登山・トレッキング一覧

登山やトレッキング

仏果山登山

2022年06月04日、東丹沢の仏果山を登山してきました。そろそろ梅雨入りしそうな時期であり、梅雨入り前の最後の晴れ日になりそうでしたので、登山しようと急遽思い立ちました。最初は西丹沢の大室山や檜洞丸を考えていましたが、前週に両神山へ登ったこともあり、近場でサクッと登りたいなあ、と思って、以前に調べていた仏果山に決めました。

東海道線で横浜まで行き、相鉄線で海老名まで移動します。そこから小田急で本厚木にて下車。駅前の5番乗り場バス停から、宮ヶ瀬行のバスに乗車します。思ったより行列ができていました。ただし登山者ではなく、生活路線としての利用者が多い感じです。

40分ほどバスに揺られて、仏果山登山口に着きました。他に下りた登山者は1組でした。虫除けやグローブ、ペットボトルホルダーなど、登山準備を済ませます。すぐ傍には宮ヶ瀬湖が見えます。晴れていますが、微妙に雲が多くて、青い湖面とはなりませんでしたが、気持ちの良い光景です。湖上ではボート練習している人たちの姿も見えました。

道路を渡って反対側に移動します。上村橋の袂に登山口となる階段がありますので、登山開始です。登山ポストはそこから少し進んだ場所にあります。

しばらくは樹林帯の中、九十九折の登山道を登っていきます。急登ではないですが、緩やかでもありません。登山道は整備されており、基本的に歩きやすいです。5分ほど登ると階段が現れました。

階段を上り終えると、再び坂道になります。すると視界の隅で何かが蠢き、思わずギョッとします。おもむろに足元に目を遣ると、ヒキガエルでした。近くに寄っても全然逃げません。この後別の場所でも1匹出合いました。逆に上村橋の登山口からの登山道以外では、見かけませんでした。カエル以外には、オカタツナミソウやウツギなどの草木の花を楽しみました。

道は時折平坦になったりしますが、基本は上り1本調子です。登山開始から30分ほどで、少し長めの階段に出合います。そこを上りきると、小さな休憩スペースが現れます。木々の中ですが、ほんの少しだけ眺望があります。

さらに登り続けて、大きな切り株のあるところを曲がっていくと、宮ヶ瀬越に着きました。登山開始から約45分です。ここを右手に曲がって仏果山を目指します。

ここからは小さなアップダウンを繰り返しながら進んでいきます。登りに伴う体力は使わなくて良くなりますが、岩場混じりの箇所など、少しだけ登山道が歩きにくくなります。下り階段の箇所は、階段は使わずに隣の段差を使った方が安全ですね。

20分弱で仏果山山頂に着きました。標高747メートルです。山頂看板の周りは石が積まれており、数体のお地蔵様が安置されています。お地蔵様と山頂看板を一緒に写真に収めることも可能です。

山頂広場は周りを木々に囲まれているため、眺望はありません。しかし展望台が設置されているので、そこから360度のパノラマを望めます。一般的に想像する展望台と比べて結構ガチの展望台で、だいぶ高く上ります。そして周りの木々を頭を超えたあたりで、展望スペースとなります。

西方面には宮ヶ瀬湖が見え、東方面には遠くまで続く街並みを望むことができます。ひとしきり眺望を楽しんだら、広場へ下ります。階段の途中で、虻がたくさん飛んでいるエリアがありました。

ベンチに腰掛けて、昼食用のパンをいただきます。木陰ということもあり、じっとしていると少し寒さを感じますね。低山とはいえ、標高差により気温は麓より3度弱低いはずです。

さて、12時を回ったら、下山を始めます。帰りは首都圏自然歩道を使います。高取山との縦走も考えましたが、一度来た道を戻るのが何となく嫌でしたので、一筆書きで下山します。上村橋からの登山道と比べて距離が長い分、勾配はなだらかです。一応ストックは使いますが、下り特有のきつさは感じません。風に揺れるニガナを撮ったりしながら、のんびりと下ります。

30分ほどすると、樹林帯を抜けて、急に展望が開けました。鉄塔越しに関東平野が広がります。このルートを上りに使っていたら、本当に絶妙なタイミングでのご褒美感がありますね。

一度樹林帯に入り再び展望が開けますが、再度樹林帯に入ると後はそのまま下山です。15分ほどで一旦舗装道路に出ますが、下山道はまだ続きます。半壊した鹿除けの柵を通りつつ、15分ほどで下山完了しました。

その後は天沢橋を渡って近くにあるカフェの仏果堂で休憩します。テラス席で仏果堂パフェとアイスコーヒーをいただきました。仏果堂パフェはチョコのお菓子のパフェです。

そして原臼バス停まで歩いて、バスに乗って本厚木駅まで戻りました。

今回の山行データは以下の通りです。

距離4.62km
山行時間2:13:49
経過時間2:35:43
高度上昇507m
高度下降533m

上村橋の仏果山登山口から宮ヶ瀬越まで登り、そこから仏果山山頂まで歩きます。この後宮ヶ瀬越まで戻って高取山と縦走する方法もありましたが、来た道を戻ることにテンションが乗らず、止めました。上村橋の登山口から入ると、どうやっても一筆書きで縦走はできないんですよねえ。というわけで、首都圏自然歩道経由で下山しました。

標高差400メートルくらいで、ちょうど良いハイキングとなりました。上りは休憩していないので、ところどころ平たい場所は、実際に平たい道です。宮ヶ瀬越の前に2箇所ほど平坦な区間がありました。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


Smartwoolを購入

2022年05月05日、好日山荘にて登山用靴下の”Smartwool M/M EXTRA CUSHION”を購入してきました。これまで約1年前に購入した”ドライベクター中厚パイルソックス”を使ってきましたが、若干固くなってきたこともあり、ローテさせるために追加した格好です。どちらも現役で使っていく予定です。小屋泊山行で替えの靴下があるのも嬉しいですしね。カラーは、現有の靴下が暗色なので、明るめの色にしました。

さっそく先日の両神山登山で使ってきました。EXTRA CUSHIONを選んだので、最初部屋で履いた瞬間は、靴下なのにスリッパを履いているような感覚になりました。足裏で床の感触をほとんど捉えられない感じです。ウールなので見た目に結構ゴワゴワ感がありますが、実際に履いてみると特に肌触りに気になることもなかったです。

山行中は特に違和感なく使えました。耐久性は何度か使わないと分かりませんが、沢に突っ込んで濡らしてしまった時に、わりとすぐに乾いてくれたのは、快適で良かったです。縁の下の力持ち的な存在で、なかなか効果を明確には実感しにくいですが、足の疲労軽減に役立ってくれているのだと思います。


両神山登山

2022年05月29日、日本百名山である両神山を登ってきました。奥秩父山塊の北側にあり、自宅のある川崎からのアクセスは、なかなか大変です。一応始発に乗れば、ぎりぎり日帰り登山できるのですが、電車だけで3時間30分掛かり、さらにバスで1時間ほど掛かります。バスの本数も多くないので、どこかで遅延が起きたら、リカバリが効かず、即アクセス不可能となってしまいます。さすがにリスクを許容しきれないので、近場で前泊することにしました。距離と宿の数を考えれば西武秩父駅周辺が良いのですが、ヤマノススメ聖地巡礼を併せることにしたため、飯能で前泊しました。

6時4分に飯能駅を出発し、西武秩父線で西武秩父駅に向かいます。自宅からだと、始発でもこの電車には乗れません。西武秩父駅に着いたら、歩いて秩父鉄道の御花畑駅に移動します。秩父鉄道に20分ほど揺られて、終点の三峰口駅に到着です。電車はいずれも空いていました。

三峰口駅からは、小鹿野町営バスに乗って、日向大谷登山口を目指します。直通の便もありますが、今回乗った便は、薬師の湯バスターミナルで乗り換えが必要になります。西武秩父方面のバスとは、ここで乗り継ぎが出来ます。こちらの温泉、登山後に寄りたいのですが、バスの本数が多くないので、断念。

1時間ほどで日向大谷登山口に着きました。舗装路を歩いていき、両神山荘の近くまでやって来ます。公衆トイレがあったので、100円払って済ませておきます。山行中は他にトイレに行くことはありませんでした。両神山荘脇の道を通って進んでいくと、登山口に出ます。登山届を記入する台があるので、投函しました。ちなみに今回の山行は、先日新しく購入した登山用靴下のデビュー日です。一方で、暑い日なのにペットボトルホルダーを忘れてしまいました。

ではさっそく登山開始です。しばらくは平坦な道が続いて、森林トレッキング感覚です。少し尾根が細いところがありますが、概ね安全です。たまに岩混じりの上りがありますが、全体としては下り基調になります。信仰の山らしく、石碑や鳥居があります。30分ほど歩くと、会所に着きました。

会所のあたりで、表参道と七滝沢道に分かれていますが、七滝沢道は現在通行止めなので、表参道一択となります。ここから本格的な上りとなり、登山本番といった感じです。薄川に沿って徐々に標高を上げていきます。途中何回か沢を渡ります。この日は結構暑かったのですが、沢沿いのおかげで、標高が低い箇所でもわりと涼しいです。前述の通り信仰の山なので、不動明王の石像などがあったりします。新緑も気持ちいいですね。

急登ではないものの、長い間上りが続くので、地味に疲れてきます。時々ザレ場もあるので、足元にも注意が必要です。会所から40分ほど歩いて、八海山に着きました。”山”とはつくものの、特にピークではなく、そのまま上りが続きます。

八海山から20分ほど歩いて、弘法之井戸に着きました。水場になっており、給水可能です。途中盛大になぎ倒された木々があり、令和元年の台風の影響だと登山者の方から聞きました。そこから10分ほど歩くと清滝小屋に到着します。小屋の手前には、ヒメレンゲが咲いていました。表参道では前半が早かった分、後半でペースがやや落ちています。

清滝小屋では小休止。こちらは避難小屋ですが、元山小屋ということもあり、なかなか立派な施設になっています。ただ虻が多くて、少し落ち着かないですね。一応虫避けシートで顔や首を拭いていますが、開封してからそこそこ時間が経っていることもあってか、効果のほどは定かではありません。今のが切れたら、ディート成分強めのスプレータイプを買ってみようかな、と考えています。

休憩を終えたら、登山再開です。鈴ヶ坂をトラバースしながら上へ進みます。木々の密度が高くないので、林の中の見通しが良いです。そして新緑の季節なので、明るい緑の葉っぱが鮮やかです。

この区間を終えると産泰尾根に入り、やがて岩混じりの登山道になってきます。途中何箇所か鎖場も出てきますが、岩登り自体は三点支持で登れば大して難しくはありません。少し難しそうな岩場には、親切にも鉄製の階段が設置されています。ここは急登区間ですが、さほど距離は長くありません。横岩に着いたら、樹林帯の中をゆったり登っていき、10分ほどで両神神社に到着しました。

両神神社で注目すべきは、狛犬です。一般的な神社で見かける獅子に似た狛犬ではなく、二ホンオオカミがモデルになっています。正面顔が可愛かったりします。登山の無事を祈願して参拝しました。少し離れたところにもう1つお社がありますが、それぞれの由来などは調べていません。

小休止した後、山頂を目指して進みます。両神神社以降は、アップダウンはあるものの、基本的に緩やかな道となります。木々越しですが、少しずつ展望も開けています。アカヤシオのピークは過ぎてしまいましたが、僅かに花を残している木があるので楽しめました。

20分ほど歩いて山頂に到着しました。山頂部分は岩場になっており、平らな場所は少ないです。とりあえず山頂看板のある場所へ移動して、写真を撮影しました。近くの岩場の上に三角点があります。さらに周辺には、御嶽座生大権現のお社があります。何枚か山頂からの写真を撮影したら、来た道を戻り、岩場の隙間で大休止を取ります。

絶景を見ながら昼食パンを頬張ります。多少虻などは気になりますが、樹林帯ほどではないです。食事を終えたら岩場の空いたスペースに移動して、再び写真撮影。日本観光地百選入選記念の石碑もあります。地平線に目を遣れば、冠雪した南アルプスや山々の稜線の奥で圧倒的な存在感を放つ富士山などを望むことができます。快晴の下、この絶景を見ることができて、良かったです。

帰りは同じ道を下山するピストン行程です。八丁峠コースを通る気合はないです。バスの時間に向けて、思いの外時間がなかったので、多少ペースを上げて下山します。

清滝小屋で小休止したら、表参道コースを下っていきます。少しペースを上げて進んできたせいか、次第に足が重くなってきました。下り用の筋力がだいぶ売り切れ状態です。むしろ軽い上り坂の方が足が楽という状況になりました。

そしてそのせいか分かりませんが、沢渡りの際に足を踏み外して、沢の中に思いきり突っ込んでしまいました。ハイカットの高さよりも深く踏み込んでしまったので、いかに防水仕様といえども水浸しです。とはいえ、速乾性靴下とゴアテックス加工登山靴の効果で、蒸れは早々に解消されました。ただし、帰宅後に確認したら、濡れた方の靴が少し臭くなっています。脱臭せねば……

あとは、下り途中の斜面で足を滑らせて、横に倒れる事案が1件発生しました。ちょうど道が折れている箇所でしたので、滑る距離が長ければ谷に掛かってしまうリスクがあり、ヒヤリ案件です。

結構汗をかいてきたので、沢の水で顔を洗ったりしつつ、会所まで下山しました。この時点でバスの時間まで残り35分程度。うーん、余裕がないので休憩もそこそこに歩き始めます。基本緩やかな上り坂なので、前の人を抜いた後に、ペースアップしました。

結果、15時10分発のバスに、乗車できました。車内はなかなかの乗車率です。往路はだいぶ空いていたのに皆さんどこから来たのでしょう。往路で1本後のバスで来た人だとこの時間に下山するのは難しいでしょうし、一方で1本前のバスはありません。別の場所から縦走した方々ですかねえ。帰りは往路と同じく三峰口駅経由にしました。

三峰口駅からは、飯能駅まで直通の電車に乗りました。始発なので座れます。さらに飯能駅からの西武池袋線急行への乗り継ぎでも、予想外に座ることができました。池袋駅に到着後は山手線外回りで田端駅まで行き、京浜東北線に乗り換えます。山手線はさすがに無理でしたが、京浜東北線では座ることができました。登山で結構疲れていたので、大半を立たずに済んで良かったです。

今回の山行データは、以下の通りです。

距離13.09km
山行時間5:32:47
経過時間6:11:29
高度上昇1316m

ピストンなので地図で見てもあまり面白味はありません。登山道自体はジグザグとしますが、全体を見ると山頂までわりと一直線でしたね。

わりと一定のペースで登れていたようです。下りは清滝小屋での休憩が思った以上に目立ちます。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


天覧山、多峰主山、吾妻峡トレッキング

2022年5月28日、飯能市にある天覧山と多峰主山と吾妻峡をトレッキングしてきました。ヤマノススメ聖地巡礼も兼ねています。

飯能市中央公園の向かい側にある公園の裏手の舗装路を進み、途中で右手に曲がります。能仁寺も同じ方向にあり、そちらの案内が目立つので、登山口がこちらで正しいのか、少し迷いました。その後は道なりに進んでいくと、天覧山中段に着きます。広場になっており、公衆トイレもあります。

舗装路はここで終わり、この先は山道になります。道自体はとても歩きやすいです。分岐箇所は、十六羅漢像のない方を通りました。山頂までの距離は、気づいたら山頂に着いていた、というくらいに短いです。時間にして10分程度になります。

というわけで、山頂に着きました。天覧山山頂には、石造りの展望台があります。ヤマノススメでもお馴染みのスポットです。標高は197メートルと高くありませんが、眺望はばっちりです。

さて、さすがにこれだけでは物足りませんので、多峰主山へ縦走します。階段を下り、その後は坂を下りていきます。先日の雨でまだぬかるんでおり、少し歩きづらかったです。登山靴でしたので問題なかったですが、スニーカーだと少し嫌かもしれません。登山道の脇にはコアジサイなどが咲いていました。

下り終えると、谷間の平坦な道を歩きます。「まむし注意」の看板にびびりつつ、てくてくと道の真ん中を進んでいきます。夕暮れの谷間なので、日は差していません。

やがて見返り坂が見えてきます。坂という名前ですが、今は階段になっています。ここから再び上りが始まります。見返り坂を登った後は、緩やかなアップダウンをしつつ、森の中を歩きます。そして山頂手前で少し急な上りが現れます。一応鎖が出ていますが、特に使うこともないかと思います。

坂を登りきったら、多峰主山の山頂に到着です。標高271メートルになります。三角点もあります。標高が若干高いこともあってか、天覧山より眺望は良いと思います。若干虫が気になったので、少し休んだら下山します。

下山は吾妻峡方面へ向かいます。少し下ったところに立派な仮設トイレがあります。確かに天覧山から歩くとそこそこ時間がかかるので、トイレがあるとありがたいかもしれません。そこから先へ進むと、御嶽八幡神社に出ました。せっかくなので参拝します。

そこから九十九折の道を下りていきます。途中で小さな蛇を見かけましたが、カメラを構えるのが間に合わず、尻尾しか撮れませんでした。鳥居のところまで下りると、平坦な道になります。花木を楽しみつつ歩いていくと、住宅街に出ました。

ここから吾妻峡に向かいます。道路を渡って路地に入り、案内板に従って川沿いへ下りていきます。案内を辿れば着けるようになっていますが、うっかり見過ごしてしまいそうな看板もありますので、何か違うと思ったら少し引き返してみると良いです。

吾妻峡に出ると、目の前にはドレミファ橋があります。こちらを渡って対岸へ移動します。橋といっても川の中に石の台座が置かれているので、とても川が近く感じられます。

対岸に渡ると、川に沿って歩けるようになっています。土嚢などで整備されていますが、一部歩きにくい場所もあるので、スニーカー以上の装備が良さそうです。そしてちょうど夕方なので、傾き始めた太陽に照らされる川の景色が美しいです。岩の斜面には、ユキノシタも咲いていました。汽車岩などの景勝を眺めつつ、中平河原に出ました。

中平河原以降は、川沿いの遊歩道がありませんので、一般道を歩きます。飯能茜台大橋を渡って入間川の対岸に戻り、川沿いに近い場所を歩きながら、飯能河原へ向かいます。

そして飯能河原に着きました。昼間見た時には大勢の人たちで賑わっていましたが、この時間帯になると、さすがに閑散としています。河原としてはかなり広いスペースですね。今回のトレッキングは、こちらをゴールとしました。

今回の山行データは以下の通りです。

距離6.72km
山行時間2:20:11
経過時間2:30:22
高度上昇238m
高度下降272m

一筆書きのルートです。天覧山と多峰主山による山歩きと、吾妻峡による川沿い歩きで、山と川の両方を楽しめるトレッキングになりました。

天覧山と多峰主山の2つがピークになっています。後半の平たいところは、吾妻峡や町中を歩いている部分になります。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


御前山登山

2022年05月03日、奥多摩の御前山に登ってきました。お目当てはカタクリです。4月中旬に一度出かけようかと考えましたが、結局行かずじまい。カタクリの時期のうちに訪れたいと考え、大型連休の後半に出かけることにしました。2日まで鹿児島旅行をしていましたが、4日は別の用事があるため、天気も考慮した結果、3日に決行しました。

さすがに旅行翌日なので早朝出発は適わず、7時30分ごろ自宅を出発。南武線と青梅線で奥多摩駅に向かいます。大型連休真っ只中なので、電車がなかなかの混み具合です。一旦昭和記念公園のある西立川で大量降車しますが、青梅線の青梅以降で電車の本数と車両数が減るため、再び大混雑となります。

偶然に駅の出口に近い車両にいたため、奥多摩駅発のバスは着席できました。そこから満員のバスで向かった先は奥多摩湖です。

天気が良いので奥多摩湖に青空が映り込んできれいです。山の緑も気持ちいいですね。湖畔は整備されており、寛げます。藤棚が幾つかあり、撮影を楽しみました。

それから小河内ダムの上を歩いて、御前山の登山口を目指します。間違っていこいの路方面に行ってしまったりしましたが、無事登山口を発見。ダム関連の展示を見つつ、登山口に向けて階段を上ります。登山口周辺は草の広場になっており、ツツジが数株咲いていました。

熊鈴を付けたら、さっそく登山開始です。最初はいきなり階段上りです。その後は九十九折の道を登っていくと、一旦平坦になります。それから急登が始まります。このあたりから山装備でないと少し大変かもしれません。とはいえ、急なので体力は使いますが、道は登山道としてだいぶ整備されており、基本的に登りやすいです。でも雨天時の下りでは、使いたくないですね。

斜度は結構あるので、地面に這っている木の根で足元をキープしたり、滑りやすいところでは体重を上手く載せるなどして、バランスを崩さないように登ります。なお、急登が始まるところに”通行止”の看板があるのですが、今登っている登山道が通行止めにも見えて、少し混乱しました。

急登が終わると、緩やかな道になります。右手には木々の向こうに奥多摩湖が見えます。足元を見ると、ギンリョウソウが咲いています。キノコなどの菌糸類に見えますが、光合成を止めた植物です。

登山開始から1時間ほどで、サス沢山に着きました。サス沢山には展望台があり、奥多摩湖の姿を俯瞰することができます。地上からだとなかなか分からない奥多摩湖の形が分かります。

先へ進みます。しばらく平坦な道を進み、それから少し岩場っぽいところを登っていきます。ちょうどこの辺りで天気雨が降ってきました。少量で数分で止んだので、レインウェアは発動せず。少し広い道に出てしばらく進むと、大きな岩が並ぶ広場に出ました。山頂かと思いましたが、特に何でもない場所のようで、特に看板もありません。

このあたりはカタクリが見られるエリアですが、既にシーズン終盤なので、標高の低いところではほとんど見られません。代わりにバイケイソウの群生が現れました。林の中にもびっしり生えていてすごいですね。有毒なので食害にも遭わないそう。他にもニリンソウやツルキンバイなどを観察します。さすが花の百名山、カタクリ以外にも色々な花を楽しめます。

やがて惣岳山に着きました。カタクリの花は、ようやくここの手前の急登部で見つけました。惣岳山山頂には広場はありますが、展望はそんなに良くないです。今はまだ木々の葉っぱが揃っていないので抜けていますが、夏は木々に囲まれそうな気がします。

御前山を目指して先に進みます。この辺からカタクリの姿が多く目に入るようになりました。ただ時期が遅かったのか、群生というほど密集はしていません。なので、1本ずつの写真にフォーカスして撮影しました。

30分ほどで御前山に登頂です。ここで昼食のパンを食べて大休止。北西方面の展望が開けており、鷹ノ巣山などを望むことができます。

さて、下山は境橋方面に下ります。こちらも山頂からしばらくの区間はカタクリの花を楽しめます。避難小屋を過ぎて、どんどん下っていきます。サス沢尾根のような急勾配がない分、距離があります。また、下山道以外の分岐も多くあるので、道迷いに少し注意が必要です。一箇所下山道を見過ごして別の看板に従って歩いてしまいました。ここは何となくの違和感で気づけました。

少しずつ日が傾いて、山陰に入る部分も出てくるため、区間によっては薄暗くなります。ひたすら下山を続けて、ついに舗装路に出ました。

しかし舗装路に出てからも結構長いです。途中でゴハンギョウの滝を楽しみつつ、バスの時間を考えて、ペースアップしました。民家の姿が見え始めて、そろそろかと思いきや、実はまだ距離があったりします。終盤、バス停までの目安時間を案内する看板が出てきて、ありがたかったです。

山間に掛かる境橋の姿を目にしたときは、ほっとひと息。バスの混雑を懸念しましたが、増発便を出しているようで、大混雑は避けられました。

17時10分ごろ、奥多摩駅に到着しました。帰りの電車も混んでいましたが、最初を凌げばどんどん楽になるので、行きよりは気が楽でした。

このように大型連休のため電車やバスは混んでいましたが、御前山自体の人は少なく、静かな山歩きを楽しむことができました。一応カタクリの時期で大型連休なので、もう少し人が多いことを懸念していましたが、うれしい誤算でした。

当日の天気について、最初は晴れていましたが、山行途中で少し雲が増えて、日が陰ることがありました。ただ終盤では再び晴れていました。

今回の山行データは以下の通りです。

距離12.23km
山行時間4:42:13
経過時間5:01:42
高度上昇922m

奥多摩湖から登り、境橋から下るルートです。基本的に往路と復路では別のルートを使いたいので、この形にしました。御前山の王道ルートかと思います。

各ピークでもう少し下ったイメージでしたが、グラフで見ますと概ね上りですね。

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。