アクアリウム一覧

アクアリウムに関して、いろいろ

水槽の近況~2022年06月

水槽の様子は特に変わりません。タンクメイトはグッピー3匹(雄1雌2)と赤コリ1匹のままです。なので敢えて記事に書くこともないのですが、スナップショット的に記録は残しておきたいので、記事に起こしておきます。

とりあえず水槽の全景です。中央にウィローモスの玉を置いているだけのシンプルレイアウト。でも緑があるだけで、だいぶ景色が違います。玉から外れたウィローモスが、周辺の砂の中に一部埋もれているのも、野趣があって良いです。赤コリは後ろの方にいたので、写真には映っていません。

魚たちの気になる症状としては、しばらくグッピーの雄が水面でじっとしていたり、少しふらついているように見えることがありました。お腹も若干膨らんでいるように思えて、転覆病を疑いました。しかし、それにしては期間が長いですし、特段症状の悪化も見られません。とはいえ、何かしら良くない兆候ではあるので、試しに餌の量を減らしたところ、改善したように思えます。引き続き、経過観察をしていきます。

グッピーの雄は生後9ヶ月くらいでようやく尾びれが華やかに色づきましたが、雌たちは生後1年3ヶ月ほどでようやく尾びれの色が付き始めました。最初は元々模様がないのかな、と思っていましたが、根元の方が僅かに橙色になっています。3代目がなかなか誕生しなかったのは、雌たちが成熟していなかったためのようです。


グッピーが不調なので新しい餌を用意

ここ最近、グッピーの体調が良くないです。ただ不安定というか、よく分からない推移を見せています。最初は雌1匹が不調で、少し後にもう1匹の雌も不調になりました。水槽端の水面にじっと隠れているような感じですね。ただ、照明が消えた後だと、比較的水中を泳ぎ回っています。

その後外掛けフィルタの掃除をしたら、この2匹は元気になりました。しかし代わりに雄1匹が水底でじっとするようになりました。翌朝、この雄は多少回復した感じですが、餌への食いつきが良くないので、万全ではなさそうです。一方で雌1匹が最初の状態に戻ってしまいました。水面の端っこでじっとしています。もう1匹の雌は特に異常なしで元気です。

外掛けフィルタ掃除前は、pH6.0付近まで降下していましたが、その後はpH6.5~7.0に収まっているので、水質はそんなに問題ないとは思っていますが、明確な病気の兆候があるわけでもなく、あまり出来ることもないので、様子見ですね。

長いこと賞味期限がだいぶ過ぎた粒状の餌を与えていたので、その辺を疑い新しい餌(今度はフレーク状)を買ってみましたが、体調が悪いせいか、慣れていないせいか、なかなか食いついてくれません。餌をバクバク食べるのは見ていて気持ちいいので、早くそうなって欲しいです。


グッピー雌が突然死

2022年03月16日、朝の餌やりの時点では特に異常のなかったグッピーが、昼ごろ水槽を見ると死んでいました。死んだ個体は一番お腹の大きかった雌なので、産仔を上手く出来なかった可能性もありますが、そこまでお腹が膨れていたかと言われると微妙なところです。というわけで、はっきりとした原因は分かっていません。pHも測定しましたが、6.8程度で特に問題ありません。念のため割腹して稚魚の有無を確認しましたが、見当たらずに血生臭さだけが広がりました。

それから数日経ちますが、残りのグッピーたちは特に変化は見られず、元気なままです。最近は雄が雌を追い掛ける様子も見られるので、種付けは行われていそうですが、なかなか3代目は産まれません。一応雄は1匹だけなので、雌の過剰ストレスにはなっていないかと思います。


水槽の近況~2022年03月

タンクメイトは特に変わりありません。この水槽で産まれたグッピー4匹と、生き残った赤コリ1匹です。そろそろグッピーが産仔して、3代目グッピーブラザーズが生誕してくれると嬉しいのですが、今のところ気配はありません。雄が雌を追い掛けている様子は見かけますが、雌のお腹がそこまで膨れている様子は見受けられません。

そしてウィローモスが再び茂ってきたので、一気にトリミングしてすっきりさせました。ウィローモスが茂ると水の流れが悪いところができるので、底床が汚れやすい気がします。

そして新しいタンクメイトを入れたい気持ちはありますが、現在は安定状態なのであまり余計なことをしたくない気持ちもあります。


水槽の状況~2021年12月

2021年12月の水槽の状況ですが、不安だった残りの赤コリ1匹は、どうやら水槽の環境に慣れてくれたようです。元々他の2匹より身体が大きくて丈夫であったことが、効いているかと思います。底床の掃除をこまめに行なっていることも、良い方向に働いているとは思います。やや過剰かもしれませんが、1日おきくらいに5分の1ほど換水しています。この頻度でも底床の汚れがどんどん取れるんですよねえ。

グッピーの方はだいぶ大人に成長してきました。雄は尾びれがきれいに伸びて、雌は良い体つきになっています。雄の尾びれは切れてしまっているのが若干気がかりですが、尾腐れのような切れ方ではないので、大丈夫だとは思いますが、注視したいと思います。

ウィローモスは以前にトリミングした際に、しばらく少ないままで、やりすぎたかな、と不安でしたが、最近になってワサワサと増え始めました。またそろそろトリミングが必要になりそうです。