2022年05月07日一覧

星のカービィディスカバリー~その4(100%達成)

絶島ドリーミー・フォルガをクリアした後は、トレジャーロードのコンプリートを目指します。その過程でコピー能力の解放が必要になるので、メタナイトカップを周回してレアストーンを集めます。絶島ドリーミー・フォルガに未回収のステージがあるはずですが、どれが未回収か調べるのも面倒なので。そして全能力解放でぶき屋ワドルディのフィギュアをゲットしました。それからトレジャーロードをクリアして、コンプリート達成です。難易度★3個は難しいものが多いですが、何回かトライすればクリアできる程度の難易度です。★3個でも一発クリアできるものもあれば、何度か挑戦を強いられるものもありました。難易度の違いか、或いは相性の良し悪しかもしれません。

その後はコロシアムのアルティメットカップに挑戦。バルフレイソードを使って挑戦したら、余裕で優勝できました。

それから、ワドルディの町の各施設で回収できるフィギュアを集めます。たまころカービィ、こういうゲーム小学生の頃持っていて、懐かしかったです。そして最後に残る大きなイベントが、アルティメットカップZになります。

アルティメットカップZはなかなか手強かったです。正直バルフレイソードがあれば余裕かな、と思っていたのですが、レオンフォルガあたりで一旦ゲームオーバーになってしまい、コイン支払って再戦してカオス・エフィリスの第2形態までいったのですが、どうにも勝てません。再戦のための支払いコインは倍々になっていくので、さすがに1600を超えたあたりでギブアップとしました。

前回はバフ一切なしで挑んだのですが、今度はフルバフにして、アイテムストックにマキシマムトマトを入れて再戦します。そしたら、マキシマムトマトを使うことなく、勝利できました。さすが、ピンクのあくま……!カオス・エフィリスの第2形態は隙が少なく、且つ被ダメージの大きい攻撃が多いので、攻撃力アップとスピードアップのバフがないときついですね。

コロシアムでの試合となりますが、実質ドリーミー・フォルガ後の後続ストーリーとなっており、ID-F86との最終決戦となります。

ここまでで達成率は98%。残りはフィギュアコンプリートです。ひたすらガシャポンの前でガシャを回し続けます。完全にランダムではなく、未回収のフィギュアが多少出やすくなっているみたいで、こうかんワドルディに頼ることなく、全種類を回収できました。

ついに100%達成です!ご褒美の画像を見れました。あとはトレジャーロードの目標タイム達成といったやり込み要素がありますが、ひとまずプレイ終了です。

最後に3つのHAL部屋行脚してきました。これらは自力発見を諦めて、攻略情報を参考にしています。自力発見は結構きついと思います。


劇場版名探偵コナン ハロウィンの花嫁を鑑賞

2022年04月21日、チネチッタにて、「劇場版名探偵コナン ハロウィンの花嫁」を鑑賞してきました。毎年恒例のコナン映画鑑賞です。LIVE ZOUND上映での鑑賞となりました。

本作は警察学校組というテーマはあるものの、舞台となる場所は渋谷の街であまり特殊な要素はないため、純粋にストーリーを楽しみやすかったです。推理要素はもちろんあるのですが、例によってコナンの推理は難しすぎるので、そのまま見進める感じです。所謂犯人はこの中にいる、というシチュエーションではないので、推理の対象にさえ気づかなかったです。

前述の通り舞台となる街は渋谷のみなので、5年前の事件を中心として時間軸で広がりを持たせています。過去の事件パートでは、警察学校組のチームワークのカッコよさが伝わってきます。

そして安室さんがプラーニャとの勝負で拮抗しつつも、サシの勝負では過去も現在もラスト一歩で競り負けることが印象的でした。いずれも仲間のアシストにより、勝利しています。超人で一人でやりきるイメージのある安室さんですが、敢えてのこういう描き方なんでしょうね。

そして何より、かなり久しぶりに山場で流れた「キミがいれば」にテンションが上がってしまいました。「探偵たちの鎮魂歌」以来16年ぶりのようです。初期の劇場版のクライマックスで多く流れたこともあり、とかく懐かしかったです。

また毛利探偵は序盤の序盤で最高にカッコいい見せ場がありましたが、そのまま退場しちゃいましたね。おっちゃんがいると、話を描きにくい部分があったのかなあ。

ちなみにエンドロール後の落ちパートは、思わず最初は笑ってしまったのですが、冗談とはいえメインキャラの葬式シーンを見せられるのは、少々微妙な気分でした。冒頭の結婚式とは受ける印象が違います。

映画館のロビーには、色々とパネルがあったので、撮影しました。カラフルに輝くチネチッタのタワー部分が背景に映ってきれいです。