「 2020年11月 」一覧

慶良間ダイビング旅行2020~2日目

6時ごろ起床して、ダイビングの準備を済ませます。それから朝食をいただきます。コロナ対策でビュッフェ形式ではなく、半セットメニュー形式になっていました。

7時40分、ダイブショップの送迎車に乗って、移動します。今回お世話になるのは、マリンハウスシーサーさん。慶良間に行くときは、いつもこちらにお世話になっています。

準備を済ませて港に移動し、9時すぎに出港しました。ポイントまでは1時間ほどの船旅。天気は晴れで、気温も高めで、30度手前まで上がります。もう少し寒いかと思っていましたが、予想外でした。海に潜る前のウェットスーツでは、暑さを感じるほどです。

1本目は久場島の紺瀬に潜ります。まずは細い水路を進んで青の洞窟へ向かいます。透明度も20メートルくらいあるので、遠くまで青く抜ける様子を楽しめます。生き物はムカデミノウミウシなどを見ました。全体的に地形メインで生き物は少なめの印象です。浅場がメインだったので、太陽の光がよく届いて、明るい海を満喫しました。

本数116
日付2020/11/01
エリア/ポイント慶良間諸島 久場島/紺瀬
潜水時刻11:05-11:49
水深(平均/最大)8.3m/12.7,
水温(水面/水底)28.4℃/26.8℃

2本目は久場西隠れ根に潜ります。ドリフトダイブで、大きな根の周りを回っていきます。ドロップオフに沿って泳いでいくので、色々な魚群が見れて賑やかです。キンギョハナダイ、ナンヨウハギ、カスミチョウチョウウオなどを見ました。青味を排してもっときれいに色を出したいのですが、なかなか難しいですね。

本数117
日付2020/11/01
エリア/ポイント慶良間諸島 久場島/久場西隠れ根
潜水時刻12:47-13:30
水深(平均/最大)11.5m/22.3m
水温(水面/水底)26.5℃/26.5℃

2本終えたら船上で昼食タイム。事前に注文したお弁当をいただきます。沖縄を感じるお弁当です。

3本目は奥武島のトリプルストーンへ潜ります。海中が流れがややある状況です。トリプルストーンの名前の通り、3本の根がありますので、それらの根を巡って生き物を観察します。ホシゾラワラエビ、アカシマシラヒゲエビ、ハダカハオコゼ、ミナミハコフグ、そしてスカシテンジクダイの群れなどを見られました。イソコンペイトウガニは姿こそ見られましたが、穴に引っ込んでしまい、写真は撮れませんでした。

本数118
日付2020/11/01
エリア/ポイント慶良間諸島 奥武島/トリプルストーン
潜水時刻14:38-15:22
水深(平均/最大)14.3m/19.2m
水温(水面/水底)26.8℃/26.5℃

ダイビングを終えたら帰港し、器材片付けとログ付けを行ない、18時30分ごろホテルへ戻りました。

夕食はGoToトラベルのクーポン券が使える居酒屋に行くつもりでしたが、当てにしていた2軒とも開いていません。う~ん、昨日のラーメン屋といい、何だか食事処運がない気がする今回の旅行。

あてもなくぶらついている中で、目に留まった串角に入店しました。沖縄に来たらやはりオリオンビールを飲みたいので、瓶ビールを注文。ジョッキはなかったです。それから山ザク、串5本盛り合わせ、自家製つくねを注文。串焼きにはゴーヤの肉巻きがあり、沖縄を感じます。ただ自分はゴーヤの苦味がどちらかと言うと苦手だったりします^^;。〆はソース焼きそばをいただきました。最近沖縄での〆は、焼きそばにすることが多いですね。

22時ごろホテルに戻ったら、23時30分ごろ就寝。明日のダイビングに備えます。


慶良間ダイビング旅行2020~初日

初日、13時すぎに家を出て、羽田空港に向かいます。今回からウェットスーツを持参するので、軽器材オンリーの時と比べて、重さを感じます。羽田空港に到着して、チェックイン手続きを済ませたら、サクララウンジで寛ぎます。コロナ対策であられミックスがなくなっていましたが、その代わりに個包装のハッピーターンが用意されていました。

15時ごろ、羽田空港を発って那覇空港へ向かいます。往路はクラスJです。夕方くらい便が一番安いので、大体いつもこの時間帯に乗ります。普通に観光する人には中途半端な時間なので安価になっているのでしょうけど、ダイビング目的だと初日は使いにくいので、あまり時間帯にこだわりがないのです。

那覇空港に到着後はダイビング器材を回収して、ゆいレールで旭橋まで向かいます。今回ゆいレールに乗って驚いたことは、交通系ICカードが使えるようになっていたことです。以前はQRコードの乗車券を購入していましたが、これで便利になります。あと首里以北への延伸もされていました。

宿は定宿となっている東急REIホテルです。だいたい分かっているつもりですが、入口は未だに少し迷います。

さて、夕食はラーメンの気分で、お店も事前に数店舗調べていましたが、何故かどこのお店も暖簾が出ていません。飛び石連休で客入りが多くて麺が売り切れてしまった、とかでしょうか。

近場での当てがなくなってしまったので、散策途中で気になっていた「鳥玉」に入店することにしました。関東にも出店していますが、沖縄が本拠地の鳥と卵の専門店です。食券形式の定食屋さん。ちょうど券売機の釣銭切れでわたわたしました。注文したのは、黄金タルタルのチキン南蛮丼、唐揚げ(小)。あとでメニューを見たら、女性におすすめ、と書かれていたので少ないかな、と思いましたが、結構満腹になりました。黄金色のタルタルが濃厚で、美味しかったです。

ホテルの部屋に戻ったら、持ってきたNintendo Switchで、どうぶつの森のハロウィンイベントを楽しみました。それから筋トレをして、0時30分すぎに就寝です。


あつまれどうぶつの森~よじょうはん島通信vol.2

ついに初雪が観測されて、秋も終わりを告げようとしています。プレイの熱量はさすがに下がっていますが、それでも島での秋を満喫していました。

直近のメインイベントは、サンクスギビングデーですね。ちょうどお休みを取っていたので、料理を4品完成させるという最低限のミッションはコンプリートしました。収納に溜め込んでいたカボチャが役に立って良かったです。料理メニューを見ていると、やはり動物の肉を食材に使ったものは、禁忌みたいですね。魚肉しか許されない感じです。4品完成以降の隠し味は時間がなくて挑戦できませんでしたが、後日たぬき商店でサンクスギビングのレシピ集を購入済みです。

その他にも秋らしく、そこかしこに生えたキノコを採集しています。つい最近めずらしいきのこ(トリュフ)が埋まっていることにも気づきました。化石コンプリートで地面を掘り起こす習慣がなくなっていたので、Twitterでフォロワーさんのツイートを見るまで気づきませんでした。栽培して増やすことも出来ますが、面倒でやっておらず採集のみです。そしてもみじレシピは「あかいおちば」だけ作りました。落葉している期間は案外短かったので、もう少し積極的に集めておけば良かったです。

一方でハロウィン向けに整備したカボチャ畑は放置しっ放し。ハロウィン家具も飾りっぱなしになっているので、整理したいところです。そして青いバラは相変わらず咲かず、美術品収集も多少進んだものの、まだまだです。

その他、季節に関係ない部分では、ついにクライミングウォールを入手できました。これで島内のアイカツ!が捗ります。あまり島外との交易はしないソロプレイメインなので、自力調達するしかないのです。欲しいと思うと、何故かなかなか入手できないマーフィーの法則。

ところで冬の無料アップデートで収納能力を向上させられるようになりましたが、まだ余裕があるのでたぬきちのローンは踏み倒したままです^^;。そして以前に熱望していた「座る」リアクションも追加されましたが、まだ「ナウい!リアクションずかん」を入手していません。マイルは余りまくっているので、とっと交換しちゃいましょ~


黒メダカ2匹の様子

小さな水槽にメダカ2匹ということで、力の弱いほうが衰弱しないか気がかりでしたが、何とかバランスを保っている感じです。強いほうが我が物顔で広いスペースを占有しており、弱いほうはウィローモスの陰になる場所にじっとしていることが多いです。傍目にはそれほど隠れ場所にならないように思えるのですが、強いメダカはあまりその場所まで追い回しに来ないようです。ウィローモスが鬱陶しいと感じているのか、案外水中からは見えづらいのか、定かではありません。

餌やり時に、弱いメダカが追い回されると分かっていても水面まで出てきて、餌を食べているのは、安心できますね。ストレスを受けているとは思いますけど、もし餌を食べに来ない事態になったら、その時は何かしら対策を講じなければと考えています。

まあ、こんなに気にしているのは、以前ヒメダカを2匹入れていた時に、攻撃を受けていた弱いほうが、4日目くらいで衰弱死してしまう出来事があったからです。このへんは個々のメダカの性格による部分も大きいでしょうから、何とも言えないところですが。


映画プリキュア ミラクルリープを鑑賞

2020年11月16日、チネチッタで夕方から「映画プリキュア ミラクルリープ」を鑑賞してきました。普段でしたら土曜のナイトショーあたりで鑑賞するのですが、コロナ禍の影響か、昼間の上映しか設定されていないので、在宅勤務日に定時終了して見てきました。

タイムリープものとして期待していた展開どおりで、面白かったです。同じ日を周回しながら、徐々に真相に近づいていく過程が楽しいですね。あとは同じ日を繰り返すことで、オールスターズならではの、プリキュア同士の初対面シーンを何回も見られることが良かったです。ヒープリ側は以前の記憶を保持しているので、初対面時の対応が変わり、スタプリやハグプリメンバーの反応も変わってきます。こうして複数バリエーションの対面シーンを見せられるタイムリープもの、強いなあ、と思いました。

キャラクターとしては、三度目の対面で訝しむえみるさんの反応に”らしさ”を感じたり、温泉大好きルールーさんが単純に面白かったり、説得に窮したひなたさんがプリキュア暴露しちゃったり、色々楽しませてもらいました。ただ、スタプリは縁がなくて視聴話数がだいぶ少ないので、あまりキャラクターに対する思い入れが少ない自分に、改めて気づきました。

映画固有のゲストキャラクターは、ミラクルンとリフレイン。ミラクルンがプリキュア側について、リフレインは敵側となります。ミラクルンは、ミラクルと未来来るが掛かっているんでしょうね。名前の通り、明日を望む者と過去に執着する者になります。それぞれの背景は、オープニングネタバレなプリキュア映画であっても、重要なネタバレになってしまうので、伏せで。ミラクルンはほぼ妖精タイプで、こうしたゲストキャラクターは珍しいような気がしています。

その他小ネタとして、大女優春日野うららさんの登場は不意打ちで驚きました。北条まりあさんは、不勉強で初見では分からずでした^^;。

映画自体、約70分の尺で、3作品のプリキュアの見せ場を作ったり、出会いを描いたりする必要があるので、どうしても深い話を描いたりするのは難しいと思います。なのでそうした伏線の上に成り立つ深いメッセージや感動には繋がりにくいと思いますが、真っ直ぐな強いメッセージを投げかけてくるので、ちょっとうるっとくるシーンがあり、やはりプリキュア映画だな、と感じました。まあ、上映終了後に小さい女の子が、「おもしろかったー!」と言っていたので、大正義だと思います。

そして来春の映画予告。東京が舞台なんですね。聖地巡礼が捗ってしまうかもしれません。プリキュア5の出演については、最初はヒープリの出番を食ってしまいそうで、若干むむむ、と思ったのですが、最近は純粋に楽しみになりました。