天体観測一覧

天体観測記録や機材についてのお話。

しぶんぎ座流星群観測にチャレンジ

2022年01月04日の夜に、しぶんぎ座流星群の観測にチャレンジしました。極大は同日の未明でしたが、実家にいて撮影機材がなかったため、夜にチャレンジしています。極大を外したしぶんぎ座流星群はなかなか厳しい感じがしますが、1枚でも写真で捉えられればという心持ちです。

22時15分から23時30分の間で撮影しました。肉眼で確認できた流星はありません。やはり渋いですね。レンズは単焦点の明るいレンズ(f1.8/17mm)を使い、ポラリエUを用いて、3分間ほどライブコンポジット撮影します。手応えがないのがつらいところですが、南天のオリオン座を中心にして撮影を続けました。

ISO-800/f1.8/露光時間5秒/焦点距離17mm(コンポジット合計約3分)/9分の1程度にトリミング

帰宅後は写真を確認します。結果として、最初の1枚にとても細い流星が1個映っているだけでした。しかも運悪く、天体観測用ライトの赤い光が被ってしまっています。というわけで、赤色を消すべく色調を青色に寄せて、且つ細い流星を視認できるようにした結果が、上記の写真です。本当はオリオン座の横を流れる流星といった構図と狙っていたんですが、オリオン座全体と映せるほどの流星は捉えられませんでした。ベラトリックスだけかろうじて収まっています。

なお、人工衛星はいくつか映っていました。パッと見流星と似た一筋の光として映るので、何度かぬか喜びしました。人工衛星は、破線になったり、一定の太さだったりするので、よく見れば簡単に流星と区別ができます。


日暮れのレナード彗星等

2021年12月19日17時20分から18時すぎに掛けて、日暮れのレナード彗星を観測してきました。前回の観測は明け方でしたが、再接近後は日没後に見られるようになります。高度が低いので見られるか不安でしたが、目印となる金星の高さを見て観測可能だと判断し、近所の公園で観測しました。

ISO-1600/f11/露光時間2.5秒/焦点距離300mm

前述の通り、今回は金星を目印にできるので、比較的探しやすいです。金星から左に移動して、土星の真下あたりを狙って導入します。撮影した画像を確認すると、いて座62番星の左を流れていました。写真の左側にある薄いぼやっとした明かりが、レナード彗星です。

ISO-8000/f6.7/露光時間0.001秒/焦点距離300mm(画像トリミング)

続いて、レナード彗星導入の目印とした金星を撮影してみます。前回はピント合わせを失敗しましたが、今回は無事欠けている様子を撮影できました。

ISO-1000/f6.7/露光時間0.625ミリ秒/焦点距離300mm

最後に月を撮影します。ちょうど12月の満月で、コールドムーンと呼ばれています。月はお手軽に近所の公園でも楽しめて、良い天体コンテンツです。


ふたご座流星群2021

ISO-1600/f3.5/露光時間5秒(コンポジット合計約6分)

2021年12月13日、三大流星群のひとつであるふたご座流星群を観察してきました。遠征はせずに、22時すぎから近所の公園で頑張ります。まずはポラリエUの極軸合わせを済ませて、カメラのセッティング。流星自体は全天で観察できますが、今回は放射点を狙います。そして昨年に流星群撮影のために買ったものの、利用機会のなかったレンズヒーターを初使用。

撮影はコンポジット撮影で実施しました。光害で白飛びしない程度のISO-1600の露光時間5秒で、極軸合わせの誤差が目立たない3分以内で合成します。2時間くらい粘っていましたが、何個か肉眼で明るい流星を確認できました。しかしマイクロフォーサーズの12mmは天に対して狭すぎて、それらをフレームに収めることはできませんでした。

以下がはっきり確認できた眼視記録です。北東方面が多いのは、そちらを眺めていることが多かったからだと思います。

  • 2021/12/13 23:38 北東中度
  • 2021/12/13 23:50 北東低度
  • 2021/12/14 00:13 東中度
  • 2021/12/14 00:29 北東中度

モニタではっきりと流星は確認できていないので、手応えは微妙な感じのまま、1時手前に撤収しました。防寒していましたが、体の芯まで冷えた感じ。

撮影した画像を隅々まで確認したところ、数個ですが細い流星の筋が映っていることを確認できました。コンポジット後の画像同士を2枚重ねて比較明合成した写真が冒頭の写真となります。放射点を狙っていたので、2個の筋を辿るとおおよそ中央で交わる配置となっています。

流星は非常に細くて分かりにくいですが、左中央と中央下付近です。右上の明るいのは木の枝で、下の3つの丸いものは街灯のゴーストです。街中でもカメラの目を通せば、これだけの星が見えることに、感動しました。


明け方のレナード彗星

2021年に発見されたばかりの彗星であるレナード彗星が、2021年12月12日23時ごろ地球に最接近します。この日が近づくにつれて徐々に明るくなりますが、高度が低くなり観測がしづらくなるという、トレードオフの関係にあります。

最初は12月9日に観測しようと起きて近所の公園に出かけたのですが、雲が広がっていて無理でした。続いて12月10日の明け方に挑戦するつもりでしたが、GPV予報によると明け方にかけて雲が広がりそうなので延期。12月11日は雲が出なさそうなので、この日に決めました。

4時20分ごろ、近所の公園に出かけます。75-300mmのレンズを構えますが、さっぱり見えません。StarWalk2を使って導入を試みますが、目印に使えそうな目視できる明るい星が近くにないため、なかなか難しいです。モニタに映ったへびつかい座を起点に、レナード彗星があると思われる範囲を適当に撮影します。この辺はもう博打ですね。

f5.6/ISO-1600/露光時間3.2秒/焦点距離75mm(トリミング)

手応えのないまま、5時45分ごろ撤収して、画像を確認します。それらしきものを見つけられず失敗か、と諦めかけたその時、淡い光を見つけました。高感度ノイズにも見えますが、Twitterで他の方が挙げていた写真と恒星の配置が一致するので、間違いないはずです。

ひとまず撮影できて早起きの甲斐がありましたが、こんなにも淡い光なんですね。且つかなり小さいので、望遠で上手く導入する必要があり、思った以上に難易度が高かったです。


前澤氏滞在のISSを観望

2021年12月09日夕方、近所の公園でISSを観望してきました。折しも前澤氏が滞在中ということで話題になっています。

f3.2/ISO-1600/露光時間1.3秒/インターバル4秒/焦点距離17mm/9枚合成

今回はインターバル撮影で軌跡を撮ってみます。飛行機とは違った独特の軌跡を収めたかったのですが、普通のレンズでは全然画角が足りません。全体を収めるにはおそらく360度カメラじゃないと厳しい感じです。ある程度広角なら、一番高さの出るところを弧状に映せるんですかねえ。マイクロフォーサーズの17mmで切り取れる範囲では、結局直線のようになってしまいました。一応直線を重ねれば、弧状になっていることは分かりますが、パッと見は判りませんね。

月を目安にカメラの向け先を合わせましたが、予想よりも上で慌てて修正したので、軌跡が半分ほど欠けてしまいました。ISSの移動速度はとても速いので、なかなか時間勝負です。というわけで画像は撮れた部分だけトリミングしています。コンポジットは、PhotoShopCS4で地道に比較明合成しました。