「 資産・会計 」一覧

株など資産運用や会計について

保有しているクレジットカード

クレジットカードはあまり増やしたくないのですが、ポイントカードの流れで少々増えてしまいました。2020年5月時点で4枚です。主に決済に使っているのは、昔から使っている「ユーシーカード」です。それ以外は提携カードなので、その提携サービスで必要な時に使う感じです。ポイント還元が現金と同率になるのが動機です。

カード名 カード発行会社 国際ブランド
ユーシーカード ユーシーカード VISA
ヨドバシゴールドポイントカード 三井住友 VISA
JALカード 三菱UFJニコス MASTER CARD
ゼビオカード ユーシーカード MASTER CARD

細かいところはボカしています。最初の2枚は国際ブランドがどちらもVISAでしたので、その後の2枚はバランスを取ってMASTER CARDにしました。

ただ、クレジットカードを使う機会は、オンライン決済時と、約50,000円以上で通常現金で持ち歩かない価格の品物を店頭で買うときぐらいです。昨今はだいぶ変わってきていますが、なかなかクレジットカードという雰囲気ではないんですよねえ。つい先日も20,000円弱の品物をクレジットカード決済しようと思いつつ、つい現金決済してしまいました。それでもキャッシュレスにしたい気持ちはありますので、少額決済はほぼSuicaを使うようになりました。

クレジットカードによるポイントの損得とかは、あまり考えないようにしています。そうした損得計算を楽しみにできる人なら良いですけど、自分は負担に感じるため、それがコストになってしまうからです。

後から取得した3枚のカードは、JALカード以外は年会費無料なので、特にデメリットはないのですが、持っている数が多いと何だか落ち着かないですね。JALカードは年会費が掛かっていますが、こちらは上級会員ステータスの獲得に必要なので、その維持費という認識です。


電子マネー決済を使うようになった

わりと長いこと現金主義で、ネット上の支払いのみクレジットカード決済する程度でしたが、半年くらい前からSuicaによる電子マネー決済を使い始めました。当たり前ですけど、紙幣や小銭の出し入れがなくなるので、とても楽で良いですね。クレジットカード決済と違って暗証番号入力もないですし。わずかな手間ですが、わりとストレスフリーになります。

店舗によっては未対応だったり、或いは店員さんが不慣れで現金より時間が掛かっているのでは、ということもありましたが、じきに改善されるでしょうね。現金の取り扱いを早いうちに廃止に持っていければ、社会の総コストが減らせていいのになあ、と思います。


スクエニ株が5,600円まで値上がり

昨今の株式相場の上昇の影響で、自分が保有しているスクエニ株も、5,600円近くまで値上がりしました。大体3,400円の頃に300株購入したはずなので、+660,000円くらいの評価損益かな、と思い、久しぶりに証券会社の資産管理情報を見たら、+713,700円でした。ひゃっほう。利益確定したい欲に少し駆られますが、長期保有目的なので我慢です。時間効率で考えれば、まあ効率悪いですしね。ただ、いずれまた下げるでしょうから、それを思うともったいないと思ってしまう貧乏性。

上記の株以外は、資産の大半を銀行口座に眠らせてしまっているので、資産運用とリスクヘッジの観点から、もう少し分散させたいとは思っていますが、なかなか腰が上がりません。塩漬けにしてしまっている口座もありますし、どこかで棚卸せねば……


スクエニ株が3,800円まで上がっている

久しぶりに株の話です。書きそびれていましたが、三菱鉛筆の100株はかなり前に売却済みです。あまり理由は覚えていませんが、当時スクエニ株が暴落していて、堅調に値上がりしていた三菱鉛筆株を、利確したかったのだと思います。

そして本題。ここ数ヶ月、300株を保有しているスクエニ株が3,800円超になっており、購入時の価格を上回っている状況が続いています。たぶんこの状況は初めてです。やはりドラクエ11への期待でしょうか。それともスマホ系が好調なのでしょうか。

値上がりすると売却を考えたくなりますが、基本的には長期保有志向なので、売る予定はありません。売却しても利益は数万円ですし、配当金を貰えればいいという考えです。ドラクエが好きだから保有している面も大きいです。そもそも相場を見ながら、タイミングを計って売買すると言うことに対して、楽しむより疲れてしまうので、短期取引には向いていないようです。

現在はスクエニ株しか保有していませんが、他にも保有するとしたら、好きな作品を提供する会社、という点で、バンダイでしょうか……。安直ですが、長期保有だと考えた場合、そのへんのモチベーションは大事な気がします。


スクエニ株の急騰と急落

数年前に株に手を出して以来、塩漬け状態が続いています。というのも、300株を保有するスクエニ株が、値下がりの一途で、気づいたら損切りできるレベルを、とうに過ぎていたためです。

購入時はだいたい3200円程度でしたが、一時は1000円を切るところまで、落ちました。ところが、アベノミクスの流れを受けて、多少回復し始めました。そして先日何気なく見たら、2900円にまで上がっているではないですか。あとで調べたところ、スマホ版のドラクエが好感されたのが原因みたいです。ただし、その後のガチャ返金騒動で急落してしまいました。

ちょっと売り時を逃した感はありますが、多少持ち直してきているので、適当なタイミングで売ることが出来たらと思います。今回の急騰は、過去のドラクエ資産によるものですから、この先の勢いはあまり期待できないと思っています。