「 ペット・園芸 」一覧

動植物を育てます。

コリドラスジュリー全滅

先日★になった1匹に続いて、残る1匹も3日後くらいに★になってしまいました。前日に少し反応の悪さが気になっていましたが、翌朝落ちてしまうとは思いませんでした。pHについては6.5程度で安定していますが、何かしら原因がありますね。

状況や記録から気になるポイントは以下の通り。

  • 底床の砂利に角がある
  • 水換えの間隔が2週間空いていた

今回の問題の原因か否かはさておき、コリドラスを傷つけるリスクはあるので、底床は入れ替えたいのですが、この水槽環境下で産まれて、元気にしているグッピーへの影響が怖くて、踏み切れません。

とはいえ、水換えの頻度を増やす以外にも何かしらの改善策を講じたいので、底床を少し薄くしてみました。3cm程度あったものを2cm程度にしています。これで底床に汚れが溜まり、雑菌が繁殖することを軽減できればと思います。


地震による水槽被害状況

2021年10月07日の夜に関東地方で発生した地震、我が家は震度5弱でした。しかしながら地震発生時は旅行中だったため、4日後に被害状況を確認しました。

最悪水槽が落下している事態も考えたのですが、結果としてそこまで大きな被害は出ませんでした。一番の被害は、溢れた水を水槽台の天板が吸い込んで、膨れてしまったことですね。

そして地震との因果関係は不明ですが、コリドラスジュリー1匹が★になっていました。さすがに4日程度では餓死しないでしょうし、原因は不明です。亡骸の状況から、数日は経過している様子なので、地震のときに何かあった可能性も否定できません。そしてミナミヌマエビは姿をさっぱり見せないので、ヒーターカバーの中で★になっている可能性が高いです。水が溢れた際に、水槽外へ放り出された可能性もありますが、現状見当たっていません。


コリドラスジュリーとミナミヌマエビが加入

新たにコリドラスジュリー2匹とミナミヌマエビ3匹をお迎えしました。底物被りですが、それぞれ動き方が違うので、その様子を楽しみたいです。コリドラスは色々種類がいて迷いましたが、白黒ですが華やかなコリドラスジュリーに決めました。

一気に新参者が増えたためか、これまでバラバラに泳いでいることの多かったグッピーが、急に群泳を始めたのが印象的です。こういう生体の行動の変化も面白いですね。

コリドラスジュリーはいそいそと水底や壁面を駆けまわっています。各々自由に泳いでいますが、気が付くと2匹同士が傍に寄り添っていることも多く、やはり群れを好むようです。2匹と言わずにもう少し数を増やしてあげたい気もしますが、30cm水槽だとなかなか難しいですね。

ミナミヌマエビはヒーターカバーの中に隠れてしまい、なかなか姿を見せてくれません。その後換水を機に、1-2匹が外へ出てきてくれるようになりました。しかし1週間ほど経ったところで、ミナミヌマエビ1匹が★になってしまいました。前日に見かけた脱皮痕はこの個体だったのかな。そしてこの1匹が★になって以降、ヒーターカバーに篭っていた一番小さい個体が外へ出てくるようになりました。★になった原因が水合わせの失敗の場合、残る2匹の状態が気がかりですが、経過を見守りたいと思います。

先住民のグッピーたちは特にお変わりなく元気です。体長は一回り小さいままですが、それ以外は特に気になる様子はありません。ここ数ヶ月で、餌やりのタイミングを認識したようで、時間近くに水槽の近くを通ると、こちらに集まってきて可愛らしいです。


水槽の状況~2021年08月

現在は、2021年03月に生まれた4匹のグッピーが泳いでいる状況です。成長期の餌にあまりこだわらなかったためか、生後5ヶ月にしてはかなり小さいです。それでも日々成長している様子はわかります。体色は明るい肌色をしていて、これは雌の親魚と同じ体色になります。子グッピーはいずれも雌なので、尾ひれが大きくなることもなく、パッと見はヒメダカのように見えます。

ウィローモスは一度ばっさりとトリミングしたのですが、夏だからか生長が早く、再び結構な量になりました。月末くらいにもう一度トリミングするかもしれません。ウィローモスでこの状態ですから、生長が速い水草を入れたら、トリミングがだいぶ手間になりそうですね。

水槽はもう少し生体を入れても大丈夫そうですが、今のところ現状維持です。底物として、コリドラスかヌマエビを入れようかな~、とうっすら考えてはいます。


コーヒーの木を買いました

2021年8月7日、コーヒーの木のオアシス苗を買いました。これまで育ててきたアイビーの復活が不可能と判断したためです。水を遣ってもどんどん葉が枯れていった時点で、復活できなかったのかもしれません。茎は硬くてしっかりしていたので復活に一分の望みをかけていたのですが、無理でした。

というわけで、アイビーの鉢にコーヒーの木の苗を植えます。濃い緑色をした力強い葉っぱが印象的で、アイビーとは異なった趣きです。これまで育ててきたアイビーが丈夫な種類でしたので、枯れさせないようにケアしていきたいと思います。

ところでオアシス苗は初めて買いましたが、底面が濡れており、そのままレジに持っていっていいのか不安でしたが、水がしたたり落ちることはないので、大丈夫です。ただ湿ってはいるので、置き場所には注意が必要です。