ボルダリング一覧

ボルダリングに関する話題

ジム74日目~最後の壁家

2022年03月12日、壁家でボルダリングをしてきました。ビル建て替えに伴い、翌日の03月13日に閉店してしまうので、実質最後の訪問となります。ZEN閉店後に移行してから3年弱お世話になりました。たまたまホームページを見に行ったことで、閉店前に知ることが出来て良かったです。やはり閉店前にもう一度訪問しておきたいので、土曜日の朝に少し早起きして、8時30分から1時間ほど登ってきました。

前回の訪問は1月でしたので、課題は新しくなっています。閉店1日前のためか、朝にしては人が多めですね。とりあえず90/100度壁の5級課題に挑戦すると、意外にも一撃できてしまいました。結構右往左往しつつ登ったので、リトライしたら今度は失敗。改めて正しいルートをシミュレーションした上で再度トライしたらクリアできました。最初はスタートホールドの上にあるホールドに進んでいたのですが、そうではなく、一旦左に移動してから上に進んだら、スムーズに登れました。

次はスラブ壁の4級課題に挑戦します。閉店に向けてホールドが外されている都合、スラブ壁には4級以上の課題しかなかったためです。しかしこちらが試行錯誤の結果少しずつ登れるようになっていき、非常に面白かったです。最初はスタートを切るのも苦労しましたが、まず左足でフットホールドに乗り、バランスを取りながら右手を上のホールドへ移動していきます。最初はスタートホールドから2つ上のホールドまで右手を移動したところで、右足をスタートホールドの上に乗せようとしたのですが、これが上手くいきません。なので、もう一つ上のホールドまで右手を移動させて身体の位置が上がると、大きなホールドの陰に隠れていたスタートホールドが視認できるようになり、足も乗せられる体勢になります。この時の右手のホールドはかなり持ちやすいので、バランスを保ちつつ左手も移動させます。次がその上にある大きめの丸いホールドですが、ここで力尽きました。

それからリード壁跡に設置されているコンペ壁を少し触ってみましたが、スタートから次へ進むことができません。とても太刀打ちできる気がしないので、リトライはぜずに記念トライとしました。

最後に90/100度壁の6級課題を登って、壁家登り納めとなりました。余裕で登れるつもりが、意外と足元が滑って危うかったです。

今回のFenix5Xの測定結果は、以下の通りです。

Total Time0:56:11
Total Climb11
Success Climb3

ジム73日目~2022年ボルダリング登り初め

2022年1月5日、壁家で2022年の壁登り初めをしてきました。まずは90度100度壁の6級課題で慣らします。それから5級課題に挑戦します。90度壁の5級課題は何と一撃でした。しかし5級にしてはやや簡単だった気がします。一応90度壁にしては、結構筋力を使った感覚ではありましたが。

続いて100度壁にある5級課題に挑戦します。こちらは苦戦中です。スタートホールドからその上、さらにもうひとつ上のホールドまで掴んだ後の足の移動で、結構手こずりました。最初はスタート直下のホールドに両足を乗せて、そこから右足を右隣にあるホールドまで持ち上げて置こうとしますが、上手くいきません。そこで、右足を移動する前にスタートホールドに左足を乗せてみたら、右足も運びやすくなり、先へ進めました。そのままゴールから3つ手前のホールドを掴むところまで進みました。しかし、地味によれてしまったのか、この後はスタートホールドに足を乗せるところまでしか進めなくなってしまいました。100度壁の6級課題も結構しんどかったし、腕がパンプ気味。90度壁の7級課題などでクールダウンして、今回は切り上げました。

ちなみに最近はボルダリング前にプロテインを飲んでいるのですが、この日は何故か忘れていました。そのせいか分かりませんが、久しぶりに結構腕がパンプしています。

今回のFenix 5Xの測定結果は、以下の通りです。Rest TimeはTotal Time以上の値になっていておかしいので、割愛します。時々こういうのが起きますね。

Total Time1:19:42
Rest Time
Total Climb18
Success Climb5

ジム72日目~半年ぶりのジム

2021年12月23日、約半年ぶりに壁家でボルダリングしてきました。9月に御岳ボルダーに登っているものの、随分と間隔が空いてしまいました。

というわけで、まずは6級課題を登ってみます。その結果、90・100度壁、スラブ壁、160度壁の全6級課題をクリアできました。1箇所ルートミスがありましたが、基本一撃です。なので、間隔は空いたものの、そこまで駄目にはなっていないようです。なお、120度壁には6級課題はなくなっていました。

その後はスラブ壁の5級課題に挑戦です。最初の右足をスタートホールド上へ引き上げるのがきつくて苦戦します。しばらく悩んだ後、左手をボテのホールドにかけて、身体を左に倒して重心を下げたら、右足を高いところに乗せやすくなりました。ただ、その後の左足の引き上げが無理で、この日はここでどん詰まり。ボテの上にあるホールドなので、足を壁から離す必要があり、その際に壁から剥がれてしまいます。というわけで苦戦中ではありますが、やり方を変えたことで次に進めるようになったので、達成感はあります。こういうギリギリの難易度の部分が楽しいです。

最後に120度壁の5級課題に挑戦しましたが、体が持ち上がりません。スタート地点の下方にあるフットホールド(上記画像外)を見逃していましたが、それを使っても次のホールドが掴めるようになるだけで、撃沈です。そこまでよれてないと思いますが、やはり強傾斜は苦手ですねえ。上記の画像は120度壁を垂直方向から撮影していますので、移動距離は見た目よりは長いです。

今回のFenix 5Xの測定結果は、以下の通りです。Successは6級課題のみです。

Total Time1:07:55
Rest Time0:55:39
Total Climb14
Success Climb6

御岳ボルダーを触ってきました

2021年9月12日、雲取山登山の帰りに、御岳ボルダーに寄ってきました。登山帰りですし、最近壁もあまり登れていないので、お試しに触ってみるだけです。駅から至近ですし、そして超有名岩場ですし、せっかくなので。

御岳駅で途中下車して、駅前の青梅街道を渡ります。まずは御岳橋から秋川渓谷の様子を眺めました。紅葉の時期は特に美しそうですね。

それから少し進んで、バス乗り場のあるところから、川原へ下ります。ひとつ手前にも下り道がありますが、私道ぽいので避けました。たぶん川原までは続いていない気がします。

川原に出ると、散歩をする人、虫捕りをする人、ボルダリングをする人、カヌーをする人、など、皆が思い思いに楽しんでいます。さっそく持参した「日本ボルダリングエリア」で岩の場所を確認します。川原には多くの岩がありますが、トポに載る岩の多くは、川に近い場所にあります。

人が多いので、一般の人が使ったりしていないかなあ、と気がかりでしたが、上に乗れるような岩でもないですし、ボルダラー以外は使っていませんでした。登山靴からクライミングシューズに履き替えて、いざ登ります。

最初に挑戦したのは、溶けたソフトクリーム岩。とにかくツルツルしていてよく滑ります。全然足を乗せられる気がしなくて、敗退です。

次はすべり台岩です。こちらは多少フリクションが効いて、何とか両足とも岩に取りつけますが、そこから次の一手が出ません。

最後はオーストラリア岩。正面左の低いところならいけるかな、と思いましたが、全然ダメでした。かろうじて足が浮く程度です。

途中小雨が舞い、岩が濡れましたが、まだ何とか登れる程度の量で済みました。逆にこの天気のおかげで、ボルダリングの岩場が空いていたのかもしれません。

外岩はジムに比べて足場が本当にシビアで難しいです。特に自分はクラッシュパッドがないので、ギリギリを攻めることが出来ず、突破できるラインを見極めることが難しいのかもしれません。怪我をしたくないので、確実にいけそうなところしか踏み込めませんし。

ボルダリングを終えた後は、沢井駅前まで歩いて、豆らくにて昼食をいただきました。注文したのは、豆彩麺と黒酢ざくろジュースになります。豆彩麺は湯葉がけうどんですね。色々小鉢も付いてきて、美味しいです。

その後は沢井駅から青梅線で帰りました。久しぶりのボルダリング、そしてかなり久しぶりの外岩となりました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ジム71日目~5級課題と4級課題

2021年06月28日、昼ごろ壁家にてボルダリングしてきました。この日はマイナンバーカード受け取りのために年休を取得しており、平日の安い時間帯で登ってきました。

まずは前回宿題となっていた100度壁の5級橙+(3枚目の写真の青丸)に挑戦します。中盤までの登り方は前回で把握しているので、未踏の終盤が肝でしたが、大きく苦労することなく、登ることができました。

前半部分の登り方、一度分かると何となく登れてしまうのですが、後学のために自己分析してみました。まずスタートホールドから移るときは、壁を体に引き付けておくと楽です。左足を次のホールドへ引き上げる際は、距離があるので、スメアリングするとだいぶ楽になります。

90度壁の橙Iは、初手からさっぱりわかりません。左右のスタートホールドが壁に正対ではなく、背中合わせでスタートする課題となっており、初めてのパターンです。足場はなく、手を乗せているところに足を乗せるしか思いつかないので、それをやってみますが、そこから先がさっぱり見えてきません。体重が手のひらに大きく掛かるので、赤くなってしまいました。跡がなかなか消えなかったので、内出血したかも?というわけで、この初手から間違えているのかもしれません。5級課題の場合、登り方さえわかれば登れることが大半なので、何か見落としているのでしょうが、今のところさっぱり見つかりません。

強傾斜も少し登ってみようと思い、120度壁の6級課題である水色Iと水色■に挑戦して、それぞれ一撃でした。120度壁の5級課題にも挑戦してみようかな。

最後は100度壁の4級課題である黄色+を味見してみましたが、数手進んだところで詰まってしまい、4級の洗礼を浴びました。

今回のFenix 5Xの測定結果は、以下の通りです。Total TimeとRest Timeの差がどうにも合わないので手動計算しています。高度変化によって自動カウントしたClimbを先に手動で登録してしまったので、そこを起点におかしくなったような気がします。手動に頼る部分も多いので、色々難しいですね。

Total Time1:23:50
Rest Time0:46:55
Total Climb13
Success Climb4