「 2021年01月03日 」一覧

プリパラ&キラッとプリ☆チャン Winter Live 2020

2020年12月06日、幕張メッセイベントホールで開催された「プリパラ&キラッとプリ☆チャン Winter Live 2020」の昼夜公演に参加してきました。世の中の状況から、予定通り開催されるか不安でしたが、無事に開催されて良かったです。この規模のライブの現地参加は、1年ぶりくらいになります。

現地での物販はなく、フラスタの展示もありません。ホール内には席種ごとに20分単位の分散入場への協力が要請されています。90分前からの入場となることを嫌ってか、全体として非協力的な人が多かった印象なのは、少し残念でしたね。自分は諸々の時間潰しアイテムを持って、予定通り入場しました。

なお昼夜公演チケットは公式ホームページ先行で当選しましたので、応援アイドルネーム入りです。先頭から7ページ目、末尾から20ページ目に掲載されました。また、現地のチケット以外に、夜公演の配信チケットも購入しました。アーカイブ期限がライブ翌日いっぱいでしたので、なかなか慌ただしい視聴となりました。伝えたい感謝と要望があるので、アンケートも期限内に何とか回答完了です。

全体の感想

セットリストは後述している通りです。全体として、ゴーゴーマスコッツが頭ひとつ優遇されている感じですね。当日はプリチャンの放送を見られない状態での参加でしたので、開幕ランガの「ルミナンスプリンセス」で「?!」状態となりました。

プリチャンからは、ライブ未披露の曲や今シーズンの新曲からの選曲が中心でした。ついに「フレンドパスワード~Another World~」を聴けたのは嬉しかったですね。通常バージョンも聴きたかったですが、今回はアナザーバージョンの初披露なのでそれは叶わぬ願い。次回以降は昼夜公演で切り替えてくると思います。

なお、幕間では、ゴーゴーマスコッツの面々がモニター上でおしゃべりして場を繋ぎます。この時にアナザーだいあさんが入ってきて、これは次に「フレンドパスワード~Another World~」が来る、と思って身構えていたら、「MEMORIES FOR FUTURE」でした。このフェイント気味の振りは狙っていたんですかね。まあ、虹ノ咲さんのことを意図しての話の流れということで「MEMORIES FOR FUTURE」に流れるのは妥当ではあるのですが。「MEMORIES FOR FUTURE」を聴いていると、二期の終盤の話を思い出して、軽く涙腺が緩みます。

それから少し前にアニメで登場した「sunshine smile」、口ずさみたくなるような楽しい曲調です。ファイルーズアリスさん、最後の挨拶で大勢の観客の前で歌うのは今回が初めてとのことでしたが、それを微塵も感じさせないパフォーマンスでした。また斎賀ソルルさんによる「Despertar del SOL!」は、斎賀ひびきさんとはまた違った雰囲気で、演じ分けがすごいと思いました。

あと話が飛びますが、ミラクルコースターの両手を上げてコースターに乗っているところの振り楽しくて好きです。

プリパラは、定番曲で固めつつ、久しぶりの曲を幾つか投入してきました。今回のセトリとは関係ないですが、自分の大好きなアロマゲドンの「でび&えん Reversible-Ring」が、ガァルマゲドン体制になってからは、組み込むのが難しいようで、だいぶご無沙汰です。可能性があるとしたら、プリパラ単独ライブでしょうが、いつかまたライブで聴ける機会があるといいなあ。

そしてサプライズで新曲披露となった、シオン&にのの「以心伝心パンチライン」。シオンさんに合わせたカッコ良い曲をベースに、にのさんといえばのパンを絡めた歌となっています。

ピックアップ

気にいったシーンをピックアップしていきます。メモに残したいけど文章で繋げるのが面倒なので、箇条書きで連ねています。

  • 林みらいさん「こんにちはー!……って皆さん声出せないんでした」
  • 前回のライブでの「Twin mirror♥compact」を振りに、澁谷ドロシーさん「今回はシオンは参加してくれないってさ!」
  • 「アメイジング・キャッスル」で声が出せないから手拍子を真似するように客席へ求めるガァルマゲドン。牧野あろま「さあ、地獄の釜を真っ赤に染めようではないか!」渡部みかん「みーんなに手拍子してほしいと言ってるなのー!」真田ガァルル「ガァルルたちの真似してほしいがるー!」。そして「汝たちの手が真っ赤に染まったのである!ぎゃーっはっはっはっは!」と言い放つ。今回の制約を逆手にとって、ガァルマゲドンにイタズラされるという体験をさせてくれる演出、素晴らしい
  • 昼公演のガァルマゲドンの最後の挨拶で、真田ガァルルさんと牧野あろまさんが”今日”と”明日”に絡めて少し良い話をしたあと、渡部みかんさんが「明日の次は明後日なのー!」で落とす、安定の挨拶
  • 今回もポワンのぬいぐるみを抱えている朝日奈しゅうかさん、良き
  • 厚木りんか「シルクちゃんは育てられないの?」林みらい「シルクちゃん前回のEDにのってただけでもすごいんだから!」
  • 「みれいのなかのひとが言ってたと伝えて欲しいぷり」
  • 夜公演の澁谷ドロシーさんの挨拶で「神アイドルならせてくれ~!大人頼む~!」とりあえず言っておけばわりと叶うことがあるプリパラ界隈なので、今後何かあるかも?
  • アイドルランドプリパラ発表に絡んで、頬を伝う芹澤優さんの涙。現地ではよく気づかず、配信の方で確認。
  • 夜公演の伊達ゆいさんの挨拶が、ほぼ濁音になっている。「いかしたメンバーを紹介するぜ!」の流れは、前回大地にのさんが病欠したことを思うと、感慨深い
  • 夜公演の挨拶で、佐々木だいあさんが「フレンドパスワード」に絡めた小芝居を始めて、「パスワードはいらない!ね、みらいちゃん?」と林みらいさんに急に振って、林みらいさんが「振られると思っていなかった」と少し困っている様子が、最高にだいあさんって感じで良かった
  • 林鼓子さんの挨拶で、今年はウインターライブできないかもしれない状況で、私にとって冬の一大イベントなので、もしなかったら寂しい、けれどこうして開催されたことへの感謝を述べて、その後4月からの新シリーズクイーンズグランプリ編を「クイーン編?みたいな」という感じの落差が楽しい。
  • そして締めの挨拶で「最後にすごい言いたいやつがあるんですけど、いいですか?」「皆さん、プリティーシリーズは好きですか?」(拍手)「ありがとうございます。なら大丈夫です!」プリパラの始まりになぞらえた挨拶、最高でした!
  • 久保田えも「クイーンって誰がなるのかなあ、あたしかなあ!」最後までキャラクターを演じてくれて良き。

昼公演セットリスト

ショートやミドルがメインで、その分曲数が増えています。フル楽曲はごく一部になります。

  1. ルミナンスプリンセス
  2. Realize!
  3. ハートフル♡ドリーム
  4. コノウタトマレイヒ
  5. 嘘つきはTomorrowの始まり
  6. メイクマニー・メイクドリーム
  7. キラッとプリ☆チャンランド
  8. インディビジュアル・ジュエル
  9. La La Meltic StAr
  10. ロケットハート
  11. MEMORIES FOR FUTURE
  12. 絶対生命 final show女
  13. Twin mirror♥compact
  14. Thank you♥Birthday
  15. TRIal HEART
  16. 太陽のflare sherbet
  17. し~くれっと!ラタトゥイユ
  18. チクタク・Magicaる・アイドルタイム!
  19. 快打洗心♡カッキンBUDDY
  20. 以心伝心パンチライン【新曲】
  21. シュガーレス×フレンド
  22. Believe My DREAM!
  23. アメイジング・キャッスル
  24. Get Over Dress-code
  25. Pretty Prism Paradise!!!
  26. A・B・C・Dいいね★ダンス
  27. フレンドパスワード ~Another World~
  28. sunshine smile
  29. Despertar del SOL!
  30. おやくそくセンセーション
  31. コトバ・ブーケ
  32. Merry Merry Fantasia!
  33. ミラクルコースター
  34. Make it!

夜公演セットリスト

昼公演と比べて、そこまで大きな違いはなかったので、変更があった楽曲だけ抜き出しました。括弧内が昼公演での楽曲となります。

  • パルプス・ノンフィクション♪ (コノウタトマレイヒ)
  • 純・アモーレ・愛 (嘘つきはTomorrowの始まり)
  • Miss.プリオネア (メイクマニー・メイクドリーム)
  • ぷりっとぱ~ふぇくと (TRIal HEART)
  • Red Flash Revolution (太陽のflare sherbet)


京都旅行2020~まとめ

2020年11月21日から23日にかけて、秋の京都を旅行してきました。この時期の京都は混み合うため、数ヶ月前にパックツアーを予約しておきます。これまでは「そうだ、京都へ行こう」のノリで日帰りでしたが、今回は久しぶりの宿泊旅行にしました。

とりあえず紅葉を楽しみたい、というざっくりとした目的しかなかったのですが、これまで訪れたことのない寺社を巡ってみることにしました。天候は、初日は快晴、2日目は徐々に下り坂、最終日は雲は出ていたものの思いのほか晴れ間が出たという感じでした。トータルでいえば、恵まれた方だと思います。連休ということもあり、なかなかの人出で賑わっていましたが、行きたい場所にも概ね行けたので、満足の旅行となりました。

京都旅行2020~初日

  • 洛北エリア散策
  • 京都駅~ジェイムスキッチン~下鴨神社~上賀茂神社~恵比朱(ラーメン)~ホテル

京都旅行2020~2日目

  • 比叡山観光
  • ホテル~京都御苑(ランニング)~延暦寺東塔エリア~延暦寺横川エリア~知恩院~京すいしん~ホテル

京都旅行2020~最終日

  • 嵐山エリア散策
  • ホテル~京都タワー~渡月橋~宝厳院~弘源寺~天龍寺~嵯峨野竹林~常寂光寺~松山閣~土産物屋~京あんじゅ~京都駅

記事に載せきれなかった写真は、こちらをご覧ください。


京都旅行2020~最終日

3日目、お酒のせいで眠りが浅いためか、4時30分くらいに目が覚めてしまいました。その後はなかなか寝付けないながらも、明け方に二度寝。それから朝食をいただきます。メニュー豊富で、二日間では全種類は食べきれませんでした。その後は荷造りを済ませます。恐らくコインロッカーは空いていないと思うので、荷物はホテルで預かってもらいました。

ツアーに付いてきたクーポンを使うため、まずは京都タワーへ。少し時間があるので、周辺の路地裏をブラブラして時間潰し。10時30分からの先行入場チケットだけど、人が多いためか、時間前に既に入場が始まっていました。

展望台の5階までエレベータで上り、京都市内の各方面の眺望を楽しみます。雲が多いものの、日が差していることも多く、遠くまで明るく見渡すことができます。また展望台直下の駅前などの様子を真上から見下ろすのも、新鮮な感覚で楽しいです。こうした眺めはタワーならではですしね。

事前入場とはいえ連休なので、そこそこ並んだしそれなりに人もいましたが、通常の入場時刻になったら数倍の大行列になっていたので、事前入場できて良かったです。

1階に下りたらお買い物クーポン券1,000円を使って、チョコや羊羹をお土産に買いました。それから一旦展望フロアに戻ります。魔女見習いをさがしてのパネル展示を見たかったからです。スタッフさんに話して、見学用のパスを貸していただき、入場列の中を通って見学しました。事前入場時にはこのエリアは未開放でしたので、気づけませんでした。

12時すぎ、京都駅から嵯峨野線で嵯峨嵐山駅に移動します。渡月橋から伸びる通りの混雑具合がえぐいですね。そのまま真っすぐ歩いて渡月橋を眺めます。太陽が雲に隠れているので、対岸の山肌の紅葉の色があまり出ません。

少し路地裏を歩いて嵐山羅漢を見たら、向かい側にある宝厳院を拝観します。回遊式庭園を回って、紅葉を楽しみます。紅葉具合は、今回の京都旅行で一番だったと思います。日が差していないことが残念でしたが、それでも十分に楽しめました。苔による緑の絨毯や落葉による赤の絨毯、そして紅葉も橙から朱色、深紅など、様々な色で彩られています。無畏庵の落ち着いた雰囲気も良いですね。大きな灯台躑躅も立派でした。

続いて弘源寺を拝観します。こちらは庭園ではなく、本堂内の美術品展示がメインですね。縁側から石庭も楽しめます。

続いて天龍寺を拝観します。前回から12年ぶりの訪問になります。時間の都合から庭園のみの見学としました。太陽は出たり出なかったりという状況。大方丈と紅葉を一緒に収めたりして、撮影を楽しみます。曹源池では日が出るのを待って、嵐山の借景を収めようとしましたが、逆光になる時間帯でしたので無理でした。

その後は嵯峨野竹林を抜けて、常寂光寺を拝観しました。仁王門前の紅葉は残念ながら落葉してしまったみたいで、寂しい状態でした。階段を登って本堂や妙見堂があるところへ行くと、色々と紅葉を楽しめます。こちらの寺院は山肌に建っていますので、さらに上へ登ることができます。多宝塔を越えてさらに登っていくと、てっぺんに到着です。嵯峨野の様子を見渡すことができます。こちらは山陰になっているため、日差しが当たりませんが、平野の方は日差しで明るい様子でした。

拝観を終えたら、嵯峨嵐山駅から京都駅に戻ります。夕食は以前も訪れた伊勢丹にある松山閣。注文したのは、栄コース。お酒は西陣1合とヱビス中ジョッキをいただきます。色々な味を楽しめて満足でした。なお、GoToトラベルのクーポン利用のつもりでしたが、紙クーポンのみでしたので、現金払い。

というわけで、電子クーポン8,000円が余っているので、お土産で使い切ります。お土産で高額なものだと、お酒が良さそうなので、3本購入。夜半のみどり、花洛、京都梅酒になります。それから花せんべいを1箱買いました。

その後は和カフェ京あんじゅにて、一服。抹茶パフェとグリーンティーをいただきました。冷たさと温かさを行ったり来たりしながら、抹茶の風味を楽しみます。

最後にDONQにてシュトロイゼンを購入して、電子クーポンを無事使い切りました。

20時すぎ、東海道新幹線にて京都を出発して、今回の旅行は終了です。何故だか妙にお尻が痛くなってしまい、品川までの道程が少々辛かったです。