2022年05月一覧

バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル2nd

2022年05月14日、ZOZOマリンスタジアムで開催されたバンダイナムコエンターテインメントフェスティバル2ndの1日目に参加してきました。お目当ては「オールアイカツ!」です。通いジャンルが1つだけなので参加を迷いましたが、前回は2日に分かれていた「オールアイカツ!」が1日目に集結したこと、この機会にラブライブシリーズやアイマスシリーズのライブに触れてみるのも良いかな、と思って、参加を決めました。

当日はペンライトの電池液漏れ対応でワタワタしてたら、開演とほぼ同時の到着となりました。数日前の予報では荒天でしたが、荒天のタイミングがズレて開演中は青空も見える好天となりました。気温も上がって暑いくらいでしたが、海風が吹いてくれるおかげで、わりと涼しかったです。ちょうど西日が当たらない席だったこともラッキーでした。ちなみに、延期日程が決まった後に購入していますので、席はほぼ最後列です。角度は向かって右手のわりと中央寄りで、悪くはないです。

なお、およそ5時間の長丁場でしたが、入口で缶ボトルを回収されてしまったため、ドリンクなしで切り抜けました。事前の注意事項案内にはそうした旨の記載はなく、今回唯一のモヤりポイントです。

アイカツ!シリーズ以外は、基本的にはっきりとは知らないので、その場のノリで楽しみます。ラブライブシリーズはアニメを見ているので知っていますが、ライブを知っているのとはまた別ですね。あとmisonoさんとか歌が本業の方は、客席の煽り方とかの上手さが違うな、と感じました。電音部はこのイベントで初めて知りましたが、知っている方の参加が多くて驚きました。ちなみに光る棒を持っていきましたが、屋外なので昼間はただの棒なんですよね。夕暮れ以降、光の景色を楽しめました。最後列だったこともあり、スタジアム全体の演出効果を見られた点では、中途半端な後列よりも最後列の方が強いですね。ラストの花火には驚きました。

これ以降は、「オールアイカツ!」の感想を箇条書きにします。全部で2部構成となっており、1部の終わりでMCパートに移った際には、え???となってしまいました。

  • episode solo(るか(遠藤瑠香)、せな(堀越せな))
    • いや、るかさんとせなさんが出てきたら、「Future Jewel」だと思いますよね。完全に不意を突かれました
  • ヒラリ/ヒトリ/キラリ(わか(霧島若歌)、りすこ(ささかまリス子))
    • この2曲目で、ED縛りだと気づきました。アイカツ!曲の担当は、STAR☆ANIS組のわかさんとりすこさん。やはりこの曲に美月さん担当のりすこさんが入って、後輩のいちごさん担当のわかさんが入る構図が、この曲の歌詞にもハマっていますね
  • プライド(田所あずさ、逢来りん)
    • サプライズで田所さんが登場!ミライさんパートは逢来りんさん担当。アイカツシリーズの歴史を詰め込んだような、先輩&後輩の組み合わせです
  • チュチュ・バレリーナ(るか(遠藤瑠香)、りえ(藤城リエ))
    • ダンディヴァ曲をスミレさんとあかりさんVer.で!
    • ここまで一連のED縛り、どれもパンチの強い曲を入れ込んできて、アイカツ!陣営がフェスでアピールしたい内容が伝わってきます
  • 第1部MCパート
    • 10周年のお知らせとか
    • まだ歌っていない木戸さんがいつもの雰囲気で回していました。ちょこっと間違えてもさらっと収拾しきるのすごい
  • 君のEntrance(松永あかね、木戸衣吹、逢来りん)
    • 第2部はOP縛り……というわけではないけど、OPっぽい曲が続きます。スターハーモニー学園アイカツオンパレード組の安心の組み合わせ。この曲の歌詞にはシリーズ終了を匂わせる部分があるので、当時やきもきした思い出があります
  • アイドル活動!オンパレード!ver.(8名全員)
    • 10周年でバトンを繋ぐ、といった感じの振りがあったので、「SHINING LINE*」の可能性もあるか?と思いましたが、こちらでした。やはりフェスで全員で歌うには、アイカツ!シリーズ最大の知名度を誇るであろうこの曲一択ですね。
    • 第2部は夕暮れでそこそこ暗くなってきたので、ペンライトを使いました
  • Bloomy*スマイル(STARRY PLANET☆)
    • アイカツプラネット!のOP曲!かわいくて明るくて、アイカツらしい1曲です。OPで何とも聞いているためか、「HAPPY∞アイカツ!」より耳馴染みがあります
  • HAPPY∞アイカツ!(STARRY PLANET☆)
    • アイカツプラネット!のテーマ曲で締め。
  • 第2部MCパート
    • 月いじりが被ってしまう花彩さん
    • ヒャダイン氏と伊達さん、面識あるんですね
    • STARRY PLANET☆の皆さんを生で見たのは初めてかな。皆さん既に垢抜けるけど、それでも初々しい感じが伝わってきました

ライブ終演後は、配信参加した友人と新橋で合流して、飲みからの徹カラを楽しみました。


ロードバイクでメンテ用品買い出し

2022年05月22日、江戸川CRを少し走って、バイシクルセオ新松戸店へ買い出しに出かけました。朝方まで天候不順でしたが、徐々に回復してきて、昼ごろにはすっかり晴れていました。さて、出かける前に少しメンテナンス。LEDライトのマウントが新旧共通で使えそうだと先日確認したので、古いマウントを取り外しました。これでサイドミラーを除いて、右側のハンドルが空いた状態です。

午前は散髪に出かけていたので、出発は14時30分ごろ。一瞬天気雨が降りましたが、青空に白い雲が浮かぶ好天です。江戸川CRに入ってすぐのところに、この時期らしいオオキンケイギクが黄色い花を咲かせていました。それではさっそく江戸川CRを南に向けて走ります。

流山橋のアンダーパスを通り、武蔵野線橋梁まで進んで上にあがります。上り坂の脇にナヨクサフジが紫の花の群生を作っていました。

そこから正面に東京スカイツリーを望みつつ、つくばエクスプレスの橋梁を越えて、やがて松戸水門に着きました。

ここから下道に下りて、バイシクルセオ新松戸を目指します。せっかくハンドルバー周りを少し整理したので、スマホホルダーを装着してナビ代わりにします。ただ、スリープモードに入った後のロック解除が面倒なので、工夫が必要かもしれません。GoogleMapsだと地図情報の通信コストも気になりますしね。慣れない仕組みを使ったためか、普段と違う坂川の南側の道に入ってしまい、若干大回りしましたが、無事ショップに着きました。

ショップでは、タイヤ2本、タイヤペンチ、バーテープを購入しました。これから梅雨時で走れない日も出てくると思うので、そうした時にこれらでメンテナンスが出来れば良いと考えています。

帰りは稲荷神社に寄って参拝し、江戸川CRに乗って戻ります。北風だったようで、帰りは行きより若干つらかったです。まだ日は十分に高いですが、17時手前だと斜陽の雰囲気が少しずつ出てきます。ただ天気は良いですが雲も多いので、粘って走ってもきれいな夕焼けが見られるかは微妙なところですね。

今回の走行データは、以下の通りです。

走行距離15.31km
平均速度13.0km/h
平均移動速度17.3km/h
最高速度31.4km/h
経過時間1:55:24
走行時間1:10:37
移動時間0:52:58
平均心拍数113bpm

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ワクチン接種3回目まで完了

COVID-19のワクチン接種について、4回目接種の話も聞こえてきていますが、とりあえず3回目の接種まで終えたので、副反応のまとめを書いておきます。

1回目は2021年9月頭に受けました。特に発熱症状はなく、肩が上がらないなど注射部位の筋肉の違和感だけでした。

2回目は2021年9月末に受けました。こちらは見事に発熱して、副反応に苦しめられました。接種は朝9時すぎに行なっていますが、就寝する手前から徐々に熱が上がり始めて、37度台になりました。その後は夜中の4時くらいに38度となったのがピークです。夜は何度も目覚めて、あまり眠れませんでした。ちなみに解熱剤の類は飲んでいません。翌朝も37度台が続きますが、途中で飲んだ風邪薬のおかげで一時的に36度台まで回復する時期もあり、そこまで辛くなかったです。結局夜になって概ね回復した感じです。

3回目は2022年5月中旬に受けました。2回目の副反応より軽いのか重いのかが焦点でしたが、結果は過去一の威力を誇る副反応でした。発熱のタイミングは2回目よりも少し早く、就寝前には38度に達しました。その後は風邪薬のおかげで37度5分くらいまで一旦下がりますが、明け方には38度4分まで上がってしまいました。それから夜まで37度台後半から38度のあたりを彷徨っています。風邪薬を飲んでいるおかげか、熱は高いままなのですが関節痛や内臓系の痛みが熱のわりに少なかったです。前日の夜は関節痛や内臓系のダメージが強くて、なかなかつらかったです。結局完治したのは、翌朝に起床して少し経ってからです。

というわけで、順々に副反応がひどくなっているので、4回目にビクビクしています。一応海外旅行へ出かけるためのハードルを1個クリアしたことになりますが、もう少しいろいろ緩くなってからでいいかなあ、と今は思っています。


御前山登山

2022年05月03日、奥多摩の御前山に登ってきました。お目当てはカタクリです。4月中旬に一度出かけようかと考えましたが、結局行かずじまい。カタクリの時期のうちに訪れたいと考え、大型連休の後半に出かけることにしました。2日まで鹿児島旅行をしていましたが、4日は別の用事があるため、天気も考慮した結果、3日に決行しました。

さすがに旅行翌日なので早朝出発は適わず、7時30分ごろ自宅を出発。南武線と青梅線で奥多摩駅に向かいます。大型連休真っ只中なので、電車がなかなかの混み具合です。一旦昭和記念公園のある西立川で大量降車しますが、青梅線の青梅以降で電車の本数と車両数が減るため、再び大混雑となります。

偶然に駅の出口に近い車両にいたため、奥多摩駅発のバスは着席できました。そこから満員のバスで向かった先は奥多摩湖です。

天気が良いので奥多摩湖に青空が映り込んできれいです。山の緑も気持ちいいですね。湖畔は整備されており、寛げます。藤棚が幾つかあり、撮影を楽しみました。

それから小河内ダムの上を歩いて、御前山の登山口を目指します。間違っていこいの路方面に行ってしまったりしましたが、無事登山口を発見。ダム関連の展示を見つつ、登山口に向けて階段を上ります。登山口周辺は草の広場になっており、ツツジが数株咲いていました。

熊鈴を付けたら、さっそく登山開始です。最初はいきなり階段上りです。その後は九十九折の道を登っていくと、一旦平坦になります。それから急登が始まります。このあたりから山装備でないと少し大変かもしれません。とはいえ、急なので体力は使いますが、道は登山道としてだいぶ整備されており、基本的に登りやすいです。でも雨天時の下りでは、使いたくないですね。

斜度は結構あるので、地面に這っている木の根で足元をキープしたり、滑りやすいところでは体重を上手く載せるなどして、バランスを崩さないように登ります。なお、急登が始まるところに”通行止”の看板があるのですが、今登っている登山道が通行止めにも見えて、少し混乱しました。

急登が終わると、緩やかな道になります。右手には木々の向こうに奥多摩湖が見えます。足元を見ると、ギンリョウソウが咲いています。キノコなどの菌糸類に見えますが、光合成を止めた植物です。

登山開始から1時間ほどで、サス沢山に着きました。サス沢山には展望台があり、奥多摩湖の姿を俯瞰することができます。地上からだとなかなか分からない奥多摩湖の形が分かります。

先へ進みます。しばらく平坦な道を進み、それから少し岩場っぽいところを登っていきます。ちょうどこの辺りで天気雨が降ってきました。少量で数分で止んだので、レインウェアは発動せず。少し広い道に出てしばらく進むと、大きな岩が並ぶ広場に出ました。山頂かと思いましたが、特に何でもない場所のようで、特に看板もありません。

このあたりはカタクリが見られるエリアですが、既にシーズン終盤なので、標高の低いところではほとんど見られません。代わりにバイケイソウの群生が現れました。林の中にもびっしり生えていてすごいですね。有毒なので食害にも遭わないそう。他にもニリンソウやツルキンバイなどを観察します。さすが花の百名山、カタクリ以外にも色々な花を楽しめます。

やがて惣岳山に着きました。カタクリの花は、ようやくここの手前の急登部で見つけました。惣岳山山頂には広場はありますが、展望はそんなに良くないです。今はまだ木々の葉っぱが揃っていないので抜けていますが、夏は木々に囲まれそうな気がします。

御前山を目指して先に進みます。この辺からカタクリの姿が多く目に入るようになりました。ただ時期が遅かったのか、群生というほど密集はしていません。なので、1本ずつの写真にフォーカスして撮影しました。

30分ほどで御前山に登頂です。ここで昼食のパンを食べて大休止。北西方面の展望が開けており、鷹ノ巣山などを望むことができます。

さて、下山は境橋方面に下ります。こちらも山頂からしばらくの区間はカタクリの花を楽しめます。避難小屋を過ぎて、どんどん下っていきます。サス沢尾根のような急勾配がない分、距離があります。また、下山道以外の分岐も多くあるので、道迷いに少し注意が必要です。一箇所下山道を見過ごして別の看板に従って歩いてしまいました。ここは何となくの違和感で気づけました。

少しずつ日が傾いて、山陰に入る部分も出てくるため、区間によっては薄暗くなります。ひたすら下山を続けて、ついに舗装路に出ました。

しかし舗装路に出てからも結構長いです。途中でゴハンギョウの滝を楽しみつつ、バスの時間を考えて、ペースアップしました。民家の姿が見え始めて、そろそろかと思いきや、実はまだ距離があったりします。終盤、バス停までの目安時間を案内する看板が出てきて、ありがたかったです。

山間に掛かる境橋の姿を目にしたときは、ほっとひと息。バスの混雑を懸念しましたが、増発便を出しているようで、大混雑は避けられました。

17時10分ごろ、奥多摩駅に到着しました。帰りの電車も混んでいましたが、最初を凌げばどんどん楽になるので、行きよりは気が楽でした。

このように大型連休のため電車やバスは混んでいましたが、御前山自体の人は少なく、静かな山歩きを楽しむことができました。一応カタクリの時期で大型連休なので、もう少し人が多いことを懸念していましたが、うれしい誤算でした。

当日の天気について、最初は晴れていましたが、山行途中で少し雲が増えて、日が陰ることがありました。ただ終盤では再び晴れていました。

今回の山行データは以下の通りです。

距離12.23km
山行時間4:42:13
経過時間5:01:42
高度上昇922m

奥多摩湖から登り、境橋から下るルートです。基本的に往路と復路では別のルートを使いたいので、この形にしました。御前山の王道ルートかと思います。

各ピークでもう少し下ったイメージでしたが、グラフで見ますと概ね上りですね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


マーケティングを学ぶ人のためのコトラー入門

実家の本棚を眺めていたら、ブックカバー越しにタイトルが見えたので、手に取ってみました。若い頃、1年くらい技術マーケティング関連の部署に在籍したことがあり、その期間にマーケティングについて少し勉強しました。この本はその時に読んだものです。たぶん2006年から2007年くらいに読んだのではないかと思われます。

当然ながら(?)内容はほとんど覚えていないので、改めてざっと流し読みをしてみました。自分のブログ等を見て書評が残っていないことが気になりましたが、栞の挟まっていた位置から考えると、もしかしたら最後まで読む前に止まってしまったのかもしれません。

本書は、コトラーのマーケティングに関する内容を、俯瞰的に伝えています。ページの大部分を割いているのは第3章ですが、ここはマーケティングで提唱されている戦略の概要を個別に紹介しています。すなわちツールボックス的な部分です。第3章を除いた部分であれば、1日で読みきることも難しくないと思います。

久しぶりに読んで改めて肝に銘じたいと感じた内容は以下の部分。後者の方は、ニーズを満たすものに対して欲求が湧いている、という話です。つまりニーズを満たすものであれば、別の製品にも欲求は発生するので、本当のニーズを見誤らないようにすることが肝要です。

マーケティングは、売り込もうとするのではなく、売れていくようにすることだ

マーケティングを学ぶ人のためのコトラー入門 P.20

売り手はニーズと欲求を混同してはならない

マーケティングを学ぶ人のためのコトラー入門 P.22

以下はざっくりのメモと感想です。

  • 序章:マーケティングとコトラー
    • 7ページごとで、コトラーの提唱するマーケティングについて紹介している
  • 第1章:コトラーのハイライト
    • ニーズ、欲求、需要などのキーワードを説明しながら、コトラーの提唱している内容の概観を紹介している
  • 第2章:マーケティングの基本
    • 市場セグメンテーション、ターゲティング、マーケティング・ミックスなど、マーケティング戦略の流れの基本的な部分を説明している
  • 第3章:マーケティングの戦略
    • 具体的な戦略の概要を説明している。全部で約20個の項目に各々4~6ページほど費やしている。
    • 基本的に独立している項目なので、ツールボックス的に必要な部分や興味のある部分をピックアップする読み方でも良い気がする
      • ポジショニング戦略は応用しやすいと思う
  • 第4章:ソーシャル・マーケティング
    • 企業の製品主体であったマーケティングを、社会活動にまで広げていこうと、コトラーによって提唱された概念。
    • 自分は企業としてのマーケティングを学びたい対象にしていたので、当時ここはあまり興味なかったと思う
  • 終章:進化するコトラー
    • デジタルエコノミーなどについて触れられている。本書は2003年に初版が出ており、6ページほどの内容だが、まさにその通りになっている