「 お出かけ一般 」一覧

他のカテゴリには当てはまらない、お出かけ

GUNDAM FACTORY YOKOHAMAと山下公園

2021年03月28日、GUNDAM FACTORY YOKOHAMAを訪問してきました。中国語検定の受検後に山下公園を散歩していたら偶然見つけて、前の週にアド街で見ていたこともあり、せっかくなので訪れてきました。そこへ至るまでの山下公園の散歩も、曇天ながら花木がきれいで楽しかったです。ストーンステージ付近では桜も見られました。

自分はガンダムをがっつり履修しているわけではなく、がっつり見たのはSEED以降の数作品です。とはいえ、ガンダムとは同い年なので、どことなく親近感はあります。入場料は多少割高感はありますが、費用回収を考えると、まあ仕方ないのかな、とは思います。

メインコンテンツはやはりGUNAM DOCKですね。18メートルのモビルスーツが目の前で実際に動くことによる存在感は、生でしか味わえない感覚です。動きのスピードはわりとゆっくりですが、これだけ巨大なものならこのくらいの速度になるというのは却ってリアルです。

ただ逆に、すごく大きいはずなのに、普段縮小スケールで多く見ているためか、そこまで大きさを感じない点が面白い感覚でした。これは遠くで見ていたせいかもしれません。眼前やDOCKの上から間近に見られれば、また感想が違うのかも。

GUNDAM ACADEMYには、今回の実物大の動くガンダムの制作工程について、詳細に説明があります。各パーツ毎で制作に苦労した点や工夫した点などが記されています。技術界隈が好きなら、興味深い内容だと思います。

GUNDAM BASEやCONFERENCE ROOMといった物販コーナーなどガンダムファンに向けたコーナーもありますが、実物大ガンダムに関する展示は、それ以外の一般層にも訴求する内容になっていたのが印象的でした。

GUNDOM Cafeではハロあんまんをいただきました。会計システムが多少特殊で初見混乱しました。

会場出口付近には、冨野由悠季監督によるメッセージパネルが展示されています。我々がそこはかとなく感じていたことを、包み隠さず語ってくれるあたりに、らしさを感じました。

来場者特典でプラモデルを貰ったので、久しぶりに組み立てたいところですが、まだ未着手。プラモデル作るのなんて数十年ぶりの気がします。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


止まらない豪華列車からの脱出

2020年10月24日、東京ミステリーサーカスにて、止まらない豪華列車からの脱出を遊んできました。実に昨年末以来の謎解きですね。nine roomと呼ばれるタイプの謎解きで、合計9つある各部屋の謎を解いていくスタイルです。各部屋は、4人が何とか動ける程度の大きさで、そこでミニ探索を行ないます。制限時間は50分なので、各部屋は結構短い時間で解かなくてはいけません。また、複数のグループがパイプライン状に各部屋で謎を解いているので、先行グループが詰まっていると待ちが生じます。ゲーム自体も定刻に開始できるとは限らず、一定の待ち時間が生じるケースが大半です。待ち時間は気にはなりますね。

以下、一応ネタバレを回避した感想になります。何がヒントになるか分からないので、未プレイの人は見ない方が良いかもしれません。各部屋の難易度は、それほど変わらない印象です。各部屋ごとにタイプの違う謎が用意されているので、人数は多い方が良いですね。自分がすぐに気づけるものと、他の人がすぐに気づいてくれたものがあるので、各人の強みが出ると思います。自分は目線で貢献した感じですね。振動は気づいていたのですが、自己検証に手間取ってしまいました。気づいたことは未検証でも早い段階で皆に伝えるべきでした。なお、前半に比べて後半の部屋は謎の数が1個だけ増えるので、その分時間が掛かりますが、謎に詰まる時間に比べたら微々たるものです。

ちなみに各部屋の所要時間は、最後に一覧で見られます。3~4分で終わっている部屋もあれば、8~9分詰まってしまった部屋もあり、ばらつきますね。

最後の先頭車両だけは、ノーヒントでボリュームも結構あります。我々は先頭車両に着いた時点で残り時間5分を切っていたので、かなり無理ゲーでしたね。その後リベンジチケットを購入して、ヒントを2回程度活用してクリアしました。ただ一点不満というか疑問としてくすぶっているのが、初回プレイ時に必要なアイテムがきちんと配置されていたのかということ。リベンジプレイの場合はすぐに気づけたアイテムに、初回プレイ時は全然気づけませんでした。自分ひとりなら見落としかと思いますが、4人が全員そう言っているので、勘違いではないと思います。何か手違いがあったのか、リベンジでは見つけやすい配置にしているのか、いずれかでしょうね。何にせよ初回プレイの残時間的にクリアは無理でしたけど。


アソビCafeでボードゲーム

2020年10月24日、神保町にあるボードゲームカフェ「アソビCafe」に友人たち4人で遊びにいってきました。料金システムは幾つかありますが、今回利用したのは3時間コース。1,300円+ワンドリンク制です。

ボードゲーム類は店内にあるものを使うことができます。ルールなどの不明点は店員さんがフォローしてくれます。また、自分たちで持ち込んだゲームで遊ぶことも可能です。今回は後者で楽しみました。

最初にプレイしたのは「まじかるベーカリー今日から財閥っ!!」です。序盤はペースが鈍くて上がりまでどれくらい掛かるのだろう、と思ってしまいますが、終盤になると一気に加速します。1回プレイして何となく流れが分かった状態で、2回目をプレイ。しかし引きが悪くてなかなか狙っていたデッキが構成できずに敗退。ロールの開始時10パワー上乗せの能力、すぐに展開に飲み込まれてしまい、メリットを活かすことができませんでした。この10パワーを上手く使ってリードを確保する手があるのだと思いますが、今回は発見できず。

次にプレイしたのは「シンデレラが多すぎる!」です。回転が速いゲームなので4回ほどプレイ。運の要素が大きいですが、慣れないと残すカードと潰すカードが頭の中で混乱してしまい、自滅しがちです。

結局3時間コースに1時間延長して、4時間弱楽しみました。


クリスマスシーズンのみなとみらい2019

    

2019年のクリスマスシーズンに撮影した写真をまとめました。メインはみなとみらいです。訪れた理由はイベントですが、平日月曜ということで、人通りはかなり少なかったです。みなとみらいの夜景は、やはりお洒落できれいですね。シャッターを切りたくなるスポットがたくさんあります。この時は桜木町駅から汽車道を通って赤れんが倉庫へ行くルートでしたので、その界隈の夜景になります。

 

あとは自宅のある川崎で数枚撮影しました。ラチッタデッラはイタリアを模した街並みとなっており、冬場は特にイルミネーションがきれいです。また地下街であるアゼリアにもクリスマスツリーが飾られていました。

写真は全て記事に掲載していますが、アルバムは以下です。


リアル脱出ゲーム×グランブルーファンタジー「囚われの騎空艇からの脱出」

2019年12月07日、お誘いを受けて、東京ミステリーサーカスで公演された、リアル脱出ゲーム×グランブルーファンタジー「囚われの騎空艇からの脱出」に参加してきました。4人1組のテーブル制。テーブル制というと6人制の印象が未だに強いのですが、最近は4人制もよく見かけますね。会場は地下1階でした。ミステリーサーカスの地下1階は初めて入った気がします。

ネタバレに配慮しつつ、感想。謎自体はオーソドックスな印象です。小問は色々なタイプのものがあるので、各々のひらめきが大事ですね。そして小問を終えた後にバトルがあるのが、今回の特徴かと思います。これは謎と言うより、頭脳パズルです。自分は脳内メモリが乏しいので、ここの展開に付いていくのは、なかなか大変でした。

終盤に大きめのトラップがありますが、誘導はありますし、詰まるので遅かれ早かれ気づきそうなのですが、解説タイムでの驚きの声の量を鑑みると、ここでハマった人は多かったようです。

最後、未解決の謎を積み残したままで、もやっとしていたのですが、ここは驚きの展開が待っていました。これは初パターンなのでは。なお、脱出は成功です。

なお、会場入り口の廊下には、ゲーム中で仕様されたシーンを再現した絵画展示があります。1階ロビーの入口には、キャラクターパネルの並んだミニコーナーがありました。