天体観測一覧

天体観測記録や機材についてのお話。

皆既月食と天王星食

2022年11月08日、皆既月食を観測してきました。この日は皆既月食と併せて天王星食も見られるレアな天体イベントとなります。とはいえ、6等星の天王星は肉眼では見えないですし、写真撮影しても点像しか映せないので、こちらはあまり着目していませんでした。天王星食の時間も調べておらず、ちょうど食事中という有様です。

2022/11/08 19:03
2022/11/08 19:15

在宅勤務の中抜けで楽しむつもりでしたが、思いのほか長丁場となったので、そのまま勤務終了して観測を続けました。まずは皆既月食前の部分月食です。左下から地球の影が被ってきて、最後は右上に光が残ります。この皆既月食に入る直前の様子が神秘的で好きです。

2022/11/08 19:18
2022/11/08 19:59 (食の最大)

19時16分に皆既月食へ入った後は、色々カメラ設定をいじりつつ何枚も撮影します。赤い月と形容されますが、いうほど赤銅色かなあ、と皆既月食の度に思います。一応カメラ設定は、赤味が強く出るようなホワイトバランスにしています。とりあえず食の最大時まで見届けたら、一旦離脱して食事に向かいました。

2022/11/08 20:47
2022/11/08 21:03

20時41分、皆既月食が終わって再び部分月食に戻ります。地球と月の位置関係が皆既月食の最中にずれているので、光が出てくる場所は皆既月食直前に光が残った場所と対称にはなりません。皆既月食明けの光は、ほぼ左側からやってきます。ターコイズフリンジは捉えることができませんでした。

2022/11/08 19:36
2022/11/08 21:00

せっかくの皆既月食なので、星景写真にも挑戦してみました。しかし適当な地上の景色がないので、観測していた公園の木を一緒に収めてみました。あとは部分月食時に露出を下げて、影になっている部分を隠した撮影を試してみました。肉眼だと影の部分は薄暗く見えるレベルなので、写真による遊びとなります。

2022/11/08 19:56

一応天王星も探してみました。食の瞬間の写真はないのですが、徐々に皆既月食の裏へ向かう天王星の写真は見つけられました。PhotoShopでレベル補正し、だいぶ明るくしたことで、見えました。天王星の右下は、HIP 13786かと思います。左上はよくわかりません。天王星およびHIP 13786と比べて軌跡がなく点像に見えるので、恐らくノイズかと思います。


城ヶ島公園でM31撮影2022秋

2022年10月01日、城ヶ島公園で天体観測してきました。ここ数日は天気がかなり良くて、SCW予報を見ても雲はほとんど出なそうでしたので、久しぶりに城ヶ島公園まで足を運びました。しかしながら小さなトラブル続きで、往路は京急線の遅延で三崎口からのバスに乗り遅れて30分ロス、復路は終バスの時間検索を誤ったため乗り過ごしてしまい、駅までタクシーで帰りました。

今回の目的は、アンドロメダ銀河です。昨年も撮影に挑戦していますが、今年は微動雲台の導入やコンポジット前提の撮影など、少しやり方を変えてみます。しかし、導入には相変わらず苦労しました。木星起点で導入しようとしますが、上手くいきません。使用したレンズはED 75-300mm F4.8-6.7ですが、広角端の75mmでもStar Walkのデフォルト状態で見える星だけでは位置を特定できず、拡大表示する必要がありました。しかし一度位置を把握できれば、微動雲台のおかげで、フレームの中心に持ってくるための調整などは楽にできました。

300mmまで寄ると、30秒程度の露光時間でも流れが気になるので、10秒から20秒くらいで撮り続けました。そして帰宅後にステライメージ9を試用し、それらをコンポジットしてみました。ISOは3200で総露出時間は348秒になります。結果は、うっすらと渦巻きが判るところまで来ており、昨年よりは良い感じに撮れていると思います。左上には伴銀河であるM32もかろうじて判る程度に映っています。ただ単体の露光時間を短くしたこともあり、暗い星は映っていません。また300mmまで寄ったことで、トリミングはほぼしていません。

焦点距離を長くするとF値は大きくなり、また日周運動によるブレの影響も大きくなります。これらを考慮して、中望遠の単焦点レンズを使って、より明るくより長い露光時間を確保するというアプローチが良いかな、と思い始めました。焦点距離が短くなる分はトリミングで対応します。月や惑星撮影のために超望遠レンズ(M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS + 2倍テレコン)の購入も候補に挙がっていますが、M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8なら現有のレンズの約7倍の光量を集められることになり、こちらも魅力的です。

さて話が逸れましたが、アンドロメダ銀河以外にもいくつか撮影しました。まずは相模湾に浮かぶ月明り。月齢5.2とはいえ、結構明るいので星はあまり映りません。

そして月の上方向には、天の川が流れています。肉眼でもうっすら判りますね。月の傍と、少し離れた天頂方面で撮影してみました。前者の露光時間は170秒で、後者の露光時間は240秒です。

最後に東の空から昇ってきたプレアデス星団を撮りました。時間がなくて、露光時間は40秒ほどしかありません。


微動雲台

2022年5月、微動雲台(Vixen 3562-01)を購入しました。ハンドル操作で、上下と左右の2軸方向の微量な角度移動を行なうことができます。超望遠レンズで天体を撮影する場合、僅かな角度のズレで目的とする天体がフレームの遥か彼方へ移動してしまいます。微動雲台がない頃は、トライ&エラーで狙った位置に収めようと頑張ったり、それでも無理な場合は焦点距離を短くして後でトリミングしてきました。

購入後は天気の都合などもあり、なかなか使う機会がなかったのですが、先日中秋の名月を撮影するため、300mm(35mm判換算600mm)のレンズを微動雲台に装着してみました。手元でハンドルを回転させてもほとんど角度が変わっているようには見えないのですが、レンズを通してみるとしっかり移動しています。いやあ、これは実に便利ですね。なかなか本格的な天体観測に行けていませんが、そろそろ出かけてみたいです。


中秋の名月2022

2022年09月10日の夜、中秋の名月を観賞しました。徐々に雲が出てくる予報でしたので、21時ごろに東の空を昇っている姿を撮影しました。

レンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II」の望遠端で、且つデジタルテレコンを有効にして狙います。そして以前購入した微動雲台を初使用です。フレームから逃げていく月を楽に追いかけることができます。赤道儀の月追尾モードの方がもっと楽に追尾できますが、そこまで気合が入っていない撮影の場合は、微動雲台でちょこちょこ追いかけるくらいで良いです。

これまでに撮影した月の写真を見ていると、シャープさが足りないと感じました。そこで、今回は無限遠のプリセットだけではなく、マニュアルフォーカスも使用してピントを合わせてみましたが、どうしてもシャープに映りきらない部分があります。これはレンズの能力の限界なのかもしれません。

ホワイトバランスは、黄色く見せる日陰モードと、青白く見せる白熱灯モードで撮影しました。月撮影の時は大体この2つのモードがお気に入りです。

中秋の名月ということで、地上の景色も入れてお月見感を出したかったのですが、近所には映えそうな場所がないので、月だけを収めました。

そして満月の左隣に木星が明るく輝いていたので、撮影してみました。光も含めた木星の視直径は300mm(35mm判換算600mm)でもそれなりの大きさです。明るく映せば周りの衛星も映るので、木星だと判別できます。ただし、光を除いた木星本体を映すには力不足ですね。150-400mmのテレコンx2の組み合わせが欲しくなります。天体望遠鏡での撮影は桁違いの機材沼になるので、購入予定はありません。


春の大三角と桜

最近は薄雲が広がることが多いのですが、久しぶりに晴れ渡ったので、近所の公園で星空を撮影してきました。本当は城ケ島公園あたりに出かけてがっつり撮りたいですが、行ってみて雲が広がっているとがっかりなので、難しいところです。どうも最近は昼間晴れていても、夜になって雲が広がることが多いので……

公園に着いたら桜がまだ咲いていたので、桜と春の大三角を合わせて撮影してみました。市街地なので、一等星以上のスピカとアークトゥルスはすぐに分かるのですが、二等星であるデネボラは先の2つの星を起点にして探さないと見つけにくいです。

ISO1600、F4.0で撮影しましたが、露光時間30秒だと白飛びと流れが気になるので、10秒程度で撮影しました。光量が少ないのでソフトンフィルタを通してもあまり星が滲まず、大三角感がいまいちですが、まあお手軽撮影だからこんなものですね。

ちなみに今回はRAWのみで撮影しました。階調補正はPhotoShop編集でもやってきましたが、ホワイトバランスで色味を変えられるのは便利で良かったです。4200Kだったものを3000Kにして、青っぽい仕上がりにしてみました。