「 2021年02月11日 」一覧

富良野旭川旅行~最終日

最終日、起床して荷支度を済ませ、朝食をいただきます。それから9時すぎに宿をチェックアウトして、バス停へ向かいます。

9時20分発のバスに乗ったら、2時間ほどで旭川駅に着きました。旭川は札幌に次ぐ北海道第二の都市です。10年以上前の夏以来ですね。ここからさらにバスに乗り継ぎ、旭山動物園へ向かいます。旭山動物園まで行ったのは、自分の他に親子一組だけ。

チケットを買って入園します。一面真っ白の動物園は新鮮ですね。冬季営業なので、一部の動物は展示外となり、また一部の動物は制限つきの展示になります。

さっそく見て回ります。一度訪れたことがありますが、記憶は結構薄れているようです。しかし、外はすごく寒いので、なかなかゆっくり見学とはいきません。

最初に入ったのはアザラシ館。チューブを潜り抜ける瞬間を狙ってみました。続いてはホッキョクグマ館。最初はガラス越しに見ていて、上へ行き直接見られる位置に来たら、ずっとうんちをしていました。

続いて屋外展示を見て回ります。ホッキョクギツネは丸くなってお休み中。レッサーパンダは活発に動いていて、特に手前でじゃれ合っていた2匹が良い表情を見せてくれました。動画でも撮っておけば良かったなあ。マヌルネコは凛々しいお顔が印象的でした。

それからエゾシカやシンリンオオカミを見て、タンチョウ舎、両生類・爬虫類舎、北海道産動物舎を見て回りました。鳥類は望遠レンズがないと撮影が厳しいですね。

撮影のために都度手袋を外していたら、そろそろ寒さが限界を迎えたので、売店でおいものポタージュとあんまんを買って、暖をとります。

朝から曇天でしたが、ここにきて青空が顔を見せてくれました。さっそく見学再開。トナカイ、ニホンザルを見た後、ペンギン館へ。水中を泳いでいる姿は見られませんでしたが、陸の上で寛いでいる様子を見られました。キングペンギン、イワトビペンギン、フンボルトペンギンを撮影できました。

そしたらちょうどペンギンのお散歩が始まりました。こちらは開催時刻の事前アナウンスはなく、閉演時間後に実施されることもあるので、見られるかどうかは運次第。今回はラッキーでした。

時節柄お客さんもそんなに多くないので、場所取りの苦労がないです。先頭を小さな1匹が歩いて先導している様子が、何だか面白いです。1列になってピョコピョコと決められたルートを歩いていきます。

一旦離れてアムールトラなどを見て、再び寄ってみると、ちょうど復路のお散歩に出合えました。今回の方が人が少なかったこともあり、良い写真が撮れました。

きりん舎は閉まってしまったので、最後にかば館を見学します。館内は少々暗いので、写真撮影は案外難しかったです。下のフロアへ下りると、水中のカバの姿を観察できます。またカバ以外に、マダガスカルゴキブリやサンショウウオなどの展示も見られます。

閉演時刻も近づいてきたので、退園してバス乗り場に移動します。閉園時刻に合わせたバスなので、さすがに往路よりは乗客が多いです。

旭川駅に着いたら、旭川ラーメンを食べにいきます。幾つか候補を挙げていましたが、距離と営業時間等から、旭川らぅめん青葉に入店しました。注文したのは正油ラーメン大盛です。全体的にシンプルですが、まさに醤油ラーメンといった感じで、美味しいです。麺が良い具合にスープを吸ってくれて良いです。寒い日のラーメンは最高です。

すっかり日も暮れて、緑橋通りにはイルミネーションが灯っています。てくてく歩いて旭川駅まで戻りました。高速バス乗り場に長蛇の列が出来ているのが疑問でしたが、札幌方面への電車が軒並み運転見合わせになったことが影響しているようです。幸いにも、自分が乗る空港方面バスには影響ありません。

バスに30分ほど乗り、旭川空港に着きました。チェックイン手続きを済ませたら、六福堂にて、白玉ソフトぜんざい、ホットコーヒーのセットをいただきます。さすがに2回目の夕食には時間が早すぎたので、デザートで。

20時すぎ、旭川空港を発ち、東京へ向かいました。これにて、今回の旅行はお終いです。


富良野旭川旅行~3日目

3日目、窓の外を見ると、この日も朝から良い天気。ニチアサを見つつ、朝食をいただいたら、ゲレンデへ繰り出します。

天気は良いのですが、夜に降雪がほとんどなかったようで、雪面がざらついています。なので板が少し引っ掛かる感覚があり、昨日よりは滑りづらい印象。F5・F6コースメインで慣らします。この日は見晴らしが良く、大雪山の山頂まですっきりと見えました。うーん、気持ちの良い眺めですね。

北の峰ゾーンは昨日概ね滑ったので、富良野ゾーンに行こうかと考えていたのですが、連絡コースの斜度を見てためらい、断念しました。行ったは良いけど、無事に戻って来られる気がしません……。ここは初級コースでも少しきつく感じる部分があるので、中級コースは手を出さないでおきます。

というわけで引き続き北の峰ゾーンで楽しみます。昨日はあまり滑らなかったF1コース、F4コース、F7コースを多めに滑ります。

14時ごろ、昼食をいただきます。チキンベジタブルスープカレーと、生ビールとザンギ。食券取り忘れてしまい、生ビール1杯分を損してしまいました。

スキーはこの日が最終日なので、ナイターに入っても多めに滑ります。……しかしスキー板が履けません。板を入れ替えても同じ足が履けないので、ブーツ起因です。中の凹みに付いた雪を落としても駄目でした。結局つま先側に付いていた雪が原因だったようです。通りがかりの親切な女性の助けも借りて、ようやく装着。

夕方くらいから雪が降り始めたので、雪面の状況は朝よりむしろ良いかもしれません。ナイター解放されているF5・F6コースはとても広いので、楽しいです。F4コースもナイター解放されていますが、こちらは照明が控えめで、だいぶ暗い場所もあります。

19時手前にレンタル返却手続きを済ませて、ホテルへ帰ります。少しのんびりしてから夕食をとりに外へお出かけ。しかし客足が少ないこともあり、多くのお店が閉店モード。そこで一昨日から2軒目として気になっていたBar Ajitoへ訪問。興味のあったクラフトビールは売り切れでしたので、北海道らしくサッポロクラシックを注文。フードは王道にフィッシュ&チップス。マスターとお話ししていて気分良くなったので、ギネスを追加注文。昼間も飲んでいて、飲みすぎ感はありますが、楽しければ良いでしょう^^

宿に戻ったら、テレビを見ていましたが、眠気に勝てず、23時手前には就寝しました。

この日の滑走データは以下の通りです。

滑走回数19
距離32.02km
高度下降5,188m
滑走時間2時間00分53秒
経過時間5時間43分23秒
平均速度15.9km/h
最高速度40.5km/h