「 テラリウム・園芸 」一覧

園芸について。テラリウムメインの予定。

コンセントタイマーを買いました

植物のためのそだつライト」を水耕栽培のアイビーと水槽に当てているのですが、手動でオンオフしていると、どうしても照射時間が理想通りに制御できません。現在は在宅勤務なので頑張ればオンオフ操作できますが、出勤が始まったらそもそも物理的に難しくなります。平日は9時から10時に家を出て、22時から0時くらいに帰宅なので、照射時間が長すぎになってしまうのです。一方、操作を忘れることもあるので、その場合は1日中無照射になります。

というわけで、コンセントタイマーを買いました。オーム社の24時間タイマースイッチです。さっそくセットアップ。とりあえず外界に合わせて、8時から18時の間で点灯する設定にしています。点灯時間は状況を見ながら調整していきます。時間帯についても、生活リズムに合わせて調整するかもしれません。

ライトがついていないと水槽内の様子を観察しづらいので、在宅していて水槽の中をチェックする余裕のある時間帯に点灯するのが望ましいです。その視点で考えると、帰宅後の夜と家を出る前の朝に点灯させる必要があり、夜通し点灯させることになります。しかし、ワンルーム住まいなので、これは自分の睡眠を妨げる光害になりそうで、厳しいですね。最適解がまだ分かりませんが、倒すなら朝方点灯に倒した方が良い気がします。帰宅時間はばらけますが、家を出る時間はだいたい同じだからです。6時から16時点灯くらいに持っていこうかな。


アイビーが黒星病になった

先日変化がないと書いた矢先、アイビーに異変が起こりました。最初に気づいた異変は、葉の表面に見えた薄茶色の小さい点です。気になって指で擦りましたが、特に変化がないので、一旦そのままにしました。翌朝、その葉を見ると、小さい点のあった箇所を中心に、葉が黒く変色していました。さらに1日様子を見ると、黒くなった部分は特に広がっていませんが、葉が萎れ始めています。

ネットでアイビーの病気を調べたところ、黒星病かと思われます。外見上スス病かとも思いましたが、初期に見られた症状が薄茶色であったことを加味すると、黒星病のほうが当てはまると判断しました。

症状が出た葉は、既に切り取りました。恐らく一番古い葉っぱで大きさも一番でしたが、他に移るといけないので、丸ごと切除です。しばらくは注意深く経過観察をしたいと思います。


昨秋から育て始めたアイビーの様子

昨秋からハイドロカルチャーで育てているアイビーですが、特段の変化はありません。なのであまり書くこともないのですが、ここまでの状態についてまとめておきたいと思います。

基本的に丈はほとんど伸びていませんね。小さな葉の芽のようなものも数カ所出ているのですが、こちらはずっと小さいままです。肥料を与えていないためかと思いますが、今の大きさを維持したいので、このままで良いです。しかし、枯れては困るので、様子を見ながら対応したいと思います。根の方は、底に近い方はびっしり伸びている様子ですが、上の方は余裕があるようなので、根詰まりにはなっていなさそうです。

上述の通り、ほとんど変化はないのですが、たまに水遣り間隔を空けてしまったときに、葉が頭を垂れて、グンニャリしてしまうことが、二度ほどありました。過剰な水遣りによる根腐れの方が怖いので、数日に1回気づいたタイミングで水遣りをしていますが、忙しくて気が回らない時など忘れてしまいます。しかし、この状態であれば、水遣りをしてあげれば、何とか回復してくれます。葉が茶色く変色してしまった際には、さすがに回復しませんでした……

 


アイビーの新しい葉が生えてきた

 

あまり変化のなかったアイビーですが、新しい小さな葉っぱが生えていることに気づきました。日ごとに大きくなっていきましたが、小指の爪程度の大きさになったところで止まってしまいました。ライトの配置の都合、光が当たりにくい位置だからかもしれません。

すると今度は見慣れない背の高い葉っぱが生えていました。ものすごい勢いで生長したようです。こちらの葉っぱはライトのある方向を向くように、既にある葉っぱを追い越す高さで生えています。先に述べた葉っぱだと上手く光を拾えなかったので、別の葉っぱを伸ばしたのでしょうか。植物にも意思のようなものを感じられて、面白いですね。


ハイドロボールに白カビが生えた

アイビーの水遣りのために、鉢を持ち上げて、ハイドロボールの表面を見ると、何やら白いフワフワしたものが付着しています。そう……これは白カビです。ハイドロボールは虫などが湧かず、清潔なことが利点ですが、湿度が高い状態にしてしまうとカビが生えてしまうので注意が必要です。今のところ、アイビーの方に被害はないように見えます。

以前に水遣りの間隔が空きすぎて、1株枯らせてしまったので、無意識に水遣りが過剰気味になっていたのかもしれません。う~ん、加減が難しいですねえ。これまで鉢の底に溜まっている水がなくなっていることを次の水遣りの目安にしていましたが、水を注いだ部分のハイドロボールはまだ湿った感じになっているので、それらが乾くまで待った方が良いのかもしれません。

ところで、湿ったハイドロボールがやけに簡単に崩れたのが気になっています。見た目はハイドロボールっぽいので疑いなくそう思ってきたのですが、もしかしたらハイドロボールではないのかもしれません……

【追記】調べてみたところ、カワラカルチャーと言う用土のようです。焼かずに成型しているとのことなので、崩れることには納得。