IT一覧

ハードウェア、ソフトウェア、プログラミング、ウェブサービスなどを、幅広く

Surface Pro8を購入

2022年3月30日、Surface Pro8を購入しました。Windows OSを使うのであれば手堅い選択と思われるSurface ProシリーズでメインPCを更新します。以前利用していたのは、Surface Pro3です。そちらに大きな不満がなかったため、今回も同シリーズを使います。しかしキャンペーンに合わせて買ったのですが、この時期はちょうど学生の購入時期と重なるため在庫不足であり、本体は翌週配送、タッチキーボードとスリムペンは生産待ちという状況で数か月後の配送となりました。

ストレージやメモリの容量、CPUなどはある程度カスタマイズが可能なので、純粋にPro3とPro8の比較とはなりませんが、自分の2台を比較すると以下の比較表になります。

項目Pro3Pro8
CPUCore i5Core i7
ストレージ128GB512GB
メモリ4GB16GB
画面サイズ12インチ13インチ
重量800g891g
USB端子Type-A 1個Type-C 2個

画面サイズが少し大きくなったのは嬉しいです。劇的な差分ではありませんが、ちょっぴり便利です。Pro3に比べてフレーム部分が細くなっているので、本体サイズはそこまで大きくなっていません。液晶については反射が気になるので個人的にはノングレアだと嬉しいのですが、フィルムを貼るしかないんですかね。

それからストレージサイズが4倍になった点は大きいです。Pro3から更新したい動機の1つがストレージの容量不足だったからです。まあ、写真などのデータはNASなどを立ち上げてそちらに保管するのがいいんでしょうけど、今のところSurface Pro本体と外付けポータブルUSB HDDだけで頑張っています。お絵描きでは、大きなキャンバスで描いても処理落ちせず、良い感じです。そしてストレージとメモリの容量が増えたので、仮想環境などを立ち上げてプログラミング環境を久しぶりに充実させたいと考えています。

重量は100gほど重くなっています。数字だけ見ると大したことないかな、と思っていましたが、最初の頃はずいぶんと重く感じました。しかし常用していると、次第に気にならなくなります。そしてUSB端子はType-Cとなったため、USBハブを買い直すことになりました。しかし2個になったことで柔軟性が増えたのは良いですね。今のところは1個で事足りていますが、USBマウスのレシーバなど固定用途で一口塞いでしまっても良いかも。

相変わらずSDカードスロットが本体にない点は残念ですが、将来的な汎用性を考えたら仕方ないのかもしれません。でも旅先でカメラから写真をSurface Pro8に取り込みたいときに、わざわざSDカードリーダーを持ち歩かないといけない点は、スマートではないですね。製品の設計観点から理解はできるものの、使用者としては納得のいかない点でもあり、悩ましいところです。

現在まで数か月間使用して気になっている点は、スリープ状態からの復帰がSurface Pro3と比べて少し遅く感じられることです。そしてスリープ状態から復帰できない確率が、Surface Pro3と比べて顕著に高いことです。これらの原因は不明で、デバイス固有の問題か、ソフトウェア構成の問題かはわかりません。通常使用に支障をきたすレベルではないので、しばらく様子見します。

タッチキーボードとスリムペンはまだ十分に使っていないので、後日感想を書けたらと思います。


Lightroom Classic

Adobe Creative Cloudのフォトプランを購入したら、Lightroom Classicも付いてきたので、使ってみました。最初はClassicではない普通のLightRoomをインストールしたのですが、こちらはクラウド利用が前提で使いづらいので、アンインストールしました。クラウド容量が20GBと少ないプランですし、複数の環境から使うこともないですし、クラウドとの通信が発生するわりに、あまりメリットがなかったからです。

というわけで、Lightroom Classicをインストールしました。写真を一覧できて、露出補正や切り抜き加工がすぐに出来るのは便利ですね。曇天などで色味の落ちた写真に対して自然な彩度による調整や、回転による傾き補正なども使えます。書き出し時の縮小処理もまとめて出来るので、助かります。

一方で画像編集機能はあくまで限定的であり、人の顔にモザイクを掛けたりといった作業は難しいので、Photoshopを使っています。人の顔を消すこと自体は、スポット修正ツールを使えば可能ですが、顔が消えて背景が見える感じになるので、首を切り飛ばしたような見え方が何か気持ち悪くて使っていません。

というわけで、もう一押し画像編集機能があるとありがたいところですが、結構便利に使えています。


Let’s EncryptでSSL証明書を発行

これまでオレオレ認証局で発行したSSL証明書を利用してきましたが、スマホのブラウザで自分のブログを見たら、ついにセキュリティ問題で画像がデフォルトで非表示になってしまいました。これまではアドレスバーに警告表示のみでしたが、さすがに画像非表示は良くない状況なので改善します。

無料のSSL証明書のデファクトスタンダードとなっているLet’s Encryptを利用します。証明書の発行は予想以上に簡単でした。自分のサーバにcertbotというツールをインストールすれば、自サーバのコマンドライン上で処理を完結できます。

しかしサポート期限切れのCentOS6を騙し騙し使用しているので、certbotをインストールするまでが一番面倒だったりします。既にcertbotの公式ページでは、CentOS7以降しか手順が載っていません。その辺の作業は備忘録として下記のページにまとめました。

なお、この記事を書こうとしたら、新規投稿画面のカテゴリ一覧が表示されずにしばらくハマりました。今回の件との直接の関係は不透明ですが、芋づる式に色々出てきますね。顛末は下記にまとめました。


PHP5.6から7.3に更新

動機は、WordPressで出てくる安全ではないPHPの警告を消そうと思ったからです。うちのウェブサイトはPHPで稼働しているシステムが多く、PHPを更新するとそれらのメンテナンスも併せて発生する可能性が高く腰が重かったのですが、年末休みを機に決行しました。

まずはバックアップのために、UpDraftPlusプラグインをインストールして、DropBoxにバックアップを取りました。いまやWordPressがコンテンツの中枢なので、バックアップ機構は大事です。

それからyumでPHPのアップデートをしたら、さっそく怒られました。

YumRepo Error: All mirror URLs are not using ftp, http[s] or file.

調べたところ、CentOS6のサポートが終了していることが原因のようです。さすがにOSを入れ替えるのはしんどいので、こちらのページを参考にしてリポジトリの向け先を変える暫定対処を施しました。

その後はyumでPHPをバージョンアップしました。以下のページを参考にしています。

  • https://spirits.appirits.com/role/designer/15627/
  • https://qiita.com/heimaru1231/items/84d0beca81ca5fdcffd0

上記の手順通りにすれば問題なかったのですが、mbstringやmysqlndといったPHP拡張モジュールを別の手順でインストールしたら、パッケージはインストールされたけれど、PHP本体へ組み込まれない現象が発生しました。”php -m”を実行しても、一覧に出てこない状況です。間違えた際の手順が残っていないので正確な原因は不明ですが、おそらくリポジトリの指定が不適切で、組み込まれなかったように思います。

そしてWordPressを5.8.2にアップデートしました。管理画面上から実施したかったので、apacheが操作できるようにWordPress配下の所有者を変更しました。ただ、SCP経由でテーマの上書きしたい場合は、普段利用している一般ユーザーに権限が欲しいので、権限管理が悩ましいところであります。777にしちゃえばいいんでしょうけど、何となく嫌です。

さて、ここまで実行した結果、WordPressのダッシュボードは表示されますが、新規投稿画面が真っ白になります。なので、テーマの更新を行ないます。管理画面からはアップデート案内が出ないので、手動でアップデートします。利用しているテーマであるSimplicity2のダウンロードページから、親テーマと子テーマをダウンロードし、”wp-content/themes”配下に上書きコピーしたら完了です。

後は、自作した写真管理システムが動きません。原因はmysql_系関数でした。使用が非推奨とされ、PHP7系ではついに関数自体が削除されたそうです。代替であるmysqli_系関数への置き換えを行ないました。パラメータの順序が変わっている関数もあるので、単純に一発置換はできませんでした。

最後はpukiwikiです。1.5.0と1.5.3で動いているシステムがあるのですが、前者が動かなくなりました。というわけで、pukiwikiのページから差分パッチを順次適用し、1.5.0→1.5.1→1.5.2→1.5.3とアップデートしました。元々1.4.7に差分パッチを適用して1.5.0にしている環境のせいか分かりませんが、幾つかパッチエラーが出ました。それでもpukiwikiは正しく動作するようになったので、良しとします。1.5.1時点で動くようになったみたいです。

というわけで、一通りの作業が完了しました。いつかOSも更新しないと手詰まりになる時が来るんでしょうねえ。移行しやすいように、サーバで稼働しているシステムの棚卸をしておいた方が良さそうです。このサイト自体20年以上動いているので、旧コンテンツはさすがにメンテを放置しています。


新しいキーボード”MINILA-R”を購入

これまで使用してきたキーボードに不満が出てきたので、2021年6月3日に新しいキーボードを購入しました。不満というのは、Bluetooth経由でキーボードが利用可能になるまでの時間の長さと、キーの引っ掛かりです。特に前者は10秒以上掛かって、わりとイライラしてました。少なくとも5年以上使っているので、減価償却済かと思います。

当初の予定では5,000円程度の予算で考えていましたが、店頭で触ったダイヤテック社のFILCOブランドMajestouch MINILA-Rの打鍵感が気に入り、購入を決めました。予算超過の10,000円超えでしたが、キーボードは長い時間触れるものですし、妥協しない方が良いと思いました。こういう出合いがあることが、実店舗の良いところですね。

ただ、ここで購入時に見落としていた致命的な点がありました。こちら、日本語キーボードではなく、英語キーボードだったのです。BluetoothやUSBなどの接続方法は気にかけたものの、英語・日本語はすっかり見落としていました。仕方ないので、これも機会だと思って、使ってみることにします。

まず打鍵感は最高に気持ちいいです。カシャカシャという押下音も心地よいですし、打鍵時の反発力もちょうど良いです。押下して入力される瞬間にカシャっと鳴るのが良いです。キーピッチも適切で、離れすぎによる指の疲れや、近づぎによる巻き込み入力などもありません。

また、Bluetoothの認識速度も不満ありません。これは前に使っていたキーボードが問題ありだったのかと思いますが。ボタン押下で認識準備ができたらLED点灯してくれるから、キー入力しなくても認識有無を確認できる点が、心理面でも良い影響を与えていそうです。

一方でキー配列は色々思うところはあります。小型なので変態レイアウトになっています。設定でキーバインドを変更可能ですが、どれも一長一短で結局オリジナルのまま使っています。おまけに英語キーボードなので、余計に面倒になっています。

半角・全角変換キーがALT+”~”(左上)で、方向キーがFn同時押し割り当てになっています。使い続けていれば次第に慣れてきますが、時々戸惑いますし、まだ完全には慣れきっていません。さすがに慣れることすら出来ない不便な配置ではありません。

あとWindows10なら改善されているのですが、Windows8だと日本語キーボードと英語キーボードを切り替えるために、レジスタを書き換える必要があります。実家で使用する場合は日本語キーボードなので、この変更が少し手間ではあります。見た目以上に結構な重量があるので、このキーボードを携帯して使い回すのは厳しいですね。