2022年07月一覧

Fall Guys

2022年6月21日から無料配信が始まったので、Nintendo Switchでダウンロードして、プレイ開始しました。何度かプレイして、大体3ラウンド目くらいまでは行けるようになりました。時々1ラウンド目敗退とかもありますが、逆にファイナルラウンドまで行けることもあります。ただし、まだ1位になったことはありません。ステージごとに得手不得手はあるみたいで、スピードサーキット系のステージは、これまで一度も勝ち抜けたことがありません。

スーパーボンバーマンRオンラインとかは、特定の相手に倒されて負けるので、どうしても敗退した時に悔しさが残りますが、Fall Guysは集団から零れ落ちて敗退するので、そこまで強く遺恨が残りません。そのためストレスレスですが、一方で何度もリプレイするほど熱くはなりません。総プレイ時間は2時間ちょいで、今のところのシーズン1のランクは17です。

ある程度テクニックもありますが、基本はパーティゲームとして楽しみたいゲームですね。今回ダメだったから次はこう改善しよう、といったやり込み欲は、個人的には湧かないです。小学生の頃にあったら、友達同士で家に集まって盛り上がっただろうなあ~


Lightroom Classic

Adobe Creative Cloudのフォトプランを購入したら、Lightroom Classicも付いてきたので、使ってみました。最初はClassicではない普通のLightRoomをインストールしたのですが、こちらはクラウド利用が前提で使いづらいので、アンインストールしました。クラウド容量が20GBと少ないプランですし、複数の環境から使うこともないですし、クラウドとの通信が発生するわりに、あまりメリットがなかったからです。

というわけで、Lightroom Classicをインストールしました。写真を一覧できて、露出補正や切り抜き加工がすぐに出来るのは便利ですね。曇天などで色味の落ちた写真に対して自然な彩度による調整や、回転による傾き補正なども使えます。書き出し時の縮小処理もまとめて出来るので、助かります。

一方で画像編集機能はあくまで限定的であり、人の顔にモザイクを掛けたりといった作業は難しいので、Photoshopを使っています。人の顔を消すこと自体は、スポット修正ツールを使えば可能ですが、顔が消えて背景が見える感じになるので、首を切り飛ばしたような見え方が何か気持ち悪くて使っていません。

というわけで、もう一押し画像編集機能があるとありがたいところですが、結構便利に使えています。


虫除けスプレーとポイズンリムーバー

山に入るとどうしても虫対策は必要になってきます。ちょうど虫除けペーパーの在庫が切れたので、今度はスプレータイプを買ってきました。スプレータイプの方がこまめに使いやすいと思ったからです。購入したのは、アウトドアボディスプレー エクストラ50mlになります。天然由来成分のみで作られています。そこに強い拘りがあるわけではないですが、店頭にあったのがこちらのシリーズでしたので、購入しました。さっそく先日伊吹山へ持っていったのですが、思いのほか虫がいなくて、まだ使う機会がありません。

そしてもう1点購入したのが、インセクトポイズンリムーバーです。毒虫などに刺された際に、素早く毒を吸い出すことで、その後の症状を軽減するためのアイテムです。そうそう使う機会はないかと思いますが、万が一に備えて持っておくのは良いかと思いました。


劇場版アイカツプラネット!&アイカツ!10th STORY舞台挨拶

2022年07月16日、都内各所で「劇場版アイカツプラネット!&アイカツ!10th STORY~未来へのSTARWAY~」の舞台挨拶が催されました。4劇場にて2回ずつ行われており、1回目と2回目で来場者特典が異なっているので、偶然、必然的に両方とも参加です。あまり無理のない予定を組むために、新宿バルト9の2回目と、池袋グランドシネマサンシャインの1回目を選びました。本編を飛ばして舞台挨拶だけハシゴとかはしたくないので。チケット争奪については、池袋はリワード会員登録のおかげで何とか最前列を確保し、新宿は競争率が激しかったですが前から3列目を確保できました。

新宿バルト9(2回目)

司会は綾見優希さん。最初に登壇するのは、アイカツプラネット!組で、伊達さん、瑞季さん、エイミーさん、宇野さん、羽野さん、そして木村監督。上映前の舞台挨拶となりますので、ネタバレなしです。感想等を箇条書きで書いていきます。もっと色んな話があったはずだけど、さすがに覚えきれません。内容は記憶ベースなので、間違っていたり不正確かも。

  • 見どころについて。
    • 色々なことに挑戦しているので見てほしい。
    • 瑞季さんが色々上手いこと説明してくれるのが、印象的だった
    • 髪の長さなど、テレビ版と劇場版の細かい変化にも注目してみて欲しい
  • 苦労したところ
    • ロケで犬の鳴き声待ちや、飛行機の通過待ちがあったこと。
      • 羽野さん「沙羅はいつも部屋の中での撮影だったので、今回劇場版でロケが新鮮だった」
    • 伊達さん、教室の窓際に座って空を眺めるシーンで、ちょうど視線の先に太陽があり、眩しくて目を細めてしまい、リテイクになったこと
    • 羽野さん、長台詞のところ(たぶんファッションショーの解説部分
    • 宇野さん、サプラーイズ!の手前で、もがかざるを得ない状況のところ
    • ドラマの時は撮影時期が夏だったけど、映画は冬だったこと
  • 劇場版のテーマである感謝祭に合わせて、感謝を伝えたい人は?との質問。
    • 伊達さんは、妹。アイカツカードの交換相手は妹しかいなかった。妹はカードのレアリティとか分かっていないので、レアリティを誤魔化して妹からレアカードを貰っていた。
    • エイミーさんが「ここにいるみんなです!」と言ったら、瑞季さんが「え~?(ほんとに~?の意)」と言ったのが面白かった
    • 宇野さんは木村監督に感謝を伝えていた
  • 退場時に瑞季さんが階段で盛大に足を踏み外していたけど、大事に至らなかったようで良かった

後半は、アイカツ!10th STORYパートとなり、木村監督と伊達さんが残り、下地さんが登場します。

  • コスモス・クラウンブーケコーデをイメージした水色の衣装が印象的な下地さん
  • あかりさんの声で「こんにちは!今日はよろしくね!」といった感じの台詞を言ってくれた。正確な台詞は忘れてしまった
  • 今回会場に来られなかった諸星さんからのメッセージを綾見さんが代読
    • 7月31日の特番でお話聞きたいですね
  • 久しぶりのアイカツ!で、色々と懐かしかったと語る下地さん
  • しばらく下地さんの話が続いていたので、そこから話を振られたら、油断していて驚く伊達さん
  • 伊達さんと下地さんがお互いに見つめ合って褒め合うという、尊い時間があった

池袋グランドシネマサンシャイン(1回目)

司会は綾見優希さん。最初に登壇するのは、アイカツプラネット!組で、伊達さん、小椋さん、長尾さん、渡邊さん、そして木村監督。上映後の舞台挨拶となりますので、ネタバレありです。上映後挨拶は舞台セッティングの時間も含まれるので、上映前挨拶よりも若干時間が長いことに気づきました。この回の座席はB列で、最前列の向かって右の中央寄りでしたが、高さがステージより低い位置になるので、近いけれど目線は貰いにくい感じでした。まっすぐ前を見ると、キャストの膝が見えます。

以下、感想等を箇条書きで書いていきます。

  • 開幕、皆さん立ち位置を間違えて、大移動。これはバミリに貼られた名前が誤っていたせい
  • 見どころと苦労したところの質問は、2回目と同じ
    • 長尾さん、バンド演奏でドラムは音が大きくてガイド音が聞こえないから、ずれてしまって大変だった
    • 伊達さん、ライブの時にしゃぼん玉さんが飛んでいたのを映画で初めてと話したけど、周りからテレビ最終回でも飛んでいたよと突っ込まれる
  • 久しぶりにみんなと会って、変わったところについて
    • 皆さんの最初の反応は、あまりないよねー、といった感じ
    • 伊達さんの髪が伸びた、とか
    • 最初も仲良かったんだけど、もっと仲良くなった
    • 渡邊さんが楽屋でずっと喋っているらしい
  • 渡邊さん、最後の挨拶で、全体の締めのような挨拶をする
  • プラネット!組退場時、小椋さんは伊達さんと普通にグータッチして、その後渡邊さんも同じようにグータッチするかと思いきや、グータッチをかわす。それを受けて伊達さん、渡邊さんの背中にグータッチ(パンチ)を入れる
    • 仲の良さが伝わる一幕で良かった
  • 他のメンバの退場を見送る時の伊達さんの表情。
    • 最初の挨拶の他メンバの「私たち3回目の挨拶で」の時や、新宿2回目の時の「私何回目ですか、この質問」など、登壇回数が木村監督と並んで最多、且つ受け答え量としては、明らかに全員の中で最多の伊達さん
    • 自分は2回しか参加していないけど、同じ質問でも回ごとにコメントを変えているようで、大変だ

後半は、アイカツ!10th STORYパートとなり、木村監督と伊達さんが残り、下地さんが登場します。下地さんもっと色んなことを語ってくれたのですが、プラネットと比べて登壇者が少ないので、芋づる式に記憶を掘り起こすことが出来ませんでした。

  • この回は、あかりさんの声での台詞披露はなかった
  • 下地さんお気に入りのシーンは、いちごさんが「おやすみ、おやすみ、おやすみ」と言うところ
  • 「コスモス」の名付け親は下地さん。スタッフが幾つか案を出したけど決め手に欠けていたところ、下地さんにアイデアを出してもらったら、それに決まった
  • 諸星さんからのメッセージ代読は後半で行われた

来場者特典

1回目の来場者特典は、アイカツプラネット!大感謝祭の招待状です。そして2回目の来場者特典は、Welcome to Cosmosのライブチケットレプリカです。座席番号は各々異なっているらしく、自分はアリーナG8ブロック68列87番でした。アリーナだけど結構後方席。てか、スターアニススタジアムでかすぎでは。

映画の感想は別記事で書きたいと思います。


ロードバイクで初めてのノダイチ

2022年07月23日、ロードバイクでノダイチ(野田市一周)を達成してきました。何だかんだで未挑戦でしたので、朝から丸1日使える日に挑戦してきました。もう少し涼しくなってからの方が良かったかもしれませんが、思い立ったが吉です。

11時30分手前、まずはいつもの場所から江戸川CRに入り、北へ進みます。既にこの時点で結構暑いです。一応走行中は風が当たるので多少涼しいのですが、日向で停止すると一気に汗が出てきます。風はほぼ無風状態ですが、僅かに向かい風だった気がします。

玉葉橋を越え、キッコーマン野田工場を越え、野田橋を越えていきます。野田橋以降は来る頻度が少ないので、毎回少し懐かしい気分になります。もともと江戸川CRはあまり交通量は多くないですが、野田橋以北はさらに減ります。

東武アーバンパークライン橋梁を抜けて、さらに金野井大橋を抜けていきます。するとちょうど真上を、動力機に牽引された滑空機が飛んでいきいました。しばらく進むと、関宿滑空場を見えてきます。

ここで少し寄り道。予てから気になっていたノダイズへ向かいます。普段の走行コースだと少し遠いので、なかなか来れないんですよね。ミストシャワーの舞う日陰で、ソルティライチを飲み、梅タルトをいただいて、体を休めました。

それから江戸川CRへ戻り、再び北上します。宝珠花橋を越えて、関宿橋を越えて、ついに関宿城に着きました。

何だかんだで博物館の見学したことないので、いつか寄ってみたいです。今回は休憩所にて、醤油アイスをいただきました。それから外の自販機で、野田市発祥のマックスコーヒーをいただきます。飲み終えたら、今度は給水用にDAKARAを買いました。とにかく水分補給を怠らないようにしないと危険な気温です。

そして関宿にこにこ水辺公園を軽く散策。ゴリラの銅像の群れを撮影したりしました。他にも幾つかの生き物の像があります。

その後はけやき茶屋へ下りて昼食。あまり距離はないので、ロードバイクは関宿城に停めたまま。土用の丑の日なので、うな丼とかけ蕎麦のセットを楽しました。かけ蕎麦は冷たくできたので、冷たい方でいただきました。これで1.3Kはお得です。

お腹を満たしたら、いざ出発。千葉県と茨城県の境目から、利根川CRを下っていきます。利根川CRは本当に人が全然いません。快適に走れますが、一方で少しずつ疲れも出てきたので、ゆっくりと走ります。食後なのであまり飛ばすと脇腹が痛むのも理由です。帰りは追い風かと思ったのですが、どうも風向きが変わって向かい風っぽい感じです。そして2時間を超えると、お尻の痛みも気になり始めますね。暑いので、飲み物もガンガン減ります。すぐにぬるま湯になりそうな気温でしたので、昔買った保冷カバーを使って、そこそこ冷えをキープできました。この後に買った分も含めて、この日は合計4本のペットボトルを消費しました。

赤い橋梁が印象的な下総利根大橋を過ぎると、しばらく堤防の上を走ります。上空ではウルトラライトプレーンが飛行していました。空を遊び場にいつかしてみたいなあ。暑くて汗が流れ落ちてきますが、景色は最高です。青空が川面に映りこんで、とても鮮やかでした。景色自体はあまり変わり映えしないので、純粋に走ることを楽しめます。一部区間で堆肥か畜産系の臭いが結構きついところがあって、そこだけ要注意ですね。

しばらく走って、芽吹大橋が見えてきました。こちらは信号がなく交通量も多いので、アンダーパスを通ります。初見だとアンダーパスが川側か反対側か分からないので、毎回ちょっとした賭けです。今回は外して少し戻ることになりました。

芽吹大橋を過ぎたあたりで、太陽が大きな雲に隠れて日陰の時間帯となりました。景色は映えませんが涼しくてありがたいです。野田市スポーツ公園を過ぎたところで、サイクリングロードが川から離れていきます。どうにか川沿いを走れないかと道を探してみましたが、工事関係車両しか通れない道でしたので、街中の裏道を進みます。

幹線を走った方が速いのですが、路側帯があまり広くない道を走るのは神経が磨り減るので、基本裏道を走ります。最後利根運河へ抜ける道は、諦めて幹線を走り抜けました。

利根運河沿いを走って江戸川CRへ向かいます。利根運河沿いは道が細かったり、一般道を合流したりするので、緩急使い分けながら走ります。柏大橋、運河水辺公園を越えて、運河河口公園に到着しました。これでノダイチ達成です。

斜陽の江戸川CRを下りながら、ケーズデンキを目指します。道中、CRを横切るキジや、キバナコスモス、野草などを観賞しました。ケーズデンキで買い物を済ませたら、流山街道沿いの裏道を通って、帰途へ。地元なのであまり気にしていませんでしたが、色々と雰囲気の良さそうな場所があったりしますね。ロードバイクだと一瞬で過ぎてしまうので、いつかのんびり歩いて回ってみたいなあ、と思いました。

今回の走行データは以下の通りです。もう少しで80kmだったけれど、さすがに1kmをブラブラ走る気はしませんでした。

走行距離79.05km
平均速度13.7km/h
平均移動速度18.7km/h
最高速度33.8km/h
経過時間7:19:21
走行時間5:45:07
移動時間4:13:33
平均心拍数139bpm

利根川CRを走っている時の方が、明らかに平均速度が落ちていますね。弱いロード乗りなので、80km走ると疲れてしまいます。

記事に載せきれなかった写真はこちらをご覧ください。