「 ビバリウム 」一覧

ビバリウム。陸上や水中の生物環境の再現をしています。

ミナミヌマエビ再び投入するも2週間で星になる

夏場の水温上昇を危惧していたのですが、想定以上に低い水温を維持できました。水温計がないので正確ではありませんが、蛇口から出てくる冷たい水と同じくらいの感覚です。容積の小さい水槽に対するエアレーションの効果なのか良くわかりませんが、妙に冷えていました。おかげで結露が大変でした。

というわけで、ミナミヌマエビの飼育を再開してみました。先刻の通り、原因不明の全滅が起きたので、水槽の生体はウィローモスのみです。ミナミヌマエビ3匹お迎えして、慎重に水合わせをします。ところが慎重にやりすぎて、他の用事が重なったこともあり、暫定のボトルに長時間入れてしまいました。ここで少し焦ってしまい、もう水合わせは済んでいるだろうと判断して、2匹を水槽に入れてしまいました。入れた瞬間に狂った泳ぎ方はしていませんでしたが、翌朝見たら2匹とも星になっていました。

残った1匹を対応する際にようやく気づいたのですが、水槽の容積が小さいので、ショップの飼育水の水量も減らしておかないと、水合わせ中に水槽の水が足りなくなってしまうんですね。水合わせ中に水槽に足し水をする、とかシッチャカメッチャカな状況になってしまいます。10分おきに少しずつ水を入れては捨てるのを繰り返し、大丈夫かなと思ったタイミングでpHを測定します。1枚の両端で水合わせ容器と水槽の測定をしようとケチったところ、指で持った部分は酸性に傾いてしまい、正確に測定できませんでした。そして水槽との差分がなくなったら、投入。

一度脱皮跡を見ましたが、それ以外は特に変わった様子もなく、ウィローモスや底砂をツマツマしています。分かりやすいところにいないと、なかなか見つけにくいですが、逆に姿が見えないってことは生きている可能性が高いです。

1週間を越えて、もう大丈夫かな、と思っていたら、2週間を目前に落ちてしまいました。原因は不明です。1匹しかいないし、残り餌による水質悪化を懸念して餌は与えていなかったので、餓死の可能性もあるかと思っています。ただウィローモス入れてるし、新芽が出たりで食いつなげるような気もしますが。


pH試験紙を購入

これまでテトラの6in1試験紙を使ってきましたが、基本的に見るのはNO2/NO3くらいであることから、測定項目を絞った試験紙に切り替えることにしました。

さっそくユニディのペットコーナーへ買いに出かけたのですが、試験紙の種類が非常に少なく、6in1の他はニッソーの「簡単おさかなの水質チェックシート」のみでしたので、一択でした。

こちらはpH試験紙になります。5.5から9.0の範囲で測定可能です。6in1では6.5が下限でしたので、正確な値を知ることができます。これまでは下限である6.5に張り付いていたので、実際の値が良くわかっていません。

中身は40枚あって400円くらいなので、とても経済的。それでもケチケチ精神により、紙全体を使えるからと思い、片側を水に浸した後、反対側を使ってみたのですが、指で持っていた部分は酸性に少し偏ります。人の肌は弱酸性でしたね。

ところで話は少し変わりますが、これまで水替え直後にも関わらず、pHが6.5に張り付いたままで、中性にならずに疑問でした。水道局のサイトで調べても、我が家の水道水はほぼ中性のはずです。蛇口から出た後、水槽に投入するまでに行っていることと言えば、カルキ抜きくらい。

Na2S2O3・5H2O + 4HClO → 2NaCl + 2H2SO4 + 2HCl + 4H2O

カルキ抜きによる残留塩素の中和の化学反応式は上記の通りです。確かにH2SO4(硫酸)やHCl(塩酸)といった水を酸性に傾ける物質が生成されますが、微量ですしねえ。本件は水の量とは関係ないはずですが、これまで500mlのペットボトルに固形のカルキ抜き1粒を入れていたのに対し、残留物が気になることもあり2Lペットボトルに変えました。これでも過剰ではありますが、これ以上の汲み置きできる容器がありません。液体のカルキ抜きを使えば良いのですが、セットでついてきたものが余っているので使っています。

すると、見事中性を示すようになりました。以前の6.5を測定したのは6in1であり試験紙が異なるので、正確な比較はできません。でもとりあえず中性スタート出来ているみたいで良かったです。


アイビーは元気です

水耕栽培で育てているアイビーですが、購入から1年が経ちました。既に鉢一杯に根が張っている状態なので、成長は止まっていますが、枯れることなく元気です。背丈は9.5cmになります。

スペースの都合で大きな鉢に植え替えるわけにはいかないので、この大きさで留まってくれるのはありがたいのですが、変化がないのでなかなか書くこともありません。幾つか小さな若い葉もあるのですが、ずっと小さいままです。

ただ水遣りの間隔を空けてしまうと、葉っぱの見た目が固くなっていき、やがて萎れてきますので、ちゃんと生きてるって感じがします。とはいえ、かなり丈夫なので、ズボラでも維持できると思います。

アイビーは観葉植物なので花は咲きません。花が咲く品種も欲しいなあ、と思うのですが、肥料等考えることが増えてくるので、今の雑な世話だと厳しいですね。


ヒメダカとヒメタニシ没

安定軌道に入ったと思っていた超小型水槽ですが、急転直下の全滅に陥りました。換水をした2日後にヒメダカの姿が見えないので調べたところ、水底で死んでいました。前日には普通に餌を食べており、明らかに不審な様子はありませんでした。pHを測定したところ、6.5で特に問題のない数値です。

数日後、ヒメタニシの様子が気になります。もともと気まぐれに動くのですが、じっとしている場合は砂に少し潜っていることが多く、そうではない様子が気になりました。pHを測定したところ、測定不可の5未満。これは明らかにヒメタニシが死んだ結果だと思い、ピンセットで動かしたところ、蓋がポロッと外れて、ドロドロになった中身が出てきました。腐敗状況からして、ヒメダカと同時期に死んでいたのかもしれません。ちなみに貝が死ぬと臭いが強烈と聞いていたので身構えていましたが、水中で腐敗が進んでしまったためか、特に強い腐臭はしませんでした。

契機と思われる換水自体は、普段と変わったことはしていないつもりなので、原因が想像できず対策も打てないのがもどかしいです。しかし、2個体が同時期に死んだということは、個体要因ではなく環境要因が何かしらあるはずだと思います。季節の変わり目ということで、水温差の影響も考えましたが、室内にしばらく置いた水を使っているので、問題なさそうだと思っています。殺虫剤も撒いていません。うーん。


水槽の状況(2020年08月)

ミナミヌマエビが落ちて以来、タンクメイトはヒメダカ1匹とヒメタニシ1匹になっています。いずれも丈夫な種ということもあり、また立ち上げから3ヶ月経過していることもあって、だいぶ安定した状況になってきたようです。相変わらずヒメタニシは気まぐれで、たまにしか動き回りませんが、元気そうです。

以前のボトル環境下ではあまり元気に生育しなかったウィローモスが、現在の水槽環境だと元気そうなのがうれしいですね。何が効いているのかはっきりしませんが、エアレーションはあまり関係なさそうですので、底砂を入れたことによる水質改善でしょうか。なお、活着させずに、玉に丸めて水中に放置しています。特に縛っていないので、時間が経つと広がってきますが、水替えの際に改めて丸め直しています。

水質といえば試験紙に6in1を買いましたが、結局主に変化する値がNO2とNO3のみなので、次回購入時はそれに特化した試験紙にしようと思います。