アニメ・漫画一覧

アニメや漫画の感想、グッズ紹介など。ライブや展覧会などのイベレポは、お出かけカテゴリへ。

2021年度のアニメ振り返り

作品単位に個別の感想を書くのは、なかなかエネルギーを要するので、年度単位で振り返ってみたいと思います。まあ、年度以外のタイミングで切り替わる作品も多いので、だいたい2021年度に放映していた作品を対象にしています。とりあえず思い出した作品を適当に挙げているので、漏れているかもしれません。

  • トロピカル~ジュ!プリキュア
    • 新番組紹介時点では、あまりハマらないかなあ、と思っていたのですが、いざ始まってみたらすっかりハマっていました。とにかく登場人物が個性豊かで皆生き生きとして、それぞれ明確なポジションがあるので、掛け合いがテンポよく、見ていて気持ちがいいです。トロプリ勢は動いていることで、魅力がマシマシです。
    • ラストの記憶を取り戻すところでは、ご都合主義的な解決方法ではなく、考えに考え抜いて用意した方法で、目標を達成できたことも良かったです。
  • アイカツプラネット!
  • ダイの大冒険
    • 2020年から放送しています。原作が完結していることから、話の展開がサクサク進んで良いです。原作の漫画を何度も読みましたので、印象深い台詞は幾つかあるのですが、自分のイメージとアニメで再現された演出や演技を比べて、時々異なっており、なるほどそういう解釈、となります。アマプラの対象になっていますので、見過ごした分はそちらで追いかけています。先の展開は知っているのに、ついつい毎週追いかけてしまいますね。
  • ルパン三世Part6
    • Part5のように、各節の話が最後に繋がっていく構成ではなく、大きく分けて二部構成となっており、それらは直接的な繋がりはありません。また、ところどころにオムニバス形式で単発話が入ります。Part3までで見たようなノリの回もあったりして、懐かしかったです。ただレイヴンの話で大オチまで持っていくと思っていたので、そこは予想が外れました。
  • ワッチャプリマジ
    • プリティーシリーズの最新作ということで、追いかけています。みるきさんのキャラが癖になります。感覚的にはプリチャン1年目を見ていた時のようで、なので2年目の展開も楽しみになります。
  • ラブライブスーパースター!
    • NHKの日曜夜7時枠で放送された作品です。この時間にアニメを見るのは、キテレツ大百科以来かもしれず、そのため何度かリアタイを逃しました。これまでのラブライブ作品と比べてメインキャラクターの人数が少なく、その分各キャラクターを深く描けているように感じました。
  • ミュークルドリーミーみっくす
    • 面白いけれど、最高すぎる1年目と比べると、パワーダウンした感覚は否めません。何というか、確固とした軸がない状態で1年目の焼き直しをしているような感じでしょうか。上手く言語化できていないかもしれません。あまり否定的な内容は書きたくなかったのですが、わりと長く感じ続けていたことなので、メモとして残しておきます。
    • ただ、1年目で展開した人間関係を色々回収してくれる終盤の展開は良かったと思います。

劇場版名探偵コナン ハロウィンの花嫁を鑑賞

2022年04月21日、チネチッタにて、「劇場版名探偵コナン ハロウィンの花嫁」を鑑賞してきました。毎年恒例のコナン映画鑑賞です。LIVE ZOUND上映での鑑賞となりました。

本作は警察学校組というテーマはあるものの、舞台となる場所は渋谷の街であまり特殊な要素はないため、純粋にストーリーを楽しみやすかったです。推理要素はもちろんあるのですが、例によってコナンの推理は難しすぎるので、そのまま見進める感じです。所謂犯人はこの中にいる、というシチュエーションではないので、推理の対象にさえ気づかなかったです。

前述の通り舞台となる街は渋谷のみなので、5年前の事件を中心として時間軸で広がりを持たせています。過去の事件パートでは、警察学校組のチームワークのカッコよさが伝わってきます。

そして安室さんがプラーニャとの勝負で拮抗しつつも、サシの勝負では過去も現在もラスト一歩で競り負けることが印象的でした。いずれも仲間のアシストにより、勝利しています。超人で一人でやりきるイメージのある安室さんですが、敢えてのこういう描き方なんでしょうね。

そして何より、かなり久しぶりに山場で流れた「キミがいれば」にテンションが上がってしまいました。「探偵たちの鎮魂歌」以来16年ぶりのようです。初期の劇場版のクライマックスで多く流れたこともあり、とかく懐かしかったです。

また毛利探偵は序盤の序盤で最高にカッコいい見せ場がありましたが、そのまま退場しちゃいましたね。おっちゃんがいると、話を描きにくい部分があったのかなあ。

ちなみにエンドロール後の落ちパートは、思わず最初は笑ってしまったのですが、冗談とはいえメインキャラの葬式シーンを見せられるのは、少々微妙な気分でした。冒頭の結婚式とは受ける印象が違います。

映画館のロビーには、色々とパネルがあったので、撮影しました。カラフルに輝くチネチッタのタワー部分が背景に映ってきれいです。


ブルーサーマルを鑑賞

2022年03月16日、TOHOシネマで「ブルーサーマル」を鑑賞してきました。空を飛ぶ、というテーマは、ジブリの影響も多分にあると思いますが憧れますねえ。陸や海のアクティビティは手軽に楽しめても空はハードルが高いので、こうした作品を通しての体験が楽しいです。

物語は、つるたまが大学の航空部に入ってグライダー乗りとして成長していく、というのが主軸ですが、少しの恋愛を絡めた人間模様も、もうひとつの軸になっています。家庭環境に関する話も見え隠れしますが、こちらはそこまで表立ってきません。

つるたま、最初は色々失敗したり、人とやり合ったりとかマイナスのところから始まりますが、その後の展開は基本的にプラス方向に転がっていくので、見ていて気持ちが良かったです。劇中の半ばで下がって最後に大きく持ち直す、という形ではなく、低いところから高いところへ一直線に昇っていくような感じでした。つるたまがグライダー乗りとしてもコミュニケーション能力にしても、ハイスペックなことが中盤以降分かって来て、ザ・主人公、といった点も気持ちよく見られた一因かな、と思います。

自分は大学では慢研に入っていましたが、途中で辞めたこともあり、あまりサークルでワイワイといった記憶は強くないため共感はないのですが、ストーリーとして面白かったです。

なお、原作がある作品なので、103分には収まりきらない設定描写があり、劇中では背景や詳細が分からずに不透明に感じるシーンが少なくないのですが、それほど消化不良感はありません。


地球外少年少女「はじまりの物語」を鑑賞

2022年02月16日、チネチッタにて鑑賞してきました。もともと気になっていたのですが、気づいたら前編は上映期間が終了しており、後編のみ鑑賞してきました。前後編各々2週間限定上映というスタイルは、見に行くハードルが少し高く感じますねえ。

作品のモチーフとなっているのは、宇宙とAIです。どちらも興味をそそられるテーマです。これらにリアリティを持たせつつ、見事にエンターテインメントに昇華していると思います。後編しか見ていないのでわかりませんが、前編ではこれらが身近になった近未来の描写が色々あったんでしょうか。現代は、宇宙もAIも手をもう少し伸ばせば触れられるかもしれない時代になっています。なので、今は体験できないけど、近い将来経験できるかもしれない世界を、映画を通して体験できるのは、楽しそうに思えました。

なお、後編から見ても十分に面白かったですが、劇中で起こる「転」の部分は、前編から通して鑑賞していた方が圧倒的に衝撃を受けることが出来たんだろうなあ、と惜しかったです。

終盤の展開は、我々が現在知覚できるその先の世界といった描写が、磯監督の「電脳コイル」を彷彿とさせました。地平の向こうにある「分からないモノ」についての描写は、いつ見てもワクワクしますね。恐らく専門分野から見たら正確ではない部分も多々にあるのでしょうが、専門外の人間にとってはそれらしく感じることが出来て、好奇心をくすぐってくれます。

登場キャラクターも個性的で、デフォルメされていて面白いです。表情も生き生きしており、見てて飽きません。時折「なんだコイツ」と思えるのも、人間らしさが乗っている証拠だと思います。

若干ネタバレになりますが、概ね大団円とはいえ、犠牲が出ないわけでもありません。そうした痛みを残す流れも良いな、と思いました。

ちなみに3話がまとめて流れる形なので、各話の最後にEDが流れます。この時の最初に映るタイトルカットが毎回カッコ良くてお気に入りでした。

なお、入場者特典で、複製原画の2枚セットを貰えました。心葉さんと那沙さんの2枚セットになります。2枚セット3種なので、メインの6名なのでしょうが、残り2種がどういう組み合わせなのか気になります。

あー、前編から見れば良かったなあー。Blu-ray買えば、って話になりますけど、劇場で見たいんですよねえ。


フラ・フラダンスを鑑賞

サンフェスのアイカツスターズ!上映回で薦められ、上映開始に鑑賞した方々も評判も良さそうなので、2021年12月15日にチネチッタで鑑賞してきました。

ストーリーは王道なので、安心して楽しめます。同期5人が最悪のデビューから親交を重ねて少しずつ成長していく姿が描かれています。各キャラクターを中心とした細かなエピソードが積み重ねられていくので、見ていて飽きません。5人ぞれぞれ成長をしていくのですが、特に蘭子さんとしおんさんは、外面も明らかに変わっていくので、その変化が楽しいです。

フラ・フラダンスの”フラフラ”は、最初は日羽さんがレッスンでフラフラになる際に口から出ますが、終盤で人生を形容する際にも現れます。5人がフラフラとしながらも着実に前へと進んでいく様子が全編を通して描かれているので、楽しい気分になれる映画です。

一方で東日本大震災後の福島を舞台にしているので、暗い影もあります。しかし映画の中では徹底してそれらに直接言及する演出はありませんでした。あくまで間接的に描いています。日羽さんの姉の月命日が2月11日であるとか、そういった描き方です。

フラダンスシーンは、アイカツ!のライブシーンと同様に3DCGで描かれています。実際にフラダンスのダンサーによるモーションキャプチャを行なっているそうです。終盤に行なわれるステージは選曲や衣装もあって、アイカツ!といっても違わないような状況になっていました。

青春の1ページを切り取ったような映画でしたが、特徴的なのが新社会人を描いているところです。学生の場合は卒業という明確な区切りがあるので話を締めやすいですが、新社会人の場合そうした明確な区切りがありません。最後どうやって締めるのかな、と思っていましたが、なるほどそう締めましたか、という感じでした。最初に起こった不思議なことを回収して、そのままエンディングへ向かいます。あれは日羽さんの中で何かを受け容れたのか、区切りをつけたのか、正直掴みきれませんでした。

というわけで、ラストは個人的に少し分からない感じがありましたが、映画全体は楽しい内容でした。興行成績が苦戦気味なのは、歯がゆいですね。なお特典はクリアファイルでした。次の週末から星宮いちごさんとのコラボ色紙も配布だったようです。