方も安定してきたので、そろそろ違うブキも使ってみたいと思い、幾つか味見しました。まずは同じローラー系のダイナモローラーですが、操作感の重さが気になって馴染まず。続いて真逆である長射程のチャージャーから14式竹筒銃・甲を使ってみましたが、あまり塗りができないので気持ちよくないです。自分の今のプレイスタイルとは合わないので、見送り。プロモデラーMCは塗り効率は良いけど、攻撃力の弱さが歯がゆいです。ケルビン525は少しだけ使ってみましたが、馴染まない感じ。攻略サイトを見ると、自分が扱いきれていないようです。最終的にプライムシューターに落ち着いています。ただサブウェポンのラインマーカーの使い勝手が悪いのが難ですね。

現時点でのプレイ時間は80時間程度です。ゲームモードは相変わらずナワバリバトルばかり遊んでいます。ランクは33になりました。ゲーム内では色々ありますが、一方的にキルされ続けるとやはりストレスが溜まりますね。チャージャーに遠方から狙撃され続けるのが一番嫌です。ステージによってはチャージャーの居場所まで近づけるので、上手く接近してキルできると爽快です。あとゲームで勝利しても自分があまり活躍できていないと不完全燃焼になって、ついつい再戦してしまいます。ちなみに組み分けの妙というか、勝つ時は勝ち続けますし、負ける時は負け続けますね。もう少しばらついても良いと思うのですが、不思議です。

通信エラーは相変わらず発生しますが、頻度に緩急があります。10月26日のアップデート前夜はやけに通信エラーが目立ちました。自分だけではなく、他の人が落ちる回数も多かったので、自分の通信環境の問題ではないと思っています。そろそろ通信エラー問題は改善してほしいです。あとソフトを起動するとラジオ放送をスキップできない点が、地味にストレスが溜まります。


統計検定2級~その3

とりあえず統計学基礎のテキストを一通り読み終えました。後半になるにつれ、理解が追い付きませんでしたが、無理やり1周しました。シラバスを見る限り、第7章以外は出題範囲に含まれているので、あまり手の抜きどころがないですね。

手前で使った式などを用いて、さらっと式の変換を行っている箇所が結構あり、そうした部分でいちいち躓きます。理解してなんぼ、と思っていましたが、基本的な公式は暗記してしまった方が、結果的に理解が早まる気がしました。

理解が不十分とはいえ、1周して大まかな概念や構成、ボリューム感は多少つかめました。2周目を同じように読み進めると効率が悪いので、少しずつ問題演習に入ろうと思います。まずはテキスト付属の練習問題から着手します。

あとはインターネット上にあるサイトのチートシートなども活用していきます。より基礎的な説明へのリンクも貼られていて、知識の補完に役立ちます。


水槽の近況~2022年10月

タンクメイトも変わりなく、いずれの魚も元気です。ウィローモスが以前のような爆発的な生長を見せなくなった点は気になりますが、枯れているわけでもないので、様子見を続けます。

グッピー雌たちの体つきもだいぶ良くなってきて、尾びれの色も出始めました。妊娠マークは良くわかりません。黒いような気もしますが、さほどお腹は膨らんでいません。実際の見た目は写真よりも若干黒いです。

ところで今年の3月にグッピーの餌の種類を変えて、しばらく食いつきが悪かったのですが、今ではすっかり慣れたようで、バクバク食いつきます。赤コリにはヌマエビ用の沈下性の小さい粒状の餌を与えています。匂いで気づくようで、すぐに水底を忙しなく動き始めますが、目が悪いので見つけるまで時間が掛かります。

大きな変化はありませんが、とりあえず魚たちは元気なので、引き続きこの状態をキープしていきたいです。