「 2021年04月01日 」一覧

中国語検定4級~その2(受検当日)

2021年03月28日、ワークピア横浜にて第102回中国語検定4級試験を受検してきました。単語学習は数年間続けてきましたが、文法や試験向けの勉強はほとんど出来ていないので、それなりに不安を抱えての受検です。文法知識が薄いと、単語とそれ以外の区別が付きにくくなるので、混乱に拍車が掛かります。分からない単語が浮き彫りになる英語とは違うところですね。

リスニングは、何となく分かるけど、半分聞き取れているかどうか、といった感触です。はっきり分かる問題もあれば、いまいち分からない問題もありました。たぶん自分がまだ音として認識できていない単語が入っていたのだと思います。長文問題は、断片的に聞き取れた内容から、大筋の流れは掴めた気がします。

筆記は、大問1はこれまでの単語学習効果で、概ね不安なし。大問2、3の文法問題も、直前に詰め込んだ内容で、思いのほか何とかなりました。大問4の長文問題も基本は文法を問う問題なので、同様です。大問5は選択式ではなく記入式の問題なので、何箇所か迷ってしまいました。

翌日、公式サイトに掲載された解答情報を使って自己採点を実施しました。結果は以下の通り。合格基準点は60点なので、無事合格できる見込みです。

リスニング70
筆記89

4級のリスニングは、引っかけ問題がないので、僅かに聞き取れたキーワードを手掛かりにした解答が得点につながります。上位級になると、そうしたキーワードに飛びついた解答者を引っかけるトラップ選択肢があるんでしょうね。

筆記は思いのほか当たっていました。まあ、手応えはあったので、期待通りと言っていいかもしれません。大問5の記述式問題では、迷った挙句(2)と(5)の解答を変更しましたが、変更前の方が正解でした。知識があやふやだと、迷いが生じてついつい余計なことをしてしまいますね。

合格発表は1か月後です。今後は予定通り3級を目指すか、一旦英語の勉強に戻ってこようか、迷い中です。