雑記一覧

適当なことを、徒然につづります。いわゆる”その他”です。

REGZAのリモコン修理失敗

かなり前から、REGZAのリモコンの電源ボタンが効かなくなっており、テレビ本体のスイッチでON/OFFしていました。先日ペンライトの接点修理をしたついでに、こちらも修理してみようと思い立ちました。

分解には精密ドライバーが必要でしたので、ユニディで00+を含む安い精密ドライバーセットを購入して、いざ分解開始。爪で嵌っている蓋の部分は大きめのマイナスドライバーをねじ込んで剥がしました。一度外れれば、外れ癖が付くので外しやすいです。

とりあえず基板の見えるところまで分解できたので、まずは掃除します。とにかく埃が凄まじいです。後はティッシュにアルコールを染み込めせて拭き掃除。ティッシュは基板の突起に引っ掛かってゴミが残るから微妙かな……

とりあえず汚れを落としただけで改善するか試しましたが、駄目でした。というわけで、接点復活剤を試しますが、手持ちのKURE5-56は導電性ゴムには効果なさそうですね。一応基板を見ますと、電源ボタンに対応する回路の線が黒ずんでいましたので、そこに塗ってみましたが、症状は改善しません。

そうこうして何度か組み立てと分解を繰り返しているうちに、ネジ頭を潰してしまい、分解が不可能になりました。舐めたネジ頭を復活させる方法はありますが、もう労力が成果に見合わない感じがしてきて、The END。

電源ボタンを使いたいなら、汎用テレビリモコンを買えば良いですし、そもそも電源ボタンだけ使えないことはさほど不便でもないので、このままでも良いかと思っています。


食べ物の好き嫌い

偏食の強い方ではありませんが、食べ物の好き嫌いはあります。子供の頃の三大嫌いな食べ物は、納豆、麻婆豆腐、椎茸でした。麻婆豆腐が苦手だった理由は今となってははっきりしませんが、恐らく辛さではなく豆腐です。揚げ出し豆腐などが好きではないですし、どうも木綿豆腐に火を通したものが苦手なのかもしれません。

椎茸は好きではないですが、食べようと思えば食べられます。揚げ出し豆腐は苦手なものだと、食べれるけど少し気持ち悪くなってくる感覚を覚えたことがありました。納豆については別格で、食べている最中に吐き気を催すので、体が完全に受け付けません。小学3年生の時に給食に出て、居残りで食べさせられたクソのような記憶があり、それが影響しているかもと思いましたが、その時点で食べられなかったということは元々駄目なのでしょうね。


フィッシングサイトに釣られる

長いことインターネットしていますが、初めてフィッシングサイトに釣られてしまいました。ここ最近メールの段階で気づいたものの、一瞬本物かと思ってしまうヒヤリが何度かあったので、ついに踏んでしまったか、という感じですね。

URLを見ればすぐに偽物と気づけて、さほど巧妙というわけではないのですが、要求される手続き内容自体が不自然ではなくて、うっかりURLをクリックしてしまいました。必要そうな手続きで早めにやった方が良さそうだから、隙間時間のある今のうちにやっておこう、確かこんな思考回路だったと思います。元々迷惑メールフォルダにフィルタリングされていたのですが、迷惑メールフォルダも新着表示が出るので、つい気になってフォルダの中身を覗いてしまったのが良くなかったです。

サイトにアクセス後は、新規に個人情報を再登録させられることに違和感を覚えつつも、頭の中は作業モードになっていたので、そのまま入力を進めてしまい、最後に決済画面に遷移したところで、ようやくフィッシングサイトだと気づきました。

すぐにカード会社に連絡して、カード停止手続きを済ませました。幸い特に被害はありませんでした。早く気づけて良かったです。ただ、カードの再発行費用1,100円は良いとして、月払いしている各サービスへの変更連絡が面倒です……

今回のフィッシングサイトは一旦入力をすると、元のログインページは404 Not Foundになりました。入力してしまった情報が何なのかを、確認することはできません。


2021年を振り返る

本年もお世話になりました。コロナ禍はなかなか収束しませんが、海外旅行に行けないことを除けば、わりかし自由に過ごした気もします。それではさっそく2021年を振り返ります。ここ数年に比べて、内容は若干淡泊にしました。

各部門大賞

【ゲーム大賞】ブレイブリーデフォルト2

あつまれどうぶつの森もプレイし続けていますし、スーパーボンバーマンRオンラインも結構熱くなりましたが、ブレイブリーデフォルト2を選びました。終盤以外はバランスがきつめですが、それでも何とか最後までプレイできました。前半のストーリーは欝々としていますが、重厚な内容に惹き込まれて良かったです。

【アニメ大賞】トロピカル~ジュ!プリキュア!

放映開始前の感想としては、あまり合わないかなあ、でしたが、いざ本放送を見たらとても楽しかったです。

【旅大賞】北海道旅行

与那国島、阿蘇、奄美大島など、より長期日程で旅行している箇所もあり、ずば抜けてココ!というところはないのですが、久しぶりの北海道ダイビングとなった北海道旅行を挙げました。

【買い物大賞】Xperia 5 II SO-52A

久しぶりのスマホ更新が一番大きいかと思います。触れている時間が長いガジェットですし、地味に便利になった部分が大きいです。

全体的な振り返り

【旅行・レジャー】

今年は山に出かける回数が昨年よりも多い年でした。登れる山の数は多いですし、百名山という目標にしやすい指標があることが大きいかもしれません。その他のスポーツはわりとペースをキープしたかと思いますが、ボルダリングが後半でペースダウンしています。この辺はペースダウンしてもあまり気負わずに、年に数回であっても続けていけたらと思います。あとは、昨年から始めた天体観測も、それなりのペースを維持できたので、新しい趣味として楽しめそうです。

【勉強】

勉強系はあまり進捗が良くないですね。英語と中国語の勉強を継続していますが、試験などのマイルストーンを設けないと勉強量が不足がちです。継続自体はできているのですが、単位量が少ないのが問題点です。興味のある分野は幾つかあるのですが、注入できるリソースは限られるので、効率よく且つ集中と選択をしなければいけないと考えています。

【お出かけ】

何だかんだでライブは結構出かけましたが、プリティーシリーズのライブに偏っています。そんな中、11月には新規現場であるナナニジのアニラを見に出かけたりしました。

【創作】

お絵描きやプログラミングは相変わらず十分には出来ていません。やりたい気持ちはあるけれど、やはり時間が足りないですね。勉強のところにも書きましたが、何かを成す為にはリソースの集中と選択をしなければ、全て中途半端に終わってしまうような気がしてきました。


東京オリンピック2020

是非を問われた東京オリンピック2020ですが、せっかくならば楽しみたいというのが、自分のスタイルです。というわけで、テレビ中継をメインに色々と楽しみました。

なお、観戦チケット自体は抽選に落ちて、1枚もゲットできていません。この結果がむしろ幸いになるとは、当時は想像できませんでした。申し込んだチケットは、開閉会式、スポーツクライミング、ロードレースだったかと思います。

競技中継観戦

テレビ中継は、ロードレース、スポーツクライミング、マラソンはなるべく見ようと予定していて、その他の種目は気になれば随時見るというスタイルでした。テレビを点ければ、常時何かしらの種目は放送している状況でしたので、在宅勤務ということもあり、わりと多くの種目を観戦していました。

ロードレースは、競技として色々駆け引きが面白いですね。女子のトップ先行での逃げ切りは圧巻でした。また約6時間に及ぶ長丁場なので、ながら視聴できるのが良いです。長丁場のスポーツは、他にもありますが、このように連続して動き続けるスポーツは稀ではないでしょうか。このコースはバラシでいつか走ってみたいですね。オリンピックコースを比較的手軽に走れるのは、自国開催のアドバンテージです。

スポーツクライミングは、ボルダリング以外は馴染みがなかったので、複合による順位の掛け算システムが新鮮でした。これにより最後まで勝負が分からなくなります。ボルダリング課題は、世界トップレベルの選手たちもクリアできない課題があるほどの高難易度。予選も決勝も最終課題はクレイジーな課題が多くて、見ている分には楽しかったです。絶対に登りたくはないけれど。純粋に競技のみを楽しむつもりでしたけど、やはり日本人選手を応援してしまいます。野中選手、野口選手、メダルおめでとうございます。楢崎選手も惜しかった!原田選手もパリに期待です。

マラソンは早朝であったことと、他のテレビ番組と重なったことから、一部のみ視聴となりました。というわけで大迫選手の8位から6位の追い上げは、録画放送で見ました。ここはリアタイしたかったなあ。見ていると大会で走りたくなってくるので、早く大規模マラソンが開催されるようになって欲しいです。

お台場周辺散策

観戦チケットが落選した当時は、せめてロードレースだけは沿道観戦したろ、と考えていたのですが、意外と距離があることと、コロナ禍の時世を鑑みて、止めました。一方で会場の一部はお台場に集まっており、比較的行きやすいので、混雑が少なさそうな平日の夜に出かけてきました。

2021年7月26日、4連休明け初日の夜に、夢の大橋にある聖火台を見てきました。観客はいますが、それほど多くありません。聖火を眼前にする機会はなかなかないと思いますので、貴重な機会となりました。

国際展示場近くには、ミライトワとソメイティの植木によるオブジェもありました。近くでの撮影は、入場制になっています。大して人もいなかったので、中に入って撮影してみました。

2021年8月4日、よく中継の幕間に映る五輪マークを見に出かけてきました。東京テレポート駅で下車すると、ちょうどマジックアワーに染まるお台場の景色が広がりきれいです。

途中にある青海アーバンスポーツパークでは、スポーツクライミング女子予選が行われています。隙間から少し会場の様子を伺えますが、色々と遮蔽物があり、きれいに見ることは出来ません。警察を含め、滞留防止のアナウンスが随時流れているので、長居してベストポジションを見つけることも難しいです。というわけで、どうせ見えないので、早々に立ち去ります。

アクアシティ方面に向けて歩きます。レインボーブリッジ越しに東京タワーが見える光景がきれいです。

アクアシティに着いたら五輪マークを撮影。レインボーブリッジを背景に撮りたかったのですが、お台場海浜公園が競技会場になっている都合か、高架の遊歩道も途中で封鎖されており、その角度での撮影は無理でした。五輪マーク自体はかなり前から設置されていたので、早めに動くべきでしたね。とは言え、その時点ではそこまでのモチベーションが湧かないでしょうけど。

なお、この五輪マーク、正面から見た方が距離的にも近いのですが、一部が街路樹等に遮られてしまいます。向かって右手に少し移動すると、距離は離れますが、全体が映せます。さらに右手に離れると、五輪マークの5色が分かるようになります。角度か距離か分かりませんが、この位置でないと真っ白に見えちゃうんですよね。ただ、ある程度調整の効くカメラでないと、この撮影条件は厳しいかもしれません。

最後は、お台場の自由の女神と五輪マークのツーショットを撮影しました。この自由の女神はフランスの自由の女神からの公式レプリカなので、次回のパリ五輪との繋がりを思い起こさせる1枚となりました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。