アニメ・漫画一覧

アニメや漫画の感想、グッズ紹介など。ライブや展覧会などのイベレポは、お出かけカテゴリへ。

フラ・フラダンスを鑑賞

サンフェスのアイカツスターズ!上映回で薦められ、上映開始に鑑賞した方々も評判も良さそうなので、2021年12月15日にチネチッタで鑑賞してきました。

ストーリーは王道なので、安心して楽しめます。同期5人が最悪のデビューから親交を重ねて少しずつ成長していく姿が描かれています。各キャラクターを中心とした細かなエピソードが積み重ねられていくので、見ていて飽きません。5人ぞれぞれ成長をしていくのですが、特に蘭子さんとしおんさんは、外面も明らかに変わっていくので、その変化が楽しいです。

フラ・フラダンスの”フラフラ”は、最初は日羽さんがレッスンでフラフラになる際に口から出ますが、終盤で人生を形容する際にも現れます。5人がフラフラとしながらも着実に前へと進んでいく様子が全編を通して描かれているので、楽しい気分になれる映画です。

一方で東日本大震災後の福島を舞台にしているので、暗い影もあります。しかし映画の中では徹底してそれらに直接言及する演出はありませんでした。あくまで間接的に描いています。日羽さんの姉の月命日が2月11日であるとか、そういった描き方です。

フラダンスシーンは、アイカツ!のライブシーンと同様に3DCGで描かれています。実際にフラダンスのダンサーによるモーションキャプチャを行なっているそうです。終盤に行なわれるステージは選曲や衣装もあって、アイカツ!といっても違わないような状況になっていました。

青春の1ページを切り取ったような映画でしたが、特徴的なのが新社会人を描いているところです。学生の場合は卒業という明確な区切りがあるので話を締めやすいですが、新社会人の場合そうした明確な区切りがありません。最後どうやって締めるのかな、と思っていましたが、なるほどそう締めましたか、という感じでした。最初に起こった不思議なことを回収して、そのままエンディングへ向かいます。あれは日羽さんの中で何かを受け容れたのか、区切りをつけたのか、正直掴みきれませんでした。

というわけで、ラストは個人的に少し分からない感じがありましたが、映画全体は楽しい内容でした。興行成績が苦戦気味なのは、歯がゆいですね。なお特典はクリアファイルでした。次の週末から星宮いちごさんとのコラボ色紙も配布だったようです。


大ヒット記念!まさかの2本立て上映決定!『映画ハートキャッチプリキュア!』&『映画トロピカル~ジュ!プリキュア』を鑑賞

2021年11月09日、横浜ブルグで掲題の鑑賞をしてきました。劇場ごとの特定日上映なので、いつでも見れるわけではありません。というわけで、平日の夜ですが、早めに仕事を切り上げて見に行きました。

上映順序は、トロプリ、ハトプリの順になります。両作品の幕間では、10分程度の休憩時間がありました。

トロプリ映画は2回目ということもあり、敢えて最前列に座ってみました。さすがにスクリーンが近すぎて最初のうちは見づらさを感じますが、次第に慣れます。トロプリだと、キュアサマーが上空から降ってくるシーンとか、ハトプリだと、ルーガルーが屋根の上を飛び回るシーンとかが、視界に収まりきらない大画面ゆえの大迫力でした。

ハトプリ映画はBDを持っていますが、鑑賞するのは久しぶり。トロプリも終盤涙腺が緩みますが、ハトプリも随所でグッとくる場面が多いですね。改めて人間ドラマだなあ、と思いました。しかし令和の世にスクリーンでハトプリ映画を見られるとは、思ってもいませんでした。

入場者特典は、オリジナルビジュアルカード セット(A5サイズ・2枚セット)です。上野ケンさんによるキュアサマーとキュアラ・メールのイラストは、とにかく美麗で惹き込まれます。馬越嘉彦さんによるハトプリ&トロプリメンバの集合絵は、とにかくかわいいですね。馬越嘉彦さんによるトロプリメンバ画は、貴重です。


映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪 完成披露試写会

2021年10月16日、ユナイテッドシネマ豊洲にて開催された、「映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪」完成披露試写会に参加してきました。

舞台挨拶

18時30分からの上映回で、上映開始前の舞台挨拶となります。席はG列でしたので、真ん中あたりです。壇上からそんなに遠くないですが、右端の方でしたので反対側にいるキャストとの距離は、少し離れていました。

司会の挨拶の後、プリキュア声優5名とプリキュアの着ぐるみ、そしてゲスト声優の松本まりかさんが登場します。プリキュア映画の舞台挨拶を見るのが久しぶりなので、着ぐるみと一緒に登壇するスタイルを懐かしく思いました。

松本さんが「出演できて楽しかった」的なことを語ったあと、ファイルーズさんが「そういう時、トロピカってました、って言うんですよ」とアドバイス。それを受けて松本さん「やり直していいですか?」と言い直しました。

その後は一旦フォトセッションに入ります。キャストと着ぐるみ、着ぐるみだけなど、幾つかのパターンで撮っていました。パパイアがコーラルを呼んで一緒に映ったり、着ぐるみ同士のやり取りも面白かったです。

フォトセッション後は、トークコーナー。立ち位置でワチャワチャがありました。最初は恒例の名乗り披露です。声を声優が当てて、ポーズを着ぐるみが決めます。声優と着ぐるみアクターの協力作業が微笑ましいです。名乗りを決める前に、コーラルへ「前に出よっ」と語りかける花守さんにほっこりしました。

名乗りの後は、映画の見どころなどについて、語ります。

  • 瀬戸さん「皆さんホワンってご存知?ご存じでない?」形態模写して、役に立ってくれたりするので注目して欲しい
  • 石川さん「皆が普段とは違う髪型だったり、服装だったりするところ」
  • 日高さん「本人がいないところで、仲間について語るシーン」

最後にファイルーズさんと松本さんから改めて挨拶をして、締め。クラッカーが弾けて、声優さんが退場し、それから着ぐるみたちが退場しました。

本編

ハートキャッチプリキュアとのコラボレーション映画でしたが、トロプリ組とハトプリ組の交流具合がとても良かったです。前作のコラボは、ゲストであるYes!プリキュア5組が一歩引いている構成でしたので、今回の構成の方が嬉しいです。トロプリ組と一緒に行動しているので、トロプリ組の出番も食わないですし。

メインストーリーはちょっと切ないお話です。序盤から何となく違和感を覚えさせつつ、後半で理由が分かります。操られたり、弱さに付け込まれたり、といった形でなく、わりと明確に本人の意思であることが、重さを感じます。ラストは救いはあるものの、ハッピーエンドとは少し違う感じで、しかし絵に描いたようなハッピーエンドに持っていくことは難しい、そんな切なさが残る内容でした。それだけに「シャンティア ~しあわせのくに~」は染みます。

一方で、序盤のオープニングバックのストーリーは、あすか先輩が可愛すぎる内容で楽しかったです。その後の雪だるまの一幕といい、スーパーあすかタイムが発動していました。

トロプリ組とハトプリ組との絡みは、ローラさんとえりかさんの関係を軸に、結構踏み込んだ形で良かったです。メンバー同士の組み合わせも色々あって良かったです。ゆりさん、あすかさんの年長者組や、ゆりさん、さんごさん、みのりさんの落ち着き組とか。

ちなみに劇中の隠れキャラは、雪だるまのonちゃんしか気づきませんでした。エビシーどこにいたのん。


サンライズフェスティバル2021 アイカツスターズ!

2021年10月06日、TOHOシネマズ新宿にて開催されたサンライズフェスティバル2021のアイカツスターズ!回に参加してきました。アイカツ!シリーズのイベントへの参加は、実に久しぶりです。こちらはキャストは出演せず、佐藤監督と伊藤プロデューサーによるトークショーなので、自ずと参加者は作品ガチ勢のエリートたちとなります。水曜ということもあり、埋まったのは半分弱くらいだったかと思います。

ステージに向かって右手にアイカツスターズ!のポスター、左手にサンフェスのポスターとぬいぐるみの展示がありました。上映前に行なわれたトークショーの内容を箇条書きで書きます。一部オフレコ指示のあった内容は、その理由を鑑みて、消しています。

  • 5周年イベントはやりたいけど、コロナ禍の状況では、会場を再度押さえるのが大変。
  • 佐藤監督がアイカツスターズ!の監督を引き受ける時のお話。
  • 最初はアイカツ!の木村監督の立ち位置が変わるから、代わりに現場の監督をやって欲しい、という話だった。なので、アイカツ!の監督をやるものだと思っていた。ところがいざ蓋を開けてみたら、アイカツスターズ!という新しい作品だった。
  • アイカツ!関連で企画があるとき、毎回スターズ!は省かれる、とのぼやき。
  • アイカツスターズ!のメンバーは仲が良く、コロナ禍前はよく集まってた。
    • 桃鉄を始めていつの間にかゲーム大会になっていたり。
    • M4の出席率の良さ。ランズベリーくんは必ず来てくれる。
    • 日笠さんも参加率が高い。
  • 同じくサンフェスに出ているアイカツプラネット!は来夏映画公開の話があったことから、スターズ!も何か告知ないんですか?という流れに。
    • 告知あります、伊藤プロデューサーの娘さんが、小学校1年生にいなりました。
  • 富田美憂ちゃんも16歳だったのが今は21歳。ちょうど一番変わっていくところを見られている。
  • アイカツスターズ!に関する真面目なお話。
    • アイカツ!のときに、色々とファンレターを貰った。学校でいじめられているけど、アイカツ!が支えになった、といった内容。でも我々は、みんな良い子たちのスターライト学園のようなものを現実に作ることはできないから、世の中の理不尽に対して背中を押してあげられるような作品を作りたかった。
    • ゆめは王道だけど、上手くいかなかった子たちもいて、もしこの先何かつらいことや壁に当たった時、あの時ローラはこうしてたよね、と思い返してもらえるとうれしい。
  • ゆめからエルザへの台詞で、ライターさんが最初に書いてきた「尊敬してます!」というのを「すごいです!」に変えてもらった。ゆめが尊敬しているのはひめ先輩であって、エルザのことはすごいと思っているけど尊敬ではない。
  • ゆめの太陽のドレスが登場するとき、少しインパクトが弱いと感じたので、出た瞬間だけ大きくして、その後普通の大きさに戻るようにしてもらった。
  • 伊藤プロデューサーによる、佐藤照雄監督=虹野ゆめ説提唱。触媒となって、色々な人を繋げていくところが共通している。
  • キャストがおらず、おじさん2人のみの登壇で、サンフェスで最もお金が掛かっていない回だと言われている。
  • アイカツスターズ!5周年だし、何かイベントはやりたいと考えている。けれどスターズ!のキャストの皆さん、売れてしまってスケジュールを押さえるのが大変。
  • アイカツプラネット!の映画の枠を5分だけ貰って何かやれたらいいな、という話。フレンズとか各方面からそんな話があるらしい。
    • 注)これは冗談のようなノリで話されていたと感じるので、過度に期待はしないけど、何かあったらうれしい

セレクト上映の内容は下記の通りです。

  • #79「ハロウィンサプライズ☆」
  • #86「涙の数だけ」
  • #96「みんなで輝く!」

涙腺が一番緩むのは、やはり#86「涙の数だけ」ですね。負けられない勝負に負けた後のローラさんの描き方に、先のトークでも出てきたアイカツスターズ!からのメッセージを強く感じます。#96「みんなで輝く!」は作品のクライマックスシーンとも言える話で、ステージへ向かう前に、逆光を背景にして皆で円陣を組んででジャンプするシーンが、とても印象に残っています。#79「ハロウィンサプライズ☆」はコミカルな内容ですが、キャラクターがたくさん登場します。

入場者特典は、サンフェスオリジナルのマスクケースです。売店でのグッズは、アイカツスターズ!のものはありませんでしたが、アイカツ!とアイカツプラネット!のものが数点ありました。せっかくなので何か1点買っておこうと思い、ルミナスのアクリルグッズを購入しました。


劇場版きんいろモザイク Thank you!!鑑賞+舞台挨拶ライブビューイング

2021年08月21日、チネチッタにて劇場版「きんいろモザイク Thank you!!」を鑑賞してきました。新宿のバルト9で行なわれている舞台挨拶のライブビューイング付きになります。というか、チネチッタでも翌日に舞台挨拶があるのですが、映画自体に気づいたのがチケット発売翌日という体たらくでしたので、完売御礼でした。

舞台挨拶感想

上映前に舞台挨拶があります。なのでネタバレなしのトークになります。上映後はネタバレトークOKの良さがありますし、上映前はトークの内容を踏まえて本編を見れる良さがあります。

キャストの皆さんの仲が良いので、色々エピソードトークも豊富で楽しい舞台挨拶になりました。文章で繋げるのは大変なので、箇条書きで書き連ねます。例によって僅かなメモと記憶ベースなので、間違っている箇所もあると思います。

  • 原作最終回のときには、みんなで集まってチーズフォンデュしたり、ソーセージ作って食べたり。
  • その後連載された「Best wish」。これもアニメ化してほしいねー、という話。
  • 印象的なシーンについて。
    • 夏の海に行く回で、電車のなかでみかんに顔を描いたシーン。
    • “あーやややや”という綾のおばあちゃんのくだり。
  • 8月20日が陽子の誕生日だったので、田中さんがTwitterで内山さん宛にマンガ肉をたくさん載せた激しいツイートを送ったけど、内山さんは気づいていなかった。
    • たぶんこれ。https://twitter.com/Manami__TANAKA/status/1428656015491297284
  • Rhodanthe*のライブの、さつきいろハルジオンの振り付けを自分たちで作ったことについて。
    • 練習していたら、田村ゆかりさんに「がんばってね」と声を掛けてもらった
  • ファンとの距離の近さがきんモザのイベントの特長。
    • ファンの方たちにMVに出演してもらったりした。
    • 撮影が押していたのに、終了後誕生日をお祝いしてもらったりした。
  • 今回の映画のアフレコは、コロナ禍の影響で全員集まらず、グループごとに収録した。
    • その話から、叙々苑のお弁当が出たという話になり、内山さんが自分たちの時は出ていなかったと、食べ物に陽子ばりの反応。
  • キャスト同士の仲の良さについて。
    • 交換日記などをして、距離が縮まっていった
    • 誕生日のメンバに、他のメンバから誕生日プレゼントをするのが恒例になっている
    • クソコラ写真集(当人談)とか、手の込んだオフザケプレゼント系。
    • 西さんは”西明日香のデリケートゾーン”と刺繍された真っ赤なふんどしを受け取った。曰く「職人さん、どんな気持ちで塗ったんだろう……」
  • パンフレットのインタビュー。
    • これまで気丈だった東山さんが、インタビューのとき泣いてしまった
    • 良いことを言って、皆がはっとなったシーンがあったけれど、リクエストした”(一同息を吸う)”の文言は、ライターさんに入れてもらえなかった
  • 終わり間際に、キャストの皆さんがとりあえず回っておく(その場で一回転)くだりがあった
  • 最後は皆さんで、映画タイトルをコール。Thank you!!は「さ~んきゅっ」と可愛く発声する

映画感想

前半は修学旅行をメインに、日常のひとコマを繋ぎながら、卒業に向かって少しずつ時間が流れていく様子を見せてくれます。自分は前作の映画「Pretty Days」以来のきんモザなので、ゆるふわなギャグを見ながら、そういえばこんな雰囲気だったなあ、と作品の空気感を懐かしく覚えていました。思わずクスッと笑ってしまうギャグが多いですよねえ。その中でも陽子の猿ネタは思わず声が出そうになるくらいに、ハマりました。

後半は卒業後の進路に向けて、それぞれが悩み考える展開が軸になります。とは言え、そこまで重苦しい感じではないです。その中で、何組かのメンバー同士の関係にフォーカスしたシーンがあり、時の流れの中でそれぞれの気持ちの変化や心の成長が伺えるのが素敵だなあ、と思いました。綾と陽子、アリスとカレン、シノ……はシノとアリスなのかな、シノの場合は自分自身の変化の色が少し強いかな、と。

今回のダンスといえば、「合格の舞」のインパクトが絶大ですが、きちんと「そわそわダンス」も収まっていて良かったです。

ちなみに本作品は、冒頭でイギリス留学後のシノとアリスのシーンから始まります。最初見た時、状況が飲み込めませんでしたが、ここから時が戻って、高校3年生のシーンへ繋がっていきます。そしてラストに再び冒頭のシーンに帰ってきて、綾、陽子、カレンの3人もイギリスにやって来て、いつもの5人が集合するシーンへと繋がります。

本作はシリーズ最終作品なので、どうしても寂しさを感じてしまうのですが、上記のような構成にしてくれたことで、卒業後もきんモザの世界が続いていくんだ、という安心感を無意識下に持った状態で、高校生活のパートを見ることができたと思います。

物販やポップ等

自動扉に広告がプリントされたり、パネルがあったりしました。

物販の方は、パンフレットとアクリルジオラマを購入しました。

入場者特典のキャラクターボイスCDは、綾さんでした。そういえば「Pretty Days」の特典色紙もウェディングドレス綾さんでしたし、運命を感じます。

最後に

自分は原作を読んでいないので、実に「Pretty Days」以来5年ぶりのきんモザでした。なので、最初はシリーズ集大成の寂しさよりも、久しぶりに見るきんモザの気持ちが大きかったです。ただ、キャストの皆さんの想いを聴いたり、映画を見て、テレビシリーズ第1期、2期の頃を思い出したりしたら、急に懐かしくなり、寂しさが込み上げてきました。思い出は財産ですね。