2022年09月一覧

CDTVライブ!ライブ!フェスティバル2022

2022年09月17日に東京ガーデンシアターで開催されたCDTVライブ!ライブ!フェスティバル2022Day1に参加してきました。出演は、アイカツ!シリーズ、アイドルマスター シャイニーカラーズ、ラブライブスーパースターの3番組です。実質バンナムフェスですね。例によって自分はアイカツ!シリーズが中心なので、感想もアイカツ!シリーズが一番多めです。

なぜか開場時間と開演時間を勘違いしており、家を出る直前に気づきました。何とかギリギリ開演直前に着席できました。席はアリーナBブロック19列目で、わりと遠めです。かろうじて表情の変化は分かるものの、スクリーンに頼ることが多いです。

オープニングアクトは、ラブライブスーパースターからです。出演はLiella!1期生です。「ノンフィクション!!」が来るとは思いませんでした。アニメは全話見ていますが他の媒体には触れていないので、他に知っているのは「START!! True dreams」です。あとでセトリを見たら、カップリング曲が多かったんですね。

続いては、アイカツ!シリーズです。出演はアイカツスターズ!の歌唱担当です。セトリは以下の通り。

  • アイカツ☆ステップ!
  • スタートライン!
  • Jewel Star Friendship☆
  • episode Solo
  • LOVE GAME
  • POPCORN DREAMING♪
  • ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン!~NEXT LAP~

出演メンバが、せなさん、りえさん、みきさん、みほさん、ななせさん、かなさん、るかさんなので、アイカツスターズ!編成だと予想していましたが、「LOVE GAME」が来るとは予想外でした。そして、その他の曲を見ますと、各カテゴリからの集大成のような内容ですね。「アイカツ☆ステップ!」は作品テーマ曲の位置づけで、「スタートライン!」はOP曲、「Jewel Star Friendship☆」はフォトカツ!曲、「episode Solo」はED曲、「POPCORN DREAMING♪」は映画曲、「ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン!」はラジカツ!曲です。バンナムフェスみたいにOPやED曲メインで来るかと思っていたので、こう来たかー、という感じの、なかなか考えられたセトリに思えました。

次は、3番組の代表者2名が登場して、3番組合同トークコーナーです。さすがにきっちり台本がある感じでした。

  • シャニマスとアイカツ!は、スミレさんつながりで、歌唱担当である藤城リエさんと、声優である和久井優さんだった。おお、そういう接点だったか
  • Liella!の、他のメンバーの振りを当人の前で真似したり、目の前で決め顔を見せたりのくだりが面白かった
    • Liella!って変なグループなんですよ、とのコメントに対し、皆がいやいや、という雰囲気の中、堀越せなさんがズバッと「変だと思います」
  • 代々先輩たちから受け継いでいるものについて
    • ラブライブ!は指で「L」のポーズ
    • アイドルマスターは指で作る翼のようなポーズ
    • アイカツ!は円陣組んでのアイカーツ!の掛け声
      • 今日は約4年半ぶりだったこともあり、失敗してしまった
  • 藤城リエさん、和久井優さんにスミレさんボイスで「リエちゃん、良かったよ」と言ってもらっていて、オタクしてた
  • これはトーク内容ではなくただの感想だけど、フェスゆえに他作品のファンのことを何て呼ぶか問題があるなあ、と思った
    • 公式なステージ上で、アイマスファンのことは「プロデューサーさん」と呼びやすいけど、ラブライブファンのことを「ラブライバー」と呼んでいいかは、確かに微妙なラインな気もする。一応公式が認めているとはいえ。アイカツ!の場合は「アイカツおじさん」になってしまい、これはよほど場を選ばないとアウトになってしまう

最後は、アイドルマスター シャイニーカラーズです。出演は、放課後クライマックスガールズとノクチルです。放課後クライマックスガールズは元気な曲が多く、ノクチルはクールな感じの曲が多く、各ユニットごとに個性があります。ユニットカラーがあるので、ペンライトの色も分かりやすくて良かったです。湧き水のくだりも鉄板なのですかね。

というわけで、3番組が出演するフェスを楽しみました。TBS主催なので、各ブロックの幕間にTBSの番組のCMがわりと長めに流れるのが印象的でした。


平沢でダイビング

2022年09月10日、平沢でダイビングしてきました。元々富戸で潜る予定でしたが、北東の風が強くて荒れ予報なので、西伊豆に変更となりました。お世話になるショップは、アクオスイズさんです。宇佐美駅でピックアップしてもらい、1時間ほどで平沢マリンセンターに着きました。途中雲が目立ちましたが、平沢まで抜けると見事な青空が広がっており、ダイビング日和です。正面には富士山が鎮座しています。残念ながら富士山の手前は雲が多いですが、時折隙間から稜線が見えます。

1本目は西側のエントリポイントから入る、平沢ヘッドランドです。ゴロタから数歩進むと、水深2メートルくらいになります。エントリポイントには手すりがありますので、フィンを履くときに便利です。

エントリして少し泳いでいくと、水面の方を魚の群れが泳いでいきました。はっきりとは見えませんでしたが、結構大きな群れでしたね。他にはタカベの群れやネンブツダイの群れを見られました。今回はS-2000に白色拡散板を付けて初めての撮影となります。従来の拡散板なしの撮影では中心部だけ明るく、周辺が暗くなっていましたが、今回は群れ全体にほぼ均一に光が当たっています。効果を実感できて満足です。

他には、オキゴンべ、クロダイの幼魚、アカオビハナダイなど、マクロも楽しみました。クロダイの幼魚は生まれたてくらいの子で、体をクネクネと忙しなく動かしていて可愛かったです。また、水面付近をメジナの群れが泳いでいて撮影したかったのですが、透視度が6メートルくらいなのでシルエットくらいしか映せませんでした。

本数157
日付2022/09/10
エリア/ポイント平沢/平沢ヘッドランド
潜水時刻09:39-10:23
水深(平均/最大)8.7m/12.7m
水温(水面/水底)28.1℃/26.5℃

2本目のエントリまで休憩します。自分とは別の体験ダイビングチームと入れ替わりで潜るため、若干時間が空きます。昼食用のパンを食べて、写真のチェックなどをしつつ、まったりと過ごします。

2本目は東側のエントリポイントから入る、平沢東です。こちらはスロープからのラダーとなっており、フィンは陸上で履いて手すりにつかまりながらカニ歩きで進みます。

こちらは1本目より透視度が下がってしまったため、マクロメインとなります。漁礁の周りで色々探したりしました。見ることができたのは、赤いボディに白いスジが入ったコブダイの幼魚、ゼブラガニ、サンゴガニ、イソギンチャクモエビといった感じで、甲殻類多めでした。

本数158
日付2022/09/10
エリア/ポイント平沢/平沢東
潜水時刻12:24-13:15
水深(平均/最大)7.1m/11.6m
水温(水面/水底)30.2℃/26.7℃

7月に予定していた長良川ダイビングが流れたので、4か月ぶりのダイビングとなりました。天気も良かったですし、海の中も暖かくてストレスフリーで潜れました。記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


岩手秋田旅行~まとめ

2022年08月27日から29日にかけて、岩手県と秋田県を旅行してきました。一番の目的は大曲花火大会です。しかし大曲近辺の宿を押さえるのは不可能なので、盛岡を拠点にします。というわけで、一旦盛岡で下車して荷物をホテルに預けて、そこから大曲へ向かう形を取ります。宿は予約できたので、後は足を押さえる必要があるのですが、えきねっとの事前受付で往復とも新幹線指定席を予約できて良かったです。これがないと行列に並んだ上、1時間超立って乗車することになるからです。

あとは盛岡拠点ということで、周辺の山を登る計画を組み合わせました。トレッキング感覚で楽しめる八幡平を花火大会の翌日に設定して、本格的な登山となる岩手山を最終日に設定しました。この3日間の天気は、雨、曇り、晴れと推移して、感覚としては終わり良ければ総て良し、でした。

岩手秋田旅行~初日(大曲花火大会)

  • 大曲花火大会
  • 東京駅~盛岡駅~明明家~大曲駅~大曲花火大会~大曲駅~盛岡駅~ホテル

岩手秋田旅行~2日目、最終日

  • 八幡平トレッキング、岩手山登山
  • ホテル~八幡平~うんめのす~ホテル~滝沢駅~岩手山~滝沢駅~盛岡駅~銀河辣麺堂~東京駅

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


岩手秋田旅行~2日目、最終日

2日目、7時30分ごろ起きて、朝食をいただきます。メニュー豊富でしたので、結構がっつりいただきました。8時50分ごろホテルを出発して盛岡駅に向かいます。東口のバス3番乗り場から、八幡平頂上行きのバスに乗車します。

八幡平トレッキングの様子は、「八幡平トレッキング」の記事をご覧ください。

山行を終えて、17時手前に盛岡駅へ戻りました。若干早いですが、このまま夕食にします。お店は、南部ビストロうんめのす、です。駅ビルの通路にあり、壁などの仕切りがないスタイルです。まずは、岩手地酒3種飲み比べをいただきます。銘柄は、吾妻嶺、ビクトル投げからの膝十字固め、赤武になります。赤武はすっきりして飲みやすく、ビクトル投げからの膝十字固めは癖が強めです。吾妻嶺は赤武に比べてやや深みのある口当たり。三者三様で楽しめました。食事は、三陸産牡蠣フライ、前沢牛のコロッケ、野菜スティック、銀鱈の西京味噌焼きをいただき、最後はおにぎりと味噌汁で締めました。

19時手前にホテルへ戻ってまったりと過ごします。時間もあるので、八幡平の山頂レストハウスで購入したクラフトビールDRAGON EYE SNOWをいただきました。ペールエールなのでフルーティな味わいですね。23時手前に就寝しました。

最終日、6時すぎに起きて荷物をまとめます。天気は良いはずですが、窓の外を見るとがっつり霧が掛かっていて、少し不安になります。それから朝食をいただき、7時50分にホテルをチェックアウトしました。盛岡駅へ向かって、いわて銀河鉄道の乗り場を探して右往左往しつつ無事乗車したら、滝沢駅まで乗車します。

滝沢駅に着いたら、タクシーを呼んで岩手山に向かいます。岩手山登山の様子は「岩手山登山」記事をご覧ください。

登山を終えて盛岡駅へ戻ってきたら、銀河辣麺堂にて夕食をいただきます。中華そば麺大盛りと焼餃子を注文しました。何だかラーメンをがっつり食べたい気分でしたので、あまり郷土料理にこだわりませんでした。

その後はお土産屋さんで小岩井農場のバタークッキーや銀河鉄道999ビール(黒)、小岩井農場チーズスティック(オニオン)を買いました。

それから東北新幹線で東京まで帰ります。帰りは少し贅沢にグリーン車を選びました。この日はお酒を飲んでいなかったので、先ほど買った銀河鉄道999ビール(黒)、小岩井農場チーズスティック(オニオン)で晩酌です。22時15分ごろ、東京駅に到着。車内に忘れ物をしてしまい、その回収で少し待ちましたが、これにて今回の旅行は終了です。


岩手秋田旅行~初日(大曲花火大会)

初日、8時30分すぎに自宅を出発して東京駅まで向かい、そこから東北新幹線で盛岡駅まで向かいます。車内ではおかきとコーヒーでまったりと過ごしました。

11時40分ごろ、盛岡駅に着きました。駅ビルにある明明家にて、カルビ冷麺と生ビールをいただきます。冷麺といえば焼肉ですので、併せて楽しめるこちらのメニューをチョイスしました。モチモチでツルリな冷麺と食べ応えあるカルビに満足です。

食事を終えたらホテルに向かい、チェックイン手続きを済ませたら不要な荷物を預けます。その後は西口駅前で、からくりう時計を眺めたりしつつ、ぼぅっとして過ごします。この後大曲へ移動するのですが、予約した新幹線まで少し時間があるためです。せっかくならどこか観光したいところですが、そこまでの時間の余裕はなくて、時間を持て余しました。まあ、安全のために意図的に多めに時間を取ったので、そこは織り込み済みです。

14時30分ごろ、盛岡駅へ戻って新幹線に向かいます。臨時列車ということで新幹線ホームではなく、在来線ホームから発車します。自分は新幹線eチケットを利用していたので、一旦新幹線改札から入場して、そこから在来線乗り換え口を通って、田沢湖線のホームへ下ります。

赤い鼻先の秋田新幹線に揺られること1時間ほどで、大曲駅に着きました。車窓から眺めていたところ、一部雨が降っていた区間がありましたが、大曲はまだ雨は降っていません。

駅前に仮設トイレがあったので、そちらで用を足しておきます。それから人波に乗って花火大会会場を目指します。道中には露店が出ており、食べ物や飲み物を売っています。会場直前にある広場には、たくさんの露店が軒を連ねていました。雨予報なので飲み食いが微妙ですが、せっかくなので焼きそばと牛串ステーキと缶チューハイを買いました。

土手が近づくと入場チェックがありますので、チケットを首から下げます。一応チケットに穴が開いていて紐も付属しているので事足りますが、雨対策にチケットホルダーを持ってきた方が良かったです。土手へ下りるところで再度ゲートチェックがあり、そこを抜けたら席を探して着席しました。一応通路席です。

17時15分、昼花火の部が始まりました。空は暗くなり始めていますが、まだそれなりに明るいです。そのため、光だけではなく、煙幕を使って見せる花火も多くありました。紫を用いるものが多かったですが、他にも五色の煙を龍に見立てるものもありました。

昼花火の部の終了と夜花火の部の開始には少し間があるので、ここで牛串ステーキをいただきました。

18時50分、夜花火の部が始まります。しかし、天候不順で花火が雲の中に隠れてしまい、うっすら光が見えるだけ、という残念な形になってしまいました。オープニングではナイアガラなどが披露されましたが、土手の平たい席なので、低い位置の花火は見えづらいです。その後、各業者ごとに十号割物と創造花火が順番に披露されます。それぞれ特色があって面白いです。特に創造花火はそれぞれの個性が分かりやすく出て、楽しめます。

そして天気予報通り雨が降り始めました。ちょうど花火大会の時間帯だけ降雨の予報なんですよね……。事前にレインウェアを着ていますが、結構強めに降り続く時間帯もあり、カメラの水滴拭きは途中で諦めてしまいました。

雨だったり、写真を撮ったりで、なかなか飲み食いをする隙がありませんが、このままではタイミングを逸するので、焼きそばを食べつつ、缶チューハイを飲みました。

21時ごろ、大会提供花火の時間となります。たくさんの花火が一斉に上がり、とても華やかで迫力があります。しかし、煙が思いきり被ってしまってちょっと残念。

大会提供花火が終わると、混雑を避けるために早めに席を立つ人が多いです。自分は予約した新幹線の時間がだいぶ先なので、最後まで見ていきます。終了後は、スマホの画面の明るさを最大にして、ペンライト代わりに振りました。

さて、帰り道が大変なことで有名な大曲の花火大会ですが、土手を越える部分は人が集中するため、交通整理が行われています。動いたり、止まったりを繰り返して、少しずつ進んでいきます。ここを越えてしまえば、人は多いですが特に渋滞することなく、駅まで歩いていけます。

駅の手前で、各方面ごとにゲートが設けられています。自分はまずトイレへ行きたかったので、ゲートに入らず左手の歩道を通って駅前の仮設トイレに向かいました。そして再びゲートまで戻って、新幹線のゲートに入ります。この時点では指定席券あり・なしの区別はなく、先の部分で分かれます。列車ごとに列が形成され、待機所という形になります。

改札は解放されていますが、新幹線eチケット利用の場合は、自動改札機にかざす必要があります。予定より少し遅れて、23時40分ごろ臨時列車のこまち370号に乗車し、0時50分ごろ盛岡駅に着きました。

途中のコンビニでスイーツを買い、1時すぎにホテルへ戻りました。翌日の準備などをしつつ、3時手前に就寝しました。