アニメ・漫画一覧

アニメや漫画の感想、グッズ紹介など。ライブや展覧会などのイベレポは、お出かけカテゴリへ。

映画デリシャスパーティ♡プリキュア 夢みる♡お子さまランチ!を鑑賞

2022年9月23日、公開初日にチネチッタにて鑑賞してきました。なお、完成披露試写会は先行抽選に外れて行けませんでした。翌日の舞台挨拶は別の予定が入っているため、行けません。

まず冒頭でセクレトルーさんが自ら前線に赴いているシーンに、のっけからビックリしました。不正アクセス問題がなければ、映画公開時にはセクレトルーさんが前線に出ている予定だったのでしょうね。コメコメの変身回は映画に合わせてギリギリにスケジュール調整したんだなあ、と苦労が忍ばれます。

中盤、颯爽と登場したブラぺ氏がプリキュアのみんなを抱えて飛んでいく姿が面白かったです。「ブラぺ」というゆいさんに対して、「(変身前の)君と会うのは初めてのはずだが?」というブラぺ氏がカッコいいです。先日の第30話でブラぺ氏がセクレトルーさんのことを認識するくだり然り、矛盾がないように丁寧に作ってるなあ、と感じました。

そして上映前から話題となっていたエナジー妖精たちの人間体ですが、やっぱりかわいいですねえ。パムパムとメンメンの人間体での尺が思ったほどなかったのは、少し残念。でもパートナーであるここねさん、らんさんとそれぞれ喜び合う姿は眼福でした。

主題歌はパレード調の「ようこそ、 お子さま♡ドリーミア」です。個人的にはキャッチーではなかったのですが、何度も聞いていると身体に染み込んでくる感じで、ウキウキしてくるような曲です。

そしてゲストキャラであり、ボスキャラでもあるケットシー氏、子供の頃にゆいさんと会った後の心情描写はあったけれど、ゆいさんと会う以前の心情描写がほぼなかったので、その辺はいまひとつはっきりと分かりませんでした。明らかに異常な状況なので、やはり背景は気になります。

映画からのメッセージとして、”お子さまランチは子供じゃなくても食べていいんだよ”という内容がありますが、ドリーミアリングは子供しか貰えません。どうして。

そして併映のわたしだけのお子さまランチは、トロプリ、ヒープリ、スタプリまでの歴代プリキュアたちが登場するミニ作品。窓に張り付くキュアサマーが相変わらずで楽しいです。デパプリ勢の「きゅあ」「さ」「ま」「あ?」という反応も面白かったです。

上映終了後は、数箇所から「ばいばいぷいきゅあ~」の声が聞こえました。

上映したシアターが下側だったこともあり大型のキャラクターパネルの存在は確認できませんでしたが、劇場外にコメコメのぬいぐるみの撮影コーナーがあります。そしてその近くにはスタンプコーナー。せっかくなのでパンフレットを1部買って、スタンプを捺印してきました。


アイカツ!10th アニメイトオンリーショップ

2022年07月31日の夕方、アニメイト新宿で開催中のアイカツ!10th アニメイトオンリーショップに出かけてきました。本フェアのために描き下ろしされたアイカツ!classicalシリーズのイラストは可愛くて、発表当時から気になっていました。当初は前日の土曜日に出かけるつもりでしたが、フリー入場まで要整理券でしたので、翌日に振り替えました。

店内の中央に、いちごさん、あおいさん、らんさん、おとめさん、その裏に、ユリカさん、かえでさん、あかりさん、スミレさんのキャラクターパネルがあります。2回目のアイカツ8のメンバーかな、と思いましたが、おとめさんとさくらさんが違いますね。

入口側の壁面には、歴代シリーズの名場面集があります。色々と懐かしいです。アイカツプラネット!は実写パートはなく、アニメパートのみでした。

他には公開中の劇場版の紹介コーナーや、ハナさんの衣装展示などがあります。

奥側の壁面に販売中のグッズが陳列されています。3日目ということもあり、プロマイドなど一部商品は欠品していましたが、その他の在庫は十分ありそうでした。ブラインド商品はボックス販売も同量あって、コンプ勢に優しいです。自分は開封して誰が出るのか楽しみたいので、単買いです。

購入したのは、あかりさんのアクリルスタンドと、アクリルストラップ1個(ユリカさん)、トレーディング缶バッジ2個(かえでさん、スミレさん)です。アイカツ!シリーズは基本箱押しですけど、こういう時に自分はちょっとあかりさん推しなんだな、と気づかされます。

本フェアでは、1,100円毎にステッカー1枚が特典として貰えます。今回は3枚貰って、あかりさん、ユリカさん、かえでさんでした。ユリカさんとかえでさんが揃ってるのが熱いですね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


ONE PIECE FILM REDを鑑賞

2022年08月08日、チネチッタのLIVE ZUOND上映で、ONE PIECE FILM REDを鑑賞してきました。元々見る予定はなかったのですが、前週土曜の夜に放送していたSTAMPEDEを見てたら存外面白かったので、見に出かけました。通常、原作が連続したストーリーである作品の映画版は、どうもパラレルワールド感の強さが気になってしまい、見に行くことは少ないです。

さて、今作はこれまでのように伝説級の強キャラが出てくるのではなく、歌姫としてウタが登場する形を取っており、型破りな構成になっています。まあ、ルフィの幼馴染でシャンクスの娘?という設定がかなり強いですが。ウタはかわいいですし、負け惜しみ~、のポーズも好きですが、ルフィの幼馴染という設定と合わせて、一部界隈では反発を招きそうな気も。

映画が開始したらすぐに主題歌である「新時代」をフル尺で歌い、その後も短いストーリーを挟みつつ、数曲を立て続けに歌っていきます。劇中の演出もライブに合わせた演出となっており、さらにLIVE ZOUND上映ということもあって、本当にライブへ参加しているような臨場感を得られました。

その後、ウタとのやり取りを重ねていくうちに、徐々に不穏な雰囲気となり、やがてはっきりと敵対化します。このあたりのウタの心情は、来場者プレゼントである40億巻にあるウタの年表を読まないと、正確には理解できないように思いました。色々と細かい設定があり、それを踏まえて本編の内容を振り返ると、随所にそれらと対応する描写があったことに気づきますが、本編からウタの二面性などそれらを完全に読み取るのはなかなか難しい気がします。とはいえ、特に読み取れなくても、深く考えずに見ているだけで、楽しめます。

終盤はラスボスが登場して、全キャラ総出のバトルシーンに突入します。それぞれに見せ場を作っていてお祭り状態で、見ていて気持ちがいいです。ラスボスの形態は、まどマギの魔女のような雰囲気があり、ワンピース作品としてはわりと異形な印象でした。

来場者プレゼントは、前でも触れた通り、40億巻です。中身はウタの年表のほか、尾田栄一郎先生による各キャラクターの設定資料集となっています。

“シャンクスの娘”という触れ込みが、これから最終章を迎えるにあたって活躍が期待されるシャンクス関連で、原作との絡みが気になりますが、映画のメインストーリー自体は特に原作には影響せずに映画の中で閉じるような構成になっています。一方で、原作である程度予想はされつつも確証のなかった件について、五老星の会話から、わりとはっきりした確証を与える情報が登場しました。

あとは映画ということで、大物キャラクターも結構登場するのですが、ちょい出で終わってしまうキャラクターもおり、もったいなかったです。それならいっそ出さない方が良い気もします。キャラクターとしては、ホールケーキアイランド編までのキャラクターは出ていて、ワノ国編のキャラクターは一切いないことから、時系列的にはこれらの間くらいですかね。


劇場版アイカツプラネット!&アイカツ!10th STORY鑑賞

舞台挨拶や週替わりの来場者プレゼントなどで4回ほど鑑賞しました。2作品合わせて上映時間は69分なので、長尺ではありません。

劇場版アイカツプラネット!

大感謝祭と銘打っている通り、とにかくお祭りです。各キャラクター毎に、趣向を凝らしたイベントがてんこ盛りに詰め込まれています。尺がそれほど長くないので、場面転換は速くて、サクサクと次のシーンに進みます。骨太なメインストーリーがあるわけではないので、各シーン毎に楽しむ感じですね。タイトルロゴが出るところが、とても穏やかな導入だった点も印象的でした。前半は実写で、後半からアイカツプラネットにミラーインして、アニメパートに入ります。

  • Lady・Lady・Ladyのバンド演奏
  • 木彫りのメルリ
  • ファッションショー
  • ミュージカル
  • ドレシア探し

「Lady・Lady・Lady」のバンド演奏はとにかくカッコいいし、盛り上がる!これライブでいつか聴きたいなあ。

木彫りのメルリのくだりでは、斧が登場するものの、危ないからとの理由で退場してしまいました。令和のアイカツ!は斧を否定……!しかし元の木材があんなに大きいのに、切り出されたメルリがだいぶ小さかった点は、特に誰もツッコミしなかったですね。

ファッションショーは、るりさん、愛弓さん、明咲さん、3人とも意外性があって良かったです。紗良さん主催だけど、紗良さん自身がステージに上がるわけではありません。

ミュージカルは、キューピットさんとアンさんによる、フレーバーバトルです。そこからライブステージに繋がり、「パラレラワールド」が披露されます。「Lady・Lady・Lady」といい、個人的に好きな曲が映画に多く採用されていて嬉しいです。

最後は、ローズさんとハナさんが、ミスティカルケリュネイアを探しにドレシアの住む森へ。そこからライブステージに繋がり、「Tick×Tackノスタルジア」が披露されました。

その後、アイカツ!の花が一面に咲き誇る際に、アイカツプラネットを俯瞰するシーンが映りましたが、やはり建物とか張りぼてなんですね。なぜ張りぼて表現にしているのか、意図を知りたいなあ、とテレビ放送の頃から思っています。

エンディングでは、テレビ放送の最終回と同様に、撮影時の様子を流してくれました。この作品を撮っていること自体を、アイドル活動の一部として見せるコンセプトなのかな、と思いました。

個人的に面白かったシーンは、冒頭部分で瀬川氏が孫の手で無双するところです。腰に戻し損ねたりするところまで全部演出なのか、NGテイクを採用したのか、気になっています。

アイカツ!10th STORY~未来へのSTARWAY

いつもの挨拶パートから始まって、オープニング曲が流れて、サブタイトル画面が出るスタイル。まるでテレビシリーズの最終回の向こう側を、地続きに見せてもらっているような感覚に陥ります。本映画のために書き下ろされたオープニング曲「MY STARWAY」も良いですね。早くフル尺で歌詞を噛みしめながら聞いてみたいです。オープニング映像も、今回は出てこないキャラクター含めて、たくさん出演していて良かったです。アメリカへ旅立った過去の自分を見送るいちごさん、という演出も素敵でした。

本編はコスモスのライブから始まりますが、ストーリーの中心となるのは、高校卒業を間近に控えたいちごさん世代になります。人生における区切りを迎えるにあたって、期待と不安の入り混じった少し切ない雰囲気で話が進みますが、それを見守る周りの大人たちの台詞が良いですね。舞台挨拶にて監督から、本放送でアイカツ!を見ていた女の子たちがちょうど高校卒業を迎える時期になる、その子たちに向けて作ったと話がありましたが、大人が見ても当時の自分を重ねることで、色々と染み入るものがあります。

あと、当たり前と言えば当たり前なのですが、アイカツ!らしさを随所に感じられて嬉しかったです。いちごさんの「おやすみ、おやすみ、おやすみ」とかね。

そしてうっかりTwitterで前日にちらっと知ってしまったのですが、来春に10th STORYの続編が公開されます。初春ということで、ライブなどの兼ね合いを考えると、3月頭くらいですかねえ。最後の卒業ライブ宣言のシーン、さくらさんはまだ卒業しないはずですが、グループとしてはやっぱりいちご世代なんですよね。

というわけで、本作は来春の映画に向けての前日譚のような位置づけなのだと思います。ここまでの内容から想像すると、あおいさんの留学がメインストーリーに大きく絡んでくる気がしますが、どんな内容になるのか、とても楽しみにしています。

入場者特典や劇場グッズ

久しぶりのアイカツ!映画ということで、財布の紐が緩んで色々とグッズを買ってしまいました。

  • パンフレット
  • クリアファイルセット
  • 缶バッジセット(舞桜・ハナ)
  • 缶バッジセット(いちご・あかり)
  • ボールペン(ランダム:キューピット)
  • 扇子ピンク
  • SD缶バッジ2個(ランダム:いちご、シオリ)

入場者特典も1週目、2週目、3週目と、それぞれ入手しました。スイングは公開週から特に期間制限はなく、なくなるまで配布されます。そして期間限定としては、1週目と2週目に、メモリアルフィルムが貰えます。1週目はいちごジェネレーション、2週目はあかりジェネレーションです。舞台挨拶の都合で1週目は2枚入手しており、それぞれ、クリスマスツリー回?(あおいさん、らんさん、おとめさん)、美月さんとみくるさんの手でした。2週目は、ヴァンパイアアイドルの皆さん(美月さん、ユリカさん、スミレさん、おとめさん、あおいさん)でした。

3週目は、イラストカードです。全8種のランダム配布で、自分はいちごさんでした。イラストカードということで色紙ではないのですが、それなりに厚手の紙が使われています。さすがにスイングは捌けてしまったようで、貰えませんでした。


劇場版アイカツプラネット!&アイカツ!10th STORY舞台挨拶

2022年07月16日、都内各所で「劇場版アイカツプラネット!&アイカツ!10th STORY~未来へのSTARWAY~」の舞台挨拶が催されました。4劇場にて2回ずつ行われており、1回目と2回目で来場者特典が異なっているので、偶然、必然的に両方とも参加です。あまり無理のない予定を組むために、新宿バルト9の2回目と、池袋グランドシネマサンシャインの1回目を選びました。本編を飛ばして舞台挨拶だけハシゴとかはしたくないので。チケット争奪については、池袋はリワード会員登録のおかげで何とか最前列を確保し、新宿は競争率が激しかったですが前から3列目を確保できました。

新宿バルト9(2回目)

司会は綾見優希さん。最初に登壇するのは、アイカツプラネット!組で、伊達さん、瑞季さん、エイミーさん、宇野さん、羽野さん、そして木村監督。上映前の舞台挨拶となりますので、ネタバレなしです。感想等を箇条書きで書いていきます。もっと色んな話があったはずだけど、さすがに覚えきれません。内容は記憶ベースなので、間違っていたり不正確かも。

  • 見どころについて。
    • 色々なことに挑戦しているので見てほしい。
    • 瑞季さんが色々上手いこと説明してくれるのが、印象的だった
    • 髪の長さなど、テレビ版と劇場版の細かい変化にも注目してみて欲しい
  • 苦労したところ
    • ロケで犬の鳴き声待ちや、飛行機の通過待ちがあったこと。
      • 羽野さん「沙羅はいつも部屋の中での撮影だったので、今回劇場版でロケが新鮮だった」
    • 伊達さん、教室の窓際に座って空を眺めるシーンで、ちょうど視線の先に太陽があり、眩しくて目を細めてしまい、リテイクになったこと
    • 羽野さん、長台詞のところ(たぶんファッションショーの解説部分
    • 宇野さん、サプラーイズ!の手前で、もがかざるを得ない状況のところ
    • ドラマの時は撮影時期が夏だったけど、映画は冬だったこと
  • 劇場版のテーマである感謝祭に合わせて、感謝を伝えたい人は?との質問。
    • 伊達さんは、妹。アイカツカードの交換相手は妹しかいなかった。妹はカードのレアリティとか分かっていないので、レアリティを誤魔化して妹からレアカードを貰っていた。
    • エイミーさんが「ここにいるみんなです!」と言ったら、瑞季さんが「え~?(ほんとに~?の意)」と言ったのが面白かった
    • 宇野さんは木村監督に感謝を伝えていた
  • 退場時に瑞季さんが階段で盛大に足を踏み外していたけど、大事に至らなかったようで良かった

後半は、アイカツ!10th STORYパートとなり、木村監督と伊達さんが残り、下地さんが登場します。

  • コスモス・クラウンブーケコーデをイメージした水色の衣装が印象的な下地さん
  • あかりさんの声で「こんにちは!今日はよろしくね!」といった感じの台詞を言ってくれた。正確な台詞は忘れてしまった
  • 今回会場に来られなかった諸星さんからのメッセージを綾見さんが代読
    • 7月31日の特番でお話聞きたいですね
  • 久しぶりのアイカツ!で、色々と懐かしかったと語る下地さん
  • しばらく下地さんの話が続いていたので、そこから話を振られたら、油断していて驚く伊達さん
  • 伊達さんと下地さんがお互いに見つめ合って褒め合うという、尊い時間があった

池袋グランドシネマサンシャイン(1回目)

司会は綾見優希さん。最初に登壇するのは、アイカツプラネット!組で、伊達さん、小椋さん、長尾さん、渡邊さん、そして木村監督。上映後の舞台挨拶となりますので、ネタバレありです。上映後挨拶は舞台セッティングの時間も含まれるので、上映前挨拶よりも若干時間が長いことに気づきました。この回の座席はB列で、最前列の向かって右の中央寄りでしたが、高さがステージより低い位置になるので、近いけれど目線は貰いにくい感じでした。まっすぐ前を見ると、キャストの膝が見えます。

以下、感想等を箇条書きで書いていきます。

  • 開幕、皆さん立ち位置を間違えて、大移動。これはバミリに貼られた名前が誤っていたせい
  • 見どころと苦労したところの質問は、2回目と同じ
    • 長尾さん、バンド演奏でドラムは音が大きくてガイド音が聞こえないから、ずれてしまって大変だった
    • 伊達さん、ライブの時にしゃぼん玉さんが飛んでいたのを映画で初めてと話したけど、周りからテレビ最終回でも飛んでいたよと突っ込まれる
  • 久しぶりにみんなと会って、変わったところについて
    • 皆さんの最初の反応は、あまりないよねー、といった感じ
    • 伊達さんの髪が伸びた、とか
    • 最初も仲良かったんだけど、もっと仲良くなった
    • 渡邊さんが楽屋でずっと喋っているらしい
  • 渡邊さん、最後の挨拶で、全体の締めのような挨拶をする
  • プラネット!組退場時、小椋さんは伊達さんと普通にグータッチして、その後渡邊さんも同じようにグータッチするかと思いきや、グータッチをかわす。それを受けて伊達さん、渡邊さんの背中にグータッチ(パンチ)を入れる
    • 仲の良さが伝わる一幕で良かった
  • 他のメンバの退場を見送る時の伊達さんの表情。
    • 最初の挨拶の他メンバの「私たち3回目の挨拶で」の時や、新宿2回目の時の「私何回目ですか、この質問」など、登壇回数が木村監督と並んで最多、且つ受け答え量としては、明らかに全員の中で最多の伊達さん
    • 自分は2回しか参加していないけど、同じ質問でも回ごとにコメントを変えているようで、大変だ

後半は、アイカツ!10th STORYパートとなり、木村監督と伊達さんが残り、下地さんが登場します。下地さんもっと色んなことを語ってくれたのですが、プラネットと比べて登壇者が少ないので、芋づる式に記憶を掘り起こすことが出来ませんでした。

  • この回は、あかりさんの声での台詞披露はなかった
  • 下地さんお気に入りのシーンは、いちごさんが「おやすみ、おやすみ、おやすみ」と言うところ
  • 「コスモス」の名付け親は下地さん。スタッフが幾つか案を出したけど決め手に欠けていたところ、下地さんにアイデアを出してもらったら、それに決まった
  • 諸星さんからのメッセージ代読は後半で行われた

来場者特典

1回目の来場者特典は、アイカツプラネット!大感謝祭の招待状です。そして2回目の来場者特典は、Welcome to Cosmosのライブチケットレプリカです。座席番号は各々異なっているらしく、自分はアリーナG8ブロック68列87番でした。アリーナだけど結構後方席。てか、スターアニススタジアムでかすぎでは。

映画の感想は別記事で書きたいと思います。