「 2020年05月 」一覧

ジム56日目~2ヶ月ぶり

緊急事態宣言に基づき、3月下旬から休業となっていた壁家ですが、大型連休明けから感染症対策に対応した特別な業態にて営業を再開しています。なお、購入済みの回数券やパスは利用できません。その代わり、応分の有効期限が延長されます。これは、滞在時間制限が掛かることで、購入当時とルールが変わってしまうこと、経営のために直近のキャッシュフローを確保することが理由かと思います。

2020年5月22日、およそ2ヶ月ぶりに壁家でボルダリングしてきました。この日は年休消化で休みにしたので、平日になります。入場人数に制限があるので、空いていると思われる平日を選びました。予約不可なので、徒歩20分掛けて入れなかった、というリスクを避けたかったからです。

金曜の昼すぎでしたが、思ったより人はいましたね。10人弱程度でしょうか。とにかく久しぶりなので、90度壁で慣らしていきます。6級の課題3個を登り、無事クリア。ただ終盤に再度青■課題をやったら、中盤程度で剥がれてしまいました。

それから5級課題へ挑みます。最初に触ったのは橙T課題です。写真の赤丸の方です。壁の右下からスタートして、左上のゴールを目指しますが、終盤で左側に進むための足場を見つけることができません。左の壁に1個ホールドがあるので、ここに足を乗せるのは確実ですが、どうやって持っていけば良いのかわかりません。左手右足のダイアゴナルで二点支持して、左足持っていけばいいのかな、なんてことを写真を見て思いましたが、実際壁に貼りついたら、そう上手くはいかないんだろうなあ。

次に挑んだのは橙■課題です。写真の青丸の方になります。スタートは左端で見切れてしまっています。スタートしたら、左下にあるフットホールドに両足を乗せて足を入れ替えます。それから右の壁に右足を移動させます。ハンドホールドが大きめなので、両手に体重を乗せて、右足を一つ上のフットホールドに引き上げます。こういうやり方は正解なのかな、微妙なところです。足が上がったら、左手をひとつ上のホールドに移動します。そしたら今度は右足をまた引き上げます。で、これ以降がわからないです。手はあと少しでゴールホールドに届きそうなのですが、重心を考えると、左足を左壁の一番上のホールドに乗せないと、駄目かと思います。でも、左足の持っていきかたがイメージできません。

90度壁なので、壁に貼りついていてもあまり疲れないので、あれこれ試していたのですが、試行に失敗してスコーンと落下してしまいました。地面はマットがあるから問題ないのですが、ちょうど壁と壁が直角に交わる部分でしたので、落下する際に腰をホールドに打ってしまいました。そこそこ痛かったですが、普通に動く分には問題なさそうです。ただ、やはりダメージは気になるので、これ以後は5級から6級に下げて、登りました。

ちなみに腰の方は、当日と翌日までは、就寝時など腰に体重が掛かると結構痛みましたが、2日後以降は徐々に痛みが和らいでいる状況です。

Fenix 5Xの測定結果です。

Total Time 01:14:52
Rest Time 00:50:25
Total Climb 12
Success Climb 5

あつまれどうぶつの森~島評判は四つ星

ほぼ毎日プレイしており、プレイ時間は100時間を超えました。現在の島の評判は4つ星です。後は島内をどんどん飾り付けていくだけなので、一気に畳みかけたいところです。島はだいぶ開発が進んで、7割程度の土地は開拓済みかと思います。森の中にテントを張っていた頃が懐かしいです。比較的広い範囲で残っている未開エリアは、北西部の山岳地帯の中央付近ぐらいですかね。今のところ思いつく開発計画はないので、自然保護区としてそのまま残しておきます。

島の外観に注力しているため、マイホームの拡充はペースが落ちています。収納マックスになったし、ローン完済して次の部屋を増築しようかな。

花の交配は、粛々と進めていますが、なかなか生えてきませんねえ。交配農園で誕生した交配花は今のところ1個のみです。数の力で、島内各地に植えた花から生まれる方が多いです。難しいと言われている青いバラにも挑戦したいのですが、島内にはバラが1本もありません。レイジ氏が最初に来島した際には売っていましたが、その後は全然持ってきてくれません。あの時買っておけば良かった~

橋は7本掛けたので、残り1本。スロープは2本しか作っていません。スロープは今のところ予定があるのは2本。橋のラスト1本も一応候補はあり。

さて、あつ森は出来ることの自由度が高いため、進捗を表すのが難しいのですが、島内の様子をざっとご紹介したいと思います。エリア分けは便宜上であり、正確ではありません。

南中央部

集落の機能はここに集中しています。各種施設や住民の家は大半がここにあります。一部の住民の家は、橋を渡った先にありますが、この中央部分に隣接しています。密集していた方が街並みらしい景観になって良いです。南の海岸は、広い方を島唯一の遊泳パブリックビーチにしています。狭い方は有刺鉄線で囲って、カブ置き場にしています。

南東部

ここはキャンプサイトを設置しています。他にもアウトドア用の家具や小物を置いています。常設DIYテーブルも置きました。

南西部

一部住民の家があります。バスケットゴールを備えた小さな運動スペースも用意しました。

中央部

正面に大瀑布エンジェリーフォールズを望めます。お薦めのフォトスポットです。夜よりも昼の方が良いですね。中央小島にジャンプすれば、近くで迫力ある滝の姿を眺めることができます。

中央東部

交配農園と果樹園があります。交配農園はレア花の交配を目的に色々と植えています。果樹園はベル稼ぎに島外のフルーツ含めて、植えています。自生しているリンゴは、島内各地にも生やしています。

中央西部

イベントスペースを整備中です。崖上は自然保護区で、元来の姿を残しています。ただ、南の方に植物園を整備したので、若干削られてきています。植物園は咲かせた花の保管所になります。今は雑多に置いていますが、そのうち展示も意識した形にするかもしれません。

北中央部

エンジェリーマウンテンの山頂にカフェがオープンしました。電力はソーラーパネルで賄っています。ところで、このカフェ設営で気を遣ったのが、麓から望むエンジェリーフォールズの景観です。あつ森の世界は円筒形のため、遠近感が誇張される性質があります。エンジェリーフォールズはその性質を利用して、スケール感を出しているのですが、滝の上に配置したカフェ用のオブジェクトが見えてしまうと、そのスケール感が崩れてしまうのです。そこで景観条例に従うために、麓から見える位置には、オブジェクトを置かないようにしました。

北東部

崖上は、竹林の中に小さな滝と赤い和風の橋が架かる、和風エリアです。奥に行くと露天風呂が用意されています。灯籠や行灯、たけのこランプなど、夜の訪問の方がお薦めです。崖下の観光スポットは、ハート池とその畔に生えている夫婦楠くらいで、あとは自然が残っている感じです。北端には灯台を設置するかもしれません。

北西部

王家の谷があります。移住以前から残る謎の古代文明遺跡。アスレチックエリアとなりますので、アクションを駆使して遺跡の下までたどり着こう!でも着いたところで特に何もありません。埋蔵金でも埋めるかな。島クリエイターでがっつり整地しましたが、島的には未開エリアです。山頂にはパラボラアンテナを設置しました。


超小型水槽立ち上げ~黒メダカとヒメタニシ

ミナミヌマエビと白メダカを立て続けに星にしてしまった先週ですが、再度立ち上げを行なうべく、ショップに出向きました。最初は白メダカを買うつもりでしたが、水槽内を見ると4匹くらい落ちており、状態が良くなさそうなので、別の水槽の黒メダカにしました。こちらの水槽の方が全体的に体長も長く、丈夫そうです。その分寿命は減るのでしょうけど。他には、カルキ抜きとエアレーションの三又分岐を買いました。試薬は、なかなかの値段がするので、尻込みして止めました。そこまで水質にシビアな生体を買うわけではないのも理由です。

さっそく再立ち上げ開始。ヒメタニシはそもそも水がないので、そのままドボン。黒メダカは水合わせ後に投入。前回の失敗の対策として、ウィローモスの量を半分にし、エアレーションも稼働させました。これで酸欠リスクはだいぶ下がったはずです。余ったウィローモスはカップに入れてラップで蓋をしています。

前回は2日後に全滅でしたが、今回は大丈夫そうです。泳いでいる様子を見ても、メダカはやはり1匹/1Lが適切ですね。しかし、ヒメタニシが急に底砂に潜って動かなくなりました。ヒメタニシは水質悪化に強いですが、敏感に反応するという記事を見たので、念のため小換水をしてみたりしました。それでも動かないので、業を煮やしてひっくり返してみて、様子をみました。すると1時間後くらいに自力で戻っていました。これがキッカケとなったのか、壁面に貼りついて移動し始めて活動を開始したようです。6日経った現在も、元気そうです。

エアレーションは、エアチューブを切断して、その間に三又分岐を装着しました。水圧の力があるので、三又のうち、空いている2つの片側を完全に閉じても、エアーストーンからは一切気泡が出ません。もう片側を半分程度閉じると、ちょうど良い緩やかな気泡が出るようになりました。1L強の水槽では、どんなに弱いエアーポンプでも、三又分岐による調整なしだと、さすがにメダカが泳ぎ疲れてしまいそうな水流になります。


ペンタブレットを新調(Intuos)

長らく使用していたお絵描き用ペンタブレットを新調しました。WACOMのIntuos(CTL-6100WL/E0)になります。これまで使用していたのは、同じくWACOMのBAMBOO Comic(CTH-461)です。今のSurface Pro3より前から使用していたので、かなり長いと思います。(調べたところ、2011年6月20日購入でした)

筆圧感知レベルが1024から4096になったり、数値で分かりやすい進化もありますが、とにかくかなりの年数が経過しているので、あらゆる部分で進化しているのだと思います。

接続はBluetoothを使っています。特に気になる部分はありません。テーブルが狭いので、配線が少ないに越したことはありません。

旧タブレットで一番困っていた点は、SurfacePro3の解像度が高いためか、ペンタブレットで操作できる画面範囲が限定されていたことです。当然ながら、この問題は新しいタブレットでは解消されています。

自身の画力がへっぽこなので、新タブレットでも目に見えるお絵描きの進歩はないのですが、描き心地は圧倒的に良いです。この描き心地に早く慣れて、より納得のいく絵を描いていきたいです。


あつまれどうぶつの森~とたけけライブ後のスローライフ

エンディングを見終えて、その後はまったりと進めています。本当のスローライフが始まった感じです。島クリエイター解禁があるので、とたけけライブまでは少し急ぎたい感じでした。

マイホームは、部屋が4つになりました。メインの部屋は夜景の壁紙を貼って、タワマン風にしています。奥の部屋は寝室。左の部屋はバスルームにしました。右の部屋は検討中です。

島民は、ついに上限の10人になりました。それを記念して、パニーの撮影スタジオで集合写真を撮影しました。最初は住民が上限に達したら、新規住民は受け入れずに固定化するつもりでしたが、流動化した方が活性化しそうなので、島の歴史構築も兼ねて、適宜入れ替えていくことにしました。現在の住民で一番のお気に入りは、青い猫のブーケさんです。ブーケさんが引っ越し対象になった場合は、勧誘を断念する方針です。

花の交配は、島の東に専用の農園を設けました。しかし、なかなか生えてきません。島内各所で適当に植えたところの方が、良く生えてきます。こちらは気長にやりますかねえ。青いバラを咲かせたいのですが、現状バラ自体手に入っていません。レイジ氏が最初に来島した際に売っていたので、その時に買っておけば良かったです。

フルーツは、島の初期フルーツがりんごで、母からのプレゼントが桃でした。それから離島ツアーでヤシとさくらんぼを入手しました。手に入っていないのは、オレンジと梨です。こちらも島の東に果樹園を作って、まとめています。

採集はちまちまと進めています。先日ついにシーラカンスを釣り上げました。釣りで大物を釣り上げると、驚きますね。まさに、ギョギョギョ!です。

カブ取引も毎週続けています。波型が多かったですが、先日ついに大跳型に当たりました。約540,000ベルの利益確定です。

あと、先日sylph氏にインターネット通信で来島していただいたのですが、島内に観光スポットがあった方がいいなあ、と思い、島クリエイターで大滝を整備しました。それから東の山麓では竹林と温泉を備えたミニ和風エリアを建設中です。こちらは必要な柵レシピの入手待ちです。ある程度島の開発計画が落ち着いたら、島内地図を載せたいですね。