登山・トレッキング一覧

登山やトレッキング

岩木山登山

2022年10月22日、青森県最高峰である岩木山に登山してきました。独立峰なので、四方からの登山道が多くあります。一番メジャーなのは百沢登山道ですが少し時間が掛かるので、若干短縮できる嶽登山道を登ることにしました。岩木スカイラインで八合目までバスで上ることによってさらに短縮できますが、さすがにそれでは物足りないですね。

弘前駅前に前泊していたので、朝一の7時10分発のバスで登山口に向かいます。車窓からは青空が見えていて良いお天気。50分ほどで岳温泉前に到着します。自分以外の登山者は岩木スカイラインで八合目まで行くみたいで、バス停に並んでいました。というわけで、自分ひとりで静かな山行を楽しみます。まあ、下から登る人は、百沢登山道を選ぶ場合が多いのでしょうね。

朝食をとっていないので、昨日食べ損ねたお饅頭を朝食代わりにします。熊鈴やペットボトルホルダーなどの準備を済ませたら、稲荷神社の鳥居をくぐって登山開始です。さっそくのところにある稲荷神社にて安全登山を祈願します。

しばらくは緩やかな林道歩きです。数分歩くとちょうど工事用の大型車両が道を横断していたので、上手くかわしていきます。このあたりは勾配はほとんどなくて楽なのですが、地面が粘土質で湿っていて且つ凹凸があるので、とても滑りやすいです。ここでズルっとコケてしまいました。下山時に足を滑らすことはありますが、登山時に転んだのはほぼ記憶にありません。この時に手を地面に打ってしまって少し痛いです。グローブは基本的に着けておいたほうが良いですね。

しばらく歩くと、ブナ林になります。見事に黄葉していて、太陽を浴びて色鮮やかです。道幅も広くて歩きやすく、傾斜も緩やかなので、トレッキングのようで気持ちいいです。写真をついついたくさん撮ってしまいました。

次第に傾斜が強くなって、登山道に岩が交じってきます。落ち葉に埋もれて目視では岩の位置が分からなくなっているので、少し注意が必要です。とはいえ、登りやすい一般的な登山道です。前述の注意さえすれば、落ち葉歩きはふかふかしていて気持ちいいです。

標高が上がってくると、黄色から赤茶色に変わってきます。遠目には紅葉しているように見えますが、実際には枯れて赤茶色に染まっています。それでも美しい景色に変わりはありません。嶽登山道の終盤では、木々の間から少し展望を楽しむことができます。

2時間半ほどで八合目に着きました。下界を一望でき、周囲には駐車場やリフト乗り場が見えます。引き続き、ここから山頂を目指します。この辺になると紅葉は既に終わって落葉していますね。登山道は岩交じりで所々ぬかるんでいます。左側が開けているので、山肌などの展望を楽しめます。

30分ほどでリフト乗り場との合流地点に着きました。ここから少し岩場地帯となります。岩場を登ると、これまでとは打って変わった火山らしい荒涼とした風景が広がります。登山開始からしばらくの間良い天気だったのですが、山頂に近づくにつれて曇天気味になってきました。肝心の山頂には雲が掛かっている様子。しばらく平坦な道を歩いていくと、鳳鳴ヒュッテに着きました。

鳳鳴ヒュッテという名前から山小屋なのかな、と思っていましたが、こちらは避難小屋になります。ここから眼前に見える岩場を登ります。山行は気づいたら登頂していた、くらいの感覚が良いので、先のルートを一望できると気圧されますね。この岩場を登ったらもう山頂かと勝手に思っていたら、もうひと登りありました。

先の岩場を登り終えたら、少し平坦な道を歩いて、再び岩交じりのザレ場登りです。ここからガスが濃くなり、風も強くなります。八合目まで簡単に来れるためか、岩場には登りと下りで丁寧にルート分けの案内があります。15分ほどで山頂に着きました。

標高1,625メートル、山頂は真っ白です。そして風が強くて寒いです。鼻水が止まりません。カメラのシャッター押しを頼まれたので対応した後、自分のカメラでとりあえず山頂看板と三角点を撮影。展望がまったくない中、昼食用に買った焼きそばパンを食べました。一応バスの出発時刻までだいぶ余裕があるので、しばらく粘ってみます。ちなみに山頂看板の反対側に岩木山神社の奥宮がありますが、こちらの方が風が当たりにくかったです。

そして粘った甲斐があって、一瞬の晴れ間が訪れました。ガスは晴れませんでしたが、とりあえず日が差してくれたので、山頂看板と鐘を撮影しました。

満足したので下山します。この後も時折ガスが部分的に晴れる瞬間があり、下界の様子を楽しむことができました。ガスで真っ白でも登頂の達成感は味わえますが、眺望も味わえたほうが何倍も良いです。九合目付近まで来るとガスはありません。1時間ほどで八合目まで下山しました。

帰りは嶽登山道を下らず、岩木スカイラインをバスに乗って下ります。この日の宿が遠めなので、なるべく早く下山しておきたいという事情もあります。山行時間は4時間半くらいなので、あまり疲れず且つ不完全燃焼感もない、程よい塩梅かと思います。

今回の山行データは以下の通りです。

距離7.30km
山行時間4:25:55
経過時間5:00:13
高度上昇1,192m
高度下降405m

嶽登山口から入って八合目で下りたので、高度下降が少ないです。膝に優しい登山ですね。獲得標高は思ったより多くて、1,000メートル超えです。個人的には、八合目以降が想像していた以上に長かったですね。もう少しさっくり登れるものだと思っていました。これなら八合目から登り始めでも、楽しめるのかもしれません。ただ今回に限れば、紅葉を楽しむには山麓から登った方が圧倒的に良いと思いました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


八甲田山登山

2022年10月21日、八甲田山を登山してきました。ルートは酸ヶ湯温泉から入って、上毛無岱、大岳、仙人岱をぐるりと1周するコースです。八甲田ロープウェイの利用も検討しましたが、所要時間は大きく変わらず、直近の運行情報を見ていると、強風による運行中止の頻度が高いので、候補から外しました。実際登山当日も運行中止でした。新青森駅からバスで酸ヶ湯温泉の登山口まで向かいますが、関東から移動するので11時すぎ発の便が最早になります。しかしこの便ですと、大岳登頂を目指した場合に帰りの最終便に間に合いません。酸ヶ湯温泉周辺に宿泊するか迷いましたが、定額タクシー(7,000円)を予約して青森駅まで帰ることにしました。

新青森駅からバスに乗って1時間強で、酸ヶ湯温泉に着きました。たくさんの観光客がおり、観光バスも多く止まっています。まあ名湯ですからねえ。温泉は下山後に堪能するとして、まずは鬼頭庵でかけそばを注文して腹ごしらえを済ませます。それから売店にて、山頂で食べるための饅頭を買います。

準備を終えたら、登山開始です。登山口近辺はまさに紅葉が見頃ですね。天気は曇天となってしまいましたが、それでも十分に見ごたえがあるほど色づいています。上の方はもう終盤ですので、いきなりピークを見る格好となりました。

最初はやや急な登りが続きますが、そこを越えるとしばらく平坦な道が続きます。左右を赤や黄色に染まった木々に囲われており、全身で秋を感じられます。

そこからさらに進んでいくと、視界が一気に開けます。広がるのは一面の湿原です。ここで、あれ……?となりました。実は湿原は帰りに通る想定でしたが、登山口を間違えたようです。まあ、順序が逆になるだけなので、このまま進みます。湿原は草紅葉によって一面黄金色となっていますが、曇天だと少々映えませんね。しばらく平坦な道が続き、景色も美しいので、ボーナスタイムです。正面には大岳が鎮座している姿が見えますが、山頂部に雲が掛かってしまいました。

湿原の木道を歩き続けると、上毛無岱に向けての上り階段が現れます。少し階段を登ってから後ろを振り返ると、湿原を広く見渡すことができます。ここからの眺め、晴れていたらもっとすごかったんだろうなあ、と思います。それはまた別の機会に。

階段を終えると、再び平坦な道になって湿原歩きが始まります。こちらの湿原は尾瀬とは異なり池塘が少ないのですが、途中で丸沼という大きめの沼を見られます。視線を上げると、遠くに見えていた大岳がどんどん近づいてきます。ロープウェイ乗り場へ向かう道との分岐に当たったら、楽しい湿原歩きは終了です。

ここから岩場交じりの上り道が始まります。ここまでずっと平坦でしたので、それを取り返す急登になるのかと危惧していましたが、勾配はさほど急ではありません。登り続けていくと、木々がなくなり視界が開けます。少し歩くと大岳避難小屋が見えてきます。この周辺は風が通り抜けるようで、これまでとは打って変わって強風が吹き荒れています。ザックからアウターを取り出して装着しました。

大岳避難小屋から大岳山頂に向かいます。大きな岩が転がり、ここまでの道と比べて岩場登りの要素が強くなります。地面も湿っていて、やや滑りやすいです。しかしながら、距離はさほど長くはなく、やがて山頂に向けた階段エリアに変わります。足元には先日の初冠雪時の残雪を見ることができます。ガスで真っ白な中を、山頂目指して歩いていきます。

そしてついに八甲田大岳山頂に到着しました。標高1,585メートル。山頂はそこそこ広くて、ゆっくりできそうですが、真っ白で何も見えないし、とにかく風が強くて寒いので、早々に下山することにしました。山麓で買ったお饅頭を食べるつもりでしたが、それどころではない状況です。

帰りは仙人岱方面に向かいます。こちらはがっつり岩場ですね。真っ白な中、鏡沼を望みつつ、どんどん下っていきます。この岩場区間はそこそこ距離があり、真っ白で山頂が見えない状況下なので、そこそこの人数の登山者に、山頂までの時間を尋ねられました。

岩場区間を終えると、多少ガスも晴れてきて、強風も収まりました。登山者の踏み荒らしによって湿原の大半が消失してしまった仙人岱を通り過ぎます。八甲田清水が湧いていましたが、ここまでの寒さが勝り、スルーです。

そこから小さな湿原を抜けていくと、笹に囲われた谷間の道を進んでいきます。さらに進むと、火山らしい岩や石が転がる下り道に出ます。ずいぶん手前からほんのり硫黄の臭いがしていましたが、この周辺は特に臭いが強いです。火山性ガスで危険なのでこの近辺には留まらないように、との注意案内がありました。

岩場の下り道を終えると、あとは紅葉する木々の中を緩やかに下っていくだけです。基本的に歩きやすいのですが、下山口手前あたりで登山道の中央付近に杭が出ている区間があり、そこは歩きにくさを感じました。最後は鳥居を抜けて下山完了です。

下山後は酸ヶ湯温泉に浸かって、登山の疲れを癒しました。洗い場はありませんが、ヒバ造りの湯舟は雰囲気満点です。名前の通り、酸性の湯を満喫しました。

今回の山行データは以下の通りです。

距離9.40km
山行時間3:44:24
経過時間3:46:15
高度上昇750m
高度下降728m

ぐるりと1周するコースでした。八甲田山大岳をピークハントするだけなら、仙人岱経由のピストンが最短かと思いますが、上毛無岱の湿原を歩かないのはもったいないかな、と思います。また、下山口の方が登山口より若干標高が高いため、高度上昇と高度下降が僅かに異なっています。高度グラフは、往路では平坦な湿原歩きが続いたので、平坦な区間がやや長めになっています。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


もってこタオル

夏場の登山では汗を大量にかき、春秋でも登りではじんわり汗をかきます。特に夏場は汗が目に入ったりすると不快を越えて安全面にも影響が出ます。これまで綿製のハンカチで汗をぬぐってきたのですが、出し入れが面倒ですし、なかなか乾かないこともネックです。

というわけで、2022年10月02日、ヤマノススメのイベントで飯能に出かけた際に、ひだまり山荘にて、登山向けの速乾性タオルのもってこタオルを買いました。色は数種類ありましたが、何となく黄色を選びました。マフラータオルのような横長の形状をしており、首回りに掛けることができます。

10月はたくさん山行に出かけたので、既に結構な回数を使いました。首に巻いてすぐに汗を拭えるので、便利ですね。薄手なのですぐに乾きます。その分軽いので、風が強いと飛ばされてしまう可能性があります。そうした時は、首に結び付けるようにしました。

そしてこれは自分の使い方の問題なのですが、首に一眼カメラをぶら下げており、ちょうど首に掛けているタオルがカメラケースのマジックテープと干渉しやすい位置にあるのです。その結果、タオルの繊維が引っ掛かり、ボロボロになってしまいました。

うーん、どう対策しようかなあ。ザック側にタオルを装着できる方法とかあればいいのかなあ。模索中です。


男体山登山

2022年10月16日、日光の男体山に登山してきました。前日に日光白根山へ登山したため、そのまま日光に前泊しています。9時手前に宿出発予定でしたが、1本早いバスに乗れたので、1時間ほど前倒しとなりました。

間違えて中禅寺湖温泉止まりのバスに乗ってしまったので、そこから中禅寺湖畔を散策しながら、登山口のある二荒山神社中宮祠へ向かいます。登拝受付で1,000円を支払い、入山証としてお守りを授与されます。さっそく二荒山上奥宮登拝口に行き、ここから登山開始です。

最初は石段が続く参道で、しばらく歩くと門が見えてきます。ここを抜けると山道が始まります。地面には笹が生い茂り、木々が点在している樹林帯の中の細い道を登っていきます。一合目から三合目までこのような道が続きます。勾配はそこまできつくないですが、上りが続きます。

三合目を越えると、一旦舗装道路に出ます。九十九折の緩やかな上り道となります。男体山は終始上り基調な山ですが、ここの区間だけ勾配が緩まりますので、ほっと一息。登り始めは晴れていましたが、このあたりでガスが目立ち始めて、薄暗くなっています。中禅寺湖もうっすらとしか見えません。

やがて鳥居が見えてきますので、そこをくぐって再び山道に戻ります。1合目から3合目と比べて、少し険しくなります。岩や小さな木製階段が出てきて、また土の粘性が高くなり且つ湿っているので、足を滑らせないように注意が必要です。しかしながら、この一帯は紅葉が見事で、特に赤い椛が素晴らしく、登りの苦労を忘れさせてくれます。ガス気味で薄暗いのは残念ですが、それでも十分に見ごたえがあります。

6合目手前あたりから、岩が多くなってきます。紅葉も一旦お休み。さらにガスも濃くなってきました。

しかし7合目を越えるとガスが一気に晴れて、日が差してきました。高層で曇天になったのではなく、山に掛かった雲の中を歩いていたようです。青空と紅葉を楽しみながら、登っていきます。中腹に比べて落葉は進んでいますが、まだ色づきを楽しめるかと思います。

8合目の瀧尾神社を越えて少し登っていくと、若干勾配が緩くなります。しかし程なくして再び勾配がきつくなります。本当この山は息つく暇を与えてくれません。周りは木々が生えていますが、丈はわりと低くなり、空を近く感じられます。木々の隙間からは、先ほど抜けてきたガスが一面の雲海として広がっており、テンションが高まります。

9合目の石碑を横目に登り続けて、ついに周囲の展望が開けました。木々は点在していますが、一気に乾いた感じの光景です。ここからは滑りやすい火山性の砂利となりますので、一歩一歩踏みしめながら登ります。

そしてついに山頂に着きました。標高2,486メートル。だいたい3時間弱を要しました。さっそく二荒山神社奥宮に参拝し、二荒山大神の像を眺めて、岩山に突き刺さった二荒山大神御神剣を見上げます。

その後は絶景を見ながら昼食タイム。そして雲海や峰々などの写真をたくさん撮影しました。ここまできれいに広がる雲海は久しぶりでしたので、何枚でもシャッターを切ってしまいます。空も青空が広がり、とにかく気持ちがいいです。ただ雲海があると中禅寺湖は望めないなあ、と思っていたら、ちょうど中禅寺湖のところだけ雲が晴れていて、ラッキーでした。太陽のおかげで山頂でも暑いくらいで、非行動時でもアウターは不要な陽気です。というわけで、山頂では1時間超のんびり過ごしました。

帰りはピストン下山です。ひたすら登りでしたので、帰りはその分楽です。膝へのダメージと転倒には注意しつつ、道に合わせて緩急を付けながら、テンポよく下っていきます。3合目から1合目の区間を歩いている時には、林の奥から西日が差しており、薄暗さを感じます。10月中旬ですので、随分と日も短くなってきましたね。

16時手前に下山完了し、二荒山神社中宮祠に安全下山感謝のための参拝をしました。山麓は曇天なので、山頂よりむしろ寒さを感じるほどです。その後は16時20分くらいに二荒山神社中宮祠前のバス停からバスに乗車し、東武日光駅へ戻りました。

今回の山行データは以下の通りです。

距離10.27km
山行時間5:24:24
経過時間6:15:55
高度上昇1,146m

前述の通り、ほぼ登り一辺倒なコースになります。日光という観光地で登山口も比較的アクセスが良く、技術的難易度も高くないのですが、とにかく登りが延々と続くので、想像より体力を要します。満身創痍で登っているような方も数名見かけました。上りは舗装道路以降ほぼ同じペースで進んでいますが、下りは何度かペースが変わっていますね。あまり意識はないのですが、火山性砂利、岩場、粘土といった感じで、道の特性が切り替わっていくので、何となくペースをコントロールしていたのかもしれません。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


日光白根山登山

2022年10月15日、日光白根山を登山してきました。家を5時すぎに出て、8時30分ごろ東武日光駅に到着し、そこからバスを2本乗り継いで、11時手前にようやく登山口となる日光白根山ロープウェイに到着です。沼田経由でも行けますが掛かる時間に大差はなく、日光経由の方が早い時間に着くので、そちらを選びました。新幹線から距離があるので、お金を積んでもなかなか時間は短縮できません。

まずは日光白根山ロープウェイに乗って山頂駅を目指します。スキー場のゴンドラなので、1組ずつ乗車するスタイルです。ロープウェイからは紅葉する山肌を堪能できました。奥には丸沼の姿も見えます。若干日が陰ってしまったのが残念でした。

山頂駅に着いたら、広場を軽く散策。これから登る日光白根山が、目の前にドンと鎮座しています。二荒山神社の大鳥居をくぐって登山開始です。拝殿手前の右手に登山道への入口があります。しばらくは平坦な道が続いて歩きやすいです。特に登山装備も必要としない遊歩道ですね。この周辺では紅葉はあまり見られません。避難小屋の手前から、上りが始まります。大日如来を拝みつつ、七色平分岐を越えます。

その後はしばらく緩やかなアップダウンを繰り返しながら、樹林帯の中を歩きます。この辺りが一番きれいに紅葉を楽しめます。ただ道は狭いので渋滞しがち。

平坦な道が終わると、徐々に勾配が増してきます。やがて樹林帯を抜けると、一気に視界が開けます。

登り始めは太陽も見えていたのですが、残念ながら今ではすっかり曇天です。それでもここから見渡す山々の紅葉は美しいです。足元は火山性の砂利なので滑りやすく、注意しながら登ります。人がたくさん集まっているピークが見えてきたので、もうすぐ山頂かと思っていたら、ひとつ手前のピークでした。

このピークを一旦下って山頂を目指します。山頂部分は岩登りになります。それほど難しくありませんが、足を踏み外したら危ないので慎重に登ります。山頂は広くないので、列を作って順番待ち。その途中、青く染まる五色沼を望むことができました。山頂では山頂看板と三角点を撮影して下山します。

先ほどの一つ手前のピークに戻って、ゼリー飲料で補給を済ませます。少しまったりしたいところですが、人も多く何より寒いので、早々に下山します。下山する頃にはガスが押し寄せて、すっかり白くなってしまいました。曇天とはいえ、五色沼を見られるタイミングだったのは、ギリギリ運が良かったのかもしれません。

下山中は雲は広がっていたものの、時折日が差して、紅葉を鮮やかに照らしてくれました。下山時に撮影した写真の方がきれいかもしれません。

ロープウェイの帰りの時間に間に合わないことを危惧して往路はややハイペースだったため、だいぶ時間に余裕ができました。3時間程度で若干歩き足りない感じだったので、登山口のひとつ手前にある分岐から自然散策路に入って寄り道します。

何となく平坦な道だろうと思っていたら、予想外の登りが出迎えてくれます。こちらは登山者がほとんどおらず、散策者がメインですね。途中展望台などに立ち寄りつつ、15分ほどの散策を楽しみました。

下山後は二荒山神社に安全下山感謝の参拝して、ロープウェイで山麓駅に下ります。ゲレンデはサマースキーを楽しむ人たちで賑わっています。バスの時刻まで余裕があったので、レストハウスで遅めの昼食をいただきました。牛もつ煮込みうどんと焼きおにぎりのセット。登山後の空腹が満たされます。

その後はバスで日光の宿へ向かいました。事故渋滞に巻き込まれて1時間以上遅延しましたが、無事今回の登山は終了です。

山行データはこちらをご覧ください。

距離7.62km
山行時間3:11:57
経過時間3:15:18
高度上昇640m

上りと下り共に、一定のペースで進めた感じです。前回の蓼科山と比べて、獲得標高が150mほど低いものの、相対的に随分と登りやすく感じました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。